1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. FREETEL(フリーテル)
  3. FREETEL(フリーテル)の全SIM対応「だれでもカケホーダイ」を解説します!

FREETEL(フリーテル)の全SIM対応「だれでもカケホーダイ」を解説します!

最終更新日:
FREETEL(フリーテル)の全SIM対応「だれでもカケホーダイ」を解説します!

FREETEL(フリーテル)のかけ放題サービスについて解説します。2017年3月1日からサービスがスタートした「だれでもカケホーダイ」。全SIM対応で現在どのキャリアを使っていても契約することができます。1分299円〜です。

FREETEL(フリーテル)は2017年12月4日をもって申込受付を終了しています。

全SIM対応!FREETEL(フリーテル)のだれでもカケホーダイ!

FREETEL だれでもカケホーダイ

2017年3月1日からFREETELがサービスを開始した全SIM対応のだれでもカケホーダイ。
FREETELを使っていない、ドコモやau・ソフトバンク、その他のMVNOのキャリアを使っている人でも契約できるかけ放題サービスになっています。

全SIM対応のかけ放題サービスはとても珍しく、他にはないサービスになっています。

今回はそんなだれでもカケホーダイについて解説します。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜ドコモ

だれでもカケホーダイってどんなサービス?

今使っている電話帳のまま使える!

現在端末に登録されている電話帳をそのまま読み込んでくれるので、わざわざ面倒な登録をしなくても今までと同じように使うことができます。

電話回線だから高品質な通話が可能!データ消費もなし!

誰でもカケホーダイはインターネット回線のIP電話ではなく通常の電話回線なので、データ量が減ることはありません。
またIP電話は音質が悪くなることがありますが、電話回線なので音質の心配も不要です。

今の電話番号のままで使える!

アプリを使ってかけるだけなので面倒な手続きは必要ありません。
電話をかけた相手にも、今使っている電話番号が表示されます。

発信不可電話番号がある

だれでもカケホーダイには発信できない番号があります。

  • フリーダイヤル
  • ナビダイヤル
  • 110番などの3桁の電話番号
  • 184(非通知)での発信

この4つは発信できないので注意しましょう。
ただし、177のように市外局番を付加して発信できる電話番号の場合は、市外局番を付加すれば発信できます。

世界36ヵ国に30秒/10円で電話可能!

これまでの「FREETELでんわ」が対応していたのは5ヵ国のみでしたが、「だれでもカケホーダイ」は36ヵ国に対応しています。
国際電話の場合かけ放題にはなりませんが、30秒/10円で通話できます。

だれでもカケホーダイが対応している国一覧

アジア

  • 韓国
  • 香港
  • シンガポール
  • 中国
  • 台湾
  • マカオ
  • フィリピン
  • ブルネイ
  • インドネシア
  • マレーシア
  • タイ
  • ベトナム
  • バングラディッシュ
  • インド

アメリカ

  • アラスカ
  • アメリカ
  • カナダ
  • ブラジル

オセアニア

  • ハワイ
  • グアム
  • サイパン
  • オーストラリア
  • ニュージーランド

ヨーロッパ

  • フランス
  • ドイツ
  • イギリス
  • イタリア
  • バチカン
  • ベルギー
  • ギリシャ
  • オランダ
  • スペイン
  • スペイン領土北アフリカ(カナリア諸島を含む)
  • スイス
  • オーストリア
  • ロシア連邦
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜ドコモ

だれでもカケホーダイの料金プラン!1分299円〜

だれでもカケホーダイの料金プランは、一定時間かけ放題になるプランと、通話が何分でも半額でできるプランの2つがあります。

かけ放題プランは、かけ放題になる時間が1分、5分、10分で月額料金が変わってきます。
通話半額プランは、月額料金は0円です。
その代わりかけ放題ではないので、どれだけ短い電話でも通話料金が発生します。

だれでもカケホーダイの料金一覧表

料金プラン時間月額通話料(国内)通話料(国際)
かけ放題プラン1分299円最初の1分/0円
1分超過分 30秒/10円
30秒/10円
5分840円最初の5分/0円
5分超過分 30秒/10円
30秒/10円
10分1,499円最初の10分/0円
10分超過分 30秒/10円
30秒/10円
通話半額プラン何分でも半額0円30秒/10円30秒/10円

月額料金の支払い方法

だれでもカケホーダイの支払い方法は、クレジットカードのみの対応になっています。
銀行口座振替などは選択できないので注意しましょう。

明細が欲しい場合は、月額料金に+100円でオプションとしてつけることができます。
このオプションはマイページから申し込むことができます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜ドコモ

だれでもカケホーダイの利用開始方法

だれでもカケホーダイ 利用方法

だれでもカケホーダイは、基本的に「だれでもカケホーダイ」のアプリをインストールすることで利用開始することができます。

アプリを利用するには、

  • 音声通話付きSIMをFREETELで契約する
  • 「だれでもカケホーダイ」オンラインサイトで登録する

このどちらかを満たしている必要があります。

ドコモ、au、ソフトバンク、MVNO各社を利用中の場合

  1. 「だれでもカケホーダイ」アプリをGoogle PlayまたはApp Storeからインストールします。
  2. 利用登録ページで必要情報を入力後、すぐに利用開始できます。

FREETEL(フリーテル)の音声通話付きSIMを利用中の場合

  1. 「だれでもカケホーダイ」アプリをインストールします。
  2. [マイページ]のお問い合わせフォームからプラン変更を申請します。
  3. 翌月から利用開始できます。

「FREETEL(フリーテル)でんわ」アプリを利用中の場合

すでに「FREETELでんわ」の「1分かけ放題」「5分かけ放題」を利用中の場合は、「FREETELでんわ」のアプリをアップデートするだけで自動的に「だれでもカケホーダイ」の利用開始が可能です。

「10分かけ放題」に変更したい場合は、マイページのお問い合わせフォームからプラン変更すると翌月から利用することができます。

プランの変更/解約

プランの変更や解約をしたい場合、毎月25日までの申し込みで翌月適用になります。
25日以降に申し込んだ場合は翌々月に適用されます。

解約する場合もマイページから申請するだけでとても簡単です。
違約金もかかりません。

「いきなり半額」アプリを利用中の場合

  1. 「だれでもカケホーダイ」アプリをインストールします。
  2. [マイページ]のお問い合わせフォームからプラン変更を申請します。
  3. 翌月から利用開始できます。
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜ドコモ

FREETEL(フリーテル)の「だれでもカケホーダイ」で通話料を節約しよう!

今回はFREETELのだれでもカケホーダイをご紹介しました。
だれでもカケホーダイは、FREETELユーザーじゃなくても契約することができるかけ放題サービスです。

アプリをインストールするだけで利用開始できます。
面倒な手続きなどもないのでとても便利です。

FREETEL(フリーテル)は2017年12月4日をもって申込受付を終了しています。
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜ドコモ
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。