1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM徹底解説!人気MVNO比較
  3. YouTube視聴におすすめ格安SIM3社!【動画SIM】

YouTube視聴におすすめ格安SIM3社!【動画SIM】

最終更新日:
YouTube視聴におすすめ格安SIM3社!【動画SIM】

YouTubeなどの動画サービスを存分に楽しむのにおすすの格安SIMは【BIGLOBEモバイル】【楽天モバイル】【mineo】の3社です。ほかにも、無料Wi-Fiスポットや大容量プラン、通信速度が爆速の格安SIMも合わせて紹介!!使い方やニーズに応じて選ぶと後悔しませんよ。

YouTubeやSpotifyなどのストリーミングサービスは一昔前に比べると一般的になっていきています。実際、スマホでの動画視聴率は7割を超えているとMMD研究所の調査結果で出ています。ストリーミングサービスは格安SIMでも十分に楽しめますが、プランの選び方を間違えると速度が遅かったり容量が足りなかったりと失敗をしてしまいます。

そこで、今回は動画や音楽配信サービス(ストリーミングサービス)を使う際のおすすめを厳選して3社紹介していきます!

出典:MDD研究所:調査データ

動画視聴におすすめ格安SIMランキング!【TOP3】

第1位BIGLOBEモバイル動画や音楽サービスのカウントフリーオプション!
第2位楽天モバイルスーパーホーダイなら低速通信時でも動画が見れる!
第3位mineo(マイネオ)通信速度と容量のバランスが良い!

【第1位】BIGLOBEモバイル~月額480円でカウントフリーオプション!

BIGLOBEモバイルでは3ギガプラン以上の契約者を対象に月額480円で加入できる「エンタメフリー・オプション」(データSIMは月額980円)を提供しています。全11種類のサービスがカウントフリーの対象のため、音楽も動画も思う存分楽しみたい方におすすめです。とくに、BIGLOBEモバイルは限定キャンペーンなどのキャンペーンにも力を入れているため、おトクに運用開始することができます。

エンタメフリーオプションを利用した場合のYouTubeの動画視聴速度は360p程度まで抑えられます。そのため、4KやフルHDでの動画視聴はできないため注意。YouTubeや対象サービスをデータ容量を気にすることなく楽しみたい人におすすめします。6ギガプラン以上の方は無料でWi-Fiスポットも利用できるため、オプションに加入したくない方にもおすすめしますよ。また、30GBの大容量プランもあります。

エンタメフリーオプション対象のサービス一覧

  • YouTube
  • YouTube Music
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • Abema TV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music
  • U-NEXT
  • YouTube Kids
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

【第2位】楽天モバイル~スーパーホーダイならいつでも1Mbps!

楽天モバイルのスーパーホーダイは低速通信時でも最大ダウンロード速度1Mbpsがでます(12:00~13:00、18:00~19:00は300Kbps)。スーパーホーダイであれば10分かけ放題がパッケージングされているため、通話が多い人にもおすすめです。

BIGLOBEモバイルとは違い速度は規制されますが、追加料金なしで利用できる「ある意味カウントフリー」といったところです。YouTube視聴でもBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションのように必ず動画の画質が規制されるわけではないため、回線混雑時でなければ画質を上げることができます。

1Mbpsってどれくらいの速度?

1Mbpsといわれてもどれくらいかわからないですよね。理論的なことを説明しても眠くなるだけなので、簡潔にいうと360p程度の速度での動画視聴であれば問題なく視聴できる速度です。つまり、スマホで見る場合の標準画質動画は快適に視聴できるということです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

【第3位】mineo(マイネオ)~30GBの大容量で通信速度も問題なし!

mineoには500MB~30GBまでのプランがあります。30GB程度の大容量プランを提供しているMVNOの中では最も通信速度が安定しているのはmineoです。さらに、mineoは30GBの料金も比較的安く全体のバランスが非常に良いです。

カウントフリーではないため使った分データは消費されますが、画質規制や通信速度規制がないため、4KでもフルHDでもガンガン見れますよ(データ消費し過ぎに注意(笑))。au回線のAプランのみ直近3日間のデータ通信量が6GBを上回ると通信規制の対象となるため、注意してください。

パケットサービスを活用して足りないデータ容量を補おう!

mineoはパケットサービスが充実しているため、万が一データをすべて使いきってしまっても、フリータンクから1か月に2回まで最大1GBのデータ容量を引き出す事ができます。まわりにmineoユーザーがいればパケットギフトでデータ容量を分けてもらうことも可能。逆に、フリータンクに余ったデータ容量を入れて寄付したり、助けてくれたmineoユーザーにお返しすることもできますよ。mineoならではのユーザー同士が助け合うシステム なので、使っていて気持ちがいいものです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

動画サービス利用でそのほかのおすすめの格安SIM

上記3社以外にも大容量プランや高速通信のプラン、無料Wi-Fiなどを提供している格安SIMがあります。ジャンルごとに簡単に紹介していきます。

通信速度が爆速のおすすめ格安SIM

通信速度は速いが容量が少ない格安SIMのおすすめです。動画を見る頻度は少ないが、高速で視聴したい方におすすめです。

UQモバイル

UQモバイルは格安SIMの中で常にトップレベルの通信速度を誇り大手キャリア並みの速度で利用できます。そのため、混雑時のお昼時でも動画を見るのに十分な速度がでます。ただ、データ容量はデータ増量しても最大で21GBなので頻繁に動画を見る人には物足りないでしょう。さらに、UQモバイルに契約していると、「Wi2 300」のWi-Fiスポットを無料で利用できます。また、ちょっと通信速度は遅いですがデータ無制限のプラン(500Kbps)もあります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルはUQモバイルには及びませんが、格安SIMの中では爆速レべルです。ソフトバンクが運営しているため、「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で利用できます。データ容量はUQモバイル同様最大で21GB。データ無制限のプランはありません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

無料で有料Wi-Fiスポットを利用できるおすすめ格安SIM

上記以外に無料でWi-Fiスポットを利用できる格安SIMを紹介します。自宅や好きなところで利用できない点がデメリットですが、Wi-Fi利用中はデータ消費がないため、外出先で動画を見たりする人におすすめです。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは全国80,000か所以上あるWi-Fiスポットを無料で利用できます。さらに、無料申し込みで音楽配信サービスのカウントフリーになる「MUSICカウントフリー」もおすすめ!30GBの大容量プランもあります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ

U-mobile

U-mobileの契約者は「U-NEXT Wi-Fi」という全国に82,000か所あるWi-Fiスポットを無料で利用できます。1日1GBに通信制限はありますが、「LTE使い放題」のプランもありますよ。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜
ドコモ
ソフトバンク

大容量プラン(30GB以上)の取り扱いがあるおすすめ格安SIM

前述した格安SIM以外に大容量プランを提供している事業者を紹介します。データを使いきるまでは高速通信を使える点がメリットですが、事業者によっては「通信速度が非常に遅い」「直近3日間の通信規制」などのデメリットがあります。遅くてもとりあえずデータ消費をあまり気にせずに動画を視聴したい方におすすめです。

イオンモバイル

イオンモバイルは30GB・40GB・50GBの大容量プランを提供していますが、通信速度が安定していません。また、au回線は直近3日間のデータ通信量が6GBを超えると通信制限される点にも注意。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルもイオンモバイル同様30GB・40GB・50GBの大容量プランを提供しています。50GBはイオンモバイルより多少料金が安いです。また、40GB以上のプランを提供している格安SIMはイオンモバイルとエキサイトモバイルのみです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ

LinksMate(リンクスメイト)

LinksMateは30GBの大容量プランがあり、追加容量オプションを利用すると月額2,000円で+10GBで合計40GBに増やすことができます。8,000円で40GBなので、他社とそれほど変わらない料金で運用できます。また、YouTubeは対象外ですが、ゲームやコンテンツ65種類がカウントフリーになるオプション(月額500円)に加入できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ

動画視聴する際の注意点

格安SIMでも動画サイトを充分快適に閲覧することが可能です。しかし、注意するべきことが2つあります。格安SIMで動画を楽しむ時には、「実際の通信速度」と「データ量」に注意が必要です!

動画視聴する際の通信速度

動画を実際に視聴するばあどのくらいの通信速度が必要なのかというと、一般的なスマホのサイズ(360pまたは480p程度)であれば1Mbps~3Mbpsといわれています。HD(720p)やフルHD(1080p)以上で視聴するとそれ以上の通信速度を求められます。

画質の設定をしよう

画質を設定できるサービスは手動で画質を設定しましょう。設定方法はサービスによって違いますが、動画視聴画面のメニューから変えられる場合はほとんどです。

YouTube例にすると、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションであれば自動的に動画の画質を落としてくれます。しかし、通常利用であれば画質は通信速度に合わせてYouTube側で自動で最適化します。そのため、通信速度が速い時間帯にYouTubeを視聴するとHDやフルHD画質に設定されます。そうなると、同じ10分の動画でも消費するデータ容量が増加してしまうため、高速データをすぐに消費してしまいます。なので、画質の設定は格安SIMを上手に運用するためには必要不可欠なのです。

同サービスでも画質でデータ消費量は全然違う!

以下の表をご覧の通り同じYouTubeでも、画質が違うと視聴できる時間に大きな差があるため、注意が必要です。動画を視聴する時だけ、Wi-Fiを使ったり、動画視聴時に使うデータ量がカウントされないサービスを利用したりするなど工夫することをおすすめします。

YouTube視聴の例
標準画質(360p)で視聴した場合1GBで5時間30分程度動画を視聴可能
HD(720p)で視聴した場合1GBで90分程度動画を視聴可能

動画を楽しみながら携帯料金を安くしよう!

格安SIMでも動画視聴を十分に楽しむことができる格安SIMは「BIGLOBEモバイル」「楽天モバイル」「mineo」の3社です。

格安SIMへの乗り換えを検討していると確かに通信速度やデータ量は不安要素になりますが、解決法はあります。通信速度は混雑時を避ければおおむね満足できるし、データ量はカウントフリーや大容量プランを選ぶことで大手キャリアと変わらず快適に利用することができます。大手キャリアより携帯料金を安くしながら動画も楽しめる点で、格安SIMに乗りかえるメリットは大いにありますね。

今回紹介した格安SIM一覧

とくにおすすめする3社!

第1位

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

第2位

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

第3位

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

その他のおすすめ

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜
ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ

関連キーワード

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
2eb823ceea13351d604b2321c1a508d9
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜