1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. au
  4. auの支払い方法を徹底解説!請求書が送られてきたら注意!

auの支払い方法を徹底解説!請求書が送られてきたら注意!

最終更新日:
auの支払い方法を徹底解説!請求書が送られてきたら注意!

auの支払い方法を徹底解説!原則クレジットカード払いまたは口座振替の2通りとなっています。しかし、口座振替が行えなかった場合は再振替はなく、代わりに請求書でコンビニ払いもできます。ただ、請求書払いを続けると支払いのタイミングによっては遅延が生じるリスクがあります。おすすめの支払い方法は支払い遅延が起きにくいクレジットカードで、とくにau Walletゴールドカードはポイント還元率が最大10%とかなり高いのでおすすめです。

auは、独自の光回線までも提供している大手キャリアです。多様な事業を展開しており、人によっては家族全員がauを使用しているケースも少なくありません。支払いを一括でまとめている場合、支払いが遅れると家族全員が携帯電話を使用出来なくなる可能性もあります。

携帯電話の支払いが遅延した場合は、信用情報に傷がつきます。信用情報は、携帯電話の分割払いだけでなく、車や住宅などのローンの審査に非常に大きな影響を与えるものです。

この記事では、auで選択できる支払い方法とお得な支払い方法などについて解説していきます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,980円〜
au

auの携帯料金支払い方法

auで現状選択できる支払い方法は2つです。

  • クレジットカード
  • 口座振替

以前は請求書払いにも対応していましたが、2018年1月の時点で新規や機種変更では選択することが出来なくなっています。

そのため、現在auで新規・機種変更を行う場合は「クレジットカード払い」「銀行口座振替」のどちらかを選択することになります。

auで請求書払いができるユーザーは、「2018年1月以前にauを使用しているユーザー」「支払いの遅延などによってauから請求書を発行されたユーザー」のどちらとなっています。

では、auで選択可能な支払い方法について詳しく解説していきます。

【クレジットカード払い】支払い日はカード会社による

auの携帯料金支払いに使用できるクレジットカードは、下記のカードです。

基本的には、国際ブランドであるVISAやMaster Cardであればクレジットカードで支払いができると思って良いです。

クレジットカード払いなら遅延が生じにくい

クレジットカードの支払いはクレジットカード会社が一括で請求します。ショッピングなどの請求と合わせて携帯電話の料金が請求されるため、支払いが遅れる可能性は非常に低い点はメリットとなります。

日本人のクレジットカードの保有率から考えても、クレジットカードを普段から利用している場合は、請求を1つにまとめることがメリットとなります。

ただし、支払い日はカード会社によって異なるため、個人の希望では変更することができない点には注意が必要です。

ポイント還元を有効活用するとお得!

携帯電話の料金を支払うことでポイントが付与されるクレジットカードもあるので、そちらを有効活用するのも良策です。

au独自のカードであるau WALLETクレジットカードでも支払いができますが、au WALLETクレジットカードだからといってau WALLETポイント還元が優遇されているわけではなく、通常の1%の還元のみとなるため、それほどお得とはいえません。

ただ、後述しますがau WALLETゴールドカードであれば年会費がかかりますが、最大11%の還元があるのでお得になります。

デビットカード支払いにも対応

au ではデビットカードでの支払いも可能です。

「WEB de 請求書」の発行日によってそれぞれ引き落とし日が異なりますが、デビットカードでも支払いが可能な点はauのクレジットカード支払いの特徴の1つです。

対応しているのはVISA・JCBデビットカード、JCBプリベイトカードです。

【口座振替】支払い方法

auで口座振替を受け付けている金融機関は、以下の通りです。

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 第二地方銀行
  • 信託銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫
  • 商工中金
  • 農林中金
  • 農協
  • 漁協
  • その他の銀行

その他の銀行には「ゆうちょ銀行」「じぶん銀行」「新生銀行」「あおぞら銀行」「シティバンク銀行」「ジャパンネット銀行」「セブン銀行」「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」「ソニー銀行」「GMOあおぞらネット銀行」などがあります。

都市銀行だけでなく第二地方銀行まで対応しているため、多くの人々が使用している銀行で、口座振替を行えます。

口座振替の引き落とし日と注意点

auの料金の締め日は、どのようなサービスを使用しているかによって異なりますが、基本的には25日と考えて良いでしょう。

たとえば、携帯電話やインターネット、auでんきを単独で使用している場合は、毎月25日の引き落としです。KDDIまとめて請求を使用している場合も、25日または月末が引き落とし日となっています。

口座振替は支払いの遅延に要注意

auは、口座振替での支払いが行われなかった場合に再振替はなく、auから送付される請求書でコンビニやインターネットで支払いを行うことができます。

しかしながら、au側としては極力請求書による支払いを避けています。請求書での支払いが続く状況は、支払いが遅延していると判断されることもあります。その場合は、信用情報に傷がつくこともあります。

信用情報に傷がついた場合には、auだけでなく他のキャリアの契約や携帯電話に関係のない分野のローンなどにも悪影響を及ぼす点には注意が必要です。

【請求書支払い】支払いが滞った場合

auでは、企業として請求書による支払いを極力行わないようにしています。仮に、請求書で支払っているという場合は、昔からのauのユーザーか口座振替が遅延し送られてきた請求書で支払っているユーザーのどちらかだと判断できます。

請求書が届いた場合にはほとんどのコンビニで支払うことができます。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

とはいえ、auでの料金の支払いは、原則口座振替かクレジットカードです。現在請求書が発行されている場合であっても、機種変更後は口座振替かクレジットカードしか選択できません。

また、請求書ではなく振込用紙が届いている場合には、支払いが遅延していると判断できるため、人によっては支払いの遅延によって携帯電話の機能が制限されることも少なくありません。

そういった場合には、支払い方法を見直すだけではなく、自分のライフスタイルを見直すことも必要となってくるでしょう。

請求書支払いの注意点

2018年8月20日以降に契約した方は、請求書払いを選択することができません。機種変更を行う場合でも、口座振替かクレジットカードのどちらかの支払い方法しか選択することができません。

また、auの端末を分割払いで購入する場合、口座振替やクレジットカード払いの設定が必要です。特に、ユーザーへの還元を考慮する場合は、au WALLETポイントとクレジットカード会社のポイントが付与されるクレジットカード払いをおすすめします。

auの携帯料金の得する支払い方法

出典(au WALLET 公式サイト)

auの携帯料金を支払いには、クレジットカード払いがおすすめです。なかでもau WALLETゴールドカードが特におすすめです。

au WALLET ゴールドカードは年会費が10,000円ですが、auの携帯電話およびau光の利用料金に対して1,000円で最大100ポイントが付与されます。

また、年間の利用額に応じて最大4,000ポイントのボーナスポイントも付与されるため、年会費を支払ったとしてもauユーザーであれば、au WALLETゴールドカードを使用するメリットが十分にあると思います。

またau WALLETゴールドカードの特徴として、空港のラウンジサービスを使用できたり、国内外の旅行保険が付帯しているため、携帯電話の支払い以外でも十分使用しやすいクレジットカードです。

【支払い方法変更】auで支払い方法を変更したい

auの料金の支払い方法は、インターネット上で変更可能。その場合は、[My auにログイン]→[支払い方法を変更する]→[任意の支払い方法を選択する]という流れとなります。

また、電話やauショップでも手続きが可能ですが、受付時間に制限がある点には注意が必要です。

支払い方法の変更をショップで行う場合には十分な時間の確保が必要となることも多いため、インターネット上で支払い方法を変更する方法をおすすめします。

auの支払いにはau WALLETゴールドカードがおすすめ!

auの支払い方法は、原則口座振替・クレジットカード払いの2つの方法となっています。

おすすめの支払い方法は、遅延が生じにくい点からクレジットカードでの支払いがおすすめです。

とくに、ポイント還元を考慮した場合、au WALLETゴールドカードでの支払いがお得です。支払い料金に対して1000円ごとに10%のポイント還元がある点は、大きなメリットです。

また、口座振替で支払いが遅延した場合は、再振替はありません。支払いが遅れた場合は請求書での支払いとなります。請求書での支払いが続く状況では、場合によってはサービスの停止となることもあるため、注意が必要です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,980円〜
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
千歳悠

通話でdocomoを使用。アプリ・データ通信用にmineoを使用中。光回線とのセットでdocomoの契約をしていた為、解約しづらい雰囲気があったが、料金がネックとなった。通話の機会も減りつつある為、今後完全にmineoに乗り換える予定。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜