格安SIMはiPhoneで使えないって本当?

451ba0e40866bc213a78f5a64c7c8913

格安SIMはiPhoneで使えないって本当?

最終更新日:

iPhoneでも格安SIMは使えます。ただし、機種や選ぶ格安SIMによっては使える機能が限定されていたり、SIMロック解除という手続きが必要になるケースあります。iPhoneで格安SIMを利用する方法をしっかり解説します。

格安SIMには興味があるけれど「iPhoneでは使えない」「iPhoneでも使えたけど、バージョンアップしたら使えなくなった」という情報がでてきます。

iPhoneでも格安SIMは使える!

格安SIMはiPhoneでも使うことができます。iPhoneで使えるかどうかはキャリアごとに変わってきますが、iOS9以降のiPhone6であれば大きな問題なく利用することができます。

どのMVNOを選ぶかによって異なる

以前はauの回線で運用しているMVNOの格安SIMは使うことができませんでしたが、iOS9のiPhone6以降では一部の機能を除いて使うことができます。またドコモ回線を利用して運用しているMVNOでは、iPhone4s以降でも正常に動作します。

ただし、キャリアが提供する一部のサービスは使用できなくなります。格安SIMになると今までのキャリアメールはどのキャリアでも使うことができず、SIM認証によるおサイフケータイやデザリングを機能などが利用できなくなります。しかしキャリアが運営する低額動画配信サービスなどはアカウントの継続利用手続きを行うことで使い続けることができるなど、継続可能なサービスも増加しています。

人気格安SIMのiPhoneシリーズ状況

各社の動作確認済み情報を記載します。◎は通信もテザリングも対応、○は通信のみ対応、-は動作確認なしです。全てSIMフリー版での動作確認情報となるため、各キャリアのiPhoneを利用したい場合には各社の公式ページでの確認をお勧めします。

楽天モバイルmineo(Dプラン)mineo(Aプラン)BIGLOBE
iPhone7/7plus
iPhone6S/6Splus
iPhone6S/6Splus
iPhone6/6plus
iPhone5S
iPhone5C
iPhone5--

簡単、SIMカードをさしかえてAPN設定を行うだけ

iPhoneで格安SIMを契約したら、新たなSIMカードを端末に挿入しAPN設定を行うことでスマホが使えるようになります。

APN設定とは?

iPhoneに対して、新しい接続先を認識させることです。端末の設定画面でAPNという接続情報を入力して行います。

iPhoneのAPN設定方法

SIMトレイを引き出す

iPhoneの電源をオフにしたら、側面にあるSIMトレイを引き出します。iPhoneにはSIMトレイを引き出すための専用クリップがあるため、事前に用意しておくことをおすすめします。

SIMカードを挿入

SIMカードを取り外したSIMトレイにセットし、トレイを元に戻します。

iPhoneの電源を入れる

iPhoneの電源を入れて端末を起動します。この状態でsafariを開いてもインターネットには接続できません。

「設定」→「Wi-Fi」をタップ

設定画面からWi-Fiに進み、端末をWi-Fiに接続します。

「safari」をタップする

safariを起動して、インターネットに接続します。

プロファイルをダウンロード

自分が契約した格安SIMの会社のサイトアクセスし「ダウンロード」→「インストール」をタップしてプロファイルをダウンロードします。

「完了」

画面の右上にある「完了」をタップすることで設定が完了します。

Wi-Fiの接続をオフにして、1~2分経過するとネットに接続できるようになります。もし数分経っても3G からLTEに切り替わらない場合は、データローミングの設定がオフになっていないか確認しましょう。設定方法は「設定」から「モバイルデータ通信」をタップ、データローミングをオンにしましょう。

分かりやすいAPN設定の解説はこちら⇒かんたん!格安SIMのAPN設定方法をやさしく解説

ソフトバンクのiPhoneはそのまま使えない可能性も

iPhoneは格安SIMで使用できますが、どのキャリアでiPhoneを購入したかによって使えるか使えないかが分かれます。DoCoMoの場合はそのままの状態でほとんどのMVNOで使用できますが、auの場合は使える端末がかなり制限されてしまいます。ただしiPhoneのIOSのバージョンが7.12以降の場合は格安SIMを使うことができません。

ソフトバンクの場合はそのままの状態では使うことができません。MVNOは大手キャリアの回線を借りて運用していますが、ソフトバンク回線を借りて運用しているNVNOが存在しないため、ソフトバンクのiPhoneはそのままで使用することができないのです。そのためどのMVNOでも使用できるようにするためには、iPhoneのSIMロック解除が必要になります。

ただしSIMロック解除ができる端末は、2015年5月以降に発売された機種に限定されています。さらにSIMロック解除ができるのは、iPhone6やiPhone6s plus、iPhone SEで、購入してから半年後に解除することができます。iPhone5ではSIMロック解除に対応していないため、ソフトバンクでしか使用できません。SIMロックの解除方法ですが、店頭で行う場合は解除手数料が3000円かかり、ネットから申込する場合は無料でできます。

SIMロック解除方法はこちら⇒SIMロック解除とは?利用中のスマホをSIMフリー化する方法

iPhoneで格安SIMが使えるか使えないかどうかは、iPhoneを購入したキャリアごとに異なります。2015年5月以降に発売されたiPhoneは問題なく対応していますが、それ以前の場合はiOSの種類や購入したキャリアによっても使えるかどうかが異なります。格安SIMを契約する前に、動作確認がされているかどうかを調べておくことが必要となります。