1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMとは?MVNOの通信速度やデメリットを徹底比較
  3. 「DMMモバイル」VS「IIJmio」使いやすいのはどっち?2社を徹底比較

「DMMモバイル」VS「IIJmio」使いやすいのはどっち?2社を徹底比較

最終更新日:
「DMMモバイル」VS「IIJmio」使いやすいのはどっち?2社を徹底比較

DMMmobile(DMMモバイル)は実はIIJmioの回線を借りて運営していますが、IIJmioよりも優れている点もあります。同じドコモ回線を取り扱う2社のどちらを契約すべきかを比較します。

IIJmioは自社でIIJmioという格安SIMを運営しつつ、他のMVNOであるDMMmobile(DMMモバイル)に通信設備などを提供しています。

そのためIIJmioとDMMモバイルは似ている点が多いです。DMMモバイルは料金の安さやSNSのデータフリーオプションが魅力で、IIJmioは通話オプションが充実しています。

ここでは、IIJmioとDMMモバイルを比較してどんな人にどちらのMVNOが向いているか紹介します。

DMMモバイルIIJmio
料金業界最安値級普通
通信速度遅い遅い
販売端末豊富だが分割だと高い豊富
店舗なしビックカメラやイオン
契約期間12ヶ月12ヶ月
データくりこし
通信速度切り替え

こんな人におすすめ!

  • 4人以上の家族で使うならならIIJmio
  • とにかく価格重視ならDMMモバイル

DMMモバイルは特に月額が安いMVNOです。とにかく最低料金で格安SIMを運用したい方にはDMMモバイルがおすすめです。

DMMモバイルの追加できるSIMは3枚までなのに対して、IIJmioはファミリープランであればSIMを10枚まで追加できます。4人以上の家族で乗り換え予定ならIIJmioがおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

《料金》DMMモバイルは440円から使えてとにかく安い!

料金比較の面ではDMMモバイルに軍配が上がります。 まず、データSIMはDMMモバイルの場合ライトプランが440円から利用できます。一方IIJmioのミニマムスタートプランは900円です。

ミニマムスタートプランは3GBのプランなので、DMMモバイルの3GBのプランと比較してみましょう。

3GBプランデータSIM音声通話SIM
IIJmio900円1,600円
DMMモバイル850円1,500円

やはりDMMモバイルの方が安いことが分かります。さほど大きな差はありませんが、月額にこだわってMVNOを決める場合はDMMモバイルがおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

IIJmioの10分かけ放題はファミリープランなら家族との通話が最大30分無料!

10分かけ放題の月額はDMMモバイルが850円でIIJmioは830円なので、IIJmioの方が安いです。

IIJmioには以下の2つのかけ放題があります。

  • 【月額600円】誰とでも3分以内/家族と10分以内のかけ放題
  • 【月額830円】誰とでも10分以内/家族と30分以内
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜
ドコモ

契約期間は12ヶ月!

IIJmioとDMMモバイルは解約金の発生する期間や解約金の額に差があります。

DMMモバイルは利用開始月の翌月から12ヶ月後の末日までに解約すると解約手数料が9,000円かかります。 データSIMは解約利用開始日を含む月の月末日まで解約できません。なお、解約手数料はかかりません。

IIJmioは音声通話SIMを12ヶ月以内に解約した場合に音声通話機能解除調停金がが最大12,000円かかります。

調停金の算出方法は【[12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数] ×1,000円】です。

例えば、初月の解約金12,000円で6ヶ月目の解約金は7,000円です。データSIMは解約金がかかりません。

《通信速度》通信速度は同じくらい!

DMMモバイルもIIJmioもお昼に通信速度が遅くなります。

すまっぴーでは毎月通信速度を時間帯別に計測していますが、DMMモバイルもIIJmioもお昼の通信速度が1mbpsを切ることが多いです。

以下はDMMモバイルとIIJmioの通信速度の比較です。

低速通信時は両社共に最大200kbps

DMMモバイルもIIJmioも高速データ量を使い切った後の通信速度は最大200kbpsです。DMMモバイルのライトプランはデフォルトで通信速度が200kbpsのプランです。

両社共に低速通信時の通信量が366MBを超えると通信速度がさらに制限されます。

また、IIJmioのau回線は高速通信時も直近3日間以内で6GB以上通信を行うと通信速度が制限される場合があります。

IIJmioはauにも対応

DMMモバイルはドコモ、IIJmioはドコモとauに対応しています。

ドコモもauも全国に基地局があるので問題なく通信を行えます。ただし、auのSIMは3Gに対応していないため、山の方ではau回線が使えないことがあります。

アプリから通信速度の切り替えが可能

DMMモバイルもIIJmioも専用アプリから高速通信と低速通信を自由に切り替えられます。低速通信時は高速データ量を消費しないので、ギガを節約できます。

IIJmioとDMMモバイルは、共に専用アプリをiOSやAndroid向けに提供しています。

専用アプリはそれぞれデザインが異なり、機能にも違いがあります。

DMMモバイルのアプリはグラフがあり見やすい!機能も充実!

DMMモバイルの専用アプリ「DMMモバイルツールアプリ」には、次のような機能があります。

  • 通信量の残量の確認
  • 高速データ通信のオン・オフ
  • 請求金額の確認
  • 追加チャージ

DMMモバイル専用アプリはマイページを開くことなく、契約や利用に関する情報の大部分を確認できます。

DMMモバイル アプリ

アプリを開くと通信量の残量を表すグラフが表示されます。

その下には追加チャージのボタンと高速データ通信の切り替えボタンがあります。アプリを開けばすぐに通信に関することが設定できて便利です。

IIJmioのアプリはテキストメインでシンプル

IIJmioのアプリ「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」は通信量関連の情報がテキストメインで表示されます。

IIJmio アプリ

回線の番号の隣に低速切り替えのボタンがあるだけでとてもシンプルです。

複数の回線を契約している場合は各回線の情報が一行ずつ表示されて便利です。

翌月までデータ繰越可能

DMMモバイルでは1ヶ月で使いきれなかった高速データ通信量を翌月に繰り越して利用できます。2ヶ月目以降は繰り越されません。

IIJmioもDMMモバイル同様にデータを翌月に繰越可能です。

バースト転送あり

DMMモバイルもIIJmioもバースト転送に対応しています。速度制限の時もテキストなど軽いページであれば読み込みが速いので快適に利用できます。

《販売端末》最安時は100円!?IIJmioの端末セールは熱い!!

IIJmioとDMMモバイルは両社共にスマホ本体の種類を豊富に取り揃えています。

IIJmioは2019年5月にスマホ本体を100円で販売するセールを行っていたので、今後もそういったセールがあるかもしれません。

一方、DMMモバイルは端末の種類こそ豊富ですが分割購入すると一括払いよりかなり割高になります。

例えばAQUOS zeroSH-M10は一括購入なら96,984‬円なのに分割購入(4,772円×24回)すると合計額が114,528‬円になるので、一括購入よりも17,544‬円多く支払うことになります。

DMMモバイルの販売端末一覧

Motorola moto g7
販売価格
30,800円
分割払い時
約 1,673円 x 24回
Motorola moto g7 plus
販売価格
38,800円
分割払い時
約 2,062円 x 24回
ASUS Zenfone Max(M2)
販売価格
26,500円
分割払い時
約 1,409円 x 24回
ASUS Zenfone Max Pro(M2)
販売価格
35,500円
分割払い時
約 1,887円 x 24回
SHARP AQUOS R2 Compact SH-M09
販売価格
69,800円
分割払い時
約 3,710円 x 24回
HUAWEI nova lite 3
販売価格
26,880円
分割払い時
約 1,429円 x 24回
Wiko Tommy3 Plus
販売価格
14,800円
分割払い時
約 787円 x 24回
OPPO R17 Pro
販売価格
49,880円
分割払い時
約 2,651円 x 24回
ASUS Zenfone Max Pro(M1)
販売価格
26,800円
分割払い時
約 1,425円 x 24回
ASUS Zenfone Live(L1)
販売価格
16,800円
分割払い時
約 893円 x 24回
SHARP AQUOS zero SH-M10
販売価格
89,800円
分割払い時
約 4,722円 x 24回
OPPO AX7
販売価格
29,880円
分割払い時
約 1,588円 x 24回
HUAWEI Mate 20 Pro
販売価格
111,880円
分割払い時
約 5,946円 x 24回
SHARP AQUOS sense2 SH-M08
販売価格
32,800円
分割払い時
約 1,743円 x 24回
HUAWEI nova 3
販売価格
54,800円
分割払い時
約 2,912円 x 24回
ASUS Zenfone Max(M1)
販売価格
22,800円
分割払い時
約 1,212円 x 24回
SHARP AQUOS sense plus SH-M07
販売価格
40,800円
分割払い時
約 2,169円 x 24回
HUAWEI P20
販売価格
69,800円
分割払い時
約 3,710円 x 24回
Motorola Moto E5
販売価格
18,500円
分割払い時
約 984円 x 24回
Motorola Moto G6
販売価格
28,800円
分割払い時
約 1,531円 x 24回
Motorola Moto G6 Plus
販売価格
38,800円
分割払い時
約 2,062円 x 24回
ASUS Zenfone 5Q
販売価格
39,800円
分割払い時
約 2,115円 x 24回
HUAWEI MediaPad M5 8.4
販売価格
45,800円
分割払い時
約 2,434円 x 24回
SHARP AQUOS R compact SH-M06
販売価格
64,800円
分割払い時
約 3,189円 x 24回
HUAWEI MediaPad M3 Lite
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,584円 x 24回
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜
ドコモ

IIJmioの販売端末一覧

ASUS Zenfone 6
販売価格
64,800円
分割払い時
約 2,750円 x 24回
Motorola moto g7
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,250円 x 24回
Motorola moto g7 plus
販売価格
35,800円
分割払い時
約 1,500円 x 24回
Motorola moto g7 power
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,050円 x 24回
HUAWEI P30 lite
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,250円 x 24回
HUAWEI P30
販売価格
69,800円
分割払い時
約 3,000円 x 24回
ASUS Zenfone Max(M2)
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,050円 x 24回
ASUS Zenfone Max Pro(M2)
販売価格
32,800円
分割払い時
約 1,380円 x 24回
SHARP AQUOS R2 Compact SH-M09
販売価格
64,800円
分割払い時
約 2,750円 x 24回
HUAWEI nova lite 3
販売価格
22,800円
分割払い時
約 980円 x 24回
OPPO R17 Pro
販売価格
39,800円
分割払い時
約 1,680円 x 24回
SHARP AQUOS zero SH-M10
販売価格
79,800円
分割払い時
約 3,350円 x 24回
OPPO AX7
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,280円 x 24回
HUAWEI Mate 20 Pro
販売価格
98,000円
分割払い時
約 4,100円 x 24回
ASUS ROG Phone
販売価格
119,500円
分割払い時
約 5,000円 x 24回
SHARP AQUOS sense2 SH-M08
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,250円 x 24回
OPPO Find X
販売価格
69,800円
分割払い時
約 2,925円 x 24回
Motorola moto z3 play
販売価格
54,800円
分割払い時
約 2,300円 x 24回
HUAWEI nova 3
販売価格
44,800円
分割払い時
約 1,870円 x 24回
HUAWEI MediaPad T5
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,250円 x 24回
OPPO R15 Neo
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,280円 x 24回
HTC U12+
販売価格
87,800円
分割払い時
約 3,660円 x 24回
ASUS Zenfone 5Z
販売価格
59,800円
分割払い時
約 2,500円 x 24回
HUAWEI P20 lite
販売価格
27,800円
分割払い時
約 1,200円 x 24回
Motorola Moto E5
販売価格
16,800円
分割払い時
約 750円 x 24回
Motorola Moto G6
販売価格
26,800円
分割払い時
約 1,150円 x 24回
Motorola Moto G6 Plus
販売価格
35,800円
分割払い時
約 1,500円 x 24回
ASUS Zenfone 5
販売価格
48,800円
分割払い時
約 2,050円 x 24回
ASUS Zenfone 5Q
販売価格
34,800円
分割払い時
約 1,480円 x 24回
HUAWEI MediaPad M5 8.4
販売価格
43,800円
分割払い時
約 1,850円 x 24回
KYOCERA DURA FORCE PRO
販売価格
69,800円
分割払い時
約 3,000円 x 24回
CAT S41
販売価格
49,800円
分割払い時
約 2,100円 x 24回
SONY Xperia XZ Premium
販売価格
59,800円
分割払い時
約 2,500円 x 24回
ASUS Zenfone Live
販売価格
16,800円
分割払い時
約 750円 x 24回
HTC U11
販売価格
54,800円
分割払い時
約 2,300円 x 24回
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

《店舗》DMMモバイルはネットのみ

IIJmioはビックカメラやイオンなどの店舗で即日開通に対応しています。即日開通に対応している店舗は以下の通りです。

  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • イオン
  • ヨドバシカメラ
  • ASUS Store Akasaka

一方、DMMモバイルは直営店や家電量販店での取り扱いがありません。店舗がないとスタッフの人件費やショップの維持費などが発生しません。店舗がないからDMMモバイルは安い月額でサービスを提供できるのかもしれませんね。

DMMモバイルはネットでしか契約できないため、格安SIM初心者の方はハードルが高いと感じるかもしれませんが、契約手続きの内容は住所やクレジットカードといった個人情報の入力をするだけなので難しいことはありません。

《シェアSIM》シェアSIM枚数はIIJmio!使い勝手ならDMMモバイル!

シェアSIMを大人数で使う場合ならIIJmioの方が有利!

IIJmioとDMMモバイルは、シェアSIMを提供しています。複数人で通信量をシェアする場合は、IIJmioにおける12GBプランの方が使える枚数が多いため、IIJmioの方が有利と言えるでしょう

DMMモバイルIIJmio (3GBプラン、6GBプラン)IIJmio(10GB プラン)
SIMカードの最大枚数3枚2枚10枚

ただし、DMMモバイルは8GB、10GB、15GB、20GBと4つのプランでシェアSIMを2枚(メインのSIMと合計で3枚)使えるものの、IIJmioは10GBプランでしか2枚以上のシェアSIMを使えません。

3人家族までならDMMモバイル、4人以上ならIIJmioを選ぶのがおすすめです。

IIJmioの3GBと6GBプランなら1枚だけSIMを追加できるので、タブレット用におすすめ

前述の通りIIJmioの3GBプランと6GBプランは、SIMカードを1枚しか追加できません。追加SIMの予定が1枚だけなら問題ないでしょう。

例えばスマホとタブレットを同じ回線で使いたい場合、DMMモバイルだと3枚セットなので1枚余ります。しかし、IIJmioなら2枚なので無駄なくSIMカードを利用できます

また、DMMモバイルの場合シェアSIMを利用できるのは8GBからなので、8GBも必要ないならIIJmioで3、6GBプランを選んだほうが良いでしょう。

そのほかの違い

DMMモバイルとIIJmioは違うMVNOなので細かい点で違う部分もあります。

共通する点は両社共にキャリアメールやLINEの年齢認証ができません。また、支払い方法がクレジットカードのみという点も共通しています。

両社ともWiFiスポットの利用は月額362円のオプション料金を支払うとエコネクト(Wi2、BBモバイルポイント)のWiFiスポットが使えるようになります。

DMMモバイルは毎月の支払いでDMMポイントが貯まる!

DMMモバイルは毎月の支払い額の10%がDMMポイントとして還元されます。DMMポイントは艦これなどのゲームやDMMのコンテンツに利用できます。

DMMモバイルにはSNSフリーのオプションがある

SNSフリー

DMMモバイルにはLINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、InstagramがカウントフリーになるSNSフリーのオプションがあります。月額は250円です。

ただし、対象サービス利用時は通信速度が遅くなるといった声が多く上がっているので注意してください。

4人以上の家族での利用でなければDMMモバイルがおすすめ

IIJmioとDMMモバイルを比べてみると、大きな差がないことがわかります。

4人以上の家族でシェアSIMを使ってスマホを利用するならシェアSIMを最大10枚まで使えるIIJmioの方がおすすめですが、3人以下での利用であれば、DMMモバイルを選んだ方が満足できますよ。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜