1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. mineo(マイネオ)
  4. 【発展途上】mineo(マイネオ)「ドライブパッケージ」を実際に使ってわかった良い点悪い点

【発展途上】mineo(マイネオ)「ドライブパッケージ」を実際に使ってわかった良い点悪い点

最終更新日:
【発展途上】mineo(マイネオ)「ドライブパッケージ」を実際に使ってわかった良い点悪い点

mineoからカーナビやドライブレコーダーなど車に特化した「ドライブパッケージ」の提供が始まりました!実際に利用してみたところ、アプリの使い心地は悪くないのですが起動に時間がかかったりドライブレコーダーがうまく起動しなかったりという不満もありました。プラン内容やメリット、デメリットなどについて解説します。

mineoドライブパッケージはカーナビやドライブレコーダーなどの車に特化したmineoの新サービスです。

ドライブレコーダーやカーナビは新規で取り付ける場合、多くの費用がかかります。 また、カーナビの地図情報は年々古くなる可能性があり、アップデートの費用に数万円かかってしまうケースもあります。

以上のような問題をドライブパッケージで解決できるのであれば、魅力的ですよね。

ドライブパッケージでなくても普段利用しているスマホを車載ホルダーに付ければ似たようなことは行えます。また、ドライブレコーダーアプリもAppStoreまたはGoogle Playで入手できます。音楽アプリに関してもSpotifyやYouTube Musicなどでも行えます。

ただし、mineoドライブパッケージで行えるようなことを自分で構築するのは設定が結構大変だったり、実際運用する上で想像していたものとズレが生じることもあります。

そういった課題をmineo独自のアプリでカバーできれば評価が高くなる可能性があるサービスかと思います。

この記事ではmineoドライブパッケージの内容や実際に利用してみての感想などを紹介します。

↓↓↓動画はこちら↓↓↓

mineoドライブパッケージのプラン内容

mineoのドライブパッケージはパケット付きの1GBデータSIM、スマートフォンもしくはタブレット端末、端末の車載ホルダー、遮熱カバー、専用のドライブアプリがパッケージになったプランです。

セット内容の詳細は以下の通りです。

  • データ専用SIM Dプラン 1GB
  • パケット放題
  • moto e6sまたはLenovo Tab M8
  • 車載ホルダー
  • 遮熱カバー
  • ドライブレコーダーアプリ

mineoドライブパッケージを利用することで、ドライブレコーダー、カーナビ、音楽配信サービス、車内Wi-Fiが利用できるようになります。

普段使っているスマホとは別の端末を用意してカメラ機能でドライブレコーダーを行ったり、Googleマップアプリでカーナビ機能を行ったりします。

  • ドライブレコーダー→カメラ機能
  • カーナビ→Googleマップ
  • 音楽→Spotifyなど
  • 車内Wi-Fi→テザリング

ただし、テザリングに関してはパケット放題の最大通信速度が500kbpsまでとなっています。そのため、通信速度の面ではあまり期待できません。

mineoのドライブパッケージの費用

mineoドライブパッケージに必要な費用は主に以下の3つです。

  • 端末代
  • mineoの利用料金
  • 有料アプリの利用料金(Spotifyなど)

月額料金はDプランシングルタイプ 1GBの880円とパケット放題365円で1,245円です。

端末代金はタブレットとスマートフォンでそれぞれ異なります。

端末名分割(24ヶ月)一括
Lenovo Tab M8990円23,760円
moto e6s682円16,368円

契約から2年間はタブレットの場合は2,235円、スマホの場合は1,927円の月額が発生します。

## mineoドライブパッケージのメリット・デメリット

メリット・初期費用を抑えられる
・地図情報の更新頻度
デメリット・毎月費用がかかる
・アプリの品質による

通常のカーナビやドライブレコーダーと比較したときのメリットは、初期費用が安く抑えられる点です。

加えて、ドライブパッケージのカーナビはGoogleマップを利用するため、常に新しい地図情報で更新される点も大きなメリットです。

一方で、デメリットとしては毎月の月額料金が発生する点と使い勝手や性能はmineoのアプリに依存してしまう点です。

mineoドライブアプリはApp StoreやGoogle Playに公開されておらず、購入した端末にインストールされているものとなっているため、事前に使い勝手を確かめることができません。

特にドライブレコーダー機能に関しては万が一の時に撮影できていないとなると困るので、正確性や性能の高さが求められます。

実際にドライブパッケージを使ってみた!

実際にドライブパッケージをLenovo Tab M8で使ってみました!

よかった点

カーナビゲーション機能の使い勝手に関しては非常に良かったです。

カーナビゲーション機能といってもGoogleマップがそのまま使われているため、普段からGoogleマップのカーナビゲーション機能を利用している方はスムーズに利用できます。 Googleマップのカーナビゲーション機能には少しクセがあるため、普段カーナビを利用している方の場合は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

専用のアプリについては直感的な操作が可能となっており、比較的簡単に利用できました。自動録画や衝撃検知の設定も簡単で、ドライブレコーダーの映像を小さく表示することもできるので、大画面でナビを見ながら録画できているかどうかを確認しながら走行できました。

また、インカメラを利用して室内撮影も問題なく行えました。インカメラで後方撮影は難しいと思いましたが、実際に撮影してみると意外と後方の状況を確認できました。もちろん、リアカメラと比較すると車内を通しての後方になるので少し小さくはなりますが、あおり運転を確認するくらいの用途であれば十分利用できそうです。

悪かった点

1つ目のデメリットはセット販売されている端末のスペックが低すぎるという点です。

端末名スペック
Lenovo Tab M8・メモリ2GB/16GB
・MediaTek Helio A22
moto e6s・メモリ2GB/32GB
・MediaTek Helio P22

Lenovo Tab M8に関してはメモリが2GBしか搭載されていません。実際に使ってみてもアプリの起動に時間がかかり、目的地を設定するのにもかなり手間取りました。

ただ、走り出してからはそこまで困ることはなく、アプリが重すぎてナビが終了したりレコーダーが強制終了することもありませんでした。

2つ目のデメリットは録画ファイルが一部破損していた点です。 本来はアプリの仕様上、1分ごとのファイルを100件まで保存して新しい記録データを上書きしていくのですが、多くのファイルが破損して再生できませんでした。 撮影設定のミスの可能性もあるのですが、撮影したデータが再生できないのはドライブレコーダーとして致命的な点かと思います。

録画がうまくできなかったのは端末の性能の低さが関係していそうです。もう少しいい端末で快適に利用できていれば評価も変わってきたかと思います。

まとめ:現状ではあまり実用的ではなさそう…今後に期待!

mineoのドライブパッケージは現時点ではあまりおすすめできないサービスです。

理由としてはセット購入できる端末のスペックが非常に低く、実際の利用時に動作の重さが気になったりきちんと記録できない可能性があるからです。

今後、もう少し良い端末を選べるようになったり好きな端末を使えるようになれば期待できるサービスかと思います。

パケット放題 Plusが最大3か月間無料!
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は2015年から格安SIM比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。毎年15台以上実際に使ってわかったおすすめの格安スマホを紹介します。毎月20枚以上の格安SIMの通信速度計測も行っています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜