1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. docomo(ドコモ)
  4. ドコモのオンラインショップを徹底解説!メリット・デメリットはこれ!

ドコモのオンラインショップを徹底解説!メリット・デメリットはこれ!

最終更新日:
ドコモのオンラインショップを徹底解説!メリット・デメリットはこれ!

ドコモオンラインショップでスマホを契約するメリットはかなりあります。インターネットが苦手じゃない方や時間がない方、ネットでの購入に抵抗がない方にはおすすめできます。初期費用も抑えられるし、店頭に並ぶ必要もありません。

ドコモで携帯電話を購入する方法の選択肢として、NTTドコモが直接運営する「ドコモオンラインショップ」をご存知でしょうか。実際のドコモショップで新規契約・MNP・機種変更・その他商品の購入などを行うよりも、時間を節約したうえでオンラインショップ独自の特典が付くこともあります。

今回は「ドコモオンラインショップ」を利用するメリット・デメリットを徹底的に解説していきます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

docomoのオンラインショップの概要

出典(公式サイト)

ドコモオンラインショップとは、「株式会社NTTドコモ」が運営している Web 上の店舗(ストア)の事を指します。NTTドコモのスマートフォン、タブレット、他にも電池パックや充電器などのオプション品などが取り扱われており、24時間いつでも購入することが可能です。

ショップに行かなくてもWeb上で、スマートフォンやタブレットの新規契約、機種変更、MNPなどの手続きも行うことができます。Web上のオンラインショップのため、実際の店舗で必要な販売員の人件費などのコストがユーザーに還元されます。より好条件でスマートフォンやタブレットを購入することができるでしょう。

オンライン以外の販売体系

ドコモはオンラインショップ以外の販売体系として、「ショップ」と「家電量販店」の2つがあります。

1.ショップ

まず挙げられる販売体系は、町の中で見かけるドコモの「ショップ」です。ショップでは主に以下に記すような業務を行っています。

  • 新規ご契約
  • 機種変更
  • 料金のお支払い
  • 各種サービス受付
  • 故障受付各種手続き

また、ショップによっては、「スマートフォン・らくらくホンのドコモスマホ教室」を無料で開催、携帯電話の回収・リサイクルを行っているということもあります。店舗にもよりますが、無料充電サービスやメモリコピー、スマートフォン初期設定をしてもらえるサービスなどを受けたりすることも可能です。

2.家電量販店

次に考えられる販売体系は「家電量販店」です。携帯・スマートフォン売り場などにあるドコモコーナーのことです。

ドコモコーナーにおいては、新規契約・機種変更・契約内容の見直しが行うことが可能です。しかし、データ移行や代替機の貸し出し、修理受付けが出来ません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

オンラインショップのメリット

出典(公式サイト)

ドコモオンラインショップで商品を購入するメリットについて見ていきましょう。細かなものも併せて、以下のようなメリットがありました。

  • ドコモ直営サイトのため安心感がある
  • 事務手数料が0円
  • 頭金が0円
  • dポイントが利用できる
  • 待ち時間がなくすぐに手続きをおこなうことができる
  • 家族の機種変更のサポートができる
  • チャットで疑問を解決できる
  • iPhoneなどの人気スマホの予約に強い
  • 受け取り場所が選べる(自宅、ドコモショップなど)
  • ショップ受け取りにすれば送料0円で品物が自宅に届く

詳しく各項目を見ていきましょう。

メリット①ドコモ直営サイトのため安心

オンラインのショップでスマートフォンやタブレットなどの精密機器を購入するのは「本当に大丈夫なのか心配」という不安を抱く方は多いでしょう。しかし、ドコモオンラインショップはドコモが直接運営しているサイトのため、信頼性が高く安心感もあります。”商品が届かない”などということもありません。

そして、オンラインショップで購入した端末はドコモショップでもサポートを受けることが可能です。そのため、購入場所がオフラインかオンラインという違いがあってもサポート体制に違いが出ることはありません

メリット②事務手数料が0円

ドコモオンラインショップでは、新規契約・MNP・機種変更にかかる事務手数料が0円となります。ドコモショップや家電量販店でスマートフォンやタブレットを新規契約・MNP・機種変更などで購入すると、通常2,000円から3,000円の事務手数料が発生します。事務手数料が0円になることについては、ドコモオンラインショップのサイトにもしっかりと明記されており、コスト削減に繋がるため大きなメリットだと言えるでしょう。

メリット③頭金が”0円”

頭金とは、ドコモショップや家電量販店でスマートフォンやタブレットを購入するときに支払う手数料のことをいいます。携帯電話の頭金は通常車などを購入する場合の頭金とは異なり、「販売店の手数料として必要なお金」を指しています。

頭金の金額は店舗によって異なり、3,000円〜10,000円が大体の相場となっています。頭金を支払うメリットはユーザー側にもほぼありません。

メリット④dポイントが利用できる

dポイントとは、ドコモの利用料金でたまるドコモのポイントのことです。そして、dポイントカードを保有している場合、ドコモの利用料金だけではなくローソンなど加盟店での利用金額に応じてdポイントを獲得することが可能です。

貯まったdポイントは買い物やドコモの通信料金の支払いや機種変更時の機種代金の一部支払いに利用することもできます。そして、ドコモオンラインショップ・店舗での支払いの際にもdポイントを利用することが可能であるため、dポイントの活躍の幅は広いと言えます。

メリット⑤待ち時間がなくすぐに手続きを行うことができる

ドコモオンラインショップは、サイトにアクセスすればすぐにでも手続きを開始することができ待ち時間がありません。

ドコモショップや家電量販店のカウンターの場合、時間帯などによっては1時間〜2時間待たされてしまうということも多くあります。手続きで休日が1日潰れてしまったという事態もあり得るでしょう。オンラインではそのような心配はいりません。

メリット⑥家族の機種変更のサポートができる

オンラインショップの強みは、自宅にいながら新規契約・MNP・機種変更などの契約を結べる、ドコモオンラインショップはWebサイトであることから、24時間いつでも手続きが可能である点です。

ドコモショップの場合、20時には店舗が閉まってしまうため、仕事帰りに寄りづらいというデメリットがあります。しかし、ドコモオンラインショップであれば、時間を気にせずに手続きができるので便利です。

また、年配の家族がいた場合、店舗での説明が理解しきれず困る、というケースは多いでしょう。そのような場合、オンラインショップのサポートを使用しながら、商品の購入を進めていくことが可能です。プランの見直しや端末機能のチェックなども、家族単位でしっかりと行うことができることもオンラインショップのメリットです。

メリット⑦チャットで疑問を解決できる

ドコモオンラインショップでは、わからないことがあった場合には「チャットサポート」で解決することが可能です。

オンラインショッピングで困ることが多い点は、自分が分からないことに対して相談できる相手がいないという点です。しかし、ドコモオンラインショップなら問題ありません。困ったことや疑問に思ったことは、チャットで質問すればオペレーターが無料でサポートしてくれます。そのため、購入への不安を取り除いたうえで商品を選ぶことが可能です。

メリット⑧iPhoneなどの人気スマホの予約に強い

ドコモオンラインショップは24時間取引を行うことができます。そのため、iPhoneなどの新しい機種などの人気機種を予約する際には非常に予約しやすいという特徴があります。予約の開始時間はドコモショップと同時刻であるものの、予約の手続きは自分で行えることからショップや家電量販店に並んだり、事務手続きで時間を取られたりすることなく新しい機種の予約をすることが可能できます。

また、新製品で人気機種であれば、店舗での在庫がなくなってしまうことも珍しくありません。時間を争うような商品の購入であれば、オンラインショップを試してみましょう。

メリット⑨受け取り場所が選べる

ドコモのオンラインショップで頼んだ商品の受け取りは、自宅とドコモショップで受け取ることが可能です。また、配送方法も宅配便やメール便など複数の方法から選択することができるため、自分のニーズにあわせた受取場所かが選択できます。

メリット⑩ショップ受け取りにすれば送料0円で品物が自宅に届く

ドコモオンラインショップで、送料が0円になる条件は「税抜2,500円以上購入した場合」です。しかし、商品の受け取りをドコモショップにした場合のみ、買い上げ金額が2,500円未満であっても送料が0円になります。気軽に安価な製品を購入することが可能な点はドコモオンラインショップの大きなメリットの1つです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

オンラインショップのデメリット

出典(公式サイト)

ドコモオンラインショップはメリットが多いものの、デメリットも皆無ではありません。

  • 実際にスマートフォンやタブレットを触って試すことができない
  • 料金プランやオプションを店員さんに相談できない
  • 機種によって開通作業が必要
  • 商品が届くまでに時間がかかる
  • 電話帳の移行や初期設定が不安
  • SIMカードのみの契約はできない

などのデメリットがあげられます。では、詳しく各項目を見ていきましょう。

デメリット①実際にスマートフォンやタブレットを触って試すことができない

オンラインショップのデメリットは、商品を触って確かめることができないという点です。持った感じのサイズ感や見た目の色合い、質感などはやはり実物を見なければわからない部分もあります。そのため、実物に触れないことはマイナスポイントと言えます。

デメリット②料金プランやオプションを店員に相談できない

ショップの良いところは、スマートフォンやタブレットに関して豊富な知識をもったスタッフの方に料金プランやオプションについての相談に乗ってもらえるにあります。しかし、ショップと同じ対応はオンラインショップではできません。

しかし、オンラインショップではチャットサポートがあります。オンラインショップで困った際にはチャットサポートを活用しましょう。

デメリット③商品が届くまでに時間がかかる

オンラインショップでは商品を頼んだとしても、すぐに手元に届きません。配達にかかる日は2日から長くても1週間程度であるため、それまでに自分に必要な端末の知識などについて調べておくとよいでしょう。

また、アプリなどの移行の手続きに関しても自分のタイミングで行えることから商品が届くまでの期間で準備しておくと手間取ることはなくなります。

デメリット④電話帳の移行や初期設定が不安

オンラインショップで新規契約・MNP・機種変更などを行った場合、電話帳の移行初期設定は自分で調べて行うか、商品の受取先をドコモショップに指定し、スタッフの方と確認しあいながら設定を整えていくという方法を取る必要があります。ショップによっては、ショップ受け取りであれば移行作業を行ってもらえるパターンも。

デメリット⑤SIMカードのみの購入はできない

オンラインショップではスマホ・タブレットのセットの購入はできますが、SIMカードのみの購入(契約)はできません。

そのため、SIMカードだけほしいという人はドコモショップへ足を運ぶ必要がある点には注意しましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

docomoオンラインショップはこんな人におすすめ

ドコモオンラインショップは、ネットショッピングをよく行う方やインターネットになれている方には使いやすいといえます。そして、初期費用や待ち時間を節約したい方にはおすすめです。頭金や事務手数料がカットになったうえで、ドコモオンラインショップでは独自キャンペーンを行うこともあり、店舗よりも安価で手軽に申し込むことが可能です。また、料金シミュレーションがあることから、口頭だけでなく、視覚的にも理解しやすいサイトになっています。

そして、オンラインショップではチャットサポートがあることから、店舗に行く暇がない方や移動手段を持たない方にもおすすめだと言えます。とくに店舗での待ち時間は、比較的長時間となることが多く、時間に余裕がない場合も想定されます。そういったデメリットをドコモオンラインショップでは打ち消すことが出来るでしょう。

注意点としては、インターネットでの買い物が苦手な方や商品を自分で確認してから購入したいという方にはおすすめできません。とくに年配の方はチャットサポートの使い方にもなれていないことが想定できるため、配慮が必要です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

まとめ:ドコモオンラインショップで初期費用を浮かそう!

ドコモオンラインショップで商品を購入する最大のメリットは、「事務手数料」や「頭金」の費用を削ることが可能な点です。待ち時間も短縮できるため、予約なども在庫を気にする必要性が低く、自分の欲しい端末や付属品を手間かけずに手に入れることが可能です。

はじめてオンラインショップを利用する際には不安が大きいものの、実際にオンラインで購入してみるとオンラインで手続きが完了する便利さを実感できるでしょう。

ドコモオンラインショップを利用することで得られるメリットは、ショップや家電量販店では受けられません。また、オンラインサイトであるため、特有のデメリットも存在しているものの、ネットショッピングやインターネットが得意な方には大きな問題とは言えないものです。新しいスマートフォンやタブレットなどの購入や機種変更に、ドコモオンラインショップの使用を検討してみましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
千歳悠

通話でdocomoを使用。アプリ・データ通信用にmineoを使用中。光回線とのセットでdocomoの契約をしていた為、解約しづらい雰囲気があったが、料金がネックとなった。通話の機会も減りつつある為、今後完全にmineoに乗り換える予定。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜