1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホとは
  3. SIMカードの【サイズ・選び方・変更】気になる3つを解決!

SIMカードの【サイズ・選び方・変更】気になる3つを解決!

最終更新日:
SIMカードの【サイズ・選び方・変更】気になる3つを解決!

格安SIMカードには、「miniSIM」「microSIM」「nanoSIM」という3つのサイズがあります。スマホによって対応しているしているSIMサイズが違っているので、間違えたサイズを買うと使うことができません。そういった事態を防ぐためのSIMカードサイズの選び方、サイズ違いを購入してしまった時の解決策を解説します。

SIMカードの【サイズ】ってなに?全3種類紹介

SIMカード3種類

オペレーターちゃん
オペレーターちゃん

SIMカードとは契約者情報が入っているICチップのことです。

SIMカードは各社共通でサイズが3種類あります。

  • miniSIM(ミニシム)
  • microSIM(マイクロシム)
  • nanoSIM(ナノシム)

miniSIMが1番大きいサイズのSIMカードで、nanoSIMが1番小さいSIMカードです。

それぞれサイズの違いはありますが、性能に関しては違いはなく、3サイズ共に契約者情報がSIMカードの中には入っています。

何故SIMカードのサイズが異なるのかというと、使用したいSIMフリースマホによって挿入できるSIMカードのサイズが異なるからです。そのため、SIMカードのサイズを選ぶ際には、まず利用するSIMフリースマホがどのサイズのSIMカードに対応しているのか確認する必要があります。

基本的に、最近のスマホ端末は薄型化、軽量化にともなってnanoSIMかmicroSIMが使われることが多いです。SIMカードのサイズ選びに迷った時には、サイズ変更がしやすいnanoSIMを購入しておくことをおすすめします。

SIMカードとは?すぐに分かるSIMカード解説とおすすめ格安SIM紹介
関連記事 SIMカードとは?すぐに分かるSIMカード解説とおすすめ格安SIM紹介

SIMカード【サイズの選び方】

SIMカードのサイズ選び方

SIMカードのサイズの違いはわかったけど、実際利用するとなったらどのサイズのSIMを買えばいいのでしょうか。

サイズに迷ってしまう方のために、SIMカードの選び方を つ紹介します。

利用端末の対応SIMサイズを事前に調べる

利用したいSIMフリースマホが決まっているなら、そのSIMフリースマホがどのサイズのSIMカードに対応しているのか、事前に調べておくことをおすすめします。

どのSIMサイズに対応しているか調べるには、SIMフリースマホが手元にあるならSIMスロットを開ければサイズを確認することができます。

また、SIMフリースマホが手元になかったりSIMスロットを開けても分からなかった場合は、インターネットで検索すれば分かります。

もし、契約するMVNOが決まっているのであれば、MVNOの公式サイトで端末ごとのSIMサイズを確認することもできます。

各社の公式サイトに動作確認済み端末一覧というページがあり、実際に使ってみて問題がなかったSIMカードとスマホが一覧で記載されています。

SIMフリーiPhoneのSIMサイズはこれ!

日本で最も利用者の多いAppleのiPhoneの対応SIMサイズを紹介します。

microSIMnanoSIM
iPhone7/iPhone7 Plus×
iPhone6/iPhone6S/iPhone6 Plus-
iPhone5/iPhone5c-
iPhone4/iPhone4s-
iPhoneとセット購入できる格安SIM、人気3社を徹底比較!
関連記事 iPhoneとセット購入できる格安SIM、人気3社を徹底比較!

SIMカードのサイズが合わない!【サイズ変更】の方法

SIMサイズ変更可能

SIMフリースマホにSIMカードを挿入しようとしたら、サイズが違って挿入できない!なんてことがあっても大乗です。SIMカードのサイズを変更する方法があります。

SIMサイズを変更する方法が3つあります。

  • MVNOまたは契約先でSIM自体を交換
  • SIMアダプターを利用する
  • SIMカッターでサイズを小さくする

特におすすめな方法は、MVNOまたは契約先でSIM自体を交換する方法です。手数料はかかってしまいますが、1番安全で間違うことがないからです。SIMアダプターを利用する方法とSIMカッターでサイズ変更する方法に少しでも不安を感じた方は、SIMカード自体の交換を行いましょう。

MVNOでSIMカード自体を交換する

MVNOでサイズ変更を申し込み、SIMを交換してもらうことができます!

ただし、手数料が3,000円程度発生するため注意が必要です。

また、新しいSIMカードにするとなると、今まで利用していたSIMカードは使えなくなってしまうので、新しいカードが手元に届くまで、SIMカードを使うことができなくなります。

格安SIMカードの場合は、実店舗を持っているMVNOが少ないため、サイズ交換手続きはインターネットで行うことがほとんどです。そのため、新しいSIMカードが届くまでにタイムラグが発生してしまうことを理解したうえで、変更申し込みをしましょう。

MVNOに実店舗がある場合には、実店舗にSIMカードを持っていくと即日で交換をしてくれます。ただし、店舗で即日交換する場合、サイズの変更手数料(3,000円程度)に加えて即日交換手数料(1,000円程度)がかかってしまうため注意しましょう。

SIMサイズ変更時のMVNOごとの手数料一覧表

MVNOSIMサイズ変更手数料
楽天モバイル3,000円
mineo2,000円
BIGLOBE3,000円
Nifmo3,000円
DMMmobile3,000円
DTI SIM3,000円
IIJmio2,000円
LINEモバイル3,000円
OCNモバイルONE3,000円
U-mobile3,000円
UQモバイル3,000円
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
640円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
440円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
600円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
680円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au

SIMアダプターを使ってサイズを大きくする

SIMアダプターとは、小さいサイズのSIMを大きくするアダプターのことです。amazon等で数百円で販売されています。

SIMフリースマホに対応しているサイズよりも小さいサイズを購入してしまった場合は、SIMアダプターに装着することで、SIMサイズを大きくすることができ、SIMカードを挿入してSIMカードが利用できるようになります。

SIMアダプターの使い方は簡単で、SIMアダプターにSIMカードをのせるだけです。のせた状態でSIMフリースマホに挿入すれば完了です。

ただし、アダプターにしっかりとはめ込まないとうまく認識しなかったり、最悪の場合にSIMカードが取り出せなくなってしまうため十分に注意が必要です。

SIMカッターを使ってSIMサイズを小さくする

SIMフリースマホに対応しているサイズよりも大きいサイズを購入してしまった場合は、SIMカッターでSIMサイズを小さくすることができます。

SIMカッターとは、SIMカードを切って、サイズを小さくするためのツールです。

SIMカッター自体は数百円で手に入れることができ、自らでSIMサイズを小さくすることができるため、交換の手間なく、SIMカードを使い回すことができるようになります。

ただし、SIMカッターを利用する時には注意しなければならない点が2つあります。

SIMカードが利用できなくなる可能性

SIMカッターは、SIMカードを切ってサイズを変えます。そのため、SIMカッターで切る時にSIMカードを傷つけてしまってSIMカード自体が壊れて使えなくなってしまう場合があります。

自分でサイズ変更したことによる損害金が発生

SIMカードは解約する時に契約先に返還が必要なことがあります。

その時に、SIMカッターを利用して勝手にサイズを変えてしまったことが原因で3,000円程度の損害金が発生する場合があるため注意が必要です。

SIMフリースマホに合ったサイズのSIMカードを選ぼう!

SIMカードには、miniSIM、microSIM、nanoSIMの3サイズがあります。

利用するSIMフリースマホによって挿入できるSIMカードのサイズが変わってくるため、あらかじめ利用するSIMフリースマホがどのSIMサイズに対応しているのか確認する必要があります!

SIMアダプターやSIMカッターを使って自分でサイズ変更をすることも可能ですが、失敗するリスクがあるためあまりおすすめできません。

また、MVNOでSIMのサイズを変更してもらうことも可能ですが、変更手数料3,000円程度発生するうえ、実店舗でなければ手元に新しいSIMカードが届くまで数日から数週間SIMが使えない状態で待ち続けなければなりません。

そういった事態に陥らないためにも、事前に利用尾できるSIMサイズを確認しておくことが大切です!

格安SIMカードとは?おすすめ完全ガイド!MVNO14社徹底比較【2017年10月】
関連記事 格安SIMカードとは?おすすめ完全ガイド!MVNO14社徹底比較【2017年10月】
格安SIMカードのメリット13コを徹底解説!
関連記事 格安SIMカードのメリット13コを徹底解説!
格安SIMカードのデメリット《15コ》を徹底解説!対処方法まで解説
関連記事 格安SIMカードのデメリット《15コ》を徹底解説!対処方法まで解説
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
640円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
440円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
600円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
680円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au