1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. docomo(ドコモ)
  4. ドコモの解約・MNP転出方法を解説!注意点やベストタイミングも!

ドコモの解約・MNP転出方法を解説!注意点やベストタイミングも!

最終更新日:
ドコモの解約・MNP転出方法を解説!注意点やベストタイミングも!

ドコモの解約・MNP転出方法・注意点・解約月などを徹底解説!ムダな出費を減らし、損をしないためにもベストタイミングで解約手続きをおこないましょう。

ドコモは、キャリアの中でも電波のつながりや速度に安定性のあるキャリアです。しかし、料金プランを比較してみると、格安SIMの方が安いという理由で、MNPを考える方も多いでしょう。

では、ドコモを解約する方法や、必要な費用はどのようなものでしょうか。

この記事では、ドコモの解約を行うために必要な手続きや費用、ベストタイミングについて詳細に紹介していきます。

【手数料】ドコモの解約に必要な費用

ドコモ解約の際に必要な費用は、契約しているプランによって異なりますが、多くのプランの違約金は9,500円(税抜)です。

ここ数年間でドコモと契約した方は、パケットパックかギガホ・ギガライトの方が多いと思いますが、これらのプランは更新月以外の解約では必ず費用が発生します。

定期契約でなければ違約金は必要ありませんが、個人で契約しているほとんど方は定期契約(2年契約)で契約しているので、基本的には違約金がかかると思っておきましょう。

解約金が発生する恐れがあるプラン一覧

費用の発生するプランは以下のようになります。

  • カケホーダイ・カケホーダイライトプラン(定期契約あり)
  • Xiデータプランフラット・ライト にねん
  • Xiデータプラン2 にねん
  • ギガホ・ギガライト
  • シンプルプラン
  • データプラン
  • キッズケータイプラス(2年以内)
  • Xiデータプランにねん
  • 各種パケットパック
  • 端末購入サポート

端末サポートで機種を購入している方は解約するタイミングによっては、9,500円以上の解除料金を支払うことになります。

ちなみに、"定期契約なし"のプランは"定期契約あり"のプランと比べ月々の料金が1,500円程高くなります。そのため、短期間で使用する場合は、"定期契約なし"で契約しても良いとは思いますが、長期利用する予定の場合は、"定期契約あり"をおすすめします。

端末の残債代金は支払う必要がある

ギガホなどの新料金プランより前のプランに加入している人に限りますが、端末購入サポートに加入している方は、12か月以内に解約と解除料金を一括払いが必要です。

月々サポートは端末に対して2年間一定の金額が割り引かれるといものですが、1年目で解約した場合、残りの端末代金は12か月分残っているので、残債分の割引はなくなります。

ドコモのベストな解約時期

ドコモの解約は、更新月に行うことがベストだといえます。

ドコモの更新月は契約満了月とその翌月・翌々月となっています。そのため、ドコモの解約は契約満了月・更新月を含めて3か月ほどの契約更新期間中に行えば、契約内容による違約金・解除料金なしで解約できます。

契約満了月・更新月は、"My docomo"での確認または電話での問い合わせで可能です。

また、契約更新月の1か月前にはドコモからハガキやメールで送られてくるというケースもあります(必ずではないため、注意)。

ドコモの解約方法

ドコモを解約する方法は2通りあります。

1つ目は、普通に解約する。2つ目はMNPを行う(電話番号を引き継ぐ)。です。

ドコモの解約は店舗でのみ!

解約する場合はウェブサイトや電話では受け付けていないので、必ずドコモショップを利用しましょう。

ドコモショップで解約する場合は、本人確認書類とスマホ本体が必要となります。契約者本人であっても、本人確認ができなければ解約することができないため、必要な書類を準備してドコモショップへ足を運ぶようにしましょう。

契約者本人がドコモショップに訪れることができない場合は、委任状や店頭における電話確認などを行って確認することになります。とくに委任状は印鑑が必要なので、事前に準備をしておく必要があります。

また、契約者が死亡した場合は、診断書やスマホ本体、来店者の本人確認書類が必要です。

ちなみに、来店する場合であれば来店予約をとるようにしましょう。店舗によっては完全予約制を導入していることもありますし、予約なしで訪れると数時間以上待たりします。

ドコモのMNP転出はショップ・電話・オンラインでできる!

MNPの(電話番号を引き継ぐ)場合は、ドコモショップ・電話・My docomoから行うことができます。

店舗で全国のドコモショップ
受付時間:店舗による
電話で151(ドコモの携帯電話)
0120-800-000
受付時間:9:00~20:00
オンラインでMy docomo
受付時間:9:00~21:30

MNP転出手数料

いずれの方法でもMNP転出を行う場合は違約金とは別にMNP転出手数料2,000円が発生します。

ちなみに、MNPを含むドコモの解約料金は、月初や月末などに関わりなく、月単位で発生するため解約の時期はよく考慮する必要があります。

ドコモ解約後に使えなくなるサービス

キャリアメールや端末割引などはドコモを解約と同時に消失します。

また、シェアパックの契約、光回線とのセット割に対しても料金に大きな影響を与えることになります。

解約する場合には、家族に与える影響やどのような契約を結んでいるのか把握しなければなりません。そのうえで、新しいキャリアに移行する際には料金がどのように変化するのかもある程度、想定しておくことでスムーズな乗り換えが可能となります。

シェアパックの解約は注意

たとえば、シェアパックは親回線と子回線が均等に分割している場合、子回線を解約すると親回線の料金が高くなる可能性があります。

光回線とのセット割

光回線とのセット割で月額料金に割引が入っていた場合、ドコモとの契約を解除することによってスマホの月額が大きく上がる可能性があります。

光回線は、スマホと更新月が異なる場合も多いため、乗り換えを行う場合は光回線とスマホ、両方の解約と乗り換えを考慮しましょう。

また、ドコモからauに移行する場合、回線ごと乗り換えなければ、auのセット割を受けることができなくなります。

ドコモの解約の注意点

ドコモを解約する場合に気を付けなればならないのは、端末代金が支払い終わっていなければ残債を支払う必要があります。

端末は、下取りサービスもあるのである程度軽減できるとはいえ、他キャリアに乗り換える際には機種変更のタイミングなどに合わせることでコストを軽減することが可能です。

また、回線とのセット割を組んでいる際はドコモの端末を解約することによって割引サービスは全て消失することも注意点だといえます。

ドコモ乗り換えタイミング

ドコモからの乗り換えは、キャリアだけでなく格安SIMも選択肢に入ります。

更新月を考慮しても好きなタイミングで好きな業者のSIMに乗り換えやすい環境がすでに作られています。

端末サポートが終了していない場合は数万円以上の解除料金が必要となる点には注意が必要です。しかし、スマホの契約解除料金・事務手数料だけであれば乗り換えでそのコストは回収できます。

たとえば、ドコモの月額料金は端末代も含めると1万円ほどになることもめずらしくありません。様々な割引が入ったとしても契約者の人数が割引の前提となっている場合もあるため、総合的なコストは高くなるケースも多いといえます。

しかし、他のキャリアや格安SIMに乗り換えた場合、月額料金が著しく低下する可能性があります。乗り換えに対する割引サービスを揃えているためです。例えば、月額で3,000円ほどの差があれば、1人だけでも2年間で72,000円のコストが異なってきます。

そのため、ドコモからの乗り換えでは、端末代金や光回線とのセットも考慮したうえで現在の月額より安価になる場合に乗り換えがおすすめだといえます。

まとめ

ドコモを解約する際は、契約の違約金だけでなく、端末の割引、紐づいている回線まで考慮したうえで行いましょう。

とくに、端末サポートを契約している方は解除料金に関しては非常に高額となる可能性もあるため、自分がどのような契約内容なのか把握したうえで解約を行うことをおすすめします。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
千歳悠

通話でdocomoを使用。アプリ・データ通信用にmineoを使用中。光回線とのセットでdocomoの契約をしていた為、解約しづらい雰囲気があったが、料金がネックとなった。通話の機会も減りつつある為、今後完全にmineoに乗り換える予定。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜