1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. au
  4. auひかりの解約について徹底解説!あなたの疑問を解決します!

auひかりの解約について徹底解説!あなたの疑問を解決します!

最終更新日:
auひかりの解約について徹底解説!あなたの疑問を解決します!

auひかりの解約の仕方がわからない、違約金っていくらなの?という方はいませんか? 本記事ではau光の解約の仕方、違約金などを徹底解説いたしますので、今ある疑問を解決しましょう!

auひかりの解約条件と違約金まとめ

auひかりは、auが提供する光回線です。 スマホとセットで契約することで、スマホの月額に対して割引が発生します。

しかし、スマホのキャリアを乗り換えた場合、その恩恵は消失することになります。 そのため、家族内のauユーザーの数によっては、光回線の解約を考慮する必要が出てくるといえるでしょう。

また、光回線にも自動契約があるため、解約の時期はよく考慮しなければ損することも。 この記事では、auひかりの解約を行う場合に発生する違約金、解約のベストタイミングなどについて詳細をみていきます。

auひかりの解約方法について

auひかりを解約する場合は、ショップで解約することはできません。

各プロバイダに連絡したうえで、解約手続きを進める必要があります。

また、プロバイダに連絡することによって解約を進めるため、プロバイダを解約した日から光回線を使用することが不可能となります。

インターネットの使用ができずに困る場合は、インターネットの解約と新しい居住地のネット回線の手続きを並行して進めましょう。

レンタル機器の返却が必要

auひかりの場合、プロバイダへ連絡した後、借りていた機器全てをプロバイダーに返送しなければなりません。

返送する機器はプロバイダから指定されるため、扱いに困ることはないでしょう。

しかし、仮に返送を忘れた場合や機器を破棄してしまった場合は、新たに代金を請求されることになります。そのため、解約を申し込んでから、機器の返送などの時間も考慮して解約の手続きを進めていくことをおすすめします。

auひかりは、auショップで解約手続きを進めることができません。どのプロバイダー契約していても、プロバイダに連絡して解約手続きを進める必要があります。

機器に関しては、レンタル品を返送するためのボックスがプロバイダから送られてくるため、何を返送していいかわからないといった事態を避けることが可能です。

そして、auひかりを解約する場合、撤去工事が必要となる場合もあります。撤去工事が必要かどうかは、プロバイダが判断するものでありユーザーが判断できるものではありません。そのため、撤去工事が必要な場合、解約日や引っ越しの日付をある程度考慮しなければならないことに注意を払っておきましょう。

auひかり解約の注意事項

au ひかりの解約には、契約内容の証明が必要となります。

仮に、開通した際の紙を紛失してしまっていても、プロバイダに連絡することによって本人確認及び契約の確認を行うことが可能です。

そのうえで、auひかりを解約する際の注意事項についてみていきましょう。

auひかりで発行された固定電話番号は他に引き継げない

auひかりを使用する上でもっとも気をつけなければならないのは、auひかりを契約する際に発行された電話番号はNTTや他の企業に引き継ぐことができないという点です。

仮に、auからドコモ光に回線を変える場合、電話番号を新たに取得する必要があります。逆に、NTTから発行された電話番号を引継ぎ、NTTの管轄に戻すことは可能です。

そのため、auひかりで電話番号を初めて取得し、その番号を変えたくない場合は、auひかりを解約することが難しいといえます。仮に、月額料金が気になる場合などは、附属しているオプションを見直すことなどによって対処していきましょう。

auスマートバリューが解消される

auスマートバリューは、auひかりを使用することによってauのスマホの月額に対して割引が行われるサービスです。そのため、auのスマホの契約を継続していても、 auひかりを解約した場合、月々の割引は消失することになります。

スマホの月額に対する割引は、固定回線が条件となっているものもあるため、他の割引サービスに対する影響も考慮したうえで解約を行う必要があります。

auひかりは光コラボではない

解約にともなってauひかりから他の回線に移行する際、NTTの回線とauの回線には互換性がありません。電話の加入権に関しても、auからNTTに引き継げる訳ではなく、工事費なども異なります。

そのため、ソフトバンクやドコモと比較しても解約したうえで他の光回線に移行しにくいといえます。他のキャリアに移行する場合は、工事費や撤去費無料といったサービスを利用すると良いでしょう。

auひかりの違約金について

auひかりの違約金は、契約に対するものだけでなく、工事費も考慮する必要があります。 また、 auひかりのホームタイプであれば、撤去費用が発生した場合最大で28,800円の費用が発生することも注意しておきましょう。

auひかり解約の違約金は以下になります。

  • 3年契約のずっとギガ得プラン(戸建て)は15,000円
  • 2年契約のギガ得プラン(戸建て)は9,500円
  • 2年契約のお得プランAは7,000円

工事費は一戸建ては37,500円を分割して60回支払い、マンションでは30,000円で24回支払いとなっています。 一戸建ての工事費は2018年3月1日以前であれば、30回支払いと設定されてり、契約した時期によって請求される金額が異なる点は注意が必要です。

定期契約の期間を設けない標準プランもあるものの、月額料金が1,000円以上高くなります。 そのため、どれだけの期間auひかりを使用するかによって、定期契約にするかどうかを考慮する必要があります。

契約解除料金であれば、更新月に契約を解除することによって無料とすることが可能であるものの、光回線の解約は契約解除料金のみが発生するわけではありません。

解約時に請求される料金は戸建て・マンションのどちらのタイプなのかによって、違約金や工事費が異なります。どちらでも定期契約の有無によって月額料金が大きく変わるため、契約を行う段階で長期間の使用なのか、短期間の使用なのかを想定しておく必要があるといえるでしょう。

家族内のauのスマホユーザーが多ければ多いほど、auひかりを使用するメリットは大きくなります。

しかし、解約する場合には、更新月以外は違約金が発生し、工事費が支払い終わってなければ、工事費も併せて請求されます。

そのため、契約の違約金だけでなく、解約する際に総額でどのくらいのコストが発生するのか把握してから解約を行うことをおすすめします。

  • 契約解除料金
  • 工事費の残債
  • 撤去工事費

などがあげられます。ちなみに、レンタルしていて機器を返却しない場合も別料金を課されるため、レンタル品の取り扱いも注意しましょう。

月額料金は日割り

解約する際の月額料金はauひかりの場合、日割りで計算されます。個人のライフスタイルに合わせて契約日時を指定することが可能であるため、引っ越しなどの場合でも事前に連絡すればトラブルになることはないでしょう。

auひかりの違約金は、引っ越し先でauひかりを使用する場合は発生しません。しかし、マンションやアパートの場合は、工事が必要ない場合もあるものの、新築の戸建てであれば新たに工事が必要となり、さらに工事費が月額料金に加算されることには注意が必要です。

auひかりはいつ解約すべきか?

auひかりの解約のベストタイミングは、更新月と工事費の精算が終わったときです。ただし、工事費の分割支払いと契約の更新時期のタイミングは、合うとは限りません。

仮に、2018年の3月以降に戸建てプランで契約し、2021年の3月に解約するとした場合、契約の更新時期に解約することはできるものの、工事費の半分はユーザーが負担することになります。

戸建ての光回線の契約であるずっとギガ得プランでは、3年契約が前提となっており、37・38ヶ月目が更新月です。ギガ得プラン・マンションは2年契約で25ヶ月、26ヶ月目が更新月となります。

6年かけて工事費の分割代金を支払ったとしても、工事費が支払い終わったタイミングと更新月はずれる可能性が高いです。

そのため、短期間で解約する予定がある場合は、定期契約を結ばないことも選択肢に入ります。引っ越しなどの場合は、次の居住先でauひかりを使用すると解約金を支払う必要はありません。

定期契約を結んでいる場合は更新月に解約することを意識し、工事費との兼ね合いを考えて解約しなければ、数万円以上のコストが発生することに注意が必要です。

まとめ

auひかりを解約する場合、定期契約を結んでいるかどうかによって違約金の有無が変化します。

また、契約に対する違約金を支払う必要がなかったとしても、工事代金の残債や撤去工事が必要となることもあり、解約に関する代金をゼロにできるのは、長年auひかりを使用した方か新しい居住地などでもauひかりを使用する方のみです。

auひかりで発行した電話番号は、他社に引き継ぐことができません。 仮に、NTTで電話番号を取得せずに、新築でホームタイプのauひかりを契約し、解約するとなった場合は、新たに電話番号を取得しなければなりません。

解約の手続きそのものは、難しくないものの、auひかりが割引の条件となっている割引サービスもあるため、よく考慮したうえで解約手続きを行っていきましょう。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜