格安スマホに学割はありますか?【UQモバイル・ワイモバイル】

最終更新日:
格安スマホに学割はありますか?【UQモバイル・ワイモバイル】

格安スマホで学割を提供している会社は、ワイモバイルとUQモバイルのみです。しかし格安スマホを提供する会社は、学割を適用しなくても大手キャリアよりも月々のスマホ料金は非常に安くなっています。大手キャリアの学割並みで使える格安スマホとしておすすめなのは、楽天モバイルとmineoです。

毎月の携帯料金を安く抑えたい

今後お子さんのスマホの利用を考えている場合、毎月の携帯電話料金が高いのは困りますよね。
毎月7000円以上はかかる携帯電話料金をなるべく安く抑えたいものです。

そのためには学生の場合、携帯電話各社が提供する学割サービスが強い味方となりますが、格安スマホの場合は学割を行っているのでしょうか?

学割が使える格安スマホ

UQモバイルは18歳未満なら2年間1,980円で使える!

UQモバイルではコミコミプラン(おしゃべりプランS)の基本料金が2年間1,980円になる学割サービスを提供しています。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au

ワイモバイルも1,980円で2年間つかえる

ワイモバイルもUQモバイル同様、スマホプランSの基本料金が2年間1,980円で使える学割サービスを提供しています。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル

大手キャリアの学割は非常に魅力的

例えば大手キャリアドコモの提供する2017年の学割プランでは、以下のような割引の適用と料金となっています。

ドコモの学割

ドコモの学割は基本使用料が1,000円割引になるところから始まります。
基本使用料1,000円割引は最大で1年間適用されます。

ここからさらに、条件を満たせば基本使用料から割引が増えていきます。

はじめてスマホ割

今までiモードのガラケーを使っていて、今回はじめてスマホを持つ場合に適用される割引です。
はじめてスマホ割は最大2年間適用されます。
カケホーダイプランの場合は1,520円割引カケホーダイライトプランの場合は850円割引になります。

U-25応援割

カケホーダイプランを契約する25歳までの方に適用される割引です。
26歳になるまでずっと、基本使用料から500円割引1GB増量が続きます。

カケホーダイライトプランの場合は1GB増量のみ適用になります。

実際のところどのくらいかかるの?

今までドコモのiモードガラケーを使っていて、カケホーダイプランの5GBでスマホに乗り換える場合で計算します。

カケホーダイプラン2,700円
はじめてスマホ割-1,520円
ドコモの学割-1,000円
U25応援割-500円
データMパック(5GB)5,000円
合計5,000円

ということで月額5,000円になります。

格安スマホの学割はUQモバイルとワイモバイルのみ!

格安スマホで学割を提供している会社は、今のところUQモバイルとワイモバイルのみとなっています。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル

次から各社の学割について詳しく解説します。

UQ学割で1,980円からスマホが持てる

uq学割

UQモバイルの学割は、課金開始月から14ヶ月目~25ヶ月目の月額基本料から1,000円割引になるというものです。

割引

そのため、本来なら14ヶ月目からはイチキュッパ割が切れて料金が上がるところが、もう1年同じ料金で利用できます。
ぴったりプランS/おしゃべりプランS(2GB)にすれば2年間1,980円でスマホを持つことができます。

2GBでは少ない・・・という方はぴったりプランM/おしゃべりプランM(6GB)をおすすめします。
先ほどドコモで例をあげた5GBよりも1GB多く、月額料金も学生なら2年間2,980円なので大変お得です。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au

UQモバイルの料金プラン・評判・スマホ

ぴったりプラン/おしゃべりプランとは

ぴったりプランとは、1ヶ月にできる通話時間が決められていて、その時間内であれば何度でも通話できるというプランです。
おしゃべりプランとは、5分以内の国内通話が何度でも無料というプランです。

UQモバイルのプラン徹底解説!自分に合ったプランはこれだ
関連記事 UQモバイルのプラン徹底解説!自分に合ったプランはこれだ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au

UQモバイルで購入できる学生におすすめの端末

iPhone5S

初めてスマホを持つ場合、iPhoneを持つことに憧れる方も多いと思います。
UQモバイルでiPhone5Sを購入するとマンスリー割が1,800円も適用になるので、月額1,980円から持つことが可能です。

Apple iPhone 5s
Apple iPhone 5s
販売価格
51,360円
分割払い時 約2,140円×24回
画面サイズ4.0インチ
ストレージ16GB
メモリ1GB
OSiOS 6
カラー

Zenfone3 Deluxe

オクタコア、4GBメモリ搭載のハイスペックなので、スマホを持ったらゲームを思う存分やりたい!という方におすすめです。
ただしこの機種はマンスリー割が400円しか適用されないので、月額料金はプランSでも3,480円からと、少し高めです。

ゲーマーにおすすめ!ゲーム向けのSIMフリースマホ
関連記事 ゲーマーにおすすめ!ゲーム向けのSIMフリースマホ
ASUS ZenFone™ 3 Deluxe
ASUS ZenFone™ 3 Deluxe
販売価格
55,800円
分割払い時 約2,325円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 6.0.1
カラー

マンスリー割を確認しましょう

UQモバイルでは対象の端末を購入するとマンスリー割という割引がされることがあります。
割引額は端末によって違うので、端末とセットで購入する場合はチェックしてみることをおすすめします。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au

ヤング割で1,980円からスマホが持てる

Y学割

ワイモバイルの学割もUQモバイルの学割と内容は同じです。
課金開始月から14ヶ月目〜25ヶ月目に、スマホプランS/M/Lの基本使用料から最大1,000円を割引します。

14ヶ月目からはワンキュッパ割が切れて月額料金が上がるところが、もう1年同じ金額で利用することができます。
スマホプランS(2GB)にすれば、月額1,980円で2年間使うことができるということです。

2GBで少ない場合は、スマホプランM(6GB)、スマホプランL(14GB)もあるので自分に合ったプランを契約することができます。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル

ワイモバイルの料金プラン・評判・スマホ

ワイモバイルは10分間誰とでも通話料無料!

Y通話

ワイモバイルのプランには初めから1回10分以内の通話が何度でも無料の通話無料サービスがついています。

最近、5分以内無料サービスであれば格安スマホにも増えてきましたが、10分以内無料はワイモバイルだけなので電話が少し長くなってしまいがちな学生にはとてもおすすめです。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル

ワイモバイルで購入できる学生におすすめの端末

iPhone5S

ワイモバイルでもiPhone5Sが購入できます。
月額1,980円から持つことができます。

Apple iPhone 5s
Apple iPhone 5s
販売価格
51,360円
分割払い時 約2,140円×24回
画面サイズ4.0インチ
ストレージ16GB
メモリ1GB
OSiOS 6
カラー

Androidone S1

Androidone S1はVoLTEに対応しています。
VoLTEとは、LTEのデータ通信を利用して音声通話するものです。今までの3G音声通話よりも高品質な通話ができます。
また最新のAndroid OSを搭載していて、セキュリティも毎月アップデートされるので安心です。

SHARP Androidone S1
SHARP Androidone S1
販売価格
0円
分割払い時 約0円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid 7.0
カラー
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル

大手キャリアの学割並みで使える格安スマホ

今まで学割のある格安スマホをご紹介しましたが、もともと格安スマホは学割を適用しなくても大手キャリアよりも月々のスマホ料金は安くなっています

大手キャリアより大容量!価格も安い!

大手キャリアよりもデータ通信量が大容量で価格も安いのは、楽天モバイルの10GBで月額2,960円です。
楽天モバイルには通話オプションもあり、月額850円プラスすることで5分以内の通話が無料となっています。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ

楽天モバイルの料金プラン・評判・スマホ

mineoも、月10GBの大容量で音声通話をつけても月額3,220円で、通常の大手キャリアの学割プランと比較しても値段が安くなっています。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au

mineoの料金プラン・評判・スマホ

LINEモバイルならSNSがカウントフリー!

LINEモバイルならLINEはもちろん、twitterやインスタグラムなどのSNSがカウントフリーなので、SNSを頻繁に利用する学生にとても嬉しい格安スマホです。

LINEフリープラン

1GB+LINEが使い放題になるプランです。
1GB使い切ってもLINEはずっと高速で使えます。
また、1GB使い切っても追加で購入することもできます。
カウントフリーになる機能は以下の通りです。

  • LINE音声通話
  • メッセージの送受信
  • 画像・動画の送受信
  • タイムライン

電話はLINEですれば、データSIMでも月額500円から利用できるのでとてもお得です。

コミュニケーションフリープラン

LINE以外にtwitterなどの頻繁に使うSNSがカウントフリーになるプランです。
データ通信量も3GB〜10GBから選べます。
カウントフリーになるSNSは以下の通りです。

  • LINE
  • twitter
  • Facebook
  • Instagram

5GBで音声通話をつけても月額2,220円なので、スマホを持ってSNSの使用料が心配・・・という方におすすめです。

MUSIC+プラン

先ほどのコミュニケーションフリープランのカウントフリーに加えて、LINE MUSICもカウントフリーになるプランです。
LINE MUSICの利用には別途月額料金が発生しますが、容量の大きい音楽のダウンロードもカウントフリーになるので、音楽をたくさん聞きたい方におすすめです。

LINEモバイルのメリット・デメリット
関連記事 LINEモバイルのメリット・デメリット
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ

LINEモバイルの料金プラン・評判・スマホ

学割を使用しなくても携帯料金が安い

格安スマホはほとんどの場合、学割がありません。
しかし、学割を使用していなくても今お使いのスマホよりもデータ通信量が増加して、月額の利用料金が少なくなるのが格安SIMの特徴です。
今後お子様にスマホを持たせてあげたいと考えている場合は、格安SIMを上手に使って携帯電話料金を節約しましょう。

子供に持たせるのにおすすめの格安スマホ【小学生・中学生・高校生】
関連記事 子供に持たせるのにおすすめの格安スマホ【小学生・中学生・高校生】

また学割が使える格安スマホのUQモバイルとワイモバイルですが、違いは通話プランの内容と実店舗の有無、取扱端末の種類の差だと思います。

UQモバイルワイモバイル
通話プラン5分以内回数無制限
1ヶ月間制限時間内無制限
10分以内回数無制限
実店舗無し有り
取扱端末多い少ない

学割を使いたい場合は、どちらの方が自分に合っているか見極めて契約してください。