1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM徹底解説!人気MVNO比較
  3. 低価格で嬉しい!月額1,500円以下で使える音声通話SIM

低価格で嬉しい!月額1,500円以下で使える音声通話SIM

最終更新日:
低価格で嬉しい!月額1,500円以下で使える音声通話SIM

格安SIMの料金も2年前と比べて大きく下がっています。通話機能付きのSIMカードといえば1,600円が最安値でしたが、最近では1,500円以下の通話付きSIMカードも登場しています。MVNOの違いによるサービス内容の違いを踏まえ、安くても自分にあった通話SIMが見つかるように解説します。

格安スマホって通話料金も安いの?

大手キャリアから格安SIMへの乗り換えを検討する理由として、大手キャリアの月額料金の高さや2年縛りという窮屈さなどが挙げられます。

しかしネットを頻繁に利用される場合は格安SIMに乗り換えることで大幅に月額料金を抑えられますが、通話に関してはどうなのだろうと思っている方は多いのではないでしょうか?

例えばドコモは、国内に時間無制限で何回でもかけられるかけ放題サービスを2,700円。国内通話5分までなら何回でもかけられるかけ放題ライトを1,700円で提供しています。そしてこれは名称は違えどau、ソフトバンクも値段は同じです。

もちろんデータパックとセットになることで結局は月額料金がかけ放題ライトで月のデータ量1GBの契約であってもトータルで約5,000円はかかります。

しかし格安SIMにしたらデータパックの料金は安くなっても、通話の割引がなくなってトータルではそれほどお得ではなくなってしまうのではないかといった不安が残ります。

そこで今回は、格安SIMであっても通話をお得に、月額1,500円以下で使えるプランをご紹介します。

データSIMと音声通話SIMの違いとは?3分で簡単解決!
関連記事データSIMと音声通話SIMの違いとは?3分で簡単解決!
データ専用格安SIMカードにおすすめなMVNO3選!
関連記事データ専用格安SIMカードにおすすめなMVNO3選!

mineoのauプランは1GB高速通信で1,410円!

mineo

auから格安SIMへの乗り換えを検討されている方におすすめなのがmineoのauプラン(Aプラン)です。

このauプランはデータ通信のみのシングルタイプとデータ通信+090音声通話のデュアルタイプの2種類が用意されていて、通話が可能なデュアルタイプは1GBの高速通信がついて月額料金1,410円で利用できます。

デュアルタイプには500MBのタイプもあり、月額料金が1GBタイプよりさらに100円安い1,310円となっています。

500MBだと画質にもよりますが、Youtubeの動画を約250分程度閲覧できます。Webサイトでも画像が多くなければ2,000ページ以上は閲覧ができます。

尚、mineoのAプランの通話料金は30秒20円となっています。通話定額を希望する場合は別途料金がかかりますのでご注意ください。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

U-mobileのダブルフィックスは1,480円から!

U-mobile

通話料金が安いことが1番ではあるものの、インターネットを多く閲覧するため、合わせてお得なタイプがいいという方におすすめなのがU-mobileのダブルフィックスです。

このダブルフィックスとは、データの利用量(下り225Mbpsの高速通信)に応じて月額料金が変動するプランです。

ひと月に1GB以下の場合は1,480円、1GB以上の場合は1,780円となっています。 ネットはほとんど利用しない方にとっては大手キャリアのほぼ3分の1の月額料金で通話と高速通信が利用できる非常にお得なプランです。

ダブルフィックスには通話定額や無料といったサービスはついていないため、通話料金30秒20円が別途かかります。またデータの利用に関しては最大で3GBまでとなっていて、一か月の間に3GBを超えると通信制限により最大200kbpsの低速通信になりますのでご注意ください。

mineoとU-mobileは通話量が別となるため、時間を気にせず通話をしたいという場合はそれぞれの通話定額サービスのご利用をおすすめします。価格は月額で1,000円から2,000円程度高くなりますが、それでも大手キャリアに比べれば半額程度です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜
ドコモ

高速通信なしの楽天モバイルのベーシックプラン

楽天モバイル

動画サイトやニュースサイトの閲覧、SNS、LINEなどはほとんど行わず、通話での利用がほとんどの方におすすめなのが楽天モバイルのベーシックプランです。

このベーシックプランはとにかく月額料金を抑えながら通話、ネット、SMS(ゲームなどのアプリの登録、LINEやViberといったメッセージアプリのユーザー登録に必要な機能)を利用したいという方のためのプランで、通話が可能な通話SIMを選択すると月額料金1,250円でネット、SMS、通話が利用できます。もちろんMNPも可能です。

この低価格は、通信速度を200kbpsに抑えることで実現しています。

5分以内の通話無料オプション(850円)を追加しても2050円と価格だけで見れば大手キャリアのライトプランに比べ約3分の1で利用できます。

通信速度200kbpsでは遅すぎる方には、下り最大225Mbpsの高速通信で月に3.1GB使える月額料金1,600円のプランもあります。こちらも低速プランほどではありませんが、それでも大手キャリアに比べれば約3分の1で高速通信も利用できるため、かなりお得に運用できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

専用アプリで半額利用するのもおすすめ!

格安スマホの通話料金を節約するためには、専用のアプリを使う方法があります。格安スマホの通話料金は30秒で20円が基本となっていますが、アプリを使うことで半額の30秒10円で利用することができます。

通話料金が半額になるアプリは楽天でんわ、BIGLOBEでんわ、みおふぉんダイアルがあります。

これらのアプリはIP電話と違い、通常の電話網を使っているため異なるアプリを利用していても問題なく通話できます。別キャリアのスマホや固定電話などにも掛けられる上、通話品質も通常の電話と同じです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

かけ放題オプションや通話パックを提供する会社もあり

電話アプリは通話料金が半額になるだけではなく、それぞれにオプションがあり、さらに通話料金を安くすることができます。

例えばBIGLOBEでんわでは、通話パック60というサービスがあります。

通話パック60は、1,200円分の国内電話(60分)を月額650円で利用できるプランです。これらのかけ放題オプションや通話パックを活用すれば、通話料金をかなり抑えることが可能になります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
格安SIMにも無制限かけ放題あり!MVNOのかけ放題(通話し放題)を徹底比較
関連記事格安SIMにも無制限かけ放題あり!MVNOのかけ放題(通話し放題)を徹底比較

通話料金を安く、格安スマホを運用しよう

今回ご紹介したプランは、大手キャリアから乗り換えた時に通話料金はそれほど安くならないのではないかと言った不安がある方に対し、とにかく通話が安いということを前提に、加えてネット、SMSが利用できるというプランです。

後はご自身の普段のひと月の通話時間を鑑みた上で、今回ご紹介したプランにされるのか、もしくは多少高くても通話定額プランにされるのかを選択されることをおすすめします。

また、専用のアプリを利用することで通話料金を安くすることも可能です。

自分に合った方法で通話料金を安く格安スマホを運用しましょう!

【格安SIM+端末】 月額2000円以下で使える格安スマホ
関連記事【格安SIM+端末】 月額2000円以下で使える格安スマホ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
2eb823ceea13351d604b2321c1a508d9
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。