FREETEL(フリーテル)を使って分かったメリット・デメリット

最終更新日:
FREETEL(フリーテル)を使って分かったメリット・デメリット

CMに佐々木希を起用するなど、宣伝に力を入れているFREETELの実際に使ってみてのメリットデメリットを解説します。FREETELのメリットは価格が安い点です。一方で通信速度が遅くなる、従量課金制が意外とお得感がないなどのデメリットがあります。

FREETEL SIMのメリット・デメリット

Made by Japanという名目でSIMフリースマホを発売する一方で、格安SIM事業も展開しているFREETEL。今回は、FREETEL SIMのメリットとデメリットを解説します。

実際にFREETEL SIMを契約して使用したうえで、いったいどんなメリットやデメリットがあるかを解説します。
FREETEL SIMへの乗り換えを検討している方は、ご覧ください。

結論としては、料金は安くで利用できる分プランがわかりにくくなっています。

FREETEL(フリーテル)はプランをしっかりと把握してから契約することが重要です。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
999円〜 ドコモ

FREETEL SIMは、docomo回線の格安SIMで2つのプランがある

まずはFREETEL SIMのプランについて解説します。

FREETEL SIMはdocomo回線の格安SIMですが、多くの格安SIMで採用されている、月ごとに通信量が決まっているプランの他に、従量課金制のプランも用意されています。

そして私が実際に契約して使っているのも、従量課金制のプランです。

使った分だけ安心プランは従量課金制

データSIM通話SIM
~100MB299円999円
~1GB499円1,199円
~3GB900円1,600円
~5GB1,520円2,220円
~8GB2,140円2,840円
~10GB2,470円3,170円
~15GB3,680円4,380円
~20GB4,870円5,570円

従量課金制のプランは、使った分だけ安心プランという名前です。このプランは自分の使った通信量における月額料金を支払うもので、現在契約すると最大20GBまで使うことができます。

通信量はマイページや専用アプリからいつでも確認できるので、自分がどのくらい使っているかを確認しながら使うことが重要ですね。

ただし使った分だけ安心プランには弱点があります。それは月額料金が上がるまでの幅が大きいことです。

同様の従量課金プランを展開しているエキサイトモバイルは1GBずつ月額料金が上がっていきますが、FREETEL SIMの使った分だけ安心プランは1~5GB感覚です。

そのためわずかに通信量をオーバーして月額料金が一気に跳ね上がってしまったときに、もったいないことになります。

定額プランは月ごとの通信量が決まっている

定額プランは、多くの格安SIMと同様に月ごとの通信量が決まっています。

データSIM通話SIM
1GB499円1,199円
3GB900円1,600円
5GB1,520円2,220円
8GB2,140円2,840円
10GB2,470円3,170円
15GB3,680円4,380円
20GB4,870円5,570円
30GB6,980円7,680円
40GB9,400円11,000円
50GB11,800円12,500円

使いすぎることがないのはメリットですが、月額料金はあまり安いとはいえません。FREETEL SIMを契約するなら、定額プランよりも使った分だけ安心プランをおすすめします。

FREETEL SIMを実際に使った感想

ここからは、FREETEL SIMを実際に使った感想を解説します。

FREETEL SIMの通信速度は比較的速いが、昼や夜に遅くなるタイミングがある

FREETEL SIMの通信速度は、比較的速めです。特に日中は速度が速く、ブラウザを見たり動画を見たりしていても、ストレスを感じることはないでしょう。

しかしFREETEL SIM以外のdocomo回線を使用した格安SIMのほとんどと同じく、お昼時や夕方~夜にかけて速度が著しく低下することはあります。

これを受け入れられるかどうかで、FREETEL SIMを契約するべきかそうでないかは変わってくるでしょう。

FREETELの通信速度はトップクラス!4社と徹底比較
関連記事 FREETELの通信速度はトップクラス!4社と徹底比較

FREETEL SIMは、実際の速度とスピードテストの結果が噛み合っていないことがある

FREETEL SIM最大の欠点は、実際に出ている速度とスピードテスト時の速度が明らかに噛み合っていないことです。

こちらのスクリーンショットの時間帯は速度が明らかに低下していたのですが、見ての通り本来なら普通にサイトを高速で読み込めるはずの6.95Mbpsという数値となっています。

お昼や夕方~夜にスピードテストをしても、下り5~10Mbpsの速度が出るFREETEL SIM。しかし体感速度は、明らかに0.5~2Mbps程度なのです。

ブラウザでページを読み込むのに30秒近くかかっているのに速度は6Mbps程度出ているため、何らかの操作が行われている可能性は十分にあると考えられます。

低速モードははっきり言って使い物にならない

マイページやアプリから低速モードに切り替えて、高速通信量の消費を抑えられるFREETEL SIM。しかし低速モードは、本当に低速なので、扱いづらいと感じました。

時間を測ってみたところ、Yahooのトップページを開き終わるまでに2分30秒ほどかかりました。少なくともブラウザ閲覧は無理です。

Twitterのタイムラインは文字だけなら10秒ほどで読み込めましたが、画像はいつまで経っても表示されません。

スピードテスト結果も、こちらは本当に速度が遅い状態で計測されていますね。

ほとんどの場合、月ごとの利用料金が299円にはならないと考えられる

FREETEL SIMはデータSIMなら月額299円から利用できることがウリですが、通信量が100MBを超えた時点で、1GBまでは月額499円になります。

100MBという通信量は、少なくとも普通にメインのSIMカードとして使っていれば数日で達してしまうものです。

サブ回線としてメインのスマホ以外で使う場合でも、多くの方は100MB以上通信してしまうでしょう。

私もサブ回線としてデータSIMをiPadに入れて使用していますが、1GBは超えないものの、100MBはすぐに超えてしまいます。

299円でFREETEL SIMを利用したいと考えている方は、おそらく難しいので気をつけましょう。

SNSなどの通信量がカウントされないのは便利

SNSなどの通信量がカウントされないFREETEL SIMのシステムは、なかなか便利です。

LINEやポケモンGO、iPhone用のプランならAppStoreの通信量が無料。さらに2016年の12月からは、Twitterやフェイスブック、Instagramも通信量がかからなくなります。

これらのアプリしか使わないなら、月額299円に抑えることもできるかもしれません。

FREETEL SIMはどんな人におすすめ?

最後に、FREETEL SIMはどんな人におすすめかを解説します。

毎月の利用量が決まっていない人

使った分だけ安心プランを契約すれば、20GBまでは低速化することなく通信可能です。

もし通話SIMで20GB使うと5570円という高めの月額料金になってしまうので注意が必要ですが、毎月の通信量が安定していない人には、使った分だけ安心プランは便利でしょう。

FREETEL製の端末がほしい人

FREETEL SIMとFREETEL端末をセット購入して使うなら、初期設定の必要がありません。

端末内にAPN設定がすでに保存されているため、SIMカードを入れるだけで使い始めることができます。

スマホ初心者で細かい設定はできないと考えている方は、FREETELのスマホとFREETEL SIMをセット購入して乗り換えてみてはどうでしょうか。

最低利用期間がないので、初めての格安SIMにおすすめ

FREETEL SIMには、最低利用期間がありません。もしも合わなければ、データSIMも通話SIMも、すぐに無料で解約できます。

試しに格安SIMを使ってみたいなら、まずFREETEL SIMを契約してみてはどうでしょうか。

ただしMNP手数料はかなり高額であることに注意しましょう。

1ヶ月目は15000円、2ヶ月目は14000円…と毎月1000円ずつ手数料が下がっていき、13ヶ月目からは2000円にMNP手数料が固定されます。

FREETEL SIMから乗り換える際には、気をつけなければいけません。

昼や夜にスマホをよく使う人は注意

昼(12~13時)や夜(17~20時頃)にスマホをよく使う場合、回線が混雑して低速化している場合が多いですので、使っていて不満を感じる可能性が高いです。

これらの時間を中心にスマホを使うなら、Y!mobileやUQ mobileを契約したほうが良いでしょう。

まとめ

FREETEL SIMの速度は比較的安定して高速ですが、それでも昼や夜に速度は低下してしまいます。これはdocomo回線の格安SIMの宿命ですね。

さらに低速化している時間帯でもスピードテスト結果は高速であるため、どうにも胡散臭いところがあるのがFREETEL SIMです。

誠実さがあまり感じられないためおすすめしづらいのですが、docomo回線の格安SIMとしては速度が速めですので、メイン回線としても十分使えると感じました。

  • 低速化する時間帯があることを理解したうえで契約する
  • 使った分だけ安心プランを契約するなら、通信量のチェックを怠らない

FREETEL SIMを契約する場合は、この2つに気をつけましょう。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
999円〜 ドコモ