1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. LINEMO(ラインモ)
  4. LINEMOとLINEモバイルはどこが違う?進化したポイントをまとめました

LINEMOとLINEモバイルはどこが違う?進化したポイントをまとめました

最終更新日:

LINEMOとLINEモバイル、名前は似ていますが実は全然別のサービスです。LINEMOが生まれた経緯と、LINEモバイルから進化したポイントを解説します。

記事監修者
和田 健太郎 (わーけん)

株式会社インターファーム すまっぴー事業責任者

複雑な格安スマホの情報をわかりやすくお伝えします。
2015年から60台以上の格安スマホに触れてきました。
YouTube【すまっぴーチャンネル】登録者数4万人突破!
記事監修者
和田 健太郎 (わーけん)

株式会社インターファーム すまっぴー事業責任者

複雑な格安スマホの情報をわかりやすくお伝えします。2015年から60台以上の格安スマホに触れてきました。
YouTube【すまっぴーチャンネル】登録者数4万人突破!

LINEMOとLINEモバイルは違う!

LINEMOとLINEモバイルは名前こそ似ていますが、中身は全く異なるサービスです。

  • LINEMO:ソフトバンクの格安ブランド(MNO)
  • LINEモバイル:ソフトバンク傘下の格安SIM(MVNO)

LINEMOはソフトバンクの格安ブランドで、ソフトバンク回線そのものを利用します。一方、LINEモバイルは大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクから回線の一部を借りている格安SIMです。

2020年に総務省が携帯電話料金の値下げを大手キャリアに要求し、それに対応する形でドコモが格安プラン「ahamo」を発表しました。そのahamoに対抗すべく、ソフトバンクが発表したのがLINEMOです。

LINEMOはソフトバンクの傘下にあったLINEモバイルをベースにしており、LINEMOのスタートに合わせてLINEモバイルは新規受付を停止しました。

既存のLINEモバイルユーザーは現在も利用できていますが、これから新たに契約することはできません。

初期費用0円!ミニプラン半年間、実質無料!

LINEMOとLINEモバイルはどこが違う

LINEMOとLINEモバイルの違いは大きく3つです。

LINEMOとLINEモバイルの違い

  • 料金プラン
  • 通信速度
  • 使い放題の対象サービス

料金プラン

もっとも異なるのが料金プランです。LINEMOとLINEモバイルの料金プランの違いをまとめました。

LINEMOLINEモバイル
月額料金3GB:990円(税込)
20GB:2,728円(税込)
2GB:1,210円(税込)
5GB:1,628円(税込)
10GB:2,420円(税込)
30GB:3,520円(税込)
データ通信のみのプランなしあり
対応回線ソフトバンクドコモ、au、ソフトバンク
5G通信対応非対応
かけ放題5分かけ放題:550円(税込)
かけ放題:1,650円(税込)
10分かけ放題:968円(税込)
ソフトバンクまとめて支払い利用可利用不可

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応したトリプルキャリアです。端末やエリアに合わせて自由に回線を選べます。

LINEMOはソフトバンクのオンライン専用ブランドという位置づけなので、利用できるのはソフトバンク回線のみです。

データ容量で比較すると、LINEモバイルは4種類あるのに対してLINEMOは2種類しかありません。ただし月額料金はLINEMOが割安です。

かけ放題のラインナップも異なります。LINEMOでは無制限のかけ放題を利用できるので、頻繁に長電話する人でも安心です。

LINEMOではその他にも5G通信やソフトバンクまとめて支払いなど、LINEモバイルでは利用できないサービスを利用できます。

通信速度

通信速度で比較するとLINEMOが優勢です。

LINEモバイルは大手キャリアの回線の一部を借りていますが、借りられる回線には限度があります。そのため、平日のお昼や夕方などの混雑時は速度が低下します。

遅すぎて使い物にならないわけではありませんが、大手キャリアに比べると大きく劣ります。

対して、LINEMOは大手キャリアであるソフトバンクの回線そのものを利用するサービスです。通信速度が速く、混雑時も低下せず安定しています。

通信速度を重視するならLINEMOがおすすめです。

高速通信だけでなく、低速通信でもLINEMOとLINEモバイルでは差があります。

  • LINEMO(ミニプラン):300kbps
  • LINEMO(スマホプラン):1Mbps
  • LINEモバイル:200kbps

LINEモバイルの低速通信は最大200kbpsです。ちょっとした調べものならできますが、動画視聴やSNSは満足に利用できません。

LINEMOのミニプランは最大300kbps、スマホプランは最大1Mbpsの通信が利用できます。1Mbpsは標準画質の動画もスムーズに再生できる速度です。

使い放題の対象サービス

LINEMOとLINEモバイルはどちらも特定のサービスはデータ通信量を消費せず使い放題になります。

使い放題の対象サービスは以下の通りです。

対象サービス月額料金
LINEMOLINE0円(税込)
LINEモバイルLINEデータフリーLINE0円(税込)
SNSデータフリーLINE、Twitter、Facebook308円(税込)
SNS音楽データフリーLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC、Spotify、AWA528円(税込)

LINEMOはLINEが使い放題です。データ通信量を気にせずトークや音声通話を楽しめます。

LINEモバイルはLINEだけでなくSNSや音楽ストリーミングサービスも使い放題です。対象のサービスを頻繁に利用するなら、LINEモバイルがお得になるケースもあります。

LINEMOとLINEモバイルの共通点

LINEMOとLINEモバイルには次のような共通点もあります。

LINEMOとLINEモバイルの共通点

  • LINEのトークや音声通話が使い放題
  • LINEの年齢確認が可能
  • 端末販売はない

LINEMOでもLINEモバイルでもLINEは使い放題で、年齢確認にも対応しています。LINEのヘビーユーザーにはうれしいですね。

端末販売はどちらもありません。LINEモバイルはもともと端末セットを取り扱っていましたが、2021年9月30日で終了しています。

どちらを利用する場合も、端末は自分で用意してください。

LINEモバイルの現状

LINEモバイルは新規契約こそ終了したものの、既存ユーザーは現在も利用できます。

LINEMO発表以降、月額料金はそのままにデータ通信量が大きくアップしました。トリプルキャリア対応やデータフリーなどの特徴もそのままです。

通信速度もそこまで落ちていません。ソフトバンク回線プランはドコモ・au回線より1.5倍も増強されているため快適です。

そこまで通信速度を重視しないライトユーザーなら、LINEモバイルでも問題なく使えます。

LINEモバイルユーザーはLINEMOに乗り換えるべき?

LINEモバイルユーザーの中にはLINEMOへ乗り換えるべきかどうか、悩んでいる人もいるでしょう。

結論から言うと、次のような人は無理にLINEモバイルからLINEMOへ乗り換える必要はありません。

LINEMOへ乗り換える必要がない人

  • LINEモバイルの速度でも十分だと感じている人
  • TwitterやInstagramなどLINE以外のサービスもたくさん使う人
  • ドコモ回線またはau回線を利用したい人
  • 20GB以上のデータ通信を利用する人

LINEだけでなくTwitterやInstagramなども使い放題になるのは、LINEMOにはないメリットです。月額料金だけで比較するとLINEMOが割安ですが、データフリー対象サービスをたくさん使うならLINEモバイルが安くなる可能性もあります。

ドコモとauの回線に対応しているのも、トリプルキャリアの格安SIMであるLINEモバイルならではです。

一方で通信速度やコスパについてはLINEMOが優れています。電話の無制限かけ放題や5Gなど、LINEモバイルでは利用できないサービスがあるのも魅力です。

LINEMOでは、LINEモバイルユーザー限定の乗り換えキャンペーンを実施しています。LINEモバイルのソフトバンク回線を利用している人や、LINEだけ使い放題になれば良いという人はLINEMOへの乗り換えも検討してみてください。

初期費用0円!ミニプラン半年間、実質無料!
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は2015年から格安SIM比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。毎年15台以上実際に使ってわかったおすすめの格安スマホを紹介します。毎月20枚以上の格安SIMの通信速度計測も行っています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜