1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. LIBMO(リブモ)
  4. LIBMO(リブモ)の格安SIMの通信速度を半年間計測した評価と評判!他社MVNOとの比較

LIBMO(リブモ)の格安SIMの通信速度を半年間計測した評価と評判!他社MVNOとの比較

最終更新日:
LIBMO(リブモ)の格安SIMの通信速度を半年間計測した評価と評判!他社MVNOとの比較

LIBMO(リブモ)の通信速度を半年間計測した結果、格安SIMの中でも遅めであることがわかりました。低価格の月額が人気の格安SIMなので、通信速度にはある程度の妥協が必要です。楽天モバイル、mineo、BIGLOBEモバイル、IIJmioと比較も行いました。

リブモの通信速度は遅め!

リブモの通信速度は全体的に遅いです。混雑しやすい昼食時や帰宅時には通信速度が落ちます。その際には、Wi-Fiと併用することで通信速度が改善されます。

なお、ライトプランは通常時も最大通信速度が200kbpsです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ

リブモの通信速度を《半年間》計測してみた!

リブモの通信速度を半年間、午前中(10時頃) / 昼間(12時半頃) / 夕方(17時頃)で計測してみました。

※計測にはOoklaの「Speedtest.net Speed Test」というアプリを使用。

リブモの通信速度《午前中(10時頃)》

問題なく使えます。

リブモの通信速度《昼間(12時半頃)》

お昼はスマホを使う人が増えるので、どのMVNOも通信速度が下がります。 目安として1Mbpsを切らなければテキスト中心のネットやメールをストレスなく利用できます。

リブモのお昼の通信速度は前述の通りとても遅いです。ここ半年では基本的にお昼の通信速度は1Mbps以下でした。体感では他社MVNOの低速モードと同程度でした。

リブモの通信速度《夕方(17時頃)》

LINEやメールの使用であれば問題なく使えます。

リブモの通信速度はここ半年間落ち続けています。速度を重視して格安SIMを選ぶならリブモはおすすめできません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ

実際の通信速度の評判は?ユーザーの声を集めました!

リブモは口コミ自体が少ないのですが、通信速度に関してユーザーは概ね満足しているようです。

人気MVNO4社と速度比較!

  • 楽天モバイル
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio

MVNOのなかでもとくに人気の上記4社と通信速度の比較をしてみました!

朝(10時頃)の通信速度比較

リブモの午前中の通信速度は、人気MVNOのドコモ回線と比較すると遅い方です。 日常で利用する分には特に不便な点はありません。

昼(12時半頃)の通信速度比較

ドコモ回線を提供するMVNOは数多く、さらに人気MVNOであれば利用者も多いので回線が混み合い通信速度が遅くなりがちです。

人気MVNOと比較してもリブモは通信速度が遅いです。

夕方(17時頃)の通信速度比較

お昼よりは速くなっていますが、他社よりもリブモの通信速度は遅めです。大体IIJmioと同じくらいの速度です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ

リブモのデータ通信の仕様

通信制限時の速度は最大128kbps

リブモは通信制限にかかった場合、その速度は最大128Kbpsになります。 リブモはデータ容量を全て使い切った時に通信速度が制限されます。

快適に利用できる通信速度の目安

通信速度がどれくらいあれば快適な通信が可能なのか、通信速度の目安を理解しましょう。

用途 通信速度
200文字のLINEやメール 0.05Mbps
標準画質のYoutubeの視聴 0.5Mbps
Webページの表示 1Mbps
FacebookなどSNSへの画像アップロード 3Mbps
アプリのダウンロード 10Mbps

LINEやメール等のテキストメッセージはデータ送受信量が少ないです。そのため、ほとんど通信速度の影響がないため、いつでもサクサクと快適に利用可能です。

Webページを閲覧する場合は1Mbps程度の通信速度があれば、ストレスなく利用することができます。

また、YouTube等で動画を閲覧する場合は、0.5Mbpsの速度があれば標準画質(360p)の動画を途切れず再生できます。

基本的に、1~2Mbpsの通信速度があればストレスなく利用でき、0.5Mbps以下になると、WebページやSNSを閲覧していると画像の表示速度が遅く感じるでしょう。

マイページから高速通信の切り替え可能

リブモは高速通信と低速通信の切り替えが可能です。利用用途によって低速通信と高速通信を切り替えることにより、データ容量が節約できます。低速通信時の通信速度は最大128kbpsです。

低速通信への切り替えはリブモマイページのトップから「利用状態確認画面へ」を選択し、表示された画面から設定できます。

リブモの通信速度はやっぱり遅い!

リブモの通信速度は徐々に遅くなっています。今後利用者が増えたら回線の増強も考えられますが、現状ではあまり速度に期待はできません。

リブモは月額料金の安さがおすすめポイントです。また、料金プランもシンプルでわかりやすく、ユーザーの選びやすいデータ容量が揃っています。通信速度に妥協できそうならお得なキャンペーンを利用してリブモに乗り換えましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜