1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. DMMモバイル
  3. DMMmobile(DMMモバイル)の通信速度を半年間計測してみました!《通信速度レビュー》

DMMmobile(DMMモバイル)の通信速度を半年間計測してみました!《通信速度レビュー》

最終更新日:
DMMmobile(DMMモバイル)の通信速度を半年間計測してみました!《通信速度レビュー》

DMMmobile(DMMモバイル)の通信速度は、昼間以外は比較的速度が安定しています。ただ、昼間の混雑する時間帯になった途端に通信速度が大きく落ちるため、スマホを利用していると、昼間と昼間以外の速度の差にストレスを感じてしまう可能性があります。LINEやテキスト系のWEBページであれば問題なく閲覧することは可能でしょう。ただ、画像の表示速度の遅さが気になる可能性があります。

DMMmobile(DMMモバイル)の通信速度は昼間以外はまあ安定!

DMMモバイルの通信速度は、午前中は速さが安定していて快適な利用が可能です。午前中に次いで夕方も、十分な速度が出ているため通信速度が気になることはほぼないでしょう。

しかし、混雑する時間帯である昼間の通信速度がガクンと落ちて、遅いです。昼間はWi-Fiを利用するなど、工夫が必要かもしれません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ
DMMモバイルの評判・評価・口コミを集めました!
関連記事DMMモバイルの評判・評価・口コミを集めました!

DMMmobile(DMMモバイル)の通信速度を《半年間》計測してみた!

DMMモバイルの通信速度を半年間、午前中(10時頃) / 昼間(12時頃) / 夕方(17時頃)で計測してみました。

DMMモバイルの通信速度《午前中(10時頃)》

DMMモバイルの通信速度10時

DMMモバイルの午前10時頃の通信速度を半年間計測しました。

DMMモバイルの午前中の通信速度は比較的速くて安定しています。これだけの速度が出ていれば、スマホを利用するのに全く問題ありません。通勤時や通学時に快適にスマホを利用することが可能です!

DMMモバイルの通信速度《昼間(12時頃)》

DMMモバイルの通信速度12時

DMMモバイルの12時頃の通信速度を半年間計測しました。

DMMモバイルの昼間の通信速度は全体的に遅めで気になります。

昼間の時間帯はスマホの利用者が多いため回線が混雑しやすく、どのMVNOでも速度は遅くなりがちです。どのMVNOでも遅くなりがちといえども、DMMモバイルは半年間で3月を除いて0.5Mbps前後をうろうろとしています。

0.5Mbpsあれば標準画質の動画であれば見ることができる程度ですが、さらにそれを下回ってしまうと、通信速度の遅さがストレスに感じるかもしれません。

お昼の時間帯はWi-Fiを利用した方が安心かもしれません。

DMMモバイルの通信速度《夕方(17時頃)》

DMMモバイルの通信速度17時

DMMモバイルの午後17時頃の通信速度を半年間計測しました。

DMMモバイルの夕方の速度は、まあまあ速くて安定!SNSの閲覧や動画の閲覧、WEBページを見る等の一般ユーザーには十分利用可能な速度です。

通信速度の目安ってなに?

通信速度がどれくらいあれば快適な通信が可能なのか、通信速度の目安を理解しましょう。

用途 通信速度
200文字のLINEやメール 0.05Mbps
標準画質のYoutubeの視聴 0.5Mbps
Webページの表示 1Mbps
FacebookなどSNSへの画像アップロード 3Mbps
アプリのダウンロード 10Mbps

LINEやメール等のテキストメッセージはデータ送受信量が少ないです。そのため、ほとんど通信速度の影響がないため、いつでもサクサクと快適に利用可能です。

Webページを閲覧する場合は1Mbps程度の通信速度があれば、ストレスなく利用することができます。

また、YouTube等で動画を閲覧する場合は、0.5Mbpsの速度があれば標準な画質で途切れること無く視聴することができます。

基本的に、1 ~ 2Mbpsの通信速度があればストレスなく利用でき、0.5Mbps以下**になると、WebページやSNSを閲覧していると画像の表示速度が遅く感じるでしょう。

通信速度を見るとき知っておくべき用語

ping 上り速度(アップロード速度) 下り速度(ダウンロード速度)

スマホを利用していると、アップロードに比べてダウンロードを使うことが多いです。 そのため、通信速度を見るときは、下り速度(ダウンロード速度)の特に注目することをおすすめします。

ping

pingとは、通信の反応速度のことです。
pingは、数字が小さいほうが回線は高速になります。

ただし、回線速度が遅いにも関わらずpingのみ速い状態にしているとパケットロスが多く発生し、体感速度は低下してしまうため注意が必要です。

上り速度(アップロード速度)

上り速度とは、スマホからインターネットへ情報を送るときの速度のことです。
例えば、SNSへの投稿やLINE・メールの送信する時などに関わる速度です。

(Mbps)という単位であらわされ、数値が*大きい:ほど通信速度が速いです。

下り速度(ダウンロード速度)

下り速度はインターネットにある情報をスマホに読み込むときの速度です。
例えば、Webページを閲覧する・YouTubeで動画を見る・SNSで友達の投稿を見る・アプリをダウンロードする、などに関わる速度です。

(Mbps)という単位であらわされ、数値が大きいほど通信速度が速いです。

実際の通信速度の評判は?ユーザーの声を集めました!

通信制限にかかると通信速度はどうなる?

DMMモバイルは通信制限にかかった場合、その速度は200Kbpsになります。

200Kbpsという速度はテキストであれば、基本的にも問題なく利用できます。(メールだったり、テキストのみのWEBページ閲覧)

見たいページに画像があると、なかなか画像が反映されないレベルが200Kbpsです。

通信制限が1か月ごとと3日間ごとにある

DMMモバイルは、1か月ごとに決められた容量を超えると通信制限にかかってしまいます。また、3日間で540MB以上利用した場合にも通信制限にかかってしまいます。

ただし、3日間制限は低速通信利用時のみ、かかります。高速通信を利用している時には通信制限にはかからないため安心してください。

バーストモードに対応

DMMモバイルはバーストモードに対応しています!

バーストモードに対応していると、通信制限にかかってしまっても、一定のデータ通信量までは高速通信を利用することができます。

そのため、LINEなどのSNSの閲覧やWEBサイトを閲覧する程度であれば高速通信のまま利用することができます!

DMMmobile(DMMモバイル)通信速度は昼間以外は快適

DMMモバイルの通信速度は、昼間以外は比較的速度が安定しています。ただ、昼間の混雑する時間帯になった途端に通信速度が大きく落ちるため、スマホを利用していると、昼間と昼間以外の速度の差にストレスを感じてしまう可能性があります。

テキスト中心であれば問題はありませんが、画像があるとなかなか表示してくれない可能性があります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ
格安SIMの通信速度、人気MVNO15社を徹底比較【2018年4月版】
関連記事格安SIMの通信速度、人気MVNO15社を徹底比較【2018年4月版】
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)