外国人旅行者におすすめのプリペイド式格安SIM

B0d7b5e4eab63e96c140534ce44b8f67

外国人旅行者におすすめのプリペイド式格安SIM

最終更新日:

海外からの旅行者には格安プリペイドSIMがおすすめです。U-mobileのプリペイドSIMなら空港で購入可能です。利用期間7日間で毎日200MB使えるので旅行の際は非常に使いやすいです。

日本政府観光局の調査によると2015年に訪日した外客数は前年比47.1%増の1,973万7千人となっています。この結果はJNTOが統計を取り始めた1964年以降、最大の伸び率で、数字にして2014年に比べ約600万人も多く訪日していることになります。

私たちが海外へ行く際に日本で使っているスマホをそのまま持って行っても使えない場合が多く、仮に使えたとしても日本に帰ってきてから高額な請求をされることになります。これは海外から日本へ来た場合も同様です。せっかく海外からやってきた友人にできれば安くスマホを使い、楽しい思い出を作ってもらいたくはありませんか?日本を訪れる外国人旅行者向けの、おすすめ格安SIMをご紹介します。

使い切り自動解約で手軽に使えるプリペイド式格安SIM

1週間から2週間程度の短期滞在におすすめなのがプリペイド式格安SIMです。通常の格安SIMはクレジットカード決済による後払い方式が主流となっていますがプリペイド式格安SIMの場合、現金などによる前払いであるため、より気軽に利用することができます。

またプリペイド式格安SIMの最大のメリットは解約の手間がかからないことです。基本的に決まったデータ容量をい切る、もしくは使用期間を過ぎれば自動的に契約は解消されます。また一部のプリペイド式格安SIMは開通の手続きさえ必要ないものもあり、短期滞在で利用するには最適なタイプです。

デメリットとしては、プリペイド式格安SIMには音声通話やSMS対応はなくデータ通信のみであることが挙げられます。しかしSkipeや一部の電話アプリ、メールなどは使えるため連絡手段として使うには問題ありません。それでは次項からプリペイド式格安SIMの中でもおすすめのものをご紹介します。

U-mobileの格安SIMは空港でも購入できる

U-mobileのプリペイド式格安SIMは開通作業の手間がかかりません。購入したら端末にSIMを挿入し、APN設定をするだけですぐに利用可能となります。もちろん使い切りのため解約手続きも必要ありません。

APN設定が分からない方はこちら⇒簡単10分!格安SIMの初期設定方法を徹底解説

U-mobileのプリペイド式格安SIMの種類は7日間用、15日間用、30日間用があり、通信速度は下り最大225Mbps、上り最大50Mbps、1日に使えるデータ容量は200MBとなっています(仮に容量を超えた場合でも200kbpsの低速で利用可能)。そしてSIMサイズは標準、micro、nanoの3サイズがあります。

またU-mobileのプリペイド式格安SIMは羽田空港、成田空港、関西国際空港、九州佐賀国際空港、春秋空港など空港で購入することが可能です。さらに2016年8月1日からは春秋航空日本(Spring Japan)が運航する国際線航空機内でも「U-mobileプリペイド 7日間プラン」の販売を開始しています。

機内の中で購入すれば、到着後すぐに使用することが可能となります。ほかにも、山陽新幹線(新大阪~博多間)や都内の一部ホテルでも購入可能となっています。

U-mobileの料金プラン・評判・スマホ

BIC SIMならファミリーマートで購入可能

BIC SIMのメリットは全国のファミリーマート店舗約11,500店(2015年11月現在)で購入できることです。空港やホテルで買いそびれてしまった場合でもすぐに購入できるため、訪日者にとって、とても便利なSIMカードです。

ファミリーマートで購入できるBIC SIMは「BIC SIM えらべるSIMカード powered by IIJ」という名称で、IIJの個人向けモバイルサービス「IIJmio(アイアイジェイミオ)高速モバイル/Dサービス」の商品をビックカメラグループの「BIC SIM」ブランドとして提供するものです。

ただし、このSIMは購入後すぐに使えるタイプではなく、購入後パッケージ記載のエントリコードを専用Webサイトに入力し、プランやSIMカードサイズを選択すると、後日指定の配送先にSIMカードが届くというシステムになっています。そのため海外から友人が来日する日を確認して、事前に来日に合わせて購入しておくことをおすすめします。

このようにプリペイド式格安SIMといってもさまざまなタイプがあります。訪日する方の滞在日数やスマホの使い方を予め確認した上で最適なタイプを事前に用意しておけば、海外の友人にとても喜ばれるのではないでしょうか。