MVNOって何?メリットとデメリットをわかりやすく丁寧に解説

E4c6ef786a58c738ada76fb6f0b80b78

MVNOって何?メリットとデメリットをわかりやすく丁寧に解説

最終更新日:

MVNOとは大手キャリアの回線を利用して格安SIMを提供している会社を指すことが多いです。そのメリットは非常に安い料金プランに加え、自分に必要なサポートや保証を自由に選べることです。反対にデメリットは完全かけ放題がない点や通信速度が状況次第で遅くなってしまう点です。

MVNOとは大手キャリアの回線を利用して格安SIMを提供している会社のこと

MVNOとは仮想移動体通信業者のこと

MVNOとはMobileVertialNetworkOperator(仮想移動体通信事業者)の略で、仮想とつくように実際に電話回線やネットワーク回線を保有せずに、モバイル通信を提供している事業者のことを指します。回線を持たずにどのようにモバイル通信を提供しているかというとMNOと呼ばれる他社から回線を借り、そこに自社独自の価格やサービスを乗せて提供しているのです。

具体的には株式会社楽天はNTTドコモの回線を借りて自社サービス「楽天モバイル」を提供しています。ドコモショップのような直営店をすくなくし、自社の楽天市場や楽天銀行、楽天カードなどと組み合わせることでひとりあたり3,000円以下でスマホを提供しています。

WiMaxもMVNOとして提供されている!

現在は格安スマホ、格安SIMとともにMVNOという存在が知られるようになっていますが、MVNO自体は格安スマホ、格安SIMが浸透するずっと前から存在しています。

以前のMVNOは主にUQコミュニケーションズか提供する、UQ WiMaxの回線を借りて販売する会社がほとんどでし[email protected] [email protected][email protected][email protected]多いのが現状です。

MVNOが格安SIMを安く提供できるキーワードは設備投資費と回線の混み具合

ではMVNOはなぜ低価格でモバイル回線を提供できるのでしょうか。インターネット上ではサポート体制や店舗が少ない、通話料金が定額ではない、学割や過度なキャッシュバックを行わないなどの理由づけが多いです。もちろんこれらも重要な要素でドコモショップは全国に2,400店舗、37,000人のスタッフを抱えています。それに比べて楽天モバイルは全国に10店舗そこそこであることを考えるとコスト面での貢献は大きいでしょう。

MVNOは設備投資費が必要ない

しかし、それと同等以上に提供料金にかかわるのが設備投資費です。携帯電話はこの20年で大きく進歩しました。大型で通話しか行えなかった初期の携帯電話からiモードやEメールの登場、さらにはウェブサイトの閲覧までできるようになりました。現在ではテレビも見れるし、テレビの機能を使わなくともリアルタイムで映像のやりといまでできてしまいます。これらはすべて、ドコモを筆頭に大手キャリアがいかに高速な通信を実現するか、開発した高速通信を消費者がどうすれば納得いく価格で提供できるかという企業努力のたまものです。大手キャリアの料金にはこの、設備投資費や開発費が含まれているのです。

現在も大手キャリアはVoLTEや5G回線と呼ばれる高速通信の開発を行っていますが、MVNOの中でそういった回線の開発を行っている会社はありません。この点については、低価格で格安スマホが使えるのは良いが、日本の通信の発展が遅れてしまうのではないかとの声もあります。

いくら回線が早くなっても一般ユーザーは実感できない・・・。

しかし、どんどん速くなる通信速度に対してその恩恵を受けることのできる人が減っていることも事実です。現にメールやLINEのみのやり取りであればLTE回線は必要なく3G回線の速度で十分に満足できます。今後も最新技術が必要ないユーザーが増えてくるのは確実なので、そういった方のために格安スマホや格安SIMが存在するというのは非常に重要です。

MVNOは多くのユーザーで回線を分け合うことで安くしている

格安SIMが安いもう一つのキーワードは回線の混み具合です。MVNO各社はキャリアから借りた回線をユーザーに貸し出します。その際、どれくらいの回線の混雑具合でユーザーに提供するかはMVNOそれぞれの裁量で決めることができます。当然、回線が混んでいる場合には通信速度が遅くなります。満員電車の中でインターネットにつながりにくい状況と同じです。

MVNOを契約する際は速度検証が必要

MVNOは大手キャリアよりも低価格で回線を提供する分、大手キャリアよりは回線は常に混みあっています。利用者の少ない時間帯であれば十分快適に利用できるのですが、お昼時や夕方ごろには利用者が多くなるので通信速度が遅くなります。MVNOでスマホ料金が安くなるメリットと、お昼時と夕方に通信速度が遅くなるデメリットを天秤にかけて利用するかを決定することが必要です。

なぜ格安SIMの速度はお昼時に遅くなってしまうのか

ガラケーの平均利用料金の3,200円と比較して大手キャリアのスマホの平均利用料金は6,800円です。格安スマホであれば平均利用料金は2,700円まで下がります。これまでは大手キャリアのスマホを使うしかなかったですが、今後は消費者が自分の必要性に合わせて契約する会社や購入するスマホを決定する時代になっています。

MVNOの通話料金が高い理由、かけ放題はないのか

MVNOが提供する格安スマホや格安SIMへの乗り換えを検討した結果通話料金が高いという理由で断念する人も多いです。実際に格安スマホの通話料金は30秒あたり20円の完全従量制が一般的です。これは1か月に1時間通話をすれば2,400円と大手キャリアのかけ放題と同様の価格になってしまいます。

MVNOはこれに対応するために自社専用アプリを用意し、そのアプリから発信することで30秒あたり10円まで通話料金を落としています。しかし、それでも2時間以上通話をするなら大手キャリアのかけ放題を使いたいとなってしまいます。

MVNOが完全なかけ放題を提供できない理由は2つあります。

回線を借りている大手キャリアへの支払い方法

MVNOは大手キャリアから回線を借りて運営されていますが、通話料金の請求はユーザーの利用料に対して請求されます。ですので、かけ放題を実施したくさん通話するユーザーが増えてしまうともともと薄利で提供しているためどうしても赤字になってしまいます。大手キャリアがかけ放題を提供できるのはスマホ契約者全員にかけ放題への加入を強制しているためです。たくさん使う人、使わない人がいて初めてかけ放題が成立します。

MVNOがかけ放題サービスを提供しようと思うと大手キャリアと同じように全員に加入を強制しないと利益が出せません。しかし、そうすると大手キャリアとの料金面でのメリットが小さくなりユーザーが獲得できません。大手キャリアと違い、情報感度の高いユーザーが利用するケースが多いため大手キャリアの同じように提供しても通話をたくさんする人だけが集まってしまい結局赤字になってしまうかもしれません。

サービス開始したばかりでユーザーの使い方がわからない

MVNOがかけ放題を提供できない理由のもう一つは実際の利用量がデータ不足で読めないという点にあります。というのも大手キャリアの回線を借りてのMVNOは2014年ごろから利用者が増え始めたばかりです。MVNO各社は実際にユーザーがどの程度の通話を利用するのか十分なデータがないという状況でした。

MVNOからも徐々にかけ放題オプションが発表されてきた

利用者が増え始めてから2年たち、現在では5分以内や3分以内の通話であればかけ放題になるオプションも複数のMVNOから登場しています。また、通話料が非常に安いIP電話を用いた完全かけ放題を提供するMVNOもあります。

格安SIMのかけ放題プラン(通話し放題プラン)を徹底比較

今後MVNOの利用ユーザーが増えればかけ放題プランも柔軟に対応できるようになるのではないかと思います。

MVNOと契約するメリット

MVNOと契約するメリットは料金以外にも多くあります。最も大きなメリットは大手キャリア特有の2年縛りから解放されるという点です。MVNOの提供する格安SIMにはデータSIMと通話SIMという2種類のSIMタイプがあります。

MVNOのデータSIMは解約手数料がかからない

データSIMとはインターネット専用のSIMカードで2台持ちのスマホや、タブレット、モバイルルータなどで利用されるケースが多いです。価格は高速通信が3GB使えるプランで900円程度が相場になっています。こちらはほとんどのMVNOで解約料金がかかりません。利用して1か月で解約することも可能です。

音声通話SIMの場合でも12か月以降はいつでも無料で解約可能

通話SIMとはデータSIMのインターネット機能に加え、音声通話(090/080/070番号)が行えるSIMカードのことを指します。料金は同じ容量のデータSIMと比較して+700円で提供されるケースが多く、3GBの音声通話SIMであれば1,600円が現在の相場です。通話SIMには最低利用期間が定められているケースが多いです。期間は6か月~12か月程度で解約料金は6,000円~12,000円程度に設定されています。最近ではmineoやイオンモバイルが解約料なしで通話SIMを販売していますが、その場合でもMNPで転出する場合には通常より高めの転出手数料が必要になります。これは大手キャリアの実施しているキャッシュバックで悪用されないための措置です。

キャリアの2年縛りは特定月以外は約1万円の解約金

大手キャリアの2年縛りは2年の自動更新で特定の2か月で解約しなくては解約料、約1万円が必要です。一方、MVNOの最低利用期間は更新はありません。利用開始から1年が経過した後はいつでも無料で解約できます。

ただし、最近では大手キャリア同様に2年縛りを利用してさらに料金を安く提供するMVNOが増えてきました。今後は2年縛りで最安値を狙うのか、乗り換えを見越して縛りなしで契約するのかを選択しなくてはならなくなっていきそうです。

MVNOと契約するデメリット

MVNOと契約するデメリットは、通信速度が遅いこととかけ放題がない以外にもあります。それはサポート面です。MVNOはドコモショップのような直営店を持たないことで低価格を実現しています。裏を返せばとスマホの使い方がわからなかったりが故障した際に持ち込む場所がないということです。サポートはたいていの場合、月額400円程度の電話有料サポートや月額300円程度の端末保証にに加入しなくてはなりません。これらも必ず加入しなくてはならないというわけではないので必要に応じて選択できます。

イオンモバイルとTONEモバイルは店舗がある

スマホの利用に自信がない方はTONEモバイルやイオンモバイルといった既存店舗を活かし、無料サポートを実施している会社と契約するのがおすすめです。

イオンモバイルの料金プラン・評判・スマホ

TONEモバイルの料金プラン・評判・スマホ

どこのMVNOと契約するのが一番お得なのか

では実際にMVNOと契約するとしてどの会社と契約するのが一番お得なのでしょうか。これは非常に難しいです。というのもMVNOは月額料金の差は各社でそれほど大きくないt前です。それよりもサポートや通信速度の差のほうが大きくなります。

速度重視ならUQモバイルかNifmoがおすすめ

サポートを重視するのであればTONEモバイルやイオンモバイルがおすすめです。反対に通信速度を重視するならUQモバイルやNifmoなど通信速度にこだわっているMVNOと契約すれば快適に利用できます。

サービス重視なら楽天モバイルやmineoがおすすめ

かけ放題プランやセット購入できるSIMフリー端末の豊富さ、サービスの総合力で選ぶなら楽天モバイル、mineoが非常におすすめです。

価格も重要ですが、MVNO同士では大きく変わらないという基本を理解して、その他のサービスを評価して契約先を決定したほうが結果的に満足な格安スマホと出会えます。

大手MVNO3社の評判を徹底比較

最後にMVNO大手3社、楽天モバイル・OCNモバイルONE・IIJmioの3社を比較します。これは当サイトで集めた口コミに基づいてそれぞれを評価しています。

楽天モバイルOCNモバイルONEIIJmio
基本料金やや安い普通普通
通信速度やや遅い普通やや早い
サポート普通普通普通
かけ放題5分以内かけ放題5分以内かけ放題5分以内、3分以内かけ放題
WiFiスポット有料無料なし
セットSIMフリースマホ豊富少な目少な目

このように各社にそれぞれ特徴があります。端末とセットで購入するなら楽天モバイルは選択肢が豊富でおすすめです。反対に通信品質や低価格のかけ放題を求めるならIIJmioがおすすめになります。