大手キャリアから格安SIM会社へ!MNPで電話番号そのまま乗り換える方法

最終更新日:
Large 2fe07832d1cdf12784bcd992e3c8ca55

MNPとはMobile Number Portabilityの略で携帯電話のキャリアを変更した際も電話番号を引き継げるサービスです。大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合でもMNPを利用することで、これまで利用していた電話番号をそのまま利用できます。

MNPをすれば大手キャリアからMVNOに電話番号そのまま引き継げる!

大手キャリアから格安スマホへMNP

大手キャリア間の移動(例:auからドコモ)はMNPにより、電話番号を変えずに乗り換えることができます。そして、MNPは格安スマホでも利用可能です。

格安スマホから大手キャリアに乗り換える場合でもMNPを行うことで電話番号をそのまま引き継ぐことができます。(格安スマホ同士のMNPも可能。)

MNP(ナンバーポータビリティ)とは、電話番号を変えることなくMVNO(格安SIM会社)同士で乗り換えができることです。

MNPは意外と簡単!格安SIM会社同士で電話番号そのまま引き継ぐ方法
関連記事 MNPは意外と簡単!格安SIM会社同士で電話番号そのまま引き継ぐ方法

大手キャリアから格安スマホへのMNPは、基本的に大手キャリア間のMNPと同じようにそれまで利用していたキャリアを解約することでMNPが可能になります。

大手キャリアからMVNOへ!MNPを行う手順を簡単に解説

MNP手順

大手キャリアからMVNOへMNPする手順を簡単に説明します。

流れは以下の通りです。

  1. キャリアショップかキャリアのWebサイトで10ケタのMNP予約番号を取得

  2. 格安スマホ会社(MVNO)の申し込み時にMNP予約番号を入力

  3. 格安スマホが到着後、電話番号切り替え申請を行う

  4. 約1時間~1日で切り替え完了

ちなみにMNP予約番号を取得しただけでは、大手キャリアの携帯電話は解約されません。

電話番号切り替えの申請を行い、格安スマホ会社が切り替えを行ったタイミングで元の携帯電話が解約されます。

MNPのメリット・デメリット

メリット・デメリット

MNPを行うことで起こるメリットとデメリットを紹介します。

MNPのメリット

電話番号を変わらず使い続けることが出来る

MNPの大きなメリットは、電話番号を引き継いでそのまま利用できることです。

以前は、大手キャリアの場合でもキャリアを乗り換えるたびに携帯番号が変わてしまっていましたが、MNPが登場してからは電話番号を引き継げるようになったため、スマホの乗り換えがとてもやりやすくなりました。

ちなみに、MNPは大手キャリア間、大手キャリアからMVNO、MVNO間でも可能です

MNPのデメリット

手数料が発生

MNP転出の際にドコモは2,000円、auとソフトバンクは3,000円の転出手数料がかかります。

また、新たに契約する格安スマホ会社で3,000円新規契約の事務手数料がかかります。

さらにMNPを行う時点でそれぞれのキャリアとの契約期間中である場合は、1万円程度の違約金が発生します。ほか、端末の分割払いが終了していなければ、その残りの代金も支払わなくてはなりません。

auドコモソフトバンク
MNP転出手数料2,000円3,000円3,000円

2年縛りの解約金が発生

契約の切り替えは格安スマホが届いてからになるため、2年縛りの解約金に注意が必要です。

なぜなら、切り替えのタイミングが2年縛りの解約可能月でなくなってしまうと解約金が請求されてしまうからです。あらかじめ解約可能月を把握しておきましょう。

不通期間が発生してしまう

番号切り替えに伴う不通期間ですが、通常1時間程度前の携帯電話も、新しい格安スマホも使うことができません。重要な電話がかかってきそうなタイミングなどは避けて切り替えを行うことが重要です。

SIMカードが届くまでスマホが使えない

大手キャリアから格安スマホへと乗り換えた場合、新しいSIMカードが届くまでに数日かかってしまう場合があります。すると、SIMカードが手元に届くまでスマホを利用することができないため注意が必要です。

MNPを行うときに注意すべきこと!

MNPで注意すること

MNP予約番号の有効期限

MNP予約番号には15日間*という有効期限があります。

格安スマホに乗り換える際にはインターネットで申し込みを行ってから郵送で2日~3日後に格安スマホが到着します。そのため、MVNOは余裕をもって1週間以上有効期限が残っているMNP予約番号のみを受付対象としています。

有効期限自体は15日間ですが、実際は1週間以内に申し込みをしなくてはならないため、充分に注意が必要です。

キャリア別MNP予約番号入手方法と必要なもの

キャリア別MNP予約番号取得法

大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の予約番号入手方法は以下の通りです。

MNP予約番号を入手の上、移転先会社の受付店に「MNP予約番号」を伝え、MNPによる新規申込み手続きを行います。

尚、MNP予約番号のほか、免許証、住民票など本人確認書類とクレジットカード(一部デビットカード)が必要になります。

【NTTドコモ】の予約番号入手方法

予約番号入手方法は3パターンです。

  1. ドコモショップまたはインフォメーションセンターへ問い合わせの上、MNPの予約申込みを行い「MNP予約番号」を受け取る。(受付時間:店舗により異なる)

  2. ドコモの携帯電話から局番なしの151、一般電話などドコモの携帯電話以外の場合は0120-800-000へ電話をし「MNP予約番号」を受け取る(受付時間:午前9時~午後8時)

  3. PCでMy docomoにログインし、ドコモオンライン手続きを行い「MNP予約番号」を受け取る。

【au】のMNP予約番号入手方法

auのMNP予約番号入手方法は3パターンです。

  1. auショップ / PiPit各店 (一部除く)にてMNPの予約申込みを行い「MNP予約番号」を受け取る。(受付時間:店舗により異なる)

  2. au携帯電話、一般電話共通、0077-75470へ電話をし「MNP予約番号」を受け取る(受付時間:9:00~20:00)。

  3. EZボタンからトップメニューまたはauポータルトップ、 auお客さまサポートの申し込む / 変更するからau 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)へ行き「MNP予約番号」を受け取る。

【ソフトバンク】のMNP予約番号入手方法

ソフトバンクのMNP予約番号入手方法は2パターンです。

  1. ソフトバンクショップにて「MNP予約番号」を受け取る。(受付時間:店舗により異なる)

  2. ソフトバンク携帯電話から *5533、一般電話などソフトバンクの携帯電話以外の場合は0800-100-5533へ電話をし「MNP予約番号」を受け取る(受付時間:午前9時~午後8時)。

※スマホユーザーはMy softbankからのMNP予約番号受け取りはできません

【MVNO別】MNP乗り換え方法

MVNOのMNP乗り換え法

楽天モバイルのMNP方法

楽天モバイルへのMNP乗り換え方法を解説!楽天モバイルはMNP即日対応!
関連記事 楽天モバイルへのMNP乗り換え方法を解説!楽天モバイルはMNP即日対応!
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ (4.3)

mineo(マイネオ)のMNP方法

【mineo(マイネオ)】MNP転入・MNP転出はとっても簡単!
関連記事 【mineo(マイネオ)】MNP転入・MNP転出はとっても簡単!
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)

UQmobile(UQモバイル)のMNP方法

UQモバイルへMNPで乗り換えるためにおすすめの方法とは!
関連記事 UQモバイルへMNPで乗り換えるためにおすすめの方法とは!
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
980円〜 au (4.6)

BIGLOBE(ビッグローブ)のMNP方法

BIGLOBE SIMは即日MNP対応で不通期間なし!
関連記事 BIGLOBE SIMは即日MNP対応で不通期間なし!
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ (4.7)

LINEモバイルのMNP方法

LINEモバイルにMNPで乗り換える方法は?
関連記事 LINEモバイルにMNPで乗り換える方法は?
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
500円〜 ドコモ (4.5)

転出のタイミングに注意して格安スマホにMNPで乗り換えよう

注意してMNPしよう

大手キャリアからMVNOへMNPを行う場合には、特にMNP予約番号の有効期限と大手キャリアの解約可能月に注意して行うようにしましょう。

MNPは意外と簡単!格安SIM会社同士で電話番号そのまま引き継ぐ方法
関連記事 MNPは意外と簡単!格安SIM会社同士で電話番号そのまま引き継ぐ方法
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ (4.3)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
980円〜 au (4.6)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
500円〜 ドコモ (4.5)