1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. LINEモバイル(ラインモバイル)
  4. LINEモバイルで買うべきおすすめ機種・端末3選【2019年夏版】

LINEモバイルで買うべきおすすめ機種・端末3選【2019年夏版】

最終更新日:
LINEモバイルで買うべきおすすめ機種・端末3選【2019年夏版】

ラインモバイルは端末のセット購入が可能です。ハイスペックな高価格スマホよりもエントリーモデル、ミドルスペックモデルを中心に販売しているため、手頃な価格で購入しやすい価格帯が多いいです。中でもおすすめは、夜景撮影に最適な「OPPO R17 Pro」、日本独自の機能満載「AQUOS sense2SH-M08」、大容量バッテリー「Zenfone Max Pro(M2)」です。

LINEモバイルのおすすめ端末一覧

OPPO R17 ProAQUOS sense2 SH-M08ASUS Zenfone Max Pro(M2)
販売価格一括のみ69,880円一括:34,800円
分割:1,540円×24回
一括:35,500円
分割:1,580円×24回
発売日2018/12/272018/12/272019/03/15
画面サイズ6.4インチ5.5インチ6.3インチ
メモリ6GB3GB4GB
ストレージ128GB32GB64GB
バッテリー3,700mAh2,700mAh5,000mAh
メインカメラデュアルカメラ
1200万画素+2000万画素
シングルカメラ
1200万画素
デュアルカメラ
1200万画素+500万画素

LINEモバイルではどんなスマホが売っている?

LINEモバイルでは海外製の端末を中心に、12種類のスマホが販売されています。(2019年5月現在)

基本的には価格の高いフラッグシップモデルと呼ばれるスマホは販売しておらず、3~6万円台のミドルスペック級のスマホを中心として販売しています。また、1万円台で購入できるエントリー向けのスマホも販売しているため、ヘビーユーザー向けというよりはライトなユーザー向けの製品が多い印象です。

LINEモバイルでセット購入できる端末一覧

Motorola moto g7
販売価格
30,800円
分割払い時
約 1,380円 x 24回
Motorola moto g7 plus
販売価格
38,800円
分割払い時
約 1,720円 x 24回
ASUS Zenfone Max(M2)
販売価格
26,500円
分割払い時
約 1,190円 x 24回
ASUS Zenfone Max Pro(M2)
販売価格
35,500円
分割払い時
約 1,580円 x 24回
HUAWEI nova lite 3
販売価格
26,880円
分割払い時
約 1,220円 x 24回
OPPO R17 Pro
販売価格
69,880円
SHARP AQUOS sense2 SH-M08
販売価格
34,800円
分割払い時
約 1,540円 x 24回
HUAWEI MediaPad T5
販売価格
26,800円
分割払い時
約 1,160円 x 24回
OPPO R15 Neo
販売価格
25,880円
分割払い時
約 890円 x 24回
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,980円
分割払い時
約 1,390円 x 24回
Motorola Moto E5
販売価格
18,800円
分割払い時
約 820円 x 24回
ASUS Zenfone 5
販売価格
52,800円
分割払い時
約 2,270円 x 24回
FUJITSU arrows M04
販売価格
32,800円
分割払い時
約 1,417円 x 24回
Apple iPhone 6s
販売価格
33,800円
分割払い時
約 1,490円 x 24回

今持っているスマホをそのまま運用できる!

LINEモバイルを利用するからといって、必ずセットで端末を購入しなくてはならないわけではありません。

ただし、用意した端末を利用する場合はSIMロックを解除する必要がある場合があるため、必ず確認がしましょう。基本的には、同一回線で利用する場合はSIMロックの解除は必要ありません。たとえば、ドコモで購入したスマホをドコモ回線で利用する場合、SIMロック解除は不要となります。

LINEモバイルでは**ドコモ・au・ソフトバンクとすべての大手キャリアの回線を提供しているため、SIMロックなどの手続き不要です。ただ、大手キャリアを離れるときにはSIMロック解除をしておいたほうが何かと便利なので契約中などで時間があるときはSIMロック解除を事前にしておくと良いです。

OPPO R17 Pro《夜景撮影が得意》

OPPO R17 Pro
OPPO R17 Pro
販売価格
74,783円
分割払い時約3,115円×24回
画面サイズ6.4インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSColorOS 5.2, based on Android 8.1
カラー

OPPOが日本のスマホ市場に参入したのは2018年初頭とかなり新しいですが、実はかなり老舗のスマホメーカーで、製品の”でき”はかなり良いです。常に先進的な技術を組み込むことに尽力しているため、フラッグシップモデルではなくても最新技術を体験できます。

そんなOPPOのR17 Proには「イン・スクリーン指紋認証」機能が搭載されており、指紋認証センサーがディスプレイに内蔵されています。こういった技術はHUAWEIのMate 20 ProやSamsungのGalaxy S10などのフラッグシップモデルに搭載される技術ですが、OPPOは6万円台のR17 Proで実装しました。

OPPO R17 Proの特長

  • 夜景撮影に強い
  • イン・スクリーン指紋認証
  • 大容量メモリでさくさく
  • Androidベースだが独自のOSを搭載

R17 Proといえば夜景撮影。f/1.7の絞りで暗所でもかなり明るく撮影できます。画質も良くかなりキレイな写真を撮影することができます。

また、前述しましたが指紋認証センサーがディスプレイに内蔵されているため、スマホの外観を損なわないデザインで非常に洗練されています。

ほかにも、ミドルスペック級では最上位のSoCに6GB/128GBのメモリを搭載で、ゲームもサクサクです。

独自のColorOSはかなり使いやすさにこだわったインターフェースで、アプリのショートカットなどが容易にできます。

LINEモバイルでは69,880円で販売されていますが、分割購入ができない点に注意しましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

AQUOS sense2 SH-M08《低価格&おサイフケータイ&防水》

SHARP AQUOS sense2 SH-M08
SHARP AQUOS sense2 SH-M08
販売価格
36,396円
分割払い時約1,516円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 8.1
カラー

AQUOS sense2 SH-M08はおなじみシャープのスマホです。AQUOSシリーズは海外メーカーのスマホとは一線を画する特長があり、単に価格や性能では勝負しません。日本のスマホ市場をしっかりと理解し、ユーザーが求めている機能を盛り込んだ製品を販売します。

そんなAQUOS sense2 SH-M08はには「おサイフケータイ®」「防水・防塵」など昨今日本で販売されているスマホには欠かせない機能をエントリーモデルでも盛り込んでいます。

AQUOS sense2 SH-M08の特長

  • 「おサイフケータイ®」対応
  • IPX5,IPX8/IP6Xの防水・防塵性能でお風呂でも使える
  • カラーバリエーションが豊富(全7色)
  • エモパー搭載

おサイフケータイ®は日本でキャッシュレス化する際には必須と言っても過言ではありません。正しくはおサイフケータイというよりもFeliCaが必須というべきでしょうか。とにかく電車やコンビニ、一部飲食店など使える場所が多いのであるとかなり便利です。

防水・防塵性能はiPhone XSと同等なので、雨が降っても安心して使用できます。また、カラーバリエーションは7色と多く気に入った色を選ぶことができます。(LINEモバイルでは4色展開)

エモパーは寂しいときに話しかけてくれるので、私のような独身男性には心の安らぎになることが多々あります。(実際筆者はエモパーのヘビーユーザーです。笑)

AQUOS sense2 SH-M08は求めやすい価格で多機能スマホですが、エントリーモデルのSoCを搭載しているため、高負荷のゲーム向きではありません。価格帯性能で考える場合は割高なので、性能重視の場合はHUAWEI nova lite 3か後述するZenfone Max Pro(M2)を選びましょう。得手不得手を考慮して機能性を重視する場合はAQUOS sense2 SH-M08のほうが多く便利機能を備えていため使いやすいと感じました。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

Zenfone Max Pro(M2)《長時間駆動バッテリーは正義》

ASUS Zenfone Max Pro(M2)
ASUS Zenfone Max Pro(M2)
販売価格
35,500円
分割払い時約1,479円×24回
画面サイズ6.3インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.1
カラー

SIMフリースマホとしてはすっかり馴染み顔のASUSからはZenfone Max Pro(M2)。発売当初はASUS側の販売モデル間違えで全品回収されてしまいましたが、無事本来のモデルの販売を再開しました。Zenfone Max Proはバッテリー以外にもかなり優秀なスマホなのでおすすめです。

Zenfone Max Pro(M2)の特長

  • 大容量バッテリーで長持ち
  • 無駄が少ないピュアAndroid
  • 高級感のある筐体

Zenfone Max Pro(M2)は5,000mAhのバッテリーを搭載しているため、電池の持ちがかなり良いです。実際に使用しながらでも3日は持つかなという印象です。(人によって使いかは違うため、参考程度にしてください)

初期搭載OSはAndroid 8.1のピュアAndroid。ピュアなので、余計なプリインストールアプリやシステムUIも入ってないので、当然ZenfoneおなじみのZenUIもありません。逆にいうと、余計なアプリやUIにストレージを圧迫されることがなく、自分好みのスマホに染めることができます。

また、外観も3万円台とは思えないほど高級感のある仕上がりです。

Zenfone Max Pro(M2)はmicroUSBを充電ポートとして採用しているため、Type-Cを採用しているスマホよりも将来性にかけます。また防水機能やおサイフケータイには非対応なので、注意。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

LINEモバイルは中堅レベルのスマホ販売が中心!

  • カメラ重視ならOPPO R17 Pro
  • おサイフケータイなどの機能性重視ならAQUOS sense2 SH-M08
  • バッテリー持ちならZenfone Max Pro(M2)

LINEモバイルにはハイスペック、いわゆるフラッグシップモデルと言われるスマホの販売はしていません。LINEモバイルをハイスペックモデルで運用したいという方は別途スマホを用意するようにしましょう。

エントリーモデルやミドルスペック級のSIMフリースマホは十分にそろえているので、セット購入でも選択肢はあります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

《LINEモバイル》格安スマホ・格安SIMキャンペーン情報

LINEモバイルでは、お得に運用できるキャンペーンを行っています!
キャンペーンを利用することで、通常よりも安く、また特典がもらえるなど様々なメリットがあるためしっかり把握してから購入しましょう。

キャンペーン名
SNS使い放題 新・300円キャンペーン
3,000ポイントバックキャンペーン
格安スマホセール第5弾
紹介キャンペーン(第9弾)
ギフトが貰える「ラキフェス」

SNS使い放題 新・月300円キャンペーン

キャンペーン期間:2018/11/07〜終了日未定

LINEモバイルでは、3か月間1,390円割引され、月々300円から利用できるお得なキャンペーンを開催中!最大4,170円お得になります。期間中に新規またはMNP転入で音声通話SIMのいずれかの回線を契約し利用開始したか方が対象です。ただし、LINEフリープランは月々900円割引になります。

音声通話SIM限定のキャンペーンなので、お間違えなく!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

au・ドコモ・ソフトバンク全員集合!3,000ポイントバックキャンペーン

キャンペーン期間:2019/04/23~2019/06/30

LINEモバイルの音声通話SIMに新規またはMNPで契約した方を対象にLINEポイント3,000ポイントをプレゼント!

公式ホームページから申し込む際に申し込みページの最初にでてくるキャンペーンコード欄に「DAS333」と入力するだけです!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

格安スマホセール第5弾

キャンペーン期間:2019/05/15~2019/06/11

HUAWEI P20 liteがお買い得価格で販売中!

HUAWEI P20 lite
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,980円
分割払い時約1,332円×24回
画面サイズ5.84インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.0
カラー
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

招待キャンペーン(第9弾)

キャンペーン期間:2019/06/03~2019/06/19

  • 紹介した人⇒LINEポイント2,000ポイント
  • 紹介された人⇒契約事務手数料3,000円無料
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

キャンペーン詳細は下記の記事をチェック!

該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。 キャンペーン詳細に関しましては、 都度公式ページにてご確認をお願い致します。

関連キーワード

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜