1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. MVNO比較
  3. モバイルWiFiルーターで利用するのにおすすめの格安SIM

モバイルWiFiルーターで利用するのにおすすめの格安SIM

最終更新日:
モバイルWiFiルーターで利用するのにおすすめの格安SIM

モバイルルータを格安SIMを運用すると非常に安くできます。WiMaxの相場は約4,000円程度ですが、これを格安SIMにすれば使い放題のプランでも2,00円程度に抑えることができるためです。格安SIMはスマホで使う人が多いですが、モバイルルータでの利用もおすすめです。

オペレーターちゃん
オペレーターちゃん

格安SIMとスマホやタブレット端末セットの他、モバイルWiFiルーター(モバイルルーター)とセット販売する会社があります。 セット購入すればルーターに格安SIMを挿入して利用できるので、より快適にSIMフリースマホを利用できます。

WiFiルーター+格安SIMは月額1,000円以下で運用可能!

WiFiルーターと格安SIMをセットで購入すると、ルーターに格安SIMを挿入して使うことができます。

ただ、格安SIMとセット販売されているルーターはSIMフリーで、同じルーターを複数の会社が販売しているケースがありるため、格安SIMと併用して使うためのWiFiルーターが欲しい場合は、購入を検討している格安SIMのセット販売を購入するか、または3大キャリアの純正ルーターのSIMロックを解除して使用します。

セットで販売されているルーターの場合、単独で販売されているルーターに特典がついているケースや、価格が割安になっているケース等もあるため、セット販売のルーターがある場合はセット購入がおすすめです!

おすすめのSIMフリーモバイルルータはこれ!相性抜群の格安SIM(MVNO)も紹介
関連記事おすすめのSIMフリーモバイルルータはこれ!相性抜群の格安SIM(MVNO)も紹介

WiFiルーターをセット購入できる格安SIM会社

モバイルWiFiルーターをセットで購入できる会社はたくさんありますが、ほとんどの会社がNECのAterm MR05LNのみ取り扱いとなっています。

理由は、現在日本ではあまりSIMフリーのWiFiルーターが製造されていないためです。 最近ではHUAWEI等がWiFIルーターを発表していたので今後どんどん増えてくるかもしれません。

セット購入を検討する際に注意するべきことは、同じAterm MR05LNでも販売価格が結構違っていることです。

最安値は楽天モバイルで一括購入時の販売価格が21,900円です。反対に最も高いのがイオンモバイル29,800円となっています。

WiFiルーター名一括販売価格分割販売価格おすすめ度
楽天モバイルAterm MR05LN21,900円 985円×23回 + 初回のみ997円☆☆☆☆☆
BIGLOBE SIM/スマホ-970円×24回☆☆☆☆
DMMモバイル23,000円1,223円×24回☆☆☆
mineo25,200円1,050円×24回☆☆☆
イオンモバイル29,800円-☆☆

セット購入できる格安SIM会社一覧

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,480円〜ワイモバイル

WiFiルーターとセット使用におすすめの格安SIMプラン

WiFiルーターを利用しての通信はスマホだけでなく、パソコン等の通信に使われるケースもあります。
パソコンなどで利用するためには、通信速度とデータ容量が重要です。

楽天モバイルは10GBの大容量プランがおすすめ

楽天モバイルはAterm MR05LNの販売価格が安いだけでなく、10GBの大容量のプランが用意されているのも魅力的です。

WiFiルーターでインターネットを楽しんでいるとついつい、使いすぎてしまいがちですが、10GBのデータ容量があれば安心です。

ただし、楽天モバイルの通信速度は最速クラスの格安SIMと比較すると少し劣ってしまいます。 そのため動画やオンラインゲームで利用するには少し物足りないかもしれません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ

くるしいかお

とにかくたくさん使いたいならU-mobileのLTE使い放題

U-mobile(ユーモバイル)では高速通信を使い放題で利用できるLTE使い放題プランが人気です。

U-mobileは、多くのMVNOが提供している1GB/3GB/5GBのプランとLTE使い放題そして、ダブルフィックスという二段階定額プランにデータ通信専用および音声通話用プランがあります。

U-mobile LTE使い放題2の特徴は2点。

  • LTE使い放題なため、毎月のデータ容量の制限がない
  • 定額制で、どれだけ使っても月額2,480円で、通話機能付きでも月額2,980円で利用可能

ただし、U-mobileではセットで販売しているSIMフリーモバイルWiFiルーターがありません
別途自分で購入する必要があるので注意が必要です。

また、通信速度は必ずしも高速というわけではありません。
格安SIMの使い放題プランにありがちではありますが、お昼時などの混雑時にはかなり速度が遅くなってしまいます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜ドコモ

品質重視で使いたいならmineo!ユーザー満足度No.1

mineo

IT業界等の動向に強いMM総研は、2016年6月に「国内MVNO利用状況調査」の結果を公表しました。
この結果、MVNO利用者の満足度は62.7%、中でもMVNO事業者別の満足度では料金、速度、機能・サービスで高い評価を得た「mineo」が71.6%で首位の座を獲得しました。

mineoは、新端末発売やiOSのアップデート時に他社よりも早い対応、状況の確認・公開することで知られています。
mineoは過去にも、価格コムがMVNOユーザーを対象に行った「利用者満足度調査」で堂々のトップを獲得している実力派MVNOです。

2016年3月末時点で、独自サービス型SIMの市場規模が539.4万回線で市場は拡大傾向にあります。
ユーザーは、自分自身のライフスタイルと利用状況に応じたMVNOとの契約を検討することが重要です。

今年7月に提供が始まったU-mobileの「U-mobile PREMIUM」は、NTTドコモのLTEに対応したデータ通信サービスで、価格が2,000円台の「LTE使い放題」プランが注目を集めています。
一方mineoは料金、速度、機能・サービスにおいて高い顧客満足度を誇っています。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
au

「格安SIM+WiFiルーター」と「WiMax2」を比較!

格安SIM+WiFiルーターを契約するか、WiMax2を契約するか迷っている方のための比較表を作りました。

格安SIM+WiFiルーターWiMax2
月額料金480円~2,500円3,500円~4,500円
初期費用3,000円+ルーター代3,000円
通信速度やや遅めやや速め
電波非常に良い建物や地下に弱い
通信制限1GB~無制限7GB~無制限
2年縛りなしあり(違約金約10,000円)

格安SIMとWiFiルーターで運用する一番のメリットはやはり、価格です。

WiMax2がどこで契約しても4,000円前後が必要であるのに対し、高速通信1GBなどのプランであれば500円以下で契約することもできます。
10GBのプランでも2000円程度、無制限プランでも2,500円と価格面では格安SIMが圧倒しています。

WiMax2が優れているのは通信速度と、データ量です。

WiMaxは高速通信の無制限プランが実測値でも非常に速いため、たくさん使う人にはおすすめです。
3日間で3GBの制限がありますが、実際に使ってみると制限がかかってもYouTubeを見るくらいであれば問題ない速度が使えます。

WiMax2の弱点は電波で建物や地下に弱いため、ふらっと入ったカフェでは使えなかったというケースが発生します。
その点格安SIMの電波範囲は大手キャリアと一緒のため非常に強いです。

詳しい比較はこちらの記事を参考にしてください。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
au