1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMとは?MVNOや格安SIMの基本を解説!
  3. 大手キャリアじゃ物足りない!7GB以上使いたい人におすすめの格安スマホ

大手キャリアじゃ物足りない!7GB以上使いたい人におすすめの格安スマホ

最終更新日:
大手キャリアじゃ物足りない!7GB以上使いたい人におすすめの格安スマホ

ahamoやLINEMOといったキャリア格安プランは20GBのプランですが、実際毎月20GBも使わない……。といった方におすすめしたいのが格安SIMの7GB~10GBのプランです。10GB前後あれば外出先でもギガを気にせず動画やゲームを楽しめます。

ドコモのギガライトやauのピタットプランといった大手キャリアの従量制プランは7GBが上限です。データ量が足りず毎月通信制限がかかってしまう方も多いのではないでしょうか。

「かといって、ahamoのようなキャリア格安プランの20GBは多すぎる…。」という方におすすめしたいのが、格安SIMの7GB~10GBくらいのプランです。

キャリア格安プランは20GBで2,728円(ahamoは2,970円)ですが、7GB~10GBのプランでは月額を2,000円以内に収めることもできます。

【ちょうどいい】7GB~10GBのプランを提供しているおすすめ格安SIM

MVNO料金特徴
mineo10GB:1,958円低速通信が200kbps→1.5Mbpss
OCNモバイルONE10GB:1,760円端末セットが安い
IIJmio8GB:1,485円余ったデータの繰り越し可能
イオンモバイル7GB:1,728円
8GB:1,848円
9GB:1,958円
10GB:2,068円
データ量を細かく選べる
エキサイトモバイル~7GB:1,430円従量制プランが安い
nuroモバイル8GB:1,485円3ヶ月ごとにデータ量の特典あり
J:COMモバイル10GB:2,178円低速通信時の速度が1Mbps

mineoは10GB1,958円!低速通信時最大1.5Mbpsオプションが無料

  • 10GB:1,958円

mineoは10GB以上のプランでは「パケット放題 plus(通常385円)」というオプションを無料で付けることができます。パケット放題 plusは通常最大200kbpsの低速通信時の通信速度を最大1.5Mbpsまで上げられるオプションです。

キャリアの旧プランの速度制限時の通信速度は最大128kbpsなので、mineoの低速通信は10倍以上の速度が出ることになります。

ほかにも、混雑時の通信をゆずることでデータ量やプレミアムパスなどの特典を入手できる「ゆずるね」やmineoユーザー同士で余ったギガをシェアする「フリータンク」など独自のサービスを展開しています。

パケット放題 Plusが最大3か月間無料!

OCNモバイルONEは10GB1,760円で通信速度が安定

  • 10GB:1,760円

OCNモバイルONEはドコモ回線を取り扱うMVNOで、通信速度が比較的安定しています。

OCNモバイルONEはエントリーモデルからハイスペックモデルまで販売機種が豊富で、iPhoneも販売されています。また、端末販売価格が他社よりも安く、セール時は1円で販売されている機種もあります。

端末特価セール!SIMフリースマホが1円から!

IIJmioは8GB1,485円で翌月データ繰り越し可能

  • 8GB:1,485円
  • 15GB:1,848円

IIJmioのギガプランでは、余った容量を翌月末まで繰り越すことができます。また、家族で利用している場合はデータ量をシェアすることもできます。

販売されているAndroid端末の機種が豊富である点もIIJmioの特徴です。

初期費用1円!一括110円端末も!

イオンモバイルは7GB1,728円!イオン店舗で対面サービス可能

  • 7GB:1,728円
  • 8GB:1,848円
  • 9GB:1,958円
  • 10GB:2,068円

イオンモバイルはデータ量の上限を細かく設定可能で、7GB~10GB間は1GBごとにプランを選べます。「やさしい音声プラン」という60歳以上の方を対象にしたプランでは、より料金が安く設定されています。

イオンモバイルは全国に200店舗以上あるイオンの店舗で対面のサポートを受けられるため、格安SIM初心者の方も安心です。オンライン専用プランに不安を感じる方にはイオンモバイルをおすすめします。

春得キャンペーン!4GB音声通話SIMが3か月間550円

エキサイトモバイルは従量制プランで7GBまで1,430円

  • ~7GB:1,430円
  • ~12GB:1,980円

エキサイトモバイルは従量制のFitプランと定額制のFlatプランがあります。Flatプランには7GB~10GBのプランがありません。

従量制プランのFlatプランには7GBまで1,430円、12GBまで1,980円の段階があります。エキサイトモバイルは高速データ量の切り替えに対応しているため、段階を超えそうになったら低速モードに切り替えて料金を抑えることができます。

nuroモバイルは1,485円で実質10GBプラン

  • 8GB:1,485円

nuroモバイルの5GB以上のプランには「ギガプラス」という特典が付きます。ギガプラスは契約プランに応じて3ヶ月ごとにデータ量がプレゼントされる特典です。8GBのVLプランでは3ヶ月ごとに6GBのデータ量が付与されます。

付与されたデータ量は翌々月まで使えるので、2GBずつ使えば実質10GBのプランとして運用可能です。

J:COMモバイルは10GBプランが初年度1,738円

  • 10GB:2,178円

J:COMモバイルはネット回線やケーブルテレビなどを取り扱うJ:COMが提供しているMVNOで、取り扱い回線はauのみです。

月額は10GBのプランで2,178円とやや割高ですが、契約から1年間は500円割引の1,738円で利用できます。

また、10GB以上のプランは特典で低速通信時の通信速度が最大200kbpsから最大1Mbpsになります。同条件のauの格安プラン「povo」は20GBで2,728円なので、au回線をより安く運用したい方におすすめです。

まとめ:7GB~10GBのプランは月額2,000円以内で運用可能!

ほとんどの7GB~10GBの格安SIMのプランは月額2,000円以内で運用できます。 キャリア格安プランと比べると通信速度の面では劣ってしまますが、より月額を抑えることができます。

おすすめは1.5Mbpsオプションが無料で付くmineoと通信速度が安定しているOCNモバイルONEです。

パケット放題 Plusが最大3か月間無料!
端末特価セール!SIMフリースマホが1円から!
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は2015年から格安SIM比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。毎年15台以上実際に使ってわかったおすすめの格安スマホを紹介します。毎月20枚以上の格安SIMの通信速度計測も行っています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜