1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. DMMモバイル
  4. DMMモバイルの格安SIMの通信速度を半年間計測した評価と評判!他社MVNOとの比較

DMMモバイルの格安SIMの通信速度を半年間計測した評価と評判!他社MVNOとの比較

最終更新日:
DMMモバイルの格安SIMの通信速度を半年間計測した評価と評判!他社MVNOとの比較

DMMmobile(DMMモバイル)の通信速度は、昼間以外は比較的速度が安定しています。ただ、昼間の混雑する時間帯になった途端に通信速度が大きく落ちるため、スマホを利用していると、昼間と昼間以外の速度の差にストレスを感じてしまう可能性があります。LINEやテキスト系のWEBページであれば問題なく閲覧することは可能でしょう。ただ、画像の表示速度の遅さが気になる可能性があります。

DMMモバイルはDMMが提供するMVNOです。月額440円から利用可能で月額が安い格安SIMとして人気です。1~20GBまで10種類のプランを取り揃えています。

DMMモバイルの通信速度はやや遅い!

DMMモバイルの通信速度は全体的にやや遅いです。SNSや動画サイトを頻繁に利用する方にはおすすめできません。電話やメール、ちょっとした調べ物をするだけの利用であれば問題なく使えます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜
ドコモ

DMMモバイルの通信速度を《半年間》計測してみた!

DMMモバイルの通信速度を半年間、午前中(10時頃) / 昼間(12時半頃) / 夕方(17時頃)で計測してみました。

※計測にはOoklaの「Speedtest.net Speed Test」というアプリを使用。

DMMモバイルの通信速度《午前中(10時頃)》

DMMモバイルの午前中の通信速度は問題なく使える通信速度です。

ただし、午前中でも通信速度が一桁台の月もあるので、DMMモバイルはオンラインゲームなどに不向きです。

DMMモバイルの通信速度《昼間(12時半頃)》

DMMモバイルのお昼の通信速度は遅いです。

お昼の時間帯はスマホを利用する人が増えるため、回線が混み合うためどのMVNOも通信速度が落ちます。お昼に1Mbpsあれば格安SIMでも問題なくスマホが使えるのですが、DMMモバイルは大体1Mbps以下です。

具体例を挙げると、Instagramや写真の多いブログは2~5秒くらい待てば大体表示されます。 YouTubeの読み込みは15秒くらいかかりましたが、動画自体は止まらずに再生できました。

DMMモバイルの通信速度《夕方(17時頃)》

DMMモバイルの夕方の通信速度はやや遅いです。標準画質の動画閲覧は可能ですが、SNSに画像をアップロードしたりアプリのダウンロードには大変時間がかかります。

メールやLINE程度なら問題なく利用できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜
ドコモ

実際の通信速度の評判は?ユーザーの声を集めました!

通信速度にこだわるユーザーからは「DMMモバイルは遅い」といった声が上がっています。 とくにSNSフリーオプションはあまりの遅さに付けてもすぐ外してしまう方が多いです。

人気DMMモバイル4社と速度比較!

  • 楽天モバイル
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio

DMMモバイルのなかでもとくに人気の上記4社と通信速度の比較をしてみました!

朝(10時頃)の通信速度比較

午前中は他社と同じくらい速度が出ています。

昼(12時半頃)の通信速度比較

ドコモ回線を利用するMVNOは多く存在するため、人気MVNOもドコモ回線では1Mbpsを切ることも珍しくありません。

体感ではDMMモバイルとBIGLOBEモバイルは同じくらいの通信速度でした。

夕方(17時頃)の通信速度比較

DMMモバイルは他のMVNOと比べて夜の通信速度が遅いです。

人気MVNOではIIJmioと同じくらいでした。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜
ドコモ

DMMモバイルのデータ通信の仕様

SNSフリーは非常に遅い

DMMモバイルにはTwitterやFacebookなど主要SNS利用時のデータ量がカウントされないSNSフリーというオプションがあります。

SNSフリーを付けると対象サービス利用時の通信速度が大幅に下がるので注意してください。

通信制限時は200Kbps

DMMモバイルは通信制限にかかった場合、その速度は200Kbpsになります。通信制限はデータ容量を使い切った時と後述する3日間制限の時にかかります。

200Kbpsという速度はテキストであれば、基本的にも問題なく利用できます。(メールだったり、テキストのみのWEBページ閲覧)

見たいページに画像があると、なかなか画像が反映されないのが200Kbpsという通信速度です。

なお、ライトプランは通常時も最大通信速度が200Kbpsです。

快適に利用できる通信速度の目安

通信速度がどれくらいあれば快適な通信が可能なのか、通信速度の目安を理解しましょう。

用途 通信速度
200文字のLINEやメール 0.05Mbps
標準画質のYoutubeの視聴 0.5Mbps
Webページの表示 1Mbps
FacebookなどSNSへの画像アップロード 3Mbps
アプリのダウンロード 10Mbps

LINEやメール等のテキストメッセージはデータ送受信量が少ないです。そのため、ほとんど通信速度の影響がないため、いつでもサクサクと快適に利用可能です。

Webページを閲覧する場合は1Mbps程度の通信速度があれば、ストレスなく利用することができます。

また、YouTube等で動画を閲覧する場合は、0.5Mbpsの速度があれば標準画質(360p)の動画を途切れず再生できます。

基本的に、1~2Mbpsの通信速度があればストレスなく利用でき、0.5Mbps以下になると、WebページやSNSを閲覧していると画像の表示速度が遅く感じるでしょう。

3日間制限は低速モードのみ

DMMモバイルは低速通信利用中に3日間に566MB以上利用した場合、通信速度がさらに制限されます。

しかし、低速通信時に566MBを超える使い方はほぼできないため、それほど気にする部分ではあません。

高速通信の切り替え可能

DMMモバイルは専用アプリで高速通信と低速通信を自由に切り替えられます。場合によって高速通信を切り替えると、データ容量が節約できます。

低速通信時の通信速度は200kbpsです。

バースト機能に対応

DMMモバイルはバースト機能に対応しています!

バースト機能に対応していると、通信制限にかかってしまっても一定のデータ通信量までは高速通信を利用できます。

そのため、LINEなどのSNSやWEBサイトを閲覧する程度であれば高速通信のまま利用できます!

DMMモバイルの通信速度は2台持ち向け

DMMモバイルの通信速度はやや遅く、メインで利用するには不便に感じることもあるかもしれません。モバイルWiFiルーターとの併用や2台目のSIMとして利用すれば通信速度も気にならずに利用できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜
ドコモ

関連キーワード

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜