1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMとは?MVNOの通信速度やデメリットを徹底比較
  3. Wi-Fi利用で格安スマホでも快適インターネット!無料でWi-Fiスポットが使えるMVNO6選

Wi-Fi利用で格安スマホでも快適インターネット!無料でWi-Fiスポットが使えるMVNO6選

最終更新日:
Wi-Fi利用で格安スマホでも快適インターネット!無料でWi-Fiスポットが使えるMVNO6選

格安スマホの弱点はお昼時など混雑時間帯に通信速度が遅くなってしまうことです。そんなときにWi-Fiが使えれば快適にインターネットが使えますよね。格安スマホの中には無料でWi-Fiスポットが利用できる事業者もあります。通信速度が遅くなる理由と合わせて解説します。無料でWi-Fiを利用できる格安スマホは「BIGLOBEモバイル」「OCNモバイルONE」「Y!mobile」「UQモバイル」「U-mobile」「J:COMモバイル」の6社です。

格安スマホは通信速度が不安

通信速度

格安SIMを取り扱うMVNO(格安スマホ)は大手キャリア(ドコモやau、ソフトバンク)の回線を借りて運営しています。

そのため、ドコモの回線を利用しているMVNOの通信エリアはドコモの通信エリアとほぼ同じです。

では通信速度はどうでしょう?

MVNOの通信速度は大手キャリアと比べやはり遅いということは否めません。道路で考えると非常にわかりやすいです。片側4車線の広い高速道路を使用している大手キャリアがMVNOに貸し出しているのはあくまでも片側一車線の生活道だけであり、生活道の利用者が増えると渋滞が発生しますよね。

「月額料金」と「サーバー設備の増強にかけるコスト」のバランスにより、低価格でサービスを提供する代わりに通信速度は大手キャリアと比べ遅くなってしまうというわけです。

そこで、格安スマホの通信速度が遅いときはどうすればいいのというと、「無料でWi-Fiを使える格安スマホを契約する」のがベストな方法です。

無料でWi-Fiスポットが利用可能な格安スマホ

速度制限や時間帯によって格安スマホは遅くなる

格安スマホの中にも、価格を抑えつつ積極的に設備投資をしている会社もあります。

同一キャリアから借りた回線でも通信速度の違いは、どれだけ設備投資をしているかによって変わってきます。

お昼

回線が混雑すると通信速度は遅くなる

前述したように格安スマホは大手キャリアに比べ回線が弱い(細い)ため、利用者が一斉にネットに接続すると通信速度が遅くなります。(回線が混雑してしまうから)

一般的に、昼休みである12時台や朝と夜の通勤時など多くの方がネットを利用する時間帯に通信速度が遅くなる傾向があります。

一定期間に大量の通信を行うと制限をかけられる

また動画などの大きいデータ量を頻繁に使う方は、ある一定の期間に一定の量以上のデータを使用した際に速度制限がかかることがあります。 この場合も、速度制限により通信速度は遅くなってしまいます。

通信速度は場所も関係する

場所によっても通信速度は変わります。

一般的に利用者が多い都会よりも利用者の少ない郊外の方が通信速度は早くなります。お祭りや音楽フェスなど一つの場所に大勢の人が集まる時もやはり、通信速度は遅くなるようです。

Wi-Fiにつなげばいつでも快適インターネット

格安スマホの通信速度が遅くならないための方法が2つあります。

その①利用者の少ない格安スマホを契約する

利用者の少ない格安スマホを契約して利用すれば、その会社の回線を利用する人数が少ないため、利用者の多い格安スマホに比べて快適にインターネットを利用できます。

ただしこの場合、その後に利用者が増えれば少しずつ遅くなってしまいます。また、利用者が少ない格安スマホは、資金力が乏しいことが多く回線増強といった投資をあまりしないというリスクもあります。

そのため、利用者が多いにも関わらず通信速度があまり遅くならない格安スマホと契約する方が、比較的快適な通信速度で利用できます。

通信速度に定評がある格安スマホの一例

ほんの一例ですが、UQモバイルやY!mobile(ワイモバイル)は混雑時間帯でも常に高速の通信を実現しています。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

その②混雑時間帯はWi-Fiにつないで利用する

Wi-Fiであれば、格安スマホの通信回線ではないため、時間帯を問わず快適にインターネットを利用できます。

Free Wi-Fiも多く存在しているため、うまく活用してサクサク快適にインターネットを利用しましょう。

街中にはたくさんの「無料Wi-Fiスポット」があります。格安SIMを使うのなら、無料のWi-Fiスポットを上手に利用することで快適なスマホライフを送ることができます。定番のフリーWi-Fiスポットを紹介します。無料Wi-Fiを使う際の参考にしてください。

  店名     利用制限時間  
スターバックスコーヒー       60分      
ドトールコーヒー      180分      
マクドナルド       60分      
デニーズ       60分      
セブンイレブン       60分      
イオンモール       60分      

Wi-Fiスポットが無料の格安スマホ6線!

BIGLOBEモバイルは全国83,000か所のWi-Fiスポットが利用可能

BIGLOBE

6GB以上のプラン契約者は1ライセンスまで無料、そのほかのプランは1ライセンスにつき月額250円で利用できるようになります。

「DO SPOT」と「Secured Wi-Fi」のステッカーがあるところで利用できます。専用アプリをインストールすると自動接続も可能です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

OCNモバイルONEなら無料で使える

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE利用者は「Do SPOT」「Secured Wi-Fi」のOCNモバイルONE Wi-Fiスポット全国87,000か所のWi-Fiを無料で利用できます。

Secure Wi-Fiは自動接続にも対応しています。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ

ソフトバンクWi-Fiが使えるワイモバイル

ワイモバイルのスマホプラン利用者は無料で「ソフトバンクWi-Fiスポット」と「BBモバイルポイント」のステッカーがあるところで使えます。大手キャリアのWi-Fiスポットは全国的にも非常に多いため、安心して利用できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

UQモバイルはWi2 300が無料で利用可能

もともと通信速度が速いし、低速モードでも最大300Kbpsの通信ができるの不要な気もしますが、UQモバイルの利用者は「Wi2 300」と「UQ Wi-Fi」のステッカーがあるWi-Fiスポットを利用できます。

「Wi2 Connect」を利用すると簡単に接続できるようになります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au

U-mobileも全国82,000か所で使える

「Secured Wi-Fi」と「DO SPOT」で利用できます。ただし、U-mobile S利用者はWi-Fiの利用はできないため、注意が必要です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜
ドコモ
ソフトバンク

J:COMモバイルはWi2 300を利用可能!

J:COMモバイルのAプラン(au回線)のスマホセットで契約した方は「Wi2 300」と「UQ Wi-Fi」のスポットを利用できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

無料Wi-Fiがあるかどうかを基準に考えるのもおすすめ!

無料Wi-Fiスポット

どのサービスも主要な駅、空港、スーパー、コンビニにあるWi-Fiを無料で利用できます。

こういったWi-Fiサービスを活用すると格安スマホでも混雑時間を気にすることなく、快適にネットができます。

外出先でデータ通信を頻繁に行う人は、格安スマホを選択する際に無料でWi-Fiが使えるかどうかを基準にすれば、よりお得に運用できますね!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜
ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜