1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー-厳選19社徹底比較!
  2. MVNO比較
  3. 通信回線の増強を頻繁に行っている格安SIM会社は?

通信回線の増強を頻繁に行っている格安SIM会社は?

最終更新日:
通信回線の増強を頻繁に行っている格安SIM会社は?

格安SIM会社が通信増強すると回線が安定します。FREETELは、「ダブル(W)増強マラソン」と銘打って毎月2回、回線増速を行っています。事前告知はありませんが、回線増速が終わると、サイト上で実施報告をしています。mineoもFREETELのように定期的ではありませんが、積極的に回線増強を行っており、mineoも回線増強をした後に、自社のブログ上で実施報告を行っています。

大手キャリアから格安SIM(MVNO)へ乗り換える上で通信速度の速さは非常に重要な問題です。
一般的に格安SIMは大手キャリアよりも回線速度が遅いと言われているため、それがネックとなって月額料金が高いにも関わらずそのまま大手キャリアを利用し続けている方も多いのではないでしょうか?

会社により程度の差はありますが、格安SIMを利用している場合、平日の昼間や朝夕などが特に通信速度が落ちる頻度が高いです。

昼休みや朝夕の通勤通学時間など一番、通信を利用したい時間帯に速度が遅くなってしまうというのであれば、いかに月額料金が安いとはいえ、大手キャリアから格安SIMへの乗り換えに二の足を踏んでしまうというのも頷けます。

{article[107]}

ポイントとなるのが、通信回線の増強をどの程度行っているかです。

現在、それほど通信速度が速くない格安SIMであっても、通信回線の増強をしっかりと行っているところであれば、近いうちにある程度の速度が出るようになる可能性は高くなります。

格安SIM会社がこまめに通信増強すると回線が安定

通常、格安SIMは大手キャリアから通信回線をレンタルしてユーザーに提供しています。

しかし格安SIMは大手キャリアの通信速度をそのまま実現できるわけではありません。
格安SIMが大手キャリアに支払うのは回線に対してではなく回線速度に対して接続料金を払う仕組みとなっているからです。

例えばドコモが提供している回線料金は2016年8月現在、10Mb/s(80Mbps)のもので784,887円です。
ある格安SIMが1Gbpsの専用線で接続し、うち400Mbpsで契約している場合、その格安SIMはドコモに5×784,887万円=3,924,435万円の接続料を毎月支払う必要があります。

そして上述したように回線ではなく回線速度に対してのため、ドコモはこの格安SIMに400Mbps以上の帯域を使えないよう制限します。

この回線を少人数で使っている分には問題はありませんが、100人で使っていれば理論上は1人、4Mbps使えます。
しかしこれが1,000人になれば0.4Mbpsと速度は10分の1になってしまいます。

さらに昼間や朝夕などユーザーが殺到する時間帯になれば、その速度はさらに落ちてしまうことになります。
そのため、ユーザーが快適に通信を利用できるようにするため、格安SIMはレンタル先の大手キャリアに対して回線速度を追加することになります。

ユーザーが増えても回線増強をこまめに行うことで、通信速度は安定します。

しかし、ユーザーが増えても回線増強をあまりしないと、こまめにやるより最高速度は速くなりますが、通信速度は不安定になります。

格安SIMによって増強する頻度はばらばら

回線増強にはかなりのコストがかかります。
そのため、すべての格安SIMが回線速度が遅いからと言ってすぐに回線増強ができるわけではありません。

月額料金と大手キャリアに支払う回線の接続料金を天秤にかけて、コストをかけてでも増強をした方が良いとなれば増強をします。
月額料金を値上げしなければ増強ができない場合は、それによりユーザーが減ってしまうリスクを考慮した上で増強をするかどうかを判断します。

このように回線増強は義務ではないため、積極的に増強する格安SIMもあれば、ほとんどしない格安SIMもあり、その頻度は一定ではありません。

そして頻繁に回線の増強をしない格安SIMが必ずしも回線速度が遅いかというと実はそういうわけでもありません

頻繁に回線増強を行わない・回線速度が遅いといった理由でユーザー数が少ない格安SIMと、頻繁に回線増強を行いそれに比例してユーザー数も増えていく格安SIMでは、場合によってはそれほど速度が変わらない場合もあります。

FREETELは月2回、回線増強を実施

最後に通信増強を頻繁に行っているおすすめの格安SIMをご紹介します。

格安SIMの提供とスマホの製造・販売を行っているFREETELは、「ダブル増速マラソン」と銘打って毎月2回、回線増速を行っています。

事前告知はありませんが、回線増速が終わると、サイト上で実施報告をしています。

不定期だけどこまめに回線増強してくれるMVMO

FREETELのように定期的ではありませんが、積極的に回線増強を行っているMVMOをご紹介します。
どのMVMOも事前告知はありませんが、回線増強をした後ホームページの会員サポートページやブログなどで実施報告が行われているので、チェックするのをおすすめします。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au

回線増強があまりないMVMO

これまでとは反対に、回線増強があまりないMVMOもあります。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
680円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
440円〜 ドコモ

回線増強がなくても、速度は他のMVMOと変わらない時間帯もあるので一概に遅いとは言えません。

回線増強を行っているかどうかも判断材料になります

上述したように頻繁に回線増強を行っているからといって、必ずしも速度が早いとは限りません。

しかしコストをかけてでも増強を行っているということは、それだけサービスの向上に対して積極的であるともいえます。
そういった意味でも格安SIMを選択する時はそれぞれのサイトをチェックし、どの程度の頻度で回線増強を行っているかを見ることも重要なことだといえます。

{article[113]}

すまっぴー今月のおすすめ特集

今月のおすすめ会社は…
詳細をチェック