1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. イオンモバイル
  4. イオンモバイルのおすすめ端末3機種紹介!【2019年夏版 】メリット・デメリットも!

イオンモバイルのおすすめ端末3機種紹介!【2019年夏版 】メリット・デメリットも!

最終更新日:
イオンモバイルのおすすめ端末3機種紹介!【2019年夏版 】メリット・デメリットも!

イオンモバイルは販売している機種が非常に多く、どれを選んでいいかわからないということが起きないように、最新のおすすめ機種をピックアップ!!2019年夏は「HUAWEI P30 lite」「HUAWEI P30」「Zenfone Live(L1)」の3つがおすすめです。イオンモバイルのメリットやデメリットも合わせて紹介しています!

イオンモバイルで販売中のおすすめ機種3つを紹介!

HUAWEI P30 liteHUAWEI P30Zenfone Live(L1)
イオンモバイル限定モデル
販売価格32,800円(1,476円×24回)77,800円(3,501円×24回)14,800円(666円×24回)
発売日2019年5月24日2019年5月24日2018年12月21日
ディスプレイ6.15インチ FHD+6.1インチ FHD+5.5インチ HD+
メモリ4GB/64GB6GB/128GB2GB/16GB
バッテリー3,340mAh3,650mAh3,000mAh
カメラトリプルカメラ
2400万画素
800万画素
200万画素
Leicaトリプルカメラ
広角4000万画素
超広角1600万画素
望遠800万画素
シングルカメラ
1300万画素

HUAWEI製品を購入する際の注意事項

HUAWEI製品を購入する前に必ず読んでください

2019年5月15日にアメリカ政府がHUAWEIを事実上の「禁輸措置」を決定したことを受けて、Googleが今後発売するHUAWEI製品へのサービス提供を停止するということに発展しました。

「既存のHUAWEI製品が今後使えなくなる」といったことはないとは思いますが、今後はOSアップデート可能性が非常に低いという状況になっています。

発売済みのHUAWEI製品に関しては、ソフトウェア更新(セキュリティパッチ)やアプリアップデート等は継続して行えるとHUAWEIの呉波氏が公言していますが、OSのアップデートは難しいでしょう。

未発売のHUAWEI製品(今後発売するHUAWEI製品)に関しては、上記についても確実ではないというのが現状です。

いずれの場合も、今後HUAWEI製品を購入する場合は現状を理解した上で購入するようにしてください。

イオンモバイルは店舗が多くて安心!

イオンモバイルは、大手イオンリテール株式会社が運営するMVNOです。

イオンモールをはじめとする全国200店舗以上のイオンで購入できることが最大のメリットです。買い物のついでに購入できるので、専門店に行くよりも気軽に格安SIMに乗り換えできます。

また、店舗が多くあることによって購入や相談が気軽にできます。故障や修理の受付、料金プラン変更などのサポートが受けやすいので、格安スマホ初心者の方でも安心です。契約したその日に利用できるようにしてくれる店舗もあるため、切り替え時のタイムラグが嫌な人や、買って直ぐに使いたい方におすすめです!

そんなイオンモバイルでは21種類のスマホを販売しています。販売しているスマホは非常に幅広いので、今回はおすすめの3機種を紹介します。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

HUAWEI P30 lite《良いものは良い!》

HUAWEI P30 lite
HUAWEI P30 lite
販売価格
32,800円
分割払い時約1,366円×24回
画面サイズ6.15インチ
ストレージ4GB
メモリ64GB
OSAndroid 9
カラー

最近は米国とのいざこざでテレビなどでもよく見かけますが、米国では事実上の「禁輸措置」を行ったことで、米GoogleはHUAWEI製品へのAndroidライセンスを剥奪しました。今回新たに発売されたHUAWEI P30シリーズに関しては、これまで通りGoogleのサービスおよび「Google Play」を問題なく利用できると公表したため利用に問題はありませんが、今後のOSアップデート等には対応しない可能性があるため、購入の際は注意しましょう。

性能、カメラ、価格のバランスが抜群に良いので、かなりおすすめです。

3万円台でトリプルカメラ搭載

2018年にHUAWEI P20 liteのレビューでは3万円台でデュアルカメラを搭載していると書きました。しかし令和元年。いよいよ3万円台でトリプルカメラが体験できるのはさすがHUAWEIと言わざるを得ません。

昨年低価格モデルにデュアルカメラという常識を築き上げ、2019年はトリプルカメラをスタンダードにするつもりです。末恐ろしいメーカーです。他社はまた追い抜かれたと言わんばかりにトリプルカメラ搭載の低価格モデルを続々発売するでしょう。

HUAWEI nova lite 3と同一のSoC

nova lite 2とP20 liteの感じと同様で、搭載しているSoCは2019年3月発売のnova lite 3と同様でKirin 710です。メモリが4GB/64GBなので性能は少々上がったというところ。充電端子がUSB Type-Cを採用している点もnova lite 3との違いとなります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

HUAWEI P30《カメラの性能は歴代SIMフリースマホでNo.1》

HUAWEI P30
HUAWEI P30
販売価格
77,880円
分割払い時約3,245円×24回
画面サイズ6.1インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid 9
カラー

前述のHUAWEI P30 liteの上位モデルで、カメラ・性能ともにさらにパワーアップしています。Mate 20 Proと同等のカメラ性能で価格は2万円減とかなりコスパが良いです。

広角・超広角・望遠のLeicaトリプルレンズを搭載

HUAWEI P30には、廉価版のliteとは違い、LeicaのレンズでP30 Proと同等のレンズを採用しています。

それぞれ広角レンズ(4000万画素)、超広角レンズ(2000万画素)、望遠レンズ(800万画素)となっていて、最大30倍のズームが可能になっています。

ISO感度204,800で撮影できるため、暗所での撮影でもばっちり。

SoCやメモリはP30 Proと同じ!

Kirin 9806GB/128GBの大容量メモリなので、どんな動作でもサクサク快適です。また、指紋認証センサーはディスプレイ内に内蔵しているため、デザインを損ないません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

レビューとは違いますが、新作発表会の様子を動画にしました!ぜひ見てみてください!

Zenfone Live(L1)《通常モデルより2千円安い》

ASUS Zenfone Live(L1)
ASUS Zenfone Live(L1)
販売価格
16,800円
分割払い時約700円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ2GB
メモリ32GB
OSAndroid8.0
カラー

Zenfone Live(L1)はエントリーモデルとして販売されているスマホですが、イオンモバイルではイオンモバイル限定モデルが販売されています。

通常版との違いは?

違いはただ1つ、SoC(内臓チップ)の性能です。

通常モデルはSnapdragon 430のオクタコアCPUを搭載していますが、イオンモバイル限定モデルはSnapdragon 425のクアッドコアCPUを搭載しています。性能は少しだけ下がりますが、おかげで価格も少しだけ下がっています。

1万円台ではかなり優秀!

性能は低くても、バッテリーは3,000mAhと大容量ですし、トリプルスロットでDSDSに対応しているため、ガラケー持ちの方がスマホに切り替える場合に仕事とプライベートを分けられるのはうれしいですよね。

カメラも価格帯を考えるとかなり頑張っている方で、こだわりがなければそれなりに撮影できます。

さらに、顔認証でのロック解除が可能なので、セキュリティもばっちり!指紋認証センサーが非搭載なのが、少々残念です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

イオンモバイルは最新の人気機種から少し古い機種まで豊富!

イオンモバイルでは最新のHUAWEI P30シリーズからZenfone 4などの少し古い人気スマホまで21種類のスマホを販売しています。(2019年5月時点)

HUAWEI P30 lite
販売価格
32,800円
分割払い時
約 1,503円 x 24回
HUAWEI P30
販売価格
77,800円
分割払い時
約 3,565円 x 24回
ASUS Zenfone Max Pro(M2)
販売価格
34,800円
分割払い時
約 1,595円 x 24回
ASUS Zenfone Max(M2)
販売価格
22,800円
分割払い時
約 1,045円 x 24回
HUAWEI nova lite 3
販売価格
26,800円
分割払い時
約 1,228円 x 24回
ASUS Zenfone Live(L1)
販売価格
14,800円
分割払い時
約 678円 x 24回
HUAWEI Mate 20 Pro
販売価格
99,800円
分割払い時
約 4,574円 x 24回
SHARP AQUOS sense2 SH-M08
販売価格
32,800円
分割払い時
約 1,503円 x 24回
HUAWEI nova 3
販売価格
54,800円
分割払い時
約 2,511円 x 24回
HUAWEI MediaPad T5
販売価格
26,784円
分割払い時
約 1,116円 x 24回
SHARP AQUOS sense plus SH-M07
販売価格
42,800円
分割払い時
約 1,961円 x 24回
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,800円
HUAWEI P20
販売価格
69,800円
分割払い時
約 3,199円 x 24回
ASUS Zenfone 5
販売価格
52,800円
分割払い時
約 2,420円 x 24回
ASUS Zenfone 5Q
販売価格
39,800円
分割払い時
約 1,824円 x 24回
HUAWEI nova lite 2
販売価格
25,800円
分割払い時
約 1,182円 x 24回
SHARP AQUOS sense lite SH-M05
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,136円 x 24回
ASUS Zenfone4 Selfie
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,365円 x 24回
ASUS Zenfone4 Max(ZC520KL)
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,136円 x 24回
ZTE Blade E02
販売価格
12,800円
分割払い時
約 586円 x 24回
ASUS Zenfone 4 カスタマイズモデル
販売価格
44,800円
分割払い時
約 2,053円 x 24回
FUJITSU arrows M04
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,365円 x 24回
HUAWEI nova
販売価格
37,800円
分割払い時
約 1,732円 x 24回
SHARP AQUOS SH-M04
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,136円 x 24回
SHARP AQUOSケータイ SH-N01
販売価格
24,000円
分割払い時
約 1,100円 x 24回

さらに、イオンモバイルは店舗が多いのでスマホに不慣れな方でも店頭で直接相談することが可能です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

イオンモバイルのメリット

お試し感覚で使える

イオンモバイルは最低利用期間設けていないため、お試し感覚で格安スマホをはじめることができます。

※ただし、MNP転出の場合は相当の手数料が発生するため注意してください。

業界最安値を誇る安さ

イオンモバイルの料金プランはかなり安く、とくにau回線はほとんどのプランで業界最安値を誇っています。

また、音声シェアプランも用意されているため、家族で使うともっとお得にかつ携帯料金を抑えることができます。

イオンモバイルのデメリット

支払い方法はクレジットカードのみ

イオンモバイルの支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替やデビットカードでは支払いできない点には注意しましょう。

ただし、本人確認をすることで契約者本人名義以外のクレジットカードを利用することはできます

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

《イオンモバイル》格安スマホ・格安SIMキャンペーン情報

イオンモバイルでは現在お得なキャンペーンを実施中! このチャンスを機に、ぜひイオンモバイルへ乗り換えましょう!

イオンモバイルのキャンペーン一覧

キャンペーン内容
イオンモバイル紹介割
【店舗限定】イオンスマホ→イオンモバイル乗り換えキャンペーン

イオンモバイル紹介割

キャンペーン期間:2019/09/03〜終了日未定

イオンモバイルの紹介キャンペーンでは、家族や友達を紹介してイオンモバイルを契約すると双方に1GBクーポンがプレゼントされます。

1GBクーポンとは、データ容量1GBを使うことができるチケットのことで、有効期限は半年間です。利用上限も一切なく、好きな時に好きなだけ使うことができます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

イオンスマホ→イオンモバイル乗り換えキャンペーン

キャンペーン期間:2017/12/08〜終了日未定

イオン店舗にて2016年2月25日以前に契約した方はイオンスマホからイオンモバイルに乗り換えると、SIMカード代金が1円&3,000WAONポイントがプレゼントされます。

キャンペーン詳細は下記の記事をチェック!

該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。 キャンペーン詳細に関しましては、 都度公式ページにてご確認をお願い致します。
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜