1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. docomo(ドコモ)
  4. 【ドコモの学割】25歳以下が対象の月額&機種代割引!【2019年】

【ドコモの学割】25歳以下が対象の月額&機種代割引!【2019年】

最終更新日:
【ドコモの学割】25歳以下が対象の月額&機種代割引!【2019年】

2019年の「ドコモの学割」は家族にドコモユーザーがいる25歳以下の方を対象に「1,500円×13か月間割引」になる期間限定のキャンペーンです。同時に同一グループの家族もそれぞれ2,500ポイント(dポイント)が付与されます。docomo withやウェルカムスマホ割とは併用できませんが、新規またはMNPでの契約が対象なので、新たに契約する予定がある方にはおすすめですよ!

出典(docomo 公式サイト)

2018年12月1日からスタートした「ドコモの学割」。例年に比べとても早いスタートとなりました。受付期間は2018年12月1日〜2019年5月31日までとなっています。

「青春の、ドまんなかに。」をスローガンに、これからスマホデビューする25歳以下の方、および、25歳以下のお子様のいるご家族がとってもおトクなプランが揃っています。学割と言ってはいますが、学生でもそうでなくても、26歳の誕生日前日までのお申し込みで利用することができます。

では、「ドコモの学割」の内容について見ていきましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

①ドコモの学割・特典1

出典(docomo 公式サイト)

利用料金が安い!

ご家族がドコモユーザーでシェアオプションを利用していると、学割対象の25歳以下のお子さまの利用料金から1年間毎月1,500円の割引が受けられ、最大13か月間月額料金が280円(税抜)〜になります。以下の金額に運用するには新たなXi契約が必須となります。

基本料金 シェアオプション spモード ドコモの学割(1年間)
月額980円 月額500円 月額300円 月額-1,500円

Xi(クロッシィ)とは

Xi(クロッシィ)とは、LTEを使ったスマホ・タブレット向けの通信サービスのドコモのブランドの名称です。Xi通信サービスで携帯電話を利用する方向けの料金プランが「Xi契約」となります。適応するには以下の契約が必要です。

  1. 新規契約
  2. 他社から乗換え(MNP)
  3. 契約変更(FOMAからXi)
  4. 旧Xiプランから新しいXiプランへの変更

「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」または、「シンプルプラン(スマホ)」のいずれかの申し込みが必要です。あわせて、「spモード」、「パケットパック(シェアパック子回線含む)」へ加入が必要です。「らくらくパック」「ケータイパック」は対象外なので注意してください。

「docomo with」「ウェルカムスマホ割」とは併用不可

「docomo with」「ウェルカムスマホ割」との重複契約をすることはできません。「docomo with」「ウェルカムスマホ割」と「ドコモ学割」の両方の条件を満たした場合、「docomo with」「ウェルカムスマホ割」の契約が優先となります。

機種代金も安い!

利用料金が安くなっても、スマホの本体価格は通常価格のままだと、結局毎月高いんじゃないの?と心配になる方もいらっしゃるでしょう。しかし、そんなことはありません。スマホの機種代金もお得になりますよ。

たとえば、最新iPhoneXR(64GB)の場合は以下のような料金になります。

基本料金 iPhoneXR(64GB)
月額280円 月額1,200円

前述した基本料金と機種代金を合わせても月額1,480円になります。なお、割引が受けられるのははじめの13か月で、14か月目からは2,980円〜となります。

上記の機種代金は「新規契約」または「他社からの乗りかえ(MNP)」を対象とした料金となりますので注意しまょう。月額1,200円の内訳は、《機種代金91,200円-端末購入サポート54,600円-iPhoneデビュー割7,800円》で算出した金額です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

②ドコモの学割・特典2

学割対象の25歳以下の方が一定の条件を満たしていると、同一グループの家族全員に2,500ptのdポイントがもらえます。

たとえば、3人家族の両親がドコモを使っている場合、子どもが「ドコモの学割」を適応し新規契約をすると、子ども・両親それぞれが2,500ptずつもらうことができ、合計7,500ptもゲットできます。

シェアパック利用者向けのサービスである点には注意!

これらのポイントはシェアパック利用家族へ向けての特典であるため、対象パケットパックの「ベーシックシェアパック」または「ウルトラシェアパック30/50/100」以外に加入している場合はポイント付与対象から外れます。

「ドコモの学割」申し込み時の注意点

「ドコモの学割」を申し込む際、契約する内容によって必要な書類が変わってきます。まず、学割を利用するためには、親名義で契約することが前提条件です。

  1. 25歳以下の成人が本人名義で契約
  2. 中学生以上の未成年が本人名義で契約
  3. 小学生以下の未成年が親名義で契約

いずれの場合も、「名義人の本人確認書類」と支払いに必要な「クレジットカード/キャッシュカード」(念のため通帳と印鑑もあると安心)が契約には必要です。

未成年だけで契約はできない!

未成年だけで契約を交わすことはできないので、可能な限り保護者同伴で店舗へ行くようにしましょう。どうしてもむずかしい場合は「親権者同意書」を用意しましょう。保護者同伴でない場合は親権者同意書がないと契約は進められないので準備しておきましょう。

親名義で契約する場合は、「使用者登録」といって契約者ではなく「お子さんが使うという証明」が必要になります。そのため、お子さんの保険証や学生証など、年齢を証明できるものを用意する必要があります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

ドコモの学割のメリット・デメリット

ドコモの学割のメリットとデメリットを解説していきます。

メリット

  • **1,500円×13か月**と割引額が高い
  • 同一シェアグループ内の家族も特典がもらえる

割引額が高いことに加えて、家族全員がポイントをもらえるのがドコモの学割の最大のメリットです。

デメリット

  1. すでに「カケホーダイ」に加入している人は対象外
  2. 機種変更では利用できない
  3. docomo with、ウェルカムスマホ割との併用不可

docomo with(ドコモウィズ)は最新のiPhoneやXperiaシリーズは対象外なので、それらを選びたい方は学割を利用した方が良いです。割引額はいずれも同じ金額ですが、docomo withは対象スマホを利用し続けると永年割引を受けられるため、期間が大きく違います。

また、「Xi(クロッシィ)→Xiの機種変更」は対象外のため、すでにスマホを利用している方は学割を利用できません。「現在キッズケータイを使っている」「ガラケーを使っている」という方は、機種変更でも学割を利用することが可能です。ちなみん、キッズケータイ、ガラケーは「FOMA(フォーマ)」契約で3G回線のみとなっています。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

ドコモの学割に対する「ユーザーの声」

すでにドコモの学割を利用しているユーザーの声を集めました。検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

iPhone XRなどの最新の機種が安く利用できて嬉しい。

学割は機種変更では利用できないので、はじめに学割を利用し、そのあとdocomo withに切り替えるといいと聞いたので、そうする予定で学割利用してます!

親目線で見ると、初めて持つスマホは高機能なものよりも、ランニングコストを重視したいの本音。docomo withを使ってほしいのが正直なところですが、やはり子供も最新のものがいいようで学割を利用してます。

新規の契約、他社からの乗り換えが優遇されて、既存のドコモユーザーももう少し大切にしてほしい。

よく電話をするので、カケホーダイのプランにしたいから学割が使えない!

最新機種を安く使用したい方や新規契約者の方には、学割は魅力的なプランという評判でした。しかし、既存のドコモユーザーは新規契約や乗りかえの対象にはならない点とカケホーダイプランが使用できない点はマイナスとして評価されていました。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

まとめ:ドコモの学割は25歳以下で新規なら受けるべき割引

「ドコモの学割2019」は25歳以下なら誰でも適用され、「利用料金」「機種代金」どちらも13か月間1,500円割引になります。

同一グループの家族も2,500ptのdポイントをもらうことができます。

ただし、新規契約または他社からの乗りかえの場合が対象で、「docomo with」「スマホウェルカム割」との併用はできないため、注意しましょう。

「ドコモの学割」は親がドコモユーザーであれば非常に良い割引です。永年割引で条件が少ないdocomo withの方がお得ですが、割引対象となる機種が限られているため、自信の環境を考慮してどちらが良いがを決定すると良いです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
千歳悠

通話でdocomoを使用。アプリ・データ通信用にmineoを使用中。光回線とのセットでdocomoの契約をしていた為、解約しづらい雰囲気があったが、料金がネックとなった。通話の機会も減りつつある為、今後完全にmineoに乗り換える予定。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜