1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 最新ニュースと調査データ公開
  3. 「OPPO近未来スマホ」「HUAWEI問題続報」「Google Pixel 4画像公開」「IIJmioが中古iPhone取扱い開始」などなど最新スマホニュース!【2019年7月1日】

「OPPO近未来スマホ」「HUAWEI問題続報」「Google Pixel 4画像公開」「IIJmioが中古iPhone取扱い開始」などなど最新スマホニュース!【2019年7月1日】

最終更新日:
「OPPO近未来スマホ」「HUAWEI問題続報」「Google Pixel 4画像公開」「IIJmioが中古iPhone取扱い開始」などなど最新スマホニュース!【2019年7月1日】

2019年7月1日までの2週間で起きたスマホ・格安SIM関連のニュースまとめ!「OPPOの最新近未来スマホ発表 #MWC19 Shanghai」「HUAWEI問題続報」「IIJmioが中古iPhoneを販売予定」「次期Google Pixelの公式レンダリング画像公開」「楽天最新スマホセール」「イオンモバイルの値下げ本日開始」などがありました。HUAWEI問題が解決の方向へ向かっているのが非常にうれしく思います。

【世界初】OPPO「アンダースクリーンカメラ」搭載スマホを発表

衝撃!中国OPPOがMWC(モバイル・ワールド・コングレス)上海2019で、今月26日にスマホを発表しました。

発表したのは、「アンダースクリーンカメラ」というスクリーンに内蔵されたインカメラです。内蔵されているので、カメラがどこにあるのかは見えません。

OPPOはこれまでもあらゆる方法でカメラ・インカメラを隠す努力をしてきました。

これまでの主流は回転式か、ポップアップ式を採用してきましたが、今回は”アンダースクリーンカメラ”という技術的にもかなり進歩した近未来感のあるスマホとなりあそうです。

とはいえ、日本国内での販売が決定しているわけではないので、我々がこのスマホを触れる日はいつ来るのでしょうか。

【続報】米トランプ大統領とHUAWEI

HUAWEI

先日行われた大阪のG20で行われた、アメリカのトランプ大統領の会見の中で、HUAWEIの販売再開に関して前向きであると述べました。

具体的に「エンティティリストから外す」という表現はなかったものの、HUAWEIは米企業に売っても良いというニュアンスのことを話していました。

今後禁輸が解除されるとなるとさらに、具体的な条件などがHUAWEIに対して提示される可能性はありますが、日本国内で販売を自粛している事業者からHUAWEIの製品が戻ってくるのも遠い話ではなさそうです。

《IIJmio》から中古の最新iPhoneが7月4日から販売開始!

IIJ(インターネット・イニシアティブ・ジャパン)が運営するIIJmioは、中古の最新iPhoneの販売を7月4日に開始することを発表しています。

販売予定のiPhoneのラインナップは現時点で、iPhone SE、7、8、XR、XSとなっており、いずれも中古ですが美品を取り揃えているようです。

中古とはいえ、iPhone XSは256GBモデルで126,800円(税抜)なので、かなり新品同様のクオリティの品揃えと予想できます。(ちなみに、現在のiPhone XS(256GB)のApple Storeでの価格は129,800円)

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

Google Pixel 4のレンダリング画像をGoogleが発表

Googleの公式アカウントがTwitterでGoogle Pixelシリーズの自作のレンダリング画像を6月12日にツイートしていました。

公式でレンダリング画像をアップするにあたったきっかけは、多くのリークサイトでいろいろな噂をたてられたからだそうで、実際、公式画像が出回ってからは嘘の情報が拡散されにくくなりました。

次期Pixelは時期的にも今秋に発表となりそうなので、楽しみです。

《楽天モバイル》最新スマホセール情報!

楽天モバイル

楽天モバイルでは、スマホが最大25,000円程度割引される「夏先取り!スマホ割」を開催しています。全15機種が対象になっていて、割引率もかなり高いので、新規で申し込みする方にはとくにおすすめです。キャンペーン終了は7月11日の午前10時までです。

また、機種変更する人向けにも「機種変更キャンペーン」も行っています。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

《イオンモバイル》プラン値下げ開始!今日から!

前回のニュース記事でも少し触れましたが、イオンモバイルの39GB以上の大容量プランの料金が大幅値下げされます。最大で月額1,820円も値下げされるので、大容量データを利用したい人にはますますおすすめできそうです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
Tしろ

SIMフリースマホ歴6年でPCやスマホなどのデバイス好き。国内向けに販売されていない端末にも割と詳しく、2011年から脱キャリアしたので絶賛キャリアフリー生活推奨中。「新しいものはとりあえず触ってみる」がモットーです。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜