安くて便利な1GBプランのおすすめの格安SIM

913a3479337d4dd144340b770dcf7c1a

安くて便利な1GBプランのおすすめの格安SIM

最終更新日:

携帯電話をほとんど利用しないため、格安スマホ・格安SIMに乗り換えたいという人は1GBのプランがおすすめです。1GBプランはインターネットで調べものをする、LINEやメールを使う以外ではあまりスマホを使わないという人におすすめのプランになります。様々な格安SIMの1GBプランを比較します。

1GBの通信量における、おすすめの格安SIMはどれ?

格安SIMを契約するにあたって、プランを選ぶ必要がありますよね。

キャリアだと自分の必要以上に大きな通信量のプランを選ぶしかない場合もありますが、格安SIMなら自分に合っているプランを提供しているMVNOと契約すれば大丈夫です。

この記事では、1GBの通信量におけるおすすめの格安SIMを解説します。あまりスマホは使わないので、1GBあれば十分だと考えている方はご覧ください。

1GBプランであればデータSIMで499円、音声通話SIMでも1,199円~と非常に安い価格で利用できるのが大きなメリットです。

1GBプランは動画や音楽で通信しない人におすすめ

1ヶ月を30日とすると、1GBプランで1日に使える通信量はだいたい33MBになります。

33MBという通信量はけっして多くありません。しかし、用途を限定すればそこそこ色々なことができます。

ブラウザの閲覧は、画像の多いページでなければ20ページ開いて5MB程度です。調べ物などでブラウザを使ったとしても、30MB程度に収まる可能性は高いですね。

LINEやTwitterなどの文字主体のサービスも、30MBあれば思う存分楽しめます。画像のやり取りが多くなると危険ですが、そうでなければ大丈夫です。

動画や音楽に関する通信は、通信量を多く消費します。そのため1GBプランでこれらのサービスを使うと、すぐに通信量を使い切ってしまうことが考えられます。

1GBプランは、動画や音楽は利用しないもしくはWi-Fi環境下で楽しむという人におすすめです。

1GBプランを提供している格安SIMはいくつも存在する

格安SIMには、1GBプランを提供しているものが多数存在しています。

価格はMVNOごとに大きく異なっていますので、どこにするべきか値段やサービスを見ながら考えましょう。

まずは、以下の表をご覧ください。これは、各MVNOにおける1GBプランの月額料金を比較したものです。

月額料金(データSIM)月額料金(音声通話SIM)
mineo800円1,500円
DMMモバイル480円1,260円
U-mobile680円1,480円
ワイモバイル980円2,980円
FREETEL499円1,199円
エキサイトモバイル670円1,370円
BIGLOBE SIMなし1,400円

最も安いのはDMM mobile、高いのはY!mobileですね。

Y!mobileは10分以内の通話が無料、さらに24時間高速通信可能

Y!mobileは月額料金が2980円と高いですが、その代わりにサービスが充実しています。

まず、1ヶ月につき300回までは10分以内の通話が無料です。2017年の2月からは回数制限も撤廃され、10分かけ放題になります。

そして通信速度が速いことも、Y!mobileのメリットですね。24時間高速通信が可能で、他の格安SIMのような回線の混雑による速度制限はありません。

さらにキャリアメールが使えることも、Y!mobileのメリットです。MMSなのでY!mobileのSIMを入れた端末でしか使えませんが、ドコモなどのキャリア用のメールアドレスにメールをスムーズに送ることができます。

他の格安SIMで契約時にもらえるメールアドレスやフリーメールは、キャリアのメールアドレスあてにメールを送ってもブロックされてしまう場合がほとんど。しかしY!mobileのMMSなら、迷惑メール扱いにならずしっかりと相手に届きます。

このようにサービスが充実しているため、月額料金が高いのはけっしておかしいことではありません。

とはいえ他の格安SIMに比べてキャリアとの金額の差が大きくないのは事実ですので、サービスを重視するならY!mobileをおすすめしますが、安さを重視するなら他の格安SIMのほうが良いでしょう。メリットと価格を比較して検討することが大事ですね 。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル 公式をチェック

SIM料金

1,980円〜

利用回線:

ワイモバイル

mineoなら、1GBプランでも毎月最大2GBまで使える

mineoは1GBで1500円。3GBプランは1600円ですし、他の格安SIMと比べても割高感があるのは否めません。

しかし、mineoにはフリータンクというシステムがあります。mineoではフリータンクを使うことで、21日から月末までに限られますが、1,000MBほど余分に使うことが可能です 。

フリータンクとはユーザーが余ったデータ量を寄付して貯めておける制度です。逆にデータ量が足りなくなったユーザーは毎月1,000MBを上限にデータ量を追加で利用できます。

フリータンクに寄付されたデータ量が溜まっていないと利用できないのですが、タンクが空になっていることはほとんどありません。

mineo フリータンク

利用の条件として、21日から月末までの間しかデータ量の追加は行えませんが、非常に便利なサービスです。

フリータンクは格安SIMの中でもmineoだけが行っているサービスです。

つまり実質2GBプランなので、価格が少し高めであることはそれほど大きな問題ではありません。

さらに、通信量無制限の低速モードも用意されています。普段は低速モードを使って、速度を必要とする用途にのみ高速通信を使うといった使い方ができるのは便利ですね。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

700円〜

利用回線:

ドコモ・au

1GBプランで最もおすすめなのはDMM mobile

純粋に月額料金の安い格安SIMを契約したいなら、DMM mobileを契約することをおすすめします。

DMM mobileは月額1260円。FREETEL SIMと比べると少し高いですが、DMM mobileでは毎月契約している10%分ポイントがもらえるため、それも含めて考えれば最安になります。

IIJがMVNEであるDMM mobileは速度も速めですし、セット購入できる端末の種類が多めだったり、通信量を消費しない低速モードが用意されていたりと、サービスも充実しています。

ただし低速モードは、直近三日間の通信量が合計366MBを超えていると低速モード利用時における速度がさらに下がります。あくまで補助的なものとして利用しましょう。

この他にも、アプリを使って速度を即座に変更できることや半額で通話できるDMM Talkの存在など、メリットは豊富です。

ちなみにFREETEL SIMは1GBの月額料金がさらに安いですが、こちらはセット購入できる端末がFREETEL社のものしか選べないことや、アプリが機能的には十分であるもののシンプルすぎることがネックです。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
440円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

440円〜

利用回線:

ドコモ

1GB以上使うこともまれにあるなら、従量課金プランがおすすめ

定額の1GBプランの他に、FREETEL SIMやエキサイトモバイルでは従量課金制のプランも展開しています。

U-mobileのダブルフィックスプランも、2段階しか料金が変動せず最大通信量が3GBまでではあるものの、従量課金制のプランに当たりますね。

これらの従量課金制プランは、1GBの月額料金にしっかり収めたい人にはおすすめできません。

しかし普通に使っていれば1GBに収まるものの、たまに足りなくなる場合があるのであれば、従量課金制のプランを選んだ方が快適に使える場合がありますね。

従量課金制プランを利用するなら、エキサイトモバイルがおすすめ

FREETEL SIMとエキサイトモバイルを比較すると、FREETEL SIMは1GB、3GB、5GBというように数GB置きに料金が上がっていきます。

エキサイトモバイルは、500GBを除くと1GB、2GB、3GBと、1GB消費するごとに月額料金が上がるしくみです。

FREETEL SIMだと少しだけオーバーした場合に一気に料金が上がるため、損した気分になってしまいます。従量課金制のプランを契約したいならエキサイトモバイルを選ぶことをおすすめします。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
670円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

670円〜

利用回線:

ドコモ

まとめ

1GBの通信プランを用意している格安SIMは様々ですが、料金の安さとサービスの充実の両方を求める場合はDMM mobileが良いでしょう。

月額料金が安いことに加えてポイントも貯まりますし、低速モードを使ったり、半額通話ができたりと、サービスが充実しています。

通話をする機会が多く1回の通話時間も長い場合にはY!mobile1GB以上使うこともある場合はmineoかエキサイトモバイルがおすすめです

総合的にみると、あまりスマホを使わないので月額料金を安く抑えたい場合はDMM mobileが一番ですね。

もしも1GBでは足りなくなったら、2GBプランに切り替えることも可能です。DMM mobileに乗り換えてみてはどうでしょうか。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
440円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

440円〜

利用回線:

ドコモ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

700円〜

利用回線:

ドコモ・au

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
670円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

670円〜

利用回線:

ドコモ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル 公式をチェック

SIM料金

1,980円〜

利用回線:

ワイモバイル