格安SIMのSMS機能ってなに?メリットは?

7403031c4640ab1157e8700855574d99

格安SIMのSMS機能ってなに?メリットは?

最終更新日:

格安SIMのSMS機能はShortMessageServise(ショートメッセージサービス)の略称で電話番号のみでメッセージをやり取りできる機能です。必要になることは少ないですが、LINEの初期登録や銀行サービスなどの本人確認に使われることが多くあるので思わぬ場面で必要になる機能です。

格安SIMのプランを選ぶ際などに、“SMS対応SIMカード”という言葉をしばしば耳にします。「SMSって、何だろう?」と疑問を抱く方もいると思いますが、SMSとは、「Short Message Service(ショートメッセージサービス)」を短縮した略称で、携帯端末間で、短いメッセージを送受信できるサービスのことです。しかし、LINEなどのコミュニケーション用アプリが広く普及した昨今、SMS機能は果たして必要なのでしょうか?

SMS(ショート・メッセージ・サービス)とは電話番号でメッセージがやり取りできる機能

SMSとは本来、上述のとおり「電話番号だけで、70文字ほどのテキストメッセージの送受信が可能なサービス」です。送受信する相手と同じキャリアである必要はなく、キャリアが異なっていてもメッセージをやりとりができるのも特徴です。電話番号を利用して通信するので格安SIMの中でも音声通話付きのプランであれば標準で利用可能な機能です。

しかし、実際にはLINE(ライン)などのコミュニケーション用アプリが広く普及したため、SMS機能は普段のスマホ利用では不要なものになりつつあります。ましてやSMS機能に対応したデータSIMカードは、データ通信専用プラン(SMSなし)に比べると、月額で150円ほど割高になってしまいます。

通常の利用としてはメールやLINEで十分!電話番号認証が強み

SMSは、先述のとおり、電話番号を指定して、メッセージを送受信できるサービスであるため、相手のメールアドレスが分からなくてもメッセージを送れるなど、便利な場合もあります。しかしながら、それほど利用頻度が高い機能ではありませんし、「データ通信専用のSIMには、必ずしも必要ないのでは」?と思う人も多いと思います。

現在、連絡手段としてSMSはあまり使われなくなりましたが、電話番号認証機能で非常によく使われています。インターネット経由でサービスを提供する際、本人確認が難しいという問題があるのですが電話番号認証を利用することで本人であると確認するケースが増えています。

例えば、スマホのアプリで銀行振り込みを行う際にSMS経由で届いた4桁の番号を入力することで振り込み完了できる仕組みなどで使われています。

また、SMSは「セルフスタンバイ問題」と呼ばれている、少し難しい状況を解決してくれる、便利なオプションなでもあります。

データ通信用のSIMを挿入した際に、通信はできるのに、電波の状態を示す”アンテナピクト”が正常に表示されない…という経験がある人もいるかもしれません。これは、端末側の認識の問題なのですが、音声用の回線に繋げられない場合、電波をしっかり掴めていないと認識されて、アンテナピクトが立たないようになってしまうようです。これは、データ通信用のSIMであるため、音声回線がないことが理由です。

単にアンテナピクトが、正しく立たないだけなら特に大きな問題ではありませんが、「バッテリーの消費が何故か速くなる」という、携帯電話にとっては重大な問題が同時に発生するリスクがあります。この理由は、音声回線を見つけられないために、端末が接続先を常に探そうとすることから、どんどん電力を消費してしまうからなのです。アンテナピクトが立たない山の中で携帯電話を置きっ放しにしておくと、バッテリーが短時間で消費されてしまうケースと同様です。

このような場合に威力を発揮するのが、SMS機能付きのSIMカードです。SMSは音声回線を使用するサービスであるため、端末側から見ると、音声回線とデータ回線の双方を認識が可能になります。アンテナピクトが正常に立って、バッテリーを無駄に消費することなく上手く運用できるようになるのです。しかし、こうした問題が発生するのは「端末次第」とも言えます。つまり、SIMを使う対象の端末が、どんなことに適しているか不明確な場合は、SMS機能が付いたSIMを購入することをお勧めいたします。ただし、各社とも、月額で約150円のオプションが必要になります。

格安SIMでLINE(ライン)を使うにはSMS機能が必要!

現在、国内のユーザー約6800万人を擁するLINEでは、本人確認のために「SMS認証」という方式で本人確認を行います。「SMS認証」とは、携帯電話の番号を使って個人を認証するもので、不正利用の防止のためには有効な方法です。同様にGREEやモバゲーなどで遊ぶ際にもSMS認証が採用されています。

LINEの設定方法はこちら⇒格安スマホでのLINE(ライン)の設定方法をしっかり解説

その他には、「Dropbox」や「Gmail」クラウドなどのサービスでも、アカウントとパスワードを組合せるだけでは、試行を繰り返すことで、セキュリティを破られてしまうリスクがあります。こうした危険性を回避するために、SMS認証を使ってセキュリティを向上する仕組みを採用しています。

SMS機能なしのSIMカードよりも割高にはなってしまいますが、メリットをまとめると、

  • LINEなどのSMS認証に必須
  • LINEの機能・サービスもフルで使える
  • セルスタンバイ問題を回避し、バッテリーの消費を抑えられる

といった3点があります。

LINEを利用しない場合や2台持ちでの運用を考えている場合には必ずしも必要ではありません。利用状況に応じて選択することで自分に合ったプランが契約できます。