不通期間なし!ネット購入でも即日開通できる格安SIM

不通期間なし!ネット購入でも即日開通できる格安SIM

最終更新日:
Large cca6c7a6c21ddb251a78144fe942bfd7

格安SIMをMNP(電話番号引継ぎ)で契約する際、ネット購入では即日開通できない会社もあります。スマホは毎日使うものなので使えない期間があると困ります。最近ではSIMカードが届いてから切り替え手続きをすることで即日開通が可能な会社が増えてきました。即日開通可能な会社3社とそれぞれの開通方法を紹介します。

MNPを利用してキャリアを移動する場合、大手キャリアであれば店頭購入であってもネット購入であってもほとんどの場合、即日開通が可能です。しかし格安SIMは、少し前までは店頭購入であっても即日開通が難しい場合がありました。現在は店頭購入であれば開通日が翌日以降になってしまう問題は大分解消されてきましたが、ネット購入では即日開通ができない業者がまだ多く存在します。

せっかく格安SIMに乗り換えて月額料金を安く抑えることができるようになっても、開通するまでに何日もかかるようでは大きなデメリットとなってしまいます。逆にネット購入であっても即日開通が可能な格安SIMはそれだけでも大きなメリットとなり、選択肢の一つとなるのではないでしょうか?そこで今回はネット購入でも即日開通できる格安SIMの中からU-mobile、楽天モバイル、mineoの3つをご紹介します。

使い放題プランが魅力のU-mobile

2017年7月1日より新たにIIJ回線を利用したLTE使い放題サービス「U-mobile PREMIUM」の提供を開始したU-mobile。下り最大225Mbpsの高速回線を月2,480円。電話サービスを追加しても2,980円で利用できます。

音声SIMを即日受け取れる店舗も212店舗(2017年7月現在)ありますが、ネット購入であっても即日開通が可能になっています。申し込み方法は以下の通りです。

  • 現在利用しているキャリアでMNP予約番号を取得
  • MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、本人確認書類、メールアドレスを用意の上、申し込みフォームの、MNP転入方式で「届出方式」を選択し申し込み
  • SIMカード到着後、「届出方式開通依頼お手続き」ページで開通依頼
  • 開通完了のメールが来た時点で、それまで利用していたSIMカードが解約となる
  • 届いたSIMカードを挿した端末でAPN設定をすれば利用開始

注意点としては、MNP転入方式を選択する際に「自動方式」ではなく必ず「届出方式」を選択することです。そして一番気をつけなくてはいけないのが、申し込み時に記載するMNP予約番号日付です。この日付を間違って記載してしまうと、キャンセル扱いとなってしまい、改めて申し込みをし直さなくてはならなくなります。

さらに端末を同時申込んでいた場合、SIM申し込みはキャンセルとなりますが端末のご購入のキャンセルはできません。そのため端末代金のみ一括精算となってしまうため、注意が必要です。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
680円〜 ドコモ (4.0)

U-mobileの料金プラン・評判・格安スマホ

楽天モバイルも即日開通に対応!

楽天モバイルは格安SIM業者の中では直営店も多く、店頭での即日開通は以前より行っていましたが、2016年5月9日よりネット購入での即日開通が利用できるようになっています。申し込み方法は以下の通りです。

  • 現在利用しているキャリアでMNP予約番号を取得
  • MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、本人確認書類(通話SIMの場合)を用意の上、MNP手続き方法で「楽天モバイル開通受付センターに電話」を選択し申し込み。
  • SIMカード到着後、楽天モバイル開通受付センターに電話し開通依頼
  • 電話手続き完了時点でそれまで利用していたSIMカードが解約となる
  • 届いたSIMカードを挿した端末でAPN設定をすれば利用開始

注意点はMNP手続き方法を必ず電話にすることです。Web上での手続きとしてしまうと開通までに2~3日かかってしまいます。

また電話であっても当日8時59分までにMNP転入手続きを電話で行えば、当日中に楽天モバイルのSIMが利用できるようになりますが、9時以降にMNP転入手続きを実施すると、楽天モバイルのSIMが利用できるのは翌日の9時以降となってしまい、即日開通にはなりません。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ (4.3)

⇒楽天モバイルの料金プラン・評判・格安スマホ](/companies/4)

mineo(マイネオ)なら不通期間が1時間以下!

一般的に格安SIMはドコモかauのどちらかの回線を使用している業者がほとんどです。しかしmineoはauに加え、2015年9月1日よりドコモの回線を使ったSIMの提供も開始していて、現在では1社で複数キャリアのSIMを取り扱うマルチキャリアMVNOとなっています。

1社で複数キャリアのSIMを取り扱っているため、どちらの端末もそのまま利用できること、mineo内でキャリアの変更ができるなどのメリットがあります。またmineoでは他キャリアからのMNP手続きの際、回線の切り替えが30分から1時間程度で終了するため、不通期間が1時間以下に抑えられる点も大きなメリットとなります。申し込み方法は以下の通りです。

  • 現在利用しているキャリアでMNP予約番号を取得
  • MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、本人確認書類を用意の上、申し込みフォームにて申し込み
  • SIMカード到着後、申し込み時に登録したeoIDでマイページにログインしMNP転入切替/回線切替手続きを行う
  • ドコモプランは1時間程度、auプランは30分程度で回線が切り替わります。その後、届いたSIMカードを挿した端末でAPN設定をすれば利用開始

注意点としては、回線切り替え自体は短時間で済みますが、切り替えの受付時間が9時から21時までとなっています。そのためそれ以外の時間には切り替えができないという点です。また開通手続きは手持ちのスマホからはできません。別途PCなどが必要となります。

即日開通は大きなメリットですが、注意点を怠ると即日開通ができなくなることもあるため、それぞれの注意点をしっかりと把握した上で、手続きを行うようにしてください。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)

mineo(マイネオ)の料金プラン・評判・格安スマホ

料金・会社検索はこちら
格安スマホ 料金・会社検索はこちら
格安スマホ
料金・会社検索はこちら