1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. IIJmio(みおふぉん)
  4. IIJmioでiPhone7/iPhone7 Plusを使う方法をご紹介します!

IIJmioでiPhone7/iPhone7 Plusを使う方法をご紹介します!

最終更新日:
IIJmioでiPhone7/iPhone7 Plusを使う方法をご紹介します!

IIJmioでiPhone7/iPhone7 Plusを使う方法をご紹介します。IIJmioではSIMフリー版・ドコモ版・au版・ソフトバンク版、すべての動作確認がされています。au回線のタイプAで契約するとテザリングが使えない点に注意が必要です。

IIJmioでiPhone7/iPhone7 Plusは使えるの?

今持っている端末を使って格安SIMにしたいと思っても、本当に使える端末なのか心配ですよね。

今回はタイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)が選べるIIJmioiPhone7/iPhone7 Plusが使えるのかをご紹介します。
iPhone7/iPhone7 PlusでIIJmioの運用を考えている方必見です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

IIJmioでiPhone7/iPhone7 Plusは使える!

IIJmioではドコモ版、au版、ソフトバンク版、SIMフリー版すべてのiPhone7/iPhone7 Plusの動作確認がされています

IIJmio iPhone7 iPhone7plus 動作確認

SIMフリー版を使う場合

SIMフリー版iPhone7/iPhone7 PlusはIIJmioで使うことができます。
タイプAではテザリングが使えないので、テザリングを利用したい場合はタイプDを契約しましょう。

ドコモ版を使う場合

ドコモ版の場合、タイプDでiPhone7/iPhone7 Plusが使えます。
タイプAにしたい場合はSIMロックを解除する必要があります。

au版、ソフトバンク版を使う場合

au版、ソフトバンク版の場合、SIMロックを解除すればiPhone7/iPhone7 Plusを使うことができます。
タイプDでもタイプAでも契約できますが、テザリングを使いたい場合はタイプDで契約しましょう。

ただしSIMロックの解除は購入してから約半年はできなくなっているので、乗り換えのタイミングに注意しましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

IIJmioで契約する料金プランを決めよう

次は、IIJmioでiPhone7/iPhone7 Plusを使うに当たって、契約する料金プランを決めましょう。

IIJmioの料金プランは、3GB/6GB/10GBの3種類から選ぶシンプルなプランです。
タイプAはSMSの料金が含まれているのでタイプDよりお得になっています。

  • タイプA(au回線)
タイプAのプラン月額料金データ量
SMS機能付きSIMミニマムスタート900円~3GB
SMS機能付きSIMライトスタート1,520円~6GB
SMS機能付きSIMファミリーシェア2,560円~10GB
音声通話機能付きSIMみおふぉんミニマムスタート1,600円~3GB
音声通話機能付きSIMみおふぉんライトスタート2,220円~6GB
音声通話機能付きSIMみおふぉんファミリーシェア3,260円~10GB

※au回線のタイプAにはデータSIMプランはありません。

  • タイプD(ドコモ回線)
タイプDのプラン月額料金データ量
データ通信専用SIMミニマムスタート900円~3GB
データ通信専用SIMライトスタート1,520円~6GB
データ通信専用SIMファミリーシェア2,560円~10GB
SMS機能付きSIMミニマムスタート1,040円~3GB
SMS機能付きSIMライトスタート1,660円~6GB
SMS機能付きSIMファミリーシェア2,700円~10GB
音声通話機能付きSIMみおふぉんミニマムスタート1,600円~3GB
音声通話機能付きSIMみおふぉんライトスタート2,220円~6GB
音声通話機能付きSIMみおふぉんファミリーシェア3,260円~10GB
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

IIJmioでiPhone7/iPhone7 Plusを使うには

IIJmio APN

IIJmioでiPhone7/iPhone7 Plusを使う場合、まずはAPN設定(初期設定)をする必要があります。
APN設定とはインターネットに接続するための初期設定のことです。

大手キャリアの場合はあらかじめ設定されていますが、格安SIMの場合は自分で設定をする必要があります。
この初期設定をしないとインターネットに接続することはできないので、必ず行いましょう。

APN設定する前に準備するもの

初期設定する前にWiFi環境を準備する必要があります。

まだネットにつなげていませんが、ネットから「APN構成プロファイル」をダウンロードする必要があるからです。
iPhoneがインターネットに接続できるWiFi環境を整えておきましょう。

WiFi環境が今すぐに整わない場合

WiFi環境が今すぐに整わない場合の対処法をご紹介します。

  1. ネットができるパソコンなどでAPN構成プロファイルをダウンロードします。
  2. iPhoneに設定しているメールアドレス宛に、APN構成プロファイルを添付して送信します。
  3. WiFiがつながった時にメールを開き、APN構成プロファイルを開きます。

APN設定(初期設定)をする方法

それではいよいよAPN設定をしていきます。

  1. まずは「設定」を起動します。
  2. 次に[一般]をタップし、画面一番下の[リセット]をタップします。
  3. [すべての設定をリセット]をタップします。
  4. 確認画面が出るので[ネットワーク設定をリセット]をタップします。
  5. ここで一度再起動されます。
  6. 再起動されたら、WiFiに接続し「APN構成プロファイルダウンロードページ」にアクセスします。(必ず「Safari」を使いましょう。)
  7. 構成プロファイルのダウンロードをします。
  8. プロファイルのインストール画面が出たら、右上の[インストール]をタップします。
  9. 警告の画面が出るので[インストール]をタップします。
  10. インストール完了の画面で[完了]をタップして終了です。
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

IIJmioでiPhone7/iPhone7 Plusを利用しよう!

IIJmioではiPhone7/iPhone7 Plusが使えます。
ただしau版、ソフトバンク版は購入後半年間はSIMロックの解除ができないので乗り換えるタイミングをよく考えましょう。

格安SIMと組み合わせるなら中古スマホもおすすめ!

 
 

中古スマホを利用すれば、初期費用を抑えて新しい端末が手に入りますよ!

「安くスマホを購入したいけど、中古だと品質面が心配・・・。」

「わざわざ店舗まで行って購入するのが面倒くさい。」

「格安SIMを買うときに、スマホも安く買えたらいいのに。」

こんなことを思ったことはありませんか?

スママでは、中古スマホの最安値を比較、安心して購入できる販売体制を整えています。

スマホ 中古・新品の最安値比較|スママ

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

関連キーワード

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
2eb823ceea13351d604b2321c1a508d9
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。