1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. mineo(マイネオ)
  4. mineoの回線はどれがおすすめ?徹底比較!

mineoの回線はどれがおすすめ?徹底比較!

最終更新日:
mineoの回線はどれがおすすめ?徹底比較!

mineoの回線は3キャリアすべての回線に対応しています。ただ、それぞれの回線によって料金やオプションが違っています。今回は各回線ごとのメリット、デメリットやどの回線がおすすめかについて解説していきます。

mineoはすべての回線に対応!

mineoはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応している数少ないMVNOです。

通常のMVNOは1回線か多くても2回線にのみ対応していますが、mineoではドコモ回線のDプランとau回線を使用したAプランとソフトバンク回線を利用したSプランから選択できます。

ただし、各回線ごとに料金や入れるオプションが異なっていることなどいくつか違う点があります。

この記事ではmineoの回線ごとの特徴を紹介していきます。ちなみに編集部では料金が一番安くSMSの送信料金も安い、Aプランがおすすめです!

【mineo回線別】料金プラン

(出典:mineoプランデータ)

3つのプランは500MB~30GBまでの6つのデータ容量から選択することができます。

Dプランの6GBの月額料金は2,280円となっていて、それに比べAプランの6GBの料金は月額2,190円と、Aプランのほうが90円安いです。

通話プランの全プランと比較しても、DプランはAプランよりも90円高く設定されています

またmineoのSプランはDプランやAプランに比べて月額料金がさらに高く設定されています。

とくにSプランのデュアルタイプは月額最大440円割高になるので、Sプランを契約したい方は慎重に考えて契約するようにしましょう。

【mineo回線別】通信速度

mineoの回線はどのプランでもかなり速い速度がでる結果となっています。

Aプラン(au回線)の注意点

ただし、mineoのAプランは高速通信時に3日間の通信量が3GBを超えてしまうと当日の通信速度が終日200kbpsに制限されます。

これはmineo側が設定しているのではなく、au側が制限しているためauの仕様が変わらない限り変わることはありません。

ただmineoではmineoスイッチというアプリで高速・低速を切り替えることができるので、あまりスマホを使わない時間帯は低速にして、データ量を節約しましょう。

またAプランの場合、VoLTEに対応している機種であればテザリングをおこなうことができますが、対応していない端末ではテザリング機能を利用することができません。

Android端末の場合は利用できますが、auのiPhoneでテザリングを行いたい場合は、SIMロックを解除してDプランまたはSプランにすればテザリングを利用することができます。

【mineo回線別】その他の比較

通話

DプランとSプランなら、問題なく通話中にインターネットを使うことができます。

ただし、CDMA2000という通信方式を採用しているau回線(Aプラン)は電話をしている時にインターネットを使うことができません。AプランでもVoLTEに対応している機種であれば通話中にインターネットを使うことができます。

端末

Dプランではドコモの端末が利用できるのに加えて、SIMフリーで販売されているHUAWEIといった格安の中国製スマートフォンでもドコモ回線にのみ対応している端末が多いです。

auやソフトバンク回線には対応していない端末もあるので、mineoの公式ホームページで対応端末を確認しておきましょう。

mineo動作確認端末一覧

SMS

DプランとSプランの場合、SMS(ショートメッセージ)の送信料が一通につき3円~30円と価格が変わります。これは文字数により価格が異なるもので、文字数が多ければ多いほど価格が高くなり、その上限が30円に設定されています。

これに対しAプランではSMSの送信料が一律3円と、Dプランに比べて安く利用することができます。

最大文字数で10通送信した場合でも、Dプランなら300円かかるのが、Aプランの場合は30円で抑えることができます。

また他社のスマホには最大でも3円になる文字数しか送れないので注意が必要です。

【mineo回線別】オプション

mineo共通オプション

オプション名内容月額料金
mineoでんわ10分かけ放題10分までの通話が何度でもかけ放題850円
mineo WiFi by エコネクト国内10万スポット以上のWi-Fiに接続可能362円
mineo端末安心保障サービス端末故障時に、交換用端末の提供370円
mineo安心パック2端末安心保証サービスとウイルスバスターモバイルのオトクなパック550円
ウィルスバスターモバイル月額版総合的なセキュリティサービスウイルスバスターが使える270円
持込み端末安心保証サービスお手持ちの端末故障時に、修理や交換用端末の提供500円
安心フィルタリングスマホに潜む危険をブロック350円
パスワードマネージャー月額版1つのライセンスでID・パスワードを管理登録できます。150円
超ストレージ128GBのオンラインストレージが使える300円
思い出アルバム by Keepy写真を家族の間で共有できる280円
スマート留守電留守番電話の内容をメールやSNSで確認可能290円
シニアパック初心者向けアプリ11個がパックになった安心・便利なサービス200円
ジュニアパックジュニア向けアプリ11個がパックになった安心・便利なサービス150円
スマホ操作アシストオペレーターがスマホに関する悩みを一緒に解決500円
思い出アルバム by Keepy写真を家族の間で共有できる280円

またエンタメ系のオプションでも料金はどのプランも同じ金額です。

料金が異なるオプション

オプション名AプランDプランSプラン
留守番電話なしなし無料
割込通話サービス(キャッチホン)無料200円200円
番号通知お願いサービス無料無料なし
迷惑電話撃退サービス100円無料100円

Sプランは留守番電話を利用できますが、DプランやAプランで留守番電話を利用したい場合は、月額290円のスマート留守電を契約する必要があります。

自分に必要なオプションが利用できるかどうか、また料金もしっかり確認ておきましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

とにかく節約したいならAプランがおすすめ

まとめ

Aプランは料金が安いことが一番の魅力です。基本料金はDプランやSプランと比べ最大440円の違いがあります。

また、緊急的に利用する可能性のあるSMSも固定で3円と安く、少しでもスマホ料金を安くしたいならAプランを利用するようにしましょう。

ただmineoは3つの回線対応している、数少ないMVNOなので自分の使い方にあっているプランを選択しましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜