1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. FREETEL(フリーテル)
  4. FREETELの通信速度はトップクラス!4社と徹底比較

FREETELの通信速度はトップクラス!4社と徹底比較

最終更新日:
FREETELの通信速度はトップクラス!4社と徹底比較

FREETELと、楽天モバイル、OCNモバイルONE、イオンモバイルの4社で比較すると通信速度は飛び抜けて速いことが多いです。混雑時間帯である昼間は通信速度が落ちてしまいますがLINEやメールを利用する分には問題ありません。朝、夕方の時間帯には6Mbpsを超えていてMVNOの中でもトップクラスの速度を出しています。

FREETELの通信速度は総合的に速い!

FREETEL

FREETELは、混雑する時間帯であっても最低限のことは問題なく、速い通信速度で利用することが可能です。なぜなら、1番混雑してしまう時間帯である昼間でも1Mbps以上の速度を出しているためLINEやメールは特に問題なく利用可能だからです。

また、朝の時間帯や夕方には6Mbpsを超える速度を出しているため、多くのMVNOの中でもトップクラスの通信速度を持っています。

初めて格安SIMを利用しようとしていて、通信速度にこだわりがある方には特におすすめのMVNOです。

ただ、真偽は分かりませんがFREETELのSIMは、実際に出ている速度とスピードテスト時の速度が噛み合わないといわれています。スピードテストの数値が確実に間違っているわけではないですが、参考程度に考えた方がいいかもしれません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜
ドコモ
{article[182]}

初心者にもおすすめな格安SIM会社FREETEL

FREETEL

FREETELはドコモ回線を利用しており、格安SIM初心者も安心して利用できるMVNOです。料金プランは2種類、月額料金をコントロールできる使っただけ安心プランと定額プランがあります。また、端末とセット購入することで初期設定なしですぐにスマホを利用することもできます。

そのため、毎月どのくらいのデータ量を使うか決まってない方や、毎月使うデータ量が大きく違う方、初期設定が面倒だったりよくわからない初心者の方にぴったりです!

料金プラン

  • 使っただけ安心プラン
データ量データSIM通話SIM
~100MB299円999円
~1GB499円1,199円
~3GB900円1,600円
~5GB1,520円2,220円
~8GB2,140円2,840円
~10GB2,470円3,170円
~15GB3,680円4,380円
~20GB4,870円5,570円
  • 定額プラン
データ量データSIM通話SIM
1GB499円1,199円
3GB900円1,600円
5GB1,520円2,220円
8GB2,140円2,840円
10GB2,470円3,170円
15GB3,680円4,380円
20GB4,870円5,570円
30GB6,980円7,680円
40GB9,400円11,000円
50GB11,800円12,500円

格安SIMは大手キャリアより通信速度が遅い

格安SIMは通信速度遅い?

格安SIM会社(MVNO)は大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)から回線を借りて、運用をしているため、通信速度は大手キャリアと比べると劣ります。

回線を借りている分、月額料金を安くできているため通信速度が大手キャリアの通信速度と比べ劣ってしまのは仕方がないことです。

大手キャリアと比べて特に通信速度の低速が気になるのは、回線が混雑する時間帯(ランチタイム・通勤、通学時など)です。混雑時にはインターネットの利用者が多いため、どのMVNOでも通信速度が遅くなる傾向にあります。

しかし、だからと言って格安SIMが使いにくいほど通信速度が遅いわけではありません。混雑している時間帯以外はサクサク通信できますし、混雑している時間帯も安定して速い速度を出すMVNOも存在しています。

通信速度の目安!アプリ利用者なら30Mbps以上

ある動作を起こすときに、どれくらいの通信速度があれば快適に動作できるか、その目安が下記の表です。下記の表程度の通信速度があれば十分快適に動作が可能です。

LINEやメール程度なら1Mbpsあれば十分ですが、アプリをインストールする時には30Mbps必要です。自分の利用用途を考えて、どのくらいの速さがあればいいのか目安にしましょう。

LINE/メール100Kbps~1Mbps
動画500Kbps~3Mbps
WEBサイト閲覧200Kbps~2Mbps
アプリインストール30Mbps

Mbps(mega bite per second)とKbps(kiro bite per second)は、どちらもデータのやり取りをどれだけ行うことができるか、という数値をあらわしたものです。(Mbpsの方がKbpsより大きい。)

MbpsとKbpsの数値が大きいほど、たくさんのデータのやり取りができるため通信速度が速くなります

下記リンク記事では《bps・上り下り・PING》などの通信速度について詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

《bps・PING・上り・下り》とは?通信速度の重要用語を徹底解説
関連記事《bps・PING・上り・下り》とは?通信速度の重要用語を徹底解説

FREETELの通信速度を徹底検証

通信速度検証

実際に、FREETELの通信速度を検証しました!

下り通信速度(ダウンロード)で評価していきます。

3か月間、朝(10:00頃)・昼(12:30頃)・夕方(17:00頃)の通信速度を計測しました!

朝の通信速度はサクサク超快適!

実施月PING下り通信速度(ダウンロード)上り通信速度(アップロード)
4月3514.2717.40
5月3111.6615.19
6月3312.294.71

FREETELの朝(10:00頃)の通信速度はすべての月が10Mbps越えで速いです。アプリをインストールするとなると30Mbps必要になりますが、インストールはデータ量節約のためにもWi-Fi環境で行うことが望まれます。アプリインストール以外の、LINEや動画閲覧等では全く問題なく利用することが可能です。

昼間の通信速度は低速になりがち

実施月PING下り通信速度(ダウンロード)上り通信速度(アップロード)
4月304.364.6
5月1331.060.74
6月431.991.72

昼間(12:30頃)は1番インターネットなどを利用する方が多いため、回線が混雑してFREETELだけでなく他のMVNOでも通信速度が低速になってしまいます。昼間でも3Mbpsあれば基本的に問題なく通信することができますが、1~2Mbpsだと読み込み等が遅くなり通信が遅いと感じてしまうかもしれません。(MVNOの昼間平均速度は1~3Mbps)

1MbpsあればLINEやメールは通常通り行えるため、LINEやメール以外の動画を閲覧したい方などは注意が必要です。

夕方の通信速度はMVNOの中でもずば抜けて速い

実施月PING下り通信速度(ダウンロード)上り通信速度(アップロード)
4月3414.4618.25
5月497.7315.71
6月309.0713.73

夕方(17:00頃)の通信速度がどの月も十分な速度が出ており、特に問題ありません。夕方も混雑する時間帯であるためMVNOによっては1Mbpsも出ないところもあるため、6Mbpsを超えている時点で高速通信であるといえます。

そのため、FREETELは全ての月が6Mbpsを超え4月に至っては2桁に到達しているため、不便なく利用することが可能です。

FREETELの通信速度を他社と比較!

徹底比較

FREETEL、楽天モバイル、OCNモバイルONE、イオンモバイルの4社を比較します。

朝はFREETELがサクサク通信可能!

会社名PING下り通信速度(ダウンロード)上り通信速度(アップロード)
FREETEL3312.294.71
楽天モバイル368.680.5
OCNモバイルONE892.880.08
イオンモバイル1173.380.46

4社比較してみると、朝の時間帯はFREETELの通信速度がトップ!唯一2桁に達していて、ダントツでサクサク通信することが可能です。

楽天モバイルも8Mbpsと高い数値を出しているために、不便なくインターネットを利用することが可能です。イオンモバイルは最低ラインである3Mbpsは出しているためギリギリ快適な通信が可能といえますが、OCNモバイルONEは2Mbps台であるため、動画を見るとなると通信が遅くなる可能性があります。

昼間は楽天モバイルが速度トップ!

会社名PING下り通信速度(ダウンロード)上り通信速度(アップロード)
FREETEL431.991.72
楽天モバイル696.386.96
OCNモバイルONE1000.640.1
イオンモバイル301.260.24

どのMVNOでも混雑してしまう昼間ですが、楽天モバイルは6Mbpsとかなり早い数値を出しています。そのため特に通信速度が気にかかることなく利用できます。

FREETEL、イオンモバイルは1Mbps台の速度です。LINEやメールをする分には問題ありませんが、インターネットを利用するとなると通信速度が遅くて気になる可能性があります。

OCNモバイルONEは1Mbpsをきってしまっているため、LINEの送受信にも少し通信速度の遅さを感じてしまうかもしれません。

夕方はFREETELがナンバーワン!

会社名PING下り通信速度(ダウンロード)上り通信速度(アップロード)
FREETEL309.0713.37
楽天モバイル696.386.96
OCNモバイルONE950.970.15
イオンモバイル315.231.04

夕方の通信速度はFREETELが9Mbpsと、とても速いです。9Mbpsもあれば基本的なことは問題なく行うことが出来ます。通勤・通学時に電車の中でサクサクとインターネットや動画を閲覧できることは大きいですよね。

次いで速いのが6Mbpsという数値を出している楽天モバイル、5Mbpsという数値を出しているイオンモバイルです。5~6Mbpsあれば充分快適に利用することが可能なため、特に問題はありません。

OCNモバイルONEは1Mbps以下であるため、通信速度が気にかかる可能性があります。通信速度が遅くて気になる時にはWi-Fi(Free Wi-Fi等)をうまく活用していきましょう。

FREETELをお得に利用する2つのポイント!

従量課金制で月額料金をコントロール

FREETELには従量課金制である使っただけ安心プランがあります。使っただけ安心プランは自分が月に使用した通信量分支払いをすればいいため、自分が今現在どのくらいの通信量を使っているのか把握することによって、月額料金をコントロールすることができます。

毎月の利用量が決まっていない方にはFREETELの使っただけ安心プランがとてもおすすめです。

ただし、月の通信量は1GBずつではなく1GB~5GBまでと増え幅が多いため、注意が必要です。

端末とSIMのセット購入なら初期設定の必要なし

FREETELのSIMと端末をセットで購入すると、初期設定をする必要がなく今すぐ利用可能です。なぜなら、端末内でAPN設定がすでに保存されているため、SIMカードを挿入するだけで利用を始めることが出来ます。

そのためAPN設定等の初期設定がよくわからない方や格安SIMを始めて利用する初心者にもおすすめです。

FREETELは昼間に注意すればサクサク通信!

FREETEL速度昼間注意

FREETELは基本的に、他社と比べても早い数値を出しているために特に問題なく利用することが可能です。ただ、回線が混雑する昼間は低速になるがちなため注意が必要です。しかし昼間に低速になるといっても、LINEやメールを行う分には問題ありません。

格安SIMの通信速度、人気MVNO17社を徹底比較【2018年11月版】
関連記事格安SIMの通信速度、人気MVNO17社を徹底比較【2018年11月版】
【永久保存版】格安SIMとは?使って分かったおすすめMVNO!19社比較
関連記事【永久保存版】格安SIMとは?使って分かったおすすめMVNO!19社比較
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜
ドコモ
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
2eb823ceea13351d604b2321c1a508d9
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。