1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 大手キャリアと格安SIMを徹底比較
  3. 持ち運べるWi-Fi?!SIMフリーモバイルWi-Fiルーターを徹底解説!

持ち運べるWi-Fi?!SIMフリーモバイルWi-Fiルーターを徹底解説!

最終更新日:
持ち運べるWi-Fi?!SIMフリーモバイルWi-Fiルーターを徹底解説!

SIMフリーモバイルWi-Fiルーターについての解説記事です! 持ち運べるWi-Fiの魅力やSIMフリーモバイルWi-Fiルーターを取り扱うおすすめのMVNO(格安SIM)も紹介しているのでチェックしてみてください!

SIMフリーのモバイルWi-Fiってなに?

SIMフリーモバイルWi-Fiは、「ポケットWi-Fi」とも呼ばれているキャリアに縛られていない持ち運べるWi-Fiルーターのことです。

そしてSIMフリーとは、ドコモauソフトバンクのキャリアをどれでも利用できることをさします!

  • ドコモで購入→ドコモ回線のみ利用可
  • auで購入→au回線のみ利用可
  • ソフトバンクで購入→ソフトバンク回線のみ利用可

上記3つのように、キャリア端末は購入したキャリアの回線しか利用できません。

しかし、SIMフリーはどのキャリア回線でもSIMカードを差し込めば利用できます!

SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターは家電量販店やネット通販で購入する事ができ、取り扱いがあるMVNO(格安SIM)もいくつか存在します。

そもそもモバイルWi-Fiルーターってなに?

モバイルWi-Fiルーターはネットの電波とスマホやPC・タブレットなどの間に入ってくれている人とイメージしてください!

モバイルWi-Fiルーター役割の図

飲食店やコンビニなどで使える固定回線のWi-Fiは、直接ルーターからインターネット回線を無線通信でPCやスマホに発信していますが、モバイルWi-Fiルーターは持ち運び可能で電波のある場所なら利用できるのがモバイルWi-Fiルーターの特徴です!

SIMフリーモバイルWi-Fiルーターのメリット・デメリット

SIMフリーモバイルWi-Fiルーターのメリット・デメリットを紹介します!

メリットデメリット
海外でも使える充電が必要
利用が簡単設定やトラブルの対処等自己管理
安く利用できる!-

メリット

SIMフリーモバイルWi-Fiルーターは海外でも使える!

海外への旅行、出張で現地でスマホを使う時少しでも安く使いたい場合、Wi-Fiが欠かせません!

そんな時にモバイルWi-Fiルーターのレンタルをする事ができますが、1日数千円、1週間で1万円しない程度の利用料金を取られてしまいます!

しかし、SIMフリーWi-Fiなら現地でSIMカードを購入、または国内取り扱い店舗やネット通販などで購入できるので、レンタルに比べて安く海外でのスマホライフを満喫できます!

SIMカードの値段は使う国や容量、日数などで異なりますが、およそ3,000円以内で購入することができます!

使い方はSIMカードを差すだけ!利用が簡単!

SIMフリーモバイルWi-Fiルーターの利用までの流れは

  • 1.ルーターを購入!

  • 2.データ通信のできるSIMカードを購入!

  • 3.SIMカードをルーターに差し込む

上記3ステップで簡単に利用できちゃいます!

SIMフリーモバイルルーターを使う3ステップ

固定回線のWi-Fiは光回線の契約や工事などで時間とお金がかかってしまいますが、モバイルWi-Fiルーターはルーターを用意し、SIMカードを購入して差し込むだけでWi-Fiの利用がスタートできます!

格安SIM(MVNO)とコラボすれば安く使える!?

料金面でもMVNOとの兼用でかなり安く利用できます!

例えば、光回線のWi-Fiだと月々7GBで4,000〜6,000円かかってしまい、手数料や工事費がかかる場合があります。

しかし、MVNOとモバイルWi-Fiルーターを利用することで工事費はかからず、プランにもよりますが、月々3000円以内で利用できます!

モバイルWi-Fiルーターを利用するのにおすすめのMVNOはmineoです!

mineoのデータ通信10GBのプランは月々2,520円で利用できるだけでなく、モバイルWi-Fiルーターを取り扱っているので、セット購入もできます!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

デメリット

スマホと同じで充電が必要

モバイルルーターは定期的に充電が必要です。 一日中利用していると充電が切れてしまい、必要な時に電源が落ちてしまう可能性があるのでこまめに電源を切る必要があります。

しかし、バッテリー大容量の機種や充電器に接続しながらの利用もできるので工夫次第で長時間利用できます。

設定やトラブルの対処は自己責任

モバイルWi-Fiルーターを通販などで購入した際には設定やトラブルの対処はルーターのメーカーや通販サイトに問い合わせても対処してくれないので、自分で行わなくてはいけません。

ですが、MVNOで購入すればサポート体制も充実しているので公式HPからの問い合わせや利用方法を説明してくれますよ!

モバイルWi-Fiルーターを取り扱っているMVNO一覧

モバイルWi-Fiルーターを取り扱っているMVNOは下記4社になります!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜
ドコモ

MVNOが取り扱っているおすすめモバイルWi-Fiルーター2選!

Aterm MR05LN

Aterm MR05LN

Aterm MR05LNは混雑するエリアでも高速通信が快適に使えます。

また、電波状況の優れたアンテナを優先する「周波数ダイバーシティ効果」によって、もしも電波が弱くなっていても通信速度を低下させにくく、快適に使うことのできる技術が詰まっている端末です!

そして、大容量バッテリー搭載で最大14時間の通信が可能な上に、デュアルSIM対応なので海外で利用したい場合でも日本と海外のSIMカードを搭載でき、切り替えができます!

Aterm MR05LNのスペックは下記の通りです!

機器名Aterm MR05LN
価格楽天モバイル
一括21,800円分割985円/24回
mineo
一括22,800円分割950円/24回
IIJmio
一括22,000円分割950円/24回
USBポートmicroB USBコネクタ×1
SIMnanoSIM×2
連続通信時間Wi-Fiテザリング時:約14時間
Bluetoothテザリング時:約30時間
充電時間約3時間
ヒューマンインターフェース2.4インチLCDタッチパネル
サイズ縦115mm×幅63mm×厚さ11mm
重量約115g
バッテリー容量2,500 mAh

で購入できます!

HUAWEI E5577

HUAWEI E5577

HUAWEI E5577は通信方式GSMに対応しているため、海外のSIMでも使用することができます。

また、3,000mAhの大容量バッテリーで最大約12時間の連続使用ができ、外出先でも充電なしで長時間利用できます。

専用アプリ「HiLink」を使えば、スマホやタブレットからルーターを起動したり、状態を確認したりすることができます。OTGケーブル(別売り)を使用することで、スマートフォンや、タブレットなど充電することができます。

HUAWEI E5577のスペックは以下の通りです!

機器名HUAWEI E5577
価格楽天モバイル
一括9,800円分割441円/24回
mineo
一括9,600円分割400円/24回
DMMモバイル
一括9,980円分割531円/24回
同時接続台数Wi-Fi接続10台:USB接続1台
SIMカード標準SIMカード
SDカードmicro SDカード(最大32GB)
連続通信時間Wi-Fi接続約12時間
ディスプレイ/解析度21.45インチ/128×128ドット (TFT)
サイズ幅約96.8mm×奥行き約58mm×厚み約17.3mm
重量約112
バッテリー容量3,000 mAh

HUAWEI E5577は

で購入できます!

SIMフリーWi-Fiルーターを利用して快適なWi-Fi運用をしましょう!

SIMフリーWi-Fiルーターを利用することで海外で自分のスマホを安く利用できたり、外出先でPCの利用ができたりとメリットは多くあります。

Wi-Fiルーターの取り扱いのあるMVNOは以下の通りです!

それぞれ4社ともデータ通信プランとルーターをセット購入できます! 下記記事で各社の料金プランを紹介しているので確認してみましょう!

SIMカードを差し込むだけでWi-Fiを使うことができるので、外出先でWi-Fiを利用したい方だけでなく、現在自宅でWi-Fi利用されていて、月々の料金をもっと安くしたいと考えている方にもおすすめです。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
TKG

ドコモ歴約12年の根っからのドコモ野郎ですが最近格安SIMに乗り換えようか気持ちが揺らいでます。。。 みなさんにとってお得な情報をお届けできるように頑張ります!

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜