1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. au
  4. 「auフラットプラン7プラス」はギガホの対抗馬?au新料金プランを徹底解説!

「auフラットプラン7プラス」はギガホの対抗馬?au新料金プランを徹底解説!

最終更新日:
「auフラットプラン7プラス」はギガホの対抗馬?au新料金プランを徹底解説!

auフラットプラン7プラスは従来のフラットプラン同様定額の料金プランです。主な特徴としては、「低速通信時は送受信最大300Kbpsで利用できる」「主要SNSがカウントフリーになる(予定)」という2点です。通常の7GBのデータ容量では足りなくてもある程度使い方が決まっているユーザーには非常に魅力的なプランとなりました。ギガホの低速時1Mbpsよりは遅いですが、メール・LINE・SNS程度であれば問題なく利用できます。

「auフラットプラン7プラス」はauが2019年6月1日から提供開始する新料金プランです。

ドコモの「ギガホ」を意識しつつも幅広いユーザー向けのちょうど良いデータ容量のプランです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,980円〜
au

料金は安くなる?

今回発表された「auフラットプラン7プラス」は7GBの定額プランという他社にはない少し特殊なプランとなっています。そのため、安くなるかどうか判断しにくいのは事実です。auが4割安くなると公言しています。

auフラットプラン7プラスの料金

プランデータ容量月額料金
auフラットプラン7プラス7GB5,480円

「auスマートバリュー」適用で上記の料金から月々1,000円割引されます。

また、2019年6月1日から同年9月30日までにauフラットプラン7プラスに加入すると「家族割プラス」が適用され月々最大1,000が永年割引されます。

対象の機種はau 4G LTEスマートフォンです。

auフラットプラン7プラスの特徴

auフラットプラン7プラスの最大の特徴は低速通信時の通信速度が上下最大300Kbpsという点。auのほかのプランでは低速通信時は最大128Kbpsと非常に遅く、ウェブ閲覧も難しい速度でしたが、auフラットプラン7プラスではその倍の通信速度を無制限で使用できます。

300Kbpsという数字は決して速くはありませんが、ウェブ閲覧・SNS・マップ程度であれば問題なく利用できます。動画閲覧やアプリダウンロードは場合によっては難しいです。

ドコモのギガホが低速通信時最大1Mbpsでauフラットプラン7プラスの3倍以上の通信速度が使い放題なので、動画を多く見る人はドコモに流れそうです。その分月額料金は1500円プラスですが。

2019年秋に一部SNSカウントフリーに対応予定

2019年6月1日時点ではまだ、未対応なようですが、2019年秋ごろから下記のSNSサービスがカウントフリーに対応します。

  • +メッセージ
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

通話定額(カケホ)について

通話定額(5分、無制限)についてはオプション扱いとなります。

通話定額国内通話が無料月額1,700円
通話定額ライト5分以内の国内通話が無料月額700円

通話定額ライトは加入から12か月間は月額500円になる「通話定額ライト スタートキャンペーン」を行う予定らしいです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,980円〜
au

従来のLTEプラン(7GB)と比較

※料金は2年契約時、割引適用無しの場合

プランデータ容量月額料金(LTE利用料など含む)
auフラットプラン7プラス7GB5,480円
LTEプラン7GB6,934円

!?

差額わずか1,454円なので、家族割引なしではほぼ恩恵がありません。

auの新料金プランへ変更するなら家族一緒に!!

auフラットプラン7プラスは従来のauのプランよりは確かに安くはなります

低速通信時300Kbpsやカウントフリーなどもお得感が高いですが、それほど安くなったといわれるとそうでもありません。

「家族割プラス」と「auスマートバリュー」を適用させることで3,480円になるので家族一緒に乗りかえる場合には良いでしょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,980円〜
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
Tしろ

SIMフリースマホ歴6年でPCやスマホなどのデバイス好き。国内向けに販売されていない端末にも割と詳しく、2011年から脱キャリアしたので絶賛キャリアフリー生活推奨中。「新しいものはとりあえず触ってみる」がモットーです。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜