1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. IIJmio(みおふぉん)
  4. IIJmioはテザリング利用におすすめ!実際にテザリングをしてみた!

IIJmioはテザリング利用におすすめ!実際にテザリングをしてみた!

最終更新日:
IIJmioはテザリング利用におすすめ!実際にテザリングをしてみた!

IIJmioはテザリングを無料で利用できます。この記事ではテザリングの利用方法やIIJmioでテザリングを使用する際の注意点などを解説します。IIJmioは通信安定性が高く、バーストモードもあるのでテザリング利用にぴったりです。対応機種であればドコモプランでもauプランでもeSIMでもテザリングを使えます。

外出先でタブレットやノートPCを利用したい時にWi-Fiがないと不便ですよね。

フリーWi-Fiを使おうとしたら会員登録が必要で手間取ることもあると思います。

そんな時に便利なのがテザリングを利用してのインターネットです。テザリングができると外出先や旅行先でも他のデバイスでインターネットが使えるようになります。

大手キャリアはテザリングの利用に月額が発生することがありますが、IIJmioでは無料でテザリングを利用できます。

格安SIMは「0001softbank」などキャリアのWi-Fiスポットを使えませんが、無料でテザリングを使えるIIJmioならこのデメリットをカバーできます。

この記事では、IIJmioのSIMが入ったiPhoneやAndroidでテザリングを使う方法や注意点などを解説します。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

テザリングとは?

テザリングとは簡単にいうとスマホをモバイルWi-Fiルーターとして利用することです。

テザリングを使うと公衆Wi-Fiがない場所でもノートパソコンやタブレットが使えるようになります。また、Wi-Fiルーターを持ち歩く必要がないので充電の手間がなくなり、荷物も少なくなります。

IIJmioのテザリングには追加料金必要なし!

大手キャリアではテザリングの利用に別途月額500円が必要なケースもありますが、IIJmioは無料でテザリングを利用できます。

利用する端末がテザリング機能に対応していれば問題なく利用できます。ドコモ回線とau回線はもちろん、2019年7月18日から始まるeSIMプランでもテザリングを利用可能です。

IIJmioでテザリングしたときの通信速度

テザリングを実際に利用して通信速度を計測してみました。場所は三重県の地方都市にある自宅で、時間は平日の午後3時頃です。

その結果、上り4.57Mbps、下り2.07Mbpsでした。

光回線には当然かないませんが、ページが読み込めないようなことはなかったので、ストレスなく利用できました。

移動先や電車の中などでも同様に、極端に遅くなることはありませんでした。高画質の動画視聴やビデオ通話をしない限りは問題なく利用できるといってよいでしょう。

テザリングの設定方法

テザリングはUSB、Wi-Fi、Bluetoothの3つの接続方法があります。

通信速度はUSB接続が一番速く、次いでWi-Fi、Bluetoothです。ただし、Bluetooth接続はバッテリーの消費が少ないので電池切れになりそうな時におすすめです。

接続方法メリットデメリット
USB一番速度が安定するケーブルが必要
1台しか接続できない
Wi-Fi複数台接続可能速度はUSBより安定しない
バッテリーを消費する
Bluetoothバッテリー消費量が少ない速度は遅い

基本的に設定方法の仕方はAndroidもiPhoneも同じです。

Android端末の場合

Android端末を使いWi-Fi接続をする場合の設定方法は以下の通りです。

1.ホーム画面から「設定」を選択する。

2.「無線とネットワーク」を選択する。

3.「テザリングとポータブルアクセス」を選択する。

4.「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をONにする。

5.子機のデバイスで親機の名前のWi-Fiを拾う

6.親機で設定したパスワードを入力すると接続完了

USBテザリングの場合はスマホとパソコンをケーブルで繋いだあとにUSBテザリングをオンすると有線接続扱いでインターネットを使えるようになります。

Bluetoothの場合はBluetoothテザリングをオンにしたあと、子機からペアリングを行えばテザリング完了です。

iPhone端末の場合

iPhoneを使いWi-Fi接続をする場合の設定方法は以下の通りです。

1.ホーム画面から「設定」を選択する。

2.「インターネット共有」を選択し、インターネット共有をONにする。

3.テザリング方法を選び、子機のデバイスに接続したらテザリング開始

USB、Bluetoothの場合は前述のAndroidと同手順で接続できます。

IIJmio公式サイトの「動作確認済み端末」ページ内で確認が取れているiPhoneであればテザリングを利用できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

IIJmioでテザリングをするときの注意点

IIJmioでテザリングを行うにあたり、いくつか注意点があります。

月々の契約プランのデータ通信容量に注意する

テザリングをオンにしたまま長時間放置するとデータ通信量を大量に消費します。IIJmioでは契約プランのデータ量を使い切ると通信速度が最大200Kbpsに制限されます。

IIJmioには通信量無制限プランがないので、テザリングを使い終わったら必ずオフにしましょう。

テザリング機能対応のスマホを選ぶ

一部の機種ではテザリングに対応していないこともあります。自分の端末がテザリング対応かどうかはIIJmioの公式サイトの「動作確認済み端末」ページで確認できます。

もしテザリング非対応でもIIJmioではスマホとSIMのセット販売も行っているので安心です!現在IIJmioで販売されている端末は全てテザリング機能が付いています。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

テザリングはバッテリーの消費が激しい

テザリング中は端末のバッテリー消費が激しいので、スマホの電池切れに注意してください。

テザリング中は常にデータ通信を行うため、画面が消灯していてもバッテリーを消費し続けています。

インターネットに接続しっぱなしの必要がなければ、その都度テザリングをオフにしておくとバッテリーの消耗を最小限に調整できます。

時間帯によって通信速度が遅くなる

IIJmioに限った話ではありませんが、格安SIMは多くの人が利用する平日お昼や夜に通信速度が遅くなります。

平日のお昼は動画視聴やビデオ通話が難しいので、時間帯を変えるなどの調整が必要です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

IIJmioはテザリングに向いている格安SIM!

IIJmioのテザリング機能を使えば、外出先でも快適にインターネット環境が使えます。

IIJmioには契約プランが以下の3種類用意されており、毎月のデータ使用量に合わせて利用できます。

  • ミニマムスタートプラン(3GB)
  • ライトスタートプラン(6GB)
  • ファミリーシェアプラン(12GB)

テザリングをする機会が多くて、契約プランのデータ量を使い切ってもをIIJmioにはバースト機能といって、データ通信の最初は高速通信が可能なのでで、速度制限時も軽いページであれば快適な速度で読み込めます。

そのため、IIJmioはテザリングに向いているMVNOだといえます。外出先でノートPCをよく利用する方にIIJmioはおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜