海外で使える日本の格安SIM

Dbba0abc5d02c1d449140cf4686cf23e

海外で使える日本の格安SIM

最終更新日:

格安SIMでは、海外で使うための専用SIMを販売しているMVNOが複数あります。その中でもおすすめなのが楽天モバイルの海外用SIMです。楽天モバイルの海外用SIMは日本番号を購入することで、日本からの電話を格安で受信できる機能(1ヶ月1,272円)もあります。ほかにも、SIMフリースマホ持参で現地のプリペイドSIMを購入する方法もあります。より簡単な方法として、海外用のプリペイドSIMを日本で購入することもできます。MVNOや家電量販店、ネットショップなどで購入できるため、海外でプリペイドSIMを購入するよりもより手軽です。

海外で使える格安SIM

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

525円〜

利用回線:

ドコモ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

700円〜

利用回線:

ドコモ・au

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
440円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

440円〜

利用回線:

ドコモ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ・au

海外でスマホを使うと高くつく

通話はもちろん、地図や外国語での会話、レストランや観光地の予約、検索などインターネット通信も行えるスマホは、海外旅行には欠かせないアイテムの1つです。

海外スマホ

海外旅行に行った際、日本で通常使っているスマホをそのまま使うと帰国後に高額請求が来てしまったという話を聞いたことはないでしょうか?

これは日本と海外での通話料金の発生する個所が違うことが原因となっています。

旅行先で日本から着信した場合

日本においてスマホを使って通話する際、通話料金が発生するのは、電話をかけた側のみです。
しかし海外では電話を受けた側も通話料金が発生します。しかもその料金はかなり高額で、例えばハワイに旅行にいって電話を着信した場合、1分で175円かかります。

旅行先から日本に発信した場合

そして発信した場合も当然、通話料金がかかりますが、これも日本で発信するよりも高額でハワイから日本へ電話を発信すると1分間で140円もかかります。

旅行先の国内で通話をした場合

さらに旅行先から日本、もしくは日本から旅行先だけではなく、国内間の通話も日本国内での通話料金よりも高額で、アメリカ国内間で通話をした場合でも1分間125円かかります。

また通話だけでなく、データ通信においても使い方によっては日本で使うよりも高額な料金が発生します。
これはデータローミングをONにしていたことにより起こります。

データローミングとは

データローミングとは、日本で通常使っているキャリアの電波が海外に行ったことで電波が届かなくなった際に、各キャリアが提携しているその国のキャリアの電波受信を可能にして通信できるようにする機能です。

この機能により、海外でも特別な契約をしなくてもネット接続が可能になります。
しかしこの機能をONにしたままにしたことで、パケット定額が適用されないなど高額請求の原因となってしまいます。

このように海外で日本のスマホを使う際には、注意を怠ると驚くほどの高額請求がくることになってしまいます。

これらは大手キャリアのスマホであれば、海外パケットの利用料金が定額になるプランに入ったり、データローミングのON、OFFを使い分けることで高額請求を避けることができます。

しかし格安SIMではどうなのでしょう?

楽天モバイルなら海外用SIMも格安

格安SIMでは、海外で使うための専用SIMを販売しているMVNOが複数あります。その中でもおすすめなのが楽天モバイルの海外用SIMです。

楽天モバイルの海外用SIMの概要は以下の通りです。

データ通信プラン料金一覧表

ヨーロッパパック北アメリカパックアジアパック
50MB820円880円1,040円
200MB1,930円2,040円2,310円
500MB3,850円4,240円4,950円
  • 50MB、200MBは購入してから7日間が有効期限
  • 500MBは購入してから30日間が有効期限

通話+SMSプラン料金一覧表

ヨーロッパパック北アメリカパックアジアパック
通話100分 SMS100通3,190円4,290円4,070円
通話300分 SMS100通7,150円9,680円9,020円
  • 通話100分 SMS100通プランは購入してから7日間が有効期限
  • 通話300分 SMS100通プランは購入してから30日間が有効期限

このほか、地域別パックに含まれていない国や、少しだけ使いたい場合はクレジットで購入することが可能です。

また日本番号を購入することで、日本からの電話を格安で受信できる機能(1ヶ月1,272円)もあります。
渡航先に長期滞在する場合は、現地の番号を購入し(1ヶ月1,272円)、現地の方に渡して利用してもらうこともできます。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

525円〜

利用回線:

ドコモ

楽天モバイルの料金プラン・評判・スマホ

mineoは料金体系が選べる

mineoでは、地域限定でお得に使えるデータパックチャージと、場所を気にせずに使える従量チャージの2つのプランから選ぶことができます。
どちらもプリペイドなので使いすぎの心配はありません。

データパックチャージ

データパックチャージプランでは、データ通信料が定額で安く、必要なデータを選んで使うことができます。
利用できる地域は以下の通りです。

  • 中国
  • 香港
  • 台湾
  • 韓国
  • タイ
  • アメリカ
  • ヨーロッパ

この中から1つ地域を選んだら、次はデータ量を選びます。

データ量価格
30MB650円
100MB1,480円
500MB5,480円
1GB9,800円

従量チャージ

従量チャージプランでは、場所を気にせず複数の国で自由に使うことが可能なので、旅行中に複数の国を横断することも可能です。

従量制の料金なので、あらかじめ上限額を設定してチャージすることができます。

このように3つの地域に分かれており、その地域ごとに料金も違います。

zone132円
zone292円
zone3858円

(1MBあたり・免税)

さらに「従量自動チャージ」なら、あらかじめ設定した上限を超えると自動でチャージされるため手間が少なくて便利です。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

700円〜

利用回線:

ドコモ・au

mineoの料金プラン・評判・スマホ

IIJmioは42カ国で料金が均一

IIJmioではSIMカードが使える42カ国で料金が均一なので、選びやすい料金体系となっています。

データSIM音声通話SIM
データ容量500MB500MB
価格3,850円4,600円
通話可能時間-30分
SNS可能数-25通

データSIMも音声通話SIMも有効期間は14日間です。

音声通話SIMの通話可能時間は発着信合計で30分まで、SMS可能数は送受信合計で25分までです。

リチャージができる

また、使い切ってしまった場合はリチャージができ、データSIMから音声通話SIMに変更することもできるので便利です。

データ100MBデータ500MB音声100MB音声500MB
価格800円3,850円1,000円4,600円
有効期限1日14日1日14日
通話可能時間--6分30分
SMS可能数--5通25通
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ・au

IIJmioの料金プラン・評判・スマホ

DMMモバイルは音声通話のみ利用可能

DMMモバイルは少し今までご紹介したMVMOとは違い、データ通信することができません
海外に渡るとき特別な手続きは不要ですが、SMSの送受信か音声通話のみ利用することができます。

WiFi通信の中であれば、メールやインターネットを利用することができます。
SMSの送受信ができると先述しましたが、データSIMのSMS付きプランでは利用ができないので注意が必要です。
そのため、海外で利用する場合は音声通話SIMでなくてはなりません。

価格は日本で使うときと同じ値段です。

データ容量価格
ライト1,140円
1GB1,260円
2GB1,380円
3GB1,500円
5GB1,910円
7GB2,560円
8GB2,680円
10GB2,890円
15GB3,980円
20GB4,680円

データSIMでの契約ができませんが、特別な手続きが不要なのでその点においてはとても便利です。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
440円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

440円〜

利用回線:

ドコモ

DMMモバイルの料金プラン・評判・スマホ

SIMフリースマホ持参で現地のプリペイドSIMを購入するのもあり

SIM

大手キャリア以外に海外で安くスマホを利用する方法として、SIMフリースマホを海外で持参し、現地のプリペイドSIMを購入する方法があります。

またより簡単な方法として、海外用のプリペイドSIMを日本で購入する方法もあります。
MVNOや家電量販店、ネットショップなどで購入できるため、海外でプリペイドSIMを購入するよりもより手軽です。

このように格安SIMをうまく利用することで海外でも格安でスマホを使うことが可能になります。
何も知らずに海外へ行くと思いもよらぬ高額請求をされることがあるため、今回ご紹介した方法を利用し、是非海外でも格安でのスマホ活用をしてください。

外国人旅行者におすすめのプリペイド式格安SIMはこちら⇒外国人旅行者におすすめのプリペイド式格安SIM