音声通話を徹底比較~かけ放題は?通話品質って大丈夫?【大手キャリアVS格安スマホ】

Beb02b2e0c9ebf3eead109b045c74240

音声通話を徹底比較~かけ放題は?通話品質って大丈夫?【大手キャリアVS格安スマホ】

最終更新日:

大手キャリアと格安スマホの音声通話について解説。大手キャリアと格安スマホの通話品質は大きく変わりません。格安スマホは大手キャリアの通信回線で運営されているためです。一方でかけ放題に関しては格安スマホには完全かけ放題のプランはありません。5分以内のかけ放題などのオプションが用意されています。

ネットはもちろん、テレビや雑誌などでも格安スマホに関する情報を見かけることが非常に多くなっています。
それだけ格安スマホに興味を持っている方が多いということなのでしょう。

ただその情報の多くは価格や通信速度に関するものがほとんどです。それに比べ音声通話に関する情報はそれほど多くはありません。

格安スマホは大手キャリアから回線をレンタルして提供しています。

そのため大手キャリアよりは回線が細く、渋谷、新宿といった繁華街や花火大会、夏フェスといった一箇所にたくさんの人が集まる場所、そして昼休みや朝夕の通勤時間といった多くの人がネットを閲覧する時間帯はどうしても通信速度が遅くなってしまうというデメリットがあることはよく知られています。

格安スマホは、できる限りコストをかけないことで安い月額料金を維持しています。
大手キャリアに比べ通信速度の安定性がないというのも安さを考えればある程度は仕方のないことです。では格安スマホは、通話品質においても大手キャリアより低いのでしょうか?

また格安スマホはデータの利用料は大手キャリアよりも大幅に安くなっていますが、通話料金は決して安くはありません。

ほとんどの格安スマホには大手キャリアのようなかけ放題サービスもないのが現状です。このようにデータ通信に比べあまり知られていない格安スマホの通話品質と料金。今回はこの部分に関しての情報をご紹介します。

格安スマホの通話品質はキャリアと同じ

格安スマホは回線を大手キャリアからレンタルして提供しています。
これは通話に関して同様です。独自の電話回線を設けている格安スマホは1社もありません。独自の電話回線を設ける程のコストをかけたら現在のような価格でサービスの提供は不可能でしょう。

大手キャリアと同じ回線を利用しているということからもお分かりの通り、基本的に格安スマホと大手キャリアで通話品質に違いはありません。そのため090、080といった携帯番号も使え、MNPも当然、可能です。格安スマホに乗り換えたら通話が聞こえづらくなったり、とぎれとぎれになってしまうのでは?といった心配は必要ありません。

ただしSIMフリースマホの場合、VoLTEに対応している端末がまだほとんどないということ、そして契約内容によっては3G回線でしか利用できないといった場合があります。その際は大手キャリアに比べ、若干、通話品質が落ちることになりますのでご注意ください。

格安スマホでは、大手キャリアのようなかけ放題プランはありません。その代わりに専用のアプリを使い、通話料金を抑えるサービスを行っている会社がいくつかあります。ただしアプリといってもIP電話ではなく、通常の電話回線を使ったもののため、これに関しても通話品質はやはり大手キャリアと大きくは変わらないと思ってよいでしょう。

格安スマホの通話に関して詳しく知りたい方はこちら⇒格安スマホは圏外になりやすい?そんな噂は嘘!

格安スマホのかけ放題は条件付き

上述したように、格安スマホには大手キャリアのようなかけ放題プランを提供している会社はありません。ただし条件付きでのかけ放題プランは存在します。

1回の通話時間が限定されているものの、その時間内であれば定額で何回でもかけ放題サービスを提供しているのが、FREETELのトークアプリ「FREETEでんわ」です。このサービスを利用すると1分間かけ放題で月額399円、5分間かけ放題で月額840円と大手キャリアと比べ格安の料金になっています。このアプリはIP電話ではないため、通話品質も通常の電話と変わらないのも嬉しいポイントです。

また厳密にはかけ放題ではありませんが、1回の通話時間を気にすることなく利用できるのが、BIGLOBEの「BIGLOBEでんわ通話パック60」です。こちらは650円で60分までの通話ができるプランです。60分の通話料金は通常1,200円のため、ほぼ半額で60分の通話ができます。

BIGLOBE SIM・スマホの料金プラン・評判・スマホ

MVNOのかけ放題の徹底比較はこちら⇒格安SIMのかけ放題(通話し放題)プランの最安値はどこ?

かけ放題がうれしい楽天モバイル、通話パックでお得なmineo

上述した以外にも条件付きでのかけ放題や通話パックを提供しているサービスがあります。「FREETELでんわ」のようにアプリを使い1回、5分間の通話が何度でもかけ放題になるプランが楽天モバイルの5分間かけ放題オプションです。特におすすめはコミコミプランで、購入時点で最新のスマホに2GBの高速通信がついて月額1,880円から利用できます。

自分が月に通話する時間に合わせ、30分と60分のどちらかの通話定額が選べるのがmineoの通話定額30と通話定額60です。月額の料金はそれぞれ840円と1,680円となっています。60分の価格だけを見るとかなり高額ですが、mineoの場合はアプリを使った通話ではないため、より通話品質が良いというメリットがあります。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ 公式を
チェック

楽天モバイルの料金プラン・評判・スマホ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ・au 公式を
チェック

mineoの料金プラン・評判・スマホ

格安スマホであっても通話品質は大手キャリアとほぼ変わらないということはお分かり頂けたでしょうか。また条件付きではあるものの、格安スマホにもかけ放題や通話パックなどデータパックだけではなく、通話にもお得なプランが用意されています。通話品質や価格で悩んでいた方は今回ご紹介したプランなどを参考に乗り換えの検討をされてみてはいかがでしょう?