格安スマホの独自アプリの使いやすさを徹底検証!

5f667da114974b3e73ae45768964abc0

格安スマホの独自アプリの使いやすさを徹底検証!

最終更新日:

独自アプリは、MVNOが自社の格安スマホをより便利に使いやすくするために開発したアプリです。毎月のデータ残量や利用明細など大手キャリアのマイページのような役割を果たしてくれます。各社の専用アプリの違いを解説します。

格安スマホに限らず、スマホには独自アプリというものが存在します。独自アプリは、MVNOが自社の格安スマホをより便利に使いやすくするために開発したアプリで、そのアプリを使うことでより便利に、より安い価格で格安スマホを利用することができます。今回はそんなMVNOが開発する便利な自社アプリの数々を徹底検証致します。

mineoのmineoスイッチは使用料が一目でわかる

利用者の中でも特に人気の高い自社アプリを開発しているのがmineoです。mineoではmineoスイッチという自社アプリを提供しており、ユーザーがより便利で使いやすくなるような工夫が施されています。こちらのアプリはスマホだけでなくタブレットから利用できるアプリで、その月の通信量とデータ容量の残量を瞬時に確認できるアプリです。

mineoスイッチ機能には確認機能のほかに、高速通信と低速通信を切り替える機能もあり「節約ON」のボタンをタップすることで簡単に低速通信に切り替わります。低速通信時は、約200kbpsの通信速度になり、制限速度を超えた場合と同じ速度での通信となります。

端末を使わない時や端末スリープ時などに使用することで、よりデータの使用量を節約することができます。また、その他のアプリのインストール時などに一度高速に切り替えインストールを行ったら、アプリ起動中は低速で通信するという使用方法もあり、実際のところ常に高速通信を行っているよりも、データがかなり節約されます。

また、月初めに少しネットを使いすぎて月末まで通信が低速になる可能性があるときなどに、こちらでうまく立ち回りを行えば、制限が掛からず低速通信を免れることもできます。このように便利機能がそろっているので、とてもおすすめのアプリです。

mineoの料金プラン・評判・スマホ

楽天モバイルのSIMアプリはAPN設定をサポート

楽天モバイルのSIMアプリは、SIMのデータ使用量が一目でわかるようになっています。

楽天モバイル SIMアプリ

また、SIMアプリの場合は過去3日間のデータの通信料量を1日ごとにより細かくグラフや数字で可視化できるため、使いすぎた日が瞬時にわかります。使いすぎた日が瞬時に分かるということは、次回からは使いすぎないようにデータを温存しておくという使い方もできます。

SIMアプリは他にも通信で使用する情報であるAPN設定をサポートしてくれる機能があり、他の格安SIMのAPN設定よりもスピーディーに簡単に設定を行うことができます。

さらには、通話明細も簡単に表示できる機能がついており、その月にどれほどの通話をしたのか、料金はいくらなのかなどをしっかりと把握することができるため、アプリをうまく利用することでさらにお得な料金で格安SIMを利用することができます。

楽天モバイルの料金プラン・評判・スマホ

DMMモバイルアプリは簡単データチャージ

MVNOであるDMMが提供するモバイルアプリも、データの使用状態を数値やグラフを利用し一目で確認できるアプリです。また、mineo同様に高速通信と低速通信の切り替えができる機能があり、スマホのスリープ時に低速通信に切り替えることで、よりデータの使用量に無駄が出ないようできます。

画面の下部には「今すぐチャージする」というボタンがあり、こちらをタップすることで、瞬時にデータ容量のチャージをすることも可能です。さらに、過去3ヶ月間の請求金額も同時に確認でき、データ残量が20%を下回った際にはメールで連絡が来るため、料金により正しい立ち回りができます。

DMMモバイルの料金プラン・評判・スマホ

格安スマホの独自アプリには料金を節約するための機能が盛りだくさん!

このように、格安スマホの独自アプリには、スマホを使う上で大切になるデータが節約できる機能が満載です。どのMVNOの独自アプリにもそれぞれの工夫が施してあり、それをうまく利用することでよりデータの使用に無駄がなくなり、データの追加チャージも必要なくなり、結果的に料金を安くすることができます。