1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. MVNO比較
  3. とにかく激安で格安スマホを使うには?選ぶべきMVNO&端末ランキング

とにかく激安で格安スマホを使うには?選ぶべきMVNO&端末ランキング

最終更新日:
とにかく激安で格安スマホを使うには?選ぶべきMVNO&端末ランキング

とにかく激安で格安スマホを使いたいという人におすすめの格安スマホ会社とSIMフリースマホを紹介します。格安スマホの提供会社は多いですが、激安で使うにはスマホ本体、月額料金ともに安くなくてはなりません。その観点から見るとスマホ本体が安い楽天モバイルと料金プランが安いDMMモバイルはおすすめです。

激安スマホ総合ランキング【2018年版】

格安でスマホを利用したい方におすすめのSIMフリースマホ、またMVNOを厳選5種ランキング形式で紹介していきます。

激安でスマホを利用する時に注意しておくべき点や、メリット・デメリット、また「ランキングだけでは決められない!」という方に詳しい選び方も解説しています。

下記では、今回記事内で紹介するSIMフリースマホとMVNOをまとめています。

ランキングのみで判断したい方は、下記の表から気になるSIMフリースマホ、またはMVNOをクリックして申し込みへ進みましょう!

激安スマホ人気ランキング!【5機種】~SIMフリースマホ編~

ランキング端末最安価格おすすめポイントセット購入におすすめのMVNO
1位HUAWEI nova lite 221,800円高いコストパフォーマンス
人気メーカーHUAWEIで安心
IIJmio
2位Zenfone4 selfie18,500円女性にも使いやすい
パステルカラーが可愛い
OCNモバイルONE
3位honor933,600円不動の人気+ハイスペック
メタリックなかっこいいデザイン
OCNモバイルONE
4位AQUOS sense lite SH-M0527,800円安心の日本メーカーのスマホ
薄い+軽いで操作しやすい
DMMモバイル
5位HUAWEI P10 lite27,600円高コストパフォーマンスでずっと人気
スタイリッシュ
mineo
※最安販売価格は2018年5月時点での価格帯です。現在変更されている可能性もあるため、公式サイトでご確認ください。

ピックアップ!コストパフォーマンス高めHUAWEI nova lite 2を紹介!

HUAWEI nova lite2
HUAWEI nova lite2
販売価格
25,980円
分割払い時約1,082円×24回
画面サイズ5.65インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroidTM8.0Oreo
カラー

HUAWEI nova lite 2は2万円台で購入できるという、手の出しやすい低価格に加えて、低価格とは思えない高スペックが魅力です。

3,000mAhのバッテリー容量があれば、1日充分利用することも可能であるため外出時も安心です。

どのくらい持つかと言うと、21時間電話をし続けられるレベルです!

これなら、長電話や仕事で電話を利用することが多い方でも使いやすいですね。

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
21,800円950円×24回900円/月〜
22,223円926円×24回640円/月〜
22,800円-900円/月〜
22,800円950円×24回700円/月〜
22,800円950円×24回480円/月〜
23,760円990円×24回800円/月〜
23,800円991円×24回500円/月〜
24,800円1,240円×24回500円/月〜
25,800円1,161円×24回480円/月〜
-1,080円×24回900円/月〜
25,980円1,381円×24回440円/月〜
25,980円1,120円×24回500円/月〜
25,980円1,083円×24回525円/月〜

激安スマホ人気《プラン》ランキング!【MVNO5社】~格安SIM編~

ランキングMVNO人気プラン最安価格おすすめポイントセット購入におすすめの端末
1位DMMモバイル
シングルコース3GB440円440円は業界最安値クラス
オプションでSNSが使い放題
Zenfone5
2位イオンモバイル
音声4GBプラン480円初期設定済でスマホを購入できる
解約金と最低利用期間なし
HUAWEI nova lite 2
3位LIBMO(リブモ)
3GBプラン480円10分かけ放題あり
最新機種が多い
AQUOS sense lite SH-M05
4位LINEモバイル
コミュニケーションフリープラン500円SNSが使い放題
LINE ID検索が可能
Zenfone5Q
5位楽天モバイル
スーパーホーダイプランS525円安定した通信速度
楽天スーパーポイントが貯まる
honor9

ピックアップ!1位のDMMモバイルを紹介!

キャリアの乗り換えだけではなく、2台目としてできるだけ月額料金を抑えてスマホを所持したいといった方におすすめなのがDMMモバイルです。

データ利用だけなら、回線速度は200Kbpsと低速ながら月440円で利用できます。高速(225Mbps)であっても、1GBのプランであれば月480円

通話SIMがついたプランでも1,260円とかなり安い料金設定が大きな魅力!

DMMモバイルの料金プラン

データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
低速無制限440円1,140円
2GB/月770円1,470円
3GB/月850円1,500円
5GB/月1,210円1,970円
7GB/月1,860円2,560円
8GB/月2,140円2,840円
10GB/月2,190円2,950円
15GB/月4,570円5,270円

さらにはシェアプランを選択することで家族でもお得に利用も可能になります。

家族で一緒に乗り換えてより安く抑えたいといった場合、高速データ通信容量を分け合えるシェアプランを選択すれば、一人当たりの料金をさらに安くすることも可能です。

例えば、通話SIM3枚で20GBを分け合えるプランだと月額6,080円となり、家族でかなりおトクに利用できます。

「2台目需要や家族そろっての乗り換えでとにかく月額料金を安くしたい!」という方にはおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ

DMMモバイルで購入するのにおすすめのSIMフリースマホ

ASUS Zenfone5Q
ASUS Zenfone5Q
販売価格
39,800円
分割払い時約1,658円×24回
画面サイズ6.0インチ
ストレージ4GB
メモリ64GB
OSAndroid8.0
カラー

現在注目度が高い、人気Zenfoneシリーズの新作Zenfone5Q!

同時期に発売されているZenfone5よりも購入しやすい価格帯なので安心してください!

前面・背面共に2つレンズがついている、つまり4つのカメラを備えた新しいSIMフリースマホです。それだけ高性能で面白いカメラ性能を楽しむことが出来ます。

カメラ性能にこだわりを持っている方には特におすすめ、Zenfone5Qのカメラ性能を体感してみてください。

SHARP AQUOS sense lite SH-M05
SHARP AQUOS sense lite SH-M05
販売価格
33,000円
分割払い時約1,375円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 7.1
カラー

安心の国内産スマホ、SHARPが手掛けるAQUOS sense lite Sh-M05がおすすめできる!

薄くシンプルなデザインは男性の方はもちろん、女性の方も使いやすいです。

もともとiPhoneを利用したいた方にとっては仕様の違いから少々慣れるまで手間取ってしまうかもしれませんが、慣れてしまえば低価格で購入できるミドルスペックスマホ!

ピックアップ!スマホセットが超お得楽天モバイルを紹介!

現在使用しているスマホやガラケーではなく新しいスマホを安く利用したいといった場合、おすすめなのが楽天モバイルです。

格安スマホを提供する会社の中には、月額料金は安く設定されているものの、端末とセットのプランを選択したら実は端末料金が高く設定されていて結果としてそれほど節約にならないといったケースもあります。

しかし楽天モバイルはスマホ本体の価格が安い上、種類も豊富でセットプランも安く設定されています。

また常に最新のスマホが追加されているため、安いだけでなく自分の好みのスマホを選べます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ

楽天モバイルの料金プラン

データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
低速無制限525円1,250円
5GB/月1,450円2,150円
10GB/月2,260円2,960円
20GB/月4,050円4,750円
30GB/月5,450円6,150円

楽天モバイルで購入するのにおすすめのSIMフリースマホ

Apple iPhone SE
Apple iPhone SE
販売価格
57,024円
分割払い時約2,376円×24回
画面サイズ4.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS 9
カラー

MVNOの中でもiPhoneを購入できるところは少ないです。持ちやすく操作性の高いiPhone SEが楽天モバイルでは購入可能です。

ASUS Zenfone5
ASUS Zenfone5
販売価格
52,800円
分割払い時約2,200円×24回
画面サイズ6.2インチ
ストレージ64GB
メモリ6GB
OSAndroid 8.0
カラー

最新機種を望むなら、ASUSが販売する人気シリーズZenfoneのZefone5がおすすめ!大画面とAI搭載で、最先端のスペックでスマホの利用が可能です!

激安スマホを購入する時に役立つ!《激安スマホの選び方》

月々の料金を激安で運用するための選び方の重要なポイントが2つあります。

  • スマホ本体が1番安く購入できるMVNOから選ぶ
  • 月額料金とサービス内容を照らし合わせて比較

ポイント①【スマホ本体が1番安く購入できるMVNOから選ぶ】

  • 「このSIMフリースマホを購入して利用したい!」
  • 「1万円台で購入できるスマホがいい」

など激安で運用する時には、各MVNOで端末がどれくらいの価格帯で販売しているのかを知っておく必要があります。

なぜなら、同じ端末であってもMVNOによって販売価格が異なるからです!

比較的安く購入しやすかったり、分割払いも可能な人気MVNO厳選5社を紹介しておきます。最新機種の取り扱いも多いため、新しいモノ好きな方にもおすすめです。

また

  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE

は端末セールを行うことが多いため、スマホ購入時にはセール情報を確認しておくことをおすすめします。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ

ポイント②【月額料金とサービス内容を照らし合わせて比較】

激安スマホ運用を叶えるためには、月額料金を少しでも安くする必要がありますよね。

そうなった時には、2つの選択肢があります。

  • とにかく1番安い月額料金で運用できれば良い
  • 最安価格を上回ったとしてもサービス内容が自分に合っていれば良い

《とにかく1番安い月額料金で運用できれば良い》

とにかく1番安い月額料金で運用したいのであれば、各MVNOが提供する料金プランを確認して月額料金を比較しましょう!

データ通信プラン(ネット利用のみ/通話不可)と音声通話プラン(ネット利用可/SMS利用可能/通話可能)では価格が変わってくるため、通話をしたい方は必ず音声通話SIMの方の料金を確認しましょう。

とにかく安い月額料金でデータSIMを使って運用したいなら、DMMモバイルがおすすめです。

スマホの利用が、メールやちょっとしたネットサーフィン程度なら月額440円で利用できるライトプランが良いでしょう。

ライトプランでは足りない、という方でも

  • 1GBで480円
  • 2GBで770円

という低価格。

通常利用でも安心!

  • 3GBで850円

1,000円以下で毎月利用することができます!

DMMモバイルについて、詳しくは下記詳細ページから確認できます!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ

ネットのみならず、通話も利用したいという方にはイオンモバイルがおすすめです!

イオンモバイルは比較的料金が高くなりがちな通話SIMでも、音声500MBプランなら月額1,130円!

それでは足りないという方でも

  • 音声1GBプラン1,280円
  • 音声2GBプラン1,380円
  • 音声4GBプラン1,480円
  • 容量たっぷりの音声6GBプラン1,980円

と、月額料金が2,000円以下で抑えられます!

イオンモバイルについて詳しくは下記詳細ページから確認できます!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜ドコモ
au

《最安価格を上回ったとしてもサービス内容が自分に合っていれば良い》

最安価格でなかったとしても、その分

  • 「通信速度が速い」
  • 「サポートが手厚くて安心」
  • 「SNS使い放題がある」

などの自分に合ったメリットがあれば、結局日々料金面にも満足して利用することができます。

そのため、価格だけで判断して格安SIMを契約しても良いでしょう。

しかし、その前に「自分は格安SIMを利用する時に外せない条件は何か」考えてみることをお勧めします。

例えば下記のようなことです。

  • 通信速度は絶対に速いのが良い
  • 機械に弱くて心配だから全国に店舗がある格安SIMにしたい
  • スマホセット購入時に初期設定済で手渡してほしい

激安スマホを使う時のメリットとデメリットって何?

激安でスマホを利用する時のポイントや人気の高い格安スマホ・格安SIMのことが分かったら、格安スマホのメリットとデメリットを知っておきましょう!

そうすることで、購入後のギャップをなくし賢く活用していくことができます。

メリット

月額料金が安くなる!

大手キャリア利用時、には月に5,000円以上かかっていた方も多いのではないでしょうか。

ですが、格安SIMに変えるだけで、例えばDMMモバイルなら月額440円で利用できるようになります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ

またスマホとのセット購入も可能であるため、大手キャリア利用時にはスマホ買うのが金銭的に困難だったとしても、月額料金が浮いた分スマホを購入しやすくなるメリットもあります。

多くのMVNOでスマホとのセット販売を行っているため、それぞれの価格帯を比較しつつ自分に最適な価格帯でスマホを運用できる時代です!

デメリット

通信速度は事前に口コミをチェック!

安さだけで格安SIMを選んでも良いですが、あまり通信速度が遅いと外出時のネット利用でストレスになってしまう可能性もあります。

料金との掛け合わせで、少し高くなっても安定した通信速度が出ている格安SIMを選ぶことも、大事なポイントです。

UQモバイルやY!mobile(ワイモバイル)なら、通信速度が落ちやすい昼や夕方でも快適。通信速度重視の方は、ぜひUQモバイルかY!mobileをチェックしてみてください。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
980円〜au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,480円〜ワイモバイル

スマホ本体の安さを狙うなら最新機種は厳しい

もちろんですが、最新機種はなかなか安価での購入が難しいです。

そのため、安いスマホを購入したい場合は何世代か前の端末や、スペックが低めのスマホとなってしまいます。

しかし、何世代か前のスマホといっても、今でも人気が続いているスマホは多くありますし、問題なく利用ができています。

iPhoneが良い例で、iPhone SEは今でもなお人気が続いているスマホの1つです。

また、低いスペックといっても

  • ゲームの利用が多い
  • アプリのインストールが多い

など、データ量を消費する動作が少ないのであれば十分利用することができます。

機種によっては若干操作感にもたつきを感じる場合もあるかとは思いますが、あまり気にならない方にはおすすめできます。

会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。