1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. au
  4. auの機種変更は店舗とオンラインショップではどっちがおトク?

auの機種変更は店舗とオンラインショップではどっちがおトク?

最終更新日:
auの機種変更は店舗とオンラインショップではどっちがおトク?

auで機種変更をするには店舗かオンラインショップの2通りがあります。それぞれメリット・デメリットがあるので、しっかりと把握しましょう。また、キャンペーンや下取りを活用して機種変更の費用を抑えることも忘れずに!

auで機種変更をするにはau取扱店とau Online Shop(オンラインショップ)の2通りがあります。

au取扱店には、auショップ、トヨタau取扱店があり、店舗とオンラインショップでは頭金の有無や実施しているキャンペーンなどに違いがあります。

とくに考えずに機種変更の手続きをしてしまうと余計な出費をしてしまう可能性が非常に高いので、手続きを行う前に、ポイントをしっかり確認しましょう。

【auの機種変更】店舗とオンラインの違い

店舗で機種変更するメリット・デメリット

店舗で機種変更する場合は、対面相談できる点が大きなメリットになります。実際にスマホを触りながら色々と聞けるので気にいった機種を購入することができます。

一方で、機種を購入すると頭金が発生してしまう点は大きなデメリットとなります。

頭金は機種代金の一部ではない

頭金は、機種代金の一部として支払われるわけではなく、店舗側の手数料となっています。

そのため、頭金を多く払ったからといって機種代金の割賦金が減るわけではない点に注意しましょう。

ちなみに、頭金は高いと1万円を超えるので、けっこう初期費用がかさんでしまいますよ。

気がついたら不要なオプションに入っていることも

説明を受けているにも関わらず、再確認をしたり聞いてなかったりして、何ヶ月か経ってから使っていないオプションに加入しているということに気づくことがあります。

加入時のことは詳しく覚えていないので、「加入させられた」などと思ってしまいます。

そんなことが起きないように、説明はしっかり聞いた上で不要かどうかを判断してオプションには加入するようにしましょう。

「いつか使う」と考えているオプションは加入しない方が良いです。保証などのオプション出ない限りは基本的にいつでも加入できるものが多いので、一度聞いてみましょう。

その際に、「今なら最初の○か月は無料!」というオプションは必ずありますが、使わないオプションはそもそも加入しているかどうかも無料期間が終わる頃には忘れがちなので、加入しない方が良いです。

店舗で機種変更する際は「もったいない精神」を捨てましょう。

オンラインショップで機種変更するメリット・デメリット

オンラインショップで機種変更する場合は、いつでもどこでも申し込めるという点が大きなメリットになります。待ち時間がない点や、店舗とは違い頭金がかからない点もメリットです。

一方で、対面での相談は出来ず、気になる機種の実機を触れないという点は大きなデメリットになってしまいます。

対面での相談ができない点はメリットにもなる

対面で相談できないことは、不要なオプションなどの加入を促されることがないという点においてはメリットになります。

しかし、機種変更時にしか加入できないオプションなどもあるため、機種変更する際にはめぼしいオプションを一つ一つ説明を読んでから手続きを完了させましょう。

auの複雑なプラン体系は説明を受けながらでないとわからないという人は、店舗で足を運びましょう。

【キャンペーン】auで機種変更する前に必ず確認しよう

機種変更をする前にキャンペーンをチェックしてみましょう。

キャンペーンでキャッシュバックになっていたり、機種代金割引になっていたりする可能性があるので、購入前に一度は確認した方が良いです。

また、オンラインショップの公式キャンペーンと店舗によって違う店舗限定キャンペーンがあるので、自分が安く機種変更できる方を選びましょう。

【料金プラン見直し】本当にそのままで大丈夫?

機種変更の際にもし自分の携帯料金が高いと感じていたら、"料金プランの見直し"をしましょう。

現在の料金プランや加入オプションはMy auから確認できます。

【下取りサービス】最大51,840円割引!

機種変更の際に、auの下取りサービスを利用することで機種変更の際の費用を抑えられます。

下取りを行うと乗り換えの際に端末によっては最大51,840円の割引が適用されます。5万円となるとかなり高額な割引なのでぜひ活用しましょう!

▼下記の画像はiPhoneの下取り割引額例

出典:au公式サイト

まとめ

auで機種変更する場合は、オンラインショップまたは店舗で行うことができます。

オンラインショップでも店舗でも事務手数料2,000~3,000円はかかりますが、店舗特有の頭金(店舗事務手数料)はオンラインショップではかかりません。

また、店舗では混雑の具合で待ち時間が生じますし、営業時間外では当然受け付けていません。 一方オンラインショップは、待ち時間なくいつでもどこでも申し込みできます。

しかし、対面での相談は店舗申し込みのメリットなので、どちらが自分にあっているかを考慮して申し込みましょう。

安さ重視ならオンラインショップ、サポート重視なら店舗、というのが大きく見たときの

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,980円〜
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜