1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. HUAWEI
  3. P10
  4. HUAWEI P10/P10 Plusの気になるスペックとレビュー!P9と徹底比較

HUAWEI P10/P10 Plusの気になるスペックとレビュー!P9と徹底比較

最終更新日:
HUAWEI P10/P10 Plusの気になるスペックとレビュー!P9と徹底比較

HUAWEIの最新端末「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」が2017年6月9日、ついに日本で発売が開始されました。P10/P10 PlusではCPUが高性能でスピード感ある動作が可能になります。RAMは4GB、ROMは64GBと十分な数値です。ダブルレンズを利用した高画質カメラで昼夜問わず美しい写真撮影を可能にします。

HUAWEI P10/P10 Plusのスペックを詳しく解説!

HUAWEI P10
HUAWEI P10
販売価格
65,800円
分割払い時約2,741円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid7.0
カラー
HUAWEI P10 Plus
HUAWEI P10 Plus
販売価格
73,224円
分割払い時約3,051円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
カラー

2017年6月9日から発売を開始するHUAWEI P10、P10 Plusの気になるスペックを徹底解説!

スペックはもちろん、注意すべきところや前作であるP9と比較して、詳しく解説していきます。また、お得な価格で購入できるおすすめMVNOも紹介します。

HUAWEI P10、P10 Plusの性能をしっかり理解して、購入後は快適に利用できるようにしましょう!

最安で購入できるMVNOが知りたい方は下記記事をチェック!

HUAWEI P10の最安価格はこれだ!格安SIMとセットで買えるMVNO徹底比較
関連記事HUAWEI P10の最安価格はこれだ!格安SIMとセットで買えるMVNO徹底比較

HUAWEI P10/P10 Plusのスペック表

HUAWEI P10のスペック

対応OSAndroid7.0Nougat / Emotion UI 5.1
CPUHUAWEI Kirin 960オクタコア(4×2.4GHz A73+4×1.8GHz A53)
ディスプレイ約5.1インチ フルHD(1,080×1,920)
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
microSD最大256GB
連続待受時間-
連続通話時間-
通信速度下り(受信)最大262.5Mbps(LTE)
上り(送信)最大50Mbps(LTE)
通信方式FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/9 12/17/19/20/25/26/28/29
TDDLTE:B38/39/40/41
W-CDMA:B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz9
キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応
[SIM2]WCDMA、GSMの上記周波数(音声通話のみ)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)
カメラアウトカメラ:1200万画素カラーセンサー +2000万画素モノクロセンサー
インカメラ:約800万画素
バッテリー容量3,200mAh
SIMサイズSIM1 SIM2 共にnanoSIM
Bluetoothv4.2
ポートUSB Type C(High Speed/OTG対応)
GPS
NFC
テザリング最大接続台数8台
防水×
防塵×
ワンセグ×
おサイフケータイ×
センサー加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、指紋センサー、HALL
測位方式GPS、AGPS、Glonass、Beidou、Galileo
本体付属品リモコン付きヘッドセット、ケース、ACアダプタ USBケーブル ( A to C )、クイックスタートガイド
イヤホンジャック
定価65,800円
購入できるMVNO一覧
※変更されている場合あり
楽天モバイル
mineo
DMMモバイル
OCNモバイルONE
IIJmio
イオンモバイル
エキサイトモバイル
LINEモバイル

HUAWEI P10 Plusのスペック

対応OSAndroid7.0Nougat / Emotion UI 5.1
CPUHUAWEI Kirin 960オクタコア(4×2.4GHz A73+4×1.8GHz A53)
ディスプレイ約5.5インチフルHD (1,440x2,560)
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
microSD最大256GB
連続待受時間-
連続通話時間-
通信速度下り(受信)最大262.5Mbps(LTE)
上り(送信)最大50Mbps(LTE)
通信方式FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/9 12/17/19/20/25/26/28/29
TDDLTE:B38/39/40/41
W-CDMA:850/900/1800/1900MHz
キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応
[SIM 2]WCDMA、GSMの上記周波数(音声通話のみ)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)
カメラアウトカメラ:1200万画素カラーセンサー +2000万画素モノクロセンサー
インカメラ:約800万画素
バッテリー容量3,750mAh
SIMサイズSIM1 SIM2 共にnanoSIM
Bluetoothv4.2 with BLE
ポートUSB Type C(High Speed/OTG対応)
GPS
NFC
テザリング最大接続台数8台
防水×
防塵×
ワンセグ×
おサイフケータイ×
センサー加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、HALL、指紋認証
測位方式GPS、AGPS、Glonass、Beidou、Galileo
本体付属品リモコン付きヘッドセット、ケース、ACアダプタ USBケーブル ( A to C )、クイックスタートガイド
イヤホンジャック
定価72,800円
購入できるMVNO一覧
※変更されている場合あり
楽天モバイル
mineo
DMMモバイル
OCNモバイルONE
IIJmio
イオンモバイル
Nifmo
エキサイトモバイル

側面

P10の側面

背面

P10背面

サイズと鮮やかなカラーバリエーション

HUAWEI P10/P10 Plusのサイズ

HUAWEI P10のサイズ

P10サイズ

サイズ高さ約145.3mm
幅約69.3mm
厚さ約6.98mm
ディスプレイ約5.1インチ、FHD(1080×1920ドット)、IPS
重量約145g

HUAWEI P10は5.1インチと大きすぎない画面の大きさで、動画などを楽しむことができます。

HUAWEI P10 Plusのサイズ

サイズ高さ約153.5mm
幅約74.2mm
厚さ約6.98mm
ディスプレイ約 5.5インチ、FHD(1440x2560ドット)、IPS
重量約165g

HUAWEI P10 PlusはP10と比べて5.5インチと大きめに作られています。
5.5インチの大画面であれば動画の視聴やゲームなどを楽しむことができます。

HUAWEI P10/P10 Plusのカラー

HUAWEI P10のカラー

HUAWEIP10

  • ダズリングブルー
  • プレステージゴールド
  • ミスティックシルバー
  • グラファイトブラック

カラーは全部で4色あります!

ダズリングブルーは色を専門的に扱う「PANTONE社」が監修した色になっています。
さらにダズリングブルーは「ハイパーダイヤモンドカット加工」が施されていて、強度はもちろん指紋や皮脂も目立たないようになっています!

ダズリングブルー以外は「サンドブラスト加工」が施されています。
表面の反射が少なく、綺麗な凹凸が特徴です。

HUAWEI P10 Plusのカラー

HUAWEI P10 Plus

  • ダズリングゴールド
  • グリーナリー

P10 Plusのカラーは全部で2色あります!

グリーナリーは先述した「PANTONE社」が監修した色です。
「サンドブラスト加工」が施されています。

ダズリングゴールドは「ハイパーダイヤモンド加工」が施されています。

HUAWEI P10のベンチマークスコア(Antutu)

Antutu

HUAWEI P10のAntutuによるベンチマークスコアです。

ベンチマークスコアとは、スマホの性能を測る上で3D(立体)UX(使いやすさ)CPU(処理)RAM(記憶)*の4つの項目に分け、それぞれの性能に対して点数をつけたものです。

【P10】

トータルスコア3D(立体)UX(使いやすさ)CPU(処理)RAM
1155242946442648336989714
【honor8】
トータルスコア3D(立体)UX(使いやすさ)CPU(処理)RAM
940911921637416310756384

honor8とP10を比べると、P10が全ての数値が上回っていることが分かります。

HUAWEI P10/P10 PlusはCPUの性能アップでスピード感が向上

HUAWEI P10 も P10 Plus も、CPUの性能が高くスピーディーな行動を可能にします。

スピーディーな行動を可能とするのが機械学習と超高速Kirin 960プロセッサです。ウルトラメモリに機械学習を使用し、スピードとレスポンスの時間が向上されています。

HUAWEI P10/P10 PlusのRAM(メモリ)

RAM(メモリ)はHUAWEI P10/P10 Plus 共に、4GB!

RAM(Random Access Memory)とは、ランダムに読み書きが行われるメモリのことです。つまり、見たいページを開くような動作の速さに関わる数値です。

RAMの容量が大きいほど、様々な処理を1度で行うことができます。

3GBあればサクサク快適に使えるので、4GBあるP10/P10 Plusはアプリ利用にも全く問題なく利用できます。

HUAWEI P10/P10 PlusのROM(ストレージ)

HUAWEI P10/P10 PlusのROM(ストレージ)は、64GB!

ROM(Read Only Memory)とは、読みだしのみを行うメモリのことです。つまり、画像や動画、音楽などのデータを保存するためのメモリです。

ROM(ストレージ)の容量が多い方が、動画やアプリ等を多く保存することができます。HUAWEI P10/P10 Plusは64GBで容量がとても多いため、データの保存量が多い方にはおすすめです。

ただ、ROM(ストレージ)に関してはmicroSDを利用することで容量を大きくすることができるため、そこまで容量の大きさにこだわる必要はありません。

HUAWEI P10/P10 Plusは最大256GBのメモリーカードに対応しているため、容量がいっぱいになってしまっても安心です。

HUAWEI P10/P10 Plusは大手キャリアと変わらない 対応バンドで快適通信

au・ドコモ・ソフトバンクそれぞれの利用バンドに対応しています。

au

HUAWEI P10/P10 Plusはau VoLTEに非対応です。

しかし、auのSIMカードでLTE通信が可能となっています。また、LTE通信は可能ですが3Gが非対応のため通話はできません。つまり、VoLTEのSIMではない通常のSIMを利用してしまうと通話ができないため注意が必要です。

ドコモ

ドコモのFOMAプラスエリア、LTEプラチナバンドに対応しており、ドコモスマホと同じエリアで利用することができます。

ソフトバンク

ソフトバンクが利用しているエリアと、ほとんど同じエリアを利用することができるため十分快適に使うことができます。

HUAWEI P10/P10 Plusのバッテリー

HUAWEI P10のバッテリー

3,200mAhのバッテリーは、安全に超高速で充電することができます。
30分以上の充電で十分なバッテリーが充電されます。

HUAWEI P10のバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた
関連記事HUAWEI P10のバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた

HUAWEI P10 Plusのバッテリー

HUAWEI P10 Plusのバッテリーは3,750mAhと大容量です。
P10と比べても550mAhも差があります。

HUAWEI P10/P10 Plusのカメラ

HUAWEI P10のアウトカメラ

HUAWEI P10はLeicaダブルレンズカメラが搭載されています!

第2世代Leicaダブルレンズカメラは開口部F2.2のSUMMARIT-Hレンズを採用しています。

2000万画素と1200万画素の2つのカメラと強力なハイブリットズームで写真撮影がスムーズに、また美しく撮影できます。

Leicaダブルレンズカメラは3D顔面検出技術が採用されており、ダイナミックイルミネーションや美肌効果を使用し、驚くほどに美しいポートレート写真を撮ることができます。

ダイナミックイルミネーションは、ホワイトバランスやシャッタースピードを自動調整して最適に撮影してくれます。

また、ダブルレンズカメラのデジタル絞り効果により背景を自然にぼやかせたりと、ぼけ味を活かした美しい写真が撮れます。ちなみにカラー・モノクロ共に美しいポートレート撮影が可能!(Leicaはモノクロ撮影に強いため、ダブルレンズにすることでより綺麗な画質にすることを可能としました。)

さらに、4K撮影、光学式手振れ補正がありスマートに撮影可能です。

実際の画質をP10liteと比較してみよう

今回はP10とP10 liteを比較してみました!

比較画像

これがHUAWEI P10iteとP10の比較画像です。

P10liteとP10を比べると、やはりP10の方が細部のコントラストまで綺麗に映っています。

HUAWEI P10 Plusのアウトカメラ

HUAWEI P10 と P10 Plusのアウトカメラは一見同じように見えますが、実はf値が違います。
f値とはレンズの明るさを示す値のことで、この数字が小さいほどレンズが多くの光を取り込みます。
そのため、理論上では数字が小さい方がシャッタースピードが速くなったり画質が良くなったりします。

HUAWEI P10のf値は「2.2」ですが、HUAWEI P10 Plusのf値は「1.8」です。

理論上では、HUAWEI P10 Plusの方が質のいい写真が撮れることになります。

HUAWEI P10/P10 Plusのインカメラ(セルフカメラ)

HUAWEI P10、P10 Plusのインカメラは性能が同じです。

Leicaのインカメラは2倍の光を取り込み、昼夜問わず綺麗な写真が撮影可能です。 グループ撮影センサーが搭載されているため、大勢で撮影する時には自動で広角撮影に切り替えてくれます。

HUAWEI P10の特徴・メリット

知っておくべきHUAWEI P10の特徴を5つご紹介します。

スマートタッチで快適な利用が可能

HUAWEI P10では、指紋認証のセンサーをがフロントスクリーンガラス(前面)の下に搭載されています。以前は背面に設置されていましたが、全面に設置されたため、より楽に操作することができます。

ナックルジェスチャー対応で動作がスムーズ

HUAWEI独自開発のナックルセンステクノロジーが搭載されました。その機能が、ナックルジェスチャーです。

ナックルジェスチャーとは、指で画面をタップしたり、文字を描くなどの簡単な動作だけででスムーズに行動を起こすことができる機能です。

例えば、全体記事や大きい画像を保存する時には指の関節で、画面にSを書くと、スクロールスクリーンショットが起動し、素早く保存することができます。2回指で画面をタップすることで普通のスクリーンショットを撮ることも可能です。

USB Type-Cを採用!

HUAWEI P10のコネクタ(充電部分)は、 多くのSIMフリースマホで採用されている USB Type-Cを採用しています。

DSDSに対応

HUAWEI P10は、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しています。そのため、2枚のSIMを挿して利用することができます。

お得な利用方法としては、片方には通話SIM、もう片方にはデータ専用SIMを挿入することとで毎月の料金を安く抑えることができます。また、2枚SIMを挿せるため仕事用とプライベート用で分けて利用することも可能です!

Wi-Fi

WI-Fi 2×2 MIMOを使用することで、接続が途切れずに安定した高速通信をすることができます。

ただし、WI-Fi 2×2 MIMOが使えるのは2.4GHzの時のみです。

HUAWEI P10 Plusの特徴・メリット

大容量バッテリー

HUAWEI P10 Plusのバッテリーは3,750mAhと大容量です。
同じ5.5インチの「Zenfone4」は3,300mAh、「VAIO Phone A」は2,800mAh、「Zenfone3」が3,000mAhなのでP10 Plusは十分大容量と言えます。

迫力ある大画面

P10 Plusは5.5インチの大画面です。
P10も5.1インチと画面は大きいですが、解像度が少し違います。
P10は解像度が「1,080×1,920」なのに対して、P10 Plusは「1,440×2,560」とこちらの方が解像度が高いことがわかります。

大画面に加えて高い解像度なので、ゲームなどを高画質で楽しむことができます。

性能のいいカメラ

先述してしまいましたが、P10 Plusはライカ監修のデュアルカメラ搭載なので、スマホで写真をよく撮影するという方にもおすすめできます。

P10よりP10 Plusの方が解像度が高く、f値も少し上なのでより写真を楽しみたい方にP10 Plusはおすすめです。

赤外線ポート搭載でエアコンなどのリモコンに

P10にはなくP10 Plusにはある機能として、赤外線ポートがあります。
専用のアプリをダウンロードすれば、エアコンやテレビをスマホで動かすことが可能になります。
いつも手元にあるスマホがリモコン代わりになると便利ですよね。

HUAWEI P10で注意すべきところ・デメリット

おサイフケータイ・ワンセグ・ 防水防塵には非対応

HUAWEI P10はおサイフケータイ、ワンセグ、 防水防塵機能は非対応です。

特に、水没には注意して利用しましょう。

厚さ7mmの超薄型!画面割れに注意

HUAWEI P10は7mmという超薄型です。
ダズリングブルーも、ハイパーダイヤモンドカットが採用され強度が上がっているとはいえ、超薄型には変わりありません。

そのため、落としてしまうと画面が割れてしまう可能性が高いです。利用する時には、落下に気を付けることはもちろん、ケースを嵌めて少しでもクッション性を高めて本体を守るようにしておくことを、おすすめします。

アイコンのデザインが微妙

HUAWEIの待ち受け

好みは人それぞれですが、アイコンのデザインがいまいちなのが気になります。 妙に堅苦しかったり、ゆるすぎたりと、アイコンのデザインにこだわりがある方はあまりお気に召さないかもしれません。

HUAWEI P10 Plusで注意すべきところ・デメリット

カラーバリエーションが少ない

HUAWEI P10 Plusは海外では8色ものカラーバリエーションに富んだラインナップになっていますが、日本では2色のみです。
P10でも4色あるのにP10 Plusはグリーナリーとダズリングゴールドの2色しかないので、気に入らなくても我慢するしかありません。

HUAWEI P10とHUAWEI P9を徹底比較!

P10とP10PlusとP9

最新端末であるHUAWEI P10/P10 Plusと、前作のHUAWEI P9とでは、どういった違いがあるのでしょうか。

比較してみました!

P10P10 PlusP9
価格65,800円72,800円64,584円
対応OSAndroid7.0Android7.0Android6.0
CPUHUAWEI Kirin
960オクタコア
HUAWEI Kirin
960 オクタコア
HUAWEI kirin
955オクタコア
ディスプレイ約5.1インチFHD約5.5インチFHD約5.2インチFHD
サイズ146.5×72×7.2mm153.5×74.2×6.9mm146.8×72.6×7.5mm
重量146g165g147g
メモリ(RAM)4GB4GB3GB
ストレージ(ROM)64GB64GB32GB
microSD最大256GB最大256GB最大128GB
アウトカメラ1,200万画素1,200万画素1,200万画素
インカメラ800万画素800万画素800万画素
バッテリー容量3,200mAh3750mAh3,000mAh
FDDLTEB1/3/5/7/8
18/19/26
B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17
19/20/25/26/28/29
1/2/3/4/5/6/7/8/12
17/19/20/26/28
TDD-LTEB41B38/39/40/4138/39/40
GSM850/900/1800/1900850/900/1800/1900850/900/1800/1900
au VoLTE非対応非対応非対応
ジャイロスコープ対応対応非対応

HUAWEI P10をお得にセット購入できる格安SIM会社

HUAWEI P10をお得に購入したいなら、キャンペーンを利用しましょう! キャンペーン中のおすすめMVNOを3社ご紹介します。

BIGLOBEならキャンペーン利用で最大15,600円のキャッシュバック

対象:HUAWEI P10 のみ

BIGLOBEでは、最大15,600円のキャッシュバックが受けられるキャンペーン中です!

スマホとセットで3GB以上のプランを契約すると、音声通話SIMなら15,600円、データSIMなら12,000円のキャッシュバックです。

対象機器には、HUAWEI P10が含まれています!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au

DMMmobileは最大10,000円オフ!

対象:HUAWEI P10/P10 Plus

期間:2017年8月31日〜2017年12月20日まで

DMMmobileでは、HUAWEI P10シリーズの発売を記念して最大10,000円割引になるキャンペーンを開催しています。

キャンペーン期間中に本体端末を一括購入される場合に、最大10,000円割り引かれます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ

楽天モバイルはスーパーホーダイ契約で20,000円オフ!

対象:HUAWEI P10/P10 Plus

楽天モバイルはスーパーホーダイに加入すると3年契約で端末代金が20,000円引きになります。
P10は65,800円が45,800円、P10 Plusは72,800円が52,800円になります!

スーパーホーダイに関しては以下の記事を参考にしてください。

楽天モバイルのスーパーホーダイを徹底解説!キャンペーンで最大20,000円お得
関連記事楽天モバイルのスーパーホーダイを徹底解説!キャンペーンで最大20,000円お得
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ

セット購入可能な格安SIM会社一覧

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
980円〜au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜ドコモ

ハイスペックスマホP10/P10 Plusを使いこなそう!

P10

HUAWEI P10/P10 PlusはCPUの性能からRAMとROMの数値の高さ、またLaicaダブルレンズを採用した高画質カメラ機能搭載など、いろんな角度から見ても高スペックであることがわかります。
デザインもPANTONE社監修の色を使用していたり、ハイパーダイヤモンドカット加工がされていたりと、見た目にもこだわっているので女性にもおすすめの端末です。

HUAWEI P10
HUAWEI P10
販売価格
65,800円
分割払い時約2,741円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid7.0
カラー
HUAWEI P10 Plus
HUAWEI P10 Plus
販売価格
73,224円
分割払い時約3,051円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
カラー
人気のHUAWEI(ファーウェイ)P10を購入レビュー!約1か月間使ってみました!
関連記事人気のHUAWEI(ファーウェイ)P10を購入レビュー!約1か月間使ってみました!

ちなみに、HUAWEI P10、HUAWEI P10 Plusの他にも、低価格で高スペックで使えるHUAWEI P10 liteが発売されています。どれも人気機種として評判も高いですが、価格面の高さや端末のサイズ感がネックになっている方はHUAWEI P10 liteもおすすめですよ!下記ではすまっぴー編集部で実際に1週間して分かった性能を詳しく解説しているため、HUAWEI P10 liteに興味嗚る方は1度ご覧になると、検討の材料になって良いと思いますよ!

話題のHUAWEI(ファーウェイ) P10liteを徹底レビュー!1週間使ってみました!
関連記事話題のHUAWEI(ファーウェイ) P10liteを徹底レビュー!1週間使ってみました!
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)