1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホとは
  3. 格安SIMのSMS機能ってなに?SMS付きのおすすめMVNO3選

格安SIMのSMS機能ってなに?SMS付きのおすすめMVNO3選

最終更新日:
格安SIMのSMS機能ってなに?SMS付きのおすすめMVNO3選

格安SIMのSMS機能はShortMessageService(ショートメッセージサービス)の略称で電話番号のみでメッセージをやり取りできる機能です。LINEの初期登録や銀行サービスなどの本人確認に使われることがあります。そのためSMSは自分の利用用途に合うのか検討しましょう。

SMS(ショート・メッセージ・サービス)とは?

SMSってなに?

SMSとは、「Short Message Service(ショートメッセージサービス)」を短縮した略称で、携帯端末間で、短いメッセージを送受信できるサービスのことです。

送受信する相手と同じキャリアである必要はなく、キャリアが異なっていてもメッセージをやりとりができることが特徴です。電話番号を利用して通信するので格安SIMの中でも音声通話付きのプランであれば利用可能な機能です。

しかし、実際にはLINE(ライン)などのコミュニケーション用アプリが広く普及したため、SMS機能はなくても困ることはありません

さらにSMS機能に対応したデータSIMカードは、データ通信専用プラン(SMSなし)に比べると、月額で170円ほど割高になってしまいます。

ですが、格安SIMにするならSMS機能をつけるべきメリットが3つあります。

  • 電話番号認証で本人確認ができる
  • アンテナピクト問題が発生せず無駄なバッテリー消費をしない
  • LINEを使うならSMS機能が必要

上記3つのメリットについて詳しく説明していきます。

SMSがあれば電話番号認証で本人確認ができる

LINEとメールで充分

現在、連絡手段としてSMSはあまり使われなくなりましたが、電話番号認証機能で非常によく使われています。
インターネット経由でサービスを提供する際、本人確認を電話番号認証を利用するケースが増えています。

例えば、スマホのアプリで銀行振り込みを行う際にSMS経由で届いた4桁の番号を入力することで振り込み完了できる仕組みとして使われています。

SMSがあればアンテナピクト問題なんて怖くない

データ通信用のSIMを挿入した際に、通信はできるのに、電波の状態を示すアンテナピクトが正常に表示されない…という経験はありませんか?

これは、端末側の認識の問題ですが、音声用の回線に繋げられない場合、電波をしっかり掴めていないと認識されて、アンテナピクトが立たないようになってしまいます。その理由は、データ通信用のSIMであるため、音声回線がないからです。

単にアンテナピクトが、正しく立たないだけなら大きな問題ではありませんが、「バッテリーの消費が何故か速くなる」という、重大な問題が同時に発生するリスクがあります。

この理由は、音声回線を見つけられないために、端末が接続先を常に探そうとすることから、どんどん電力を消費してしまうからです。アンテナピクトが立たない山の中で携帯電話を置きっ放しにしておくと、バッテリーが短時間で消費されてしまうケースと同様です。

このような場合に威力を発揮するのが、SMS機能付きのSIMカードです。SMSは音声回線を使用するサービスであるため、端末側から見ると、音声回線とデータ回線の双方を認識が可能になります。アンテナピクトが正常に立って、バッテリーを無駄に消費することなく上手く運用できるようになるのです。

しかし、こうした問題が発生するのは端末次第です。すべての端末で発生するわけではありません。SIMを使う対象の端末が、どんなことに適しているか不明確な場合は、SMS機能が付いたSIMを購入することをお勧めいたします。ただし、各社とも、月額で170円のオプションが必要となるため注意しま

格安SIMでLINE(ライン)を使うにはSMS機能が必要!

SMSがないとLINE使えない

LINEでは、本人確認のためにSMS認証を行います。

SMS認証とは、携帯電話の番号を使って個人を認証することです。不正利用の防止のためにはとても有効な方法です。同様にGREEやモバゲーなどで遊ぶ際にもSMS認証が採用されています。

格安スマホでのLINE(ライン)の設定方法をしっかり解説
関連記事格安スマホでのLINE(ライン)の設定方法をしっかり解説

その他には、「Dropbox」や「Gmail」クラウドなどのサービスでも、アカウントとパスワードを組合せるだけでは、試行を繰り返すことで、セキュリティを破られてしまうリスクがあります。こうした危険性を回避するために、SMS認証を使ってセキュリティを向上する仕組みを採用しています。

SMSが使えるMVNO(格安SIM)おすすめ厳選3社

《SMS利用におすすめ》LINEモバイル

LINEモバイルでは、SMS機能のついた格安SIMカードを利用することができます!

さらにLINEモバイルではカウントフリーサービスあるため、SMS認証が必要なLINEやFacebook、他にもtwitterやインスタグラムなどのSNSのデータ量がカウントされず使い放題になります。

SNSの利用が多い方には特におすすめです!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜ドコモ
LINEモバイルの評価・評判を徹底解説!通信速度が速い!?
関連記事LINEモバイルの評価・評判を徹底解説!通信速度が速い!?

《SMS利用におすすめ》DMMモバイル

DMMモバイルでは、SMS付きでスマホを運用することができます!

DMMモバイルは月額料金が業界最安値級であるため、激安で格安スマホを運用することができます。

SMSをつけても、できるだけ安い月額料金で運用したい方には、DMMモバイルがおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ
DMMモバイルの評判・評価・口コミを集めました!
関連記事DMMモバイルの評判・評価・口コミを集めました!

《SMS利用におすすめ》UQモバイル

UQモバイルでは、SMS付きの格安SIMカードを販売しています。

UQモバイルは、MVNO業界の中でも通信速度がトップレベルで速いです。そのため、快適な通信を行いたい方にはUQモバイルがおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
980円〜au
UQモバイルの通信速度を半年間計測してみました!《通信速度レビュー》
関連記事UQモバイルの通信速度を半年間計測してみました!《通信速度レビュー》

SMSが利用できるMVNO(格安SIM会社)一覧

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
980円〜au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
640円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
600円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜ドコモ

格安SIMにするならSMS機能はあった方が便利!

SMS機能必要

SMS機能なしのSIMカードよりも割高にはなってしまいますが、メリットは3つもあります!

  • 電話番号認証で本人確認ができる
  • アンテナピクト問題が発生せず無駄なバッテリー消費をしない
  • LINEを使うならSMS機能が必須

ただし、LINEを利用しない場合や、2台持ちでの運用を考えている場合には必ずしも必要ではありません!

まずは、自分は格安SIMでどういう利用をするのか考え、利用方法に最適なものを選択していきましょう!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
980円〜au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
640円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
600円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜ドコモ