1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. NifMo(ニフモ)
  4. 【最新】NifMo(ニフモ)のおすすめ端末トップ4!スマホセット【2019年夏版】

【最新】NifMo(ニフモ)のおすすめ端末トップ4!スマホセット【2019年夏版】

最終更新日:
【最新】NifMo(ニフモ)のおすすめ端末トップ4!スマホセット【2019年夏版】

NifMo(ニフモ)は比較的通信速度が安定しており、高品質で有名です。さらにほかのMVNOとは違い、利用開始月の基本料金が無料になったり、音声通話SIMでも6か月と短い最低利用期間が特徴のMVNOです。そこで、今回はNifMo(ニフモ)で買うならオススメしたい4つの端末について紹介します。「HUAWEI P30シリーズ」「Zenfone Max(M2)」「AQUOS sense2 SH-M08」は今夏おすすめの端末です。

NifMo(ニフモ)とは?

NifMo(ニフモ)は、@nifty光というプロバイダを提供する株式会社ニフティが運営する格安SIMで、ドコモ回線を利用しているのでドコモ端末をお持ちの方ならSIMロック解除不要でNifMoへ乗り換えられます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
640円〜
ドコモ

NifMoで購入すべきおすすめ4機種

HUAWEI P30HUAWEI P30 liteZenfone Max(M2)AQUOS sense2 SH-M08
販売価格73,334円
3,056円×24回
31,112円
1,297円×24回
26,667円
1,112円×24回
33,334円
1,389円×24回
発売時期2019年5月2019年5月2019年3月2018年12月
カメラトリプルLeicaカメラ
広角4000万画素
超広角1600万画素
望遠800万画素
トリプルAIカメラ
2400万画素
800万画素
200万画素
デュアルカメラ
1,300万画素
200万画素
シングルカメラ
1200万画素
メモリ6GB/128GB4GB/64GB4GB/32GB3GB/32GB
バッテリー3,650mAh3,340mAh4,000mAh2,700mAh
サイズ高さ:149.1mm
幅:71.36mm
厚み:7.57mm
重さ:165g
高さ:152.9mm
幅:72.7mm
厚み:7.4mm
重さ:159g
高さ:158.4mm
幅:76.2mm
厚み:7.7mm
重さ:160g
高さ:148mm
幅:71mm
厚み:8.4mm
重さ:155g
ディスプレイ6.1インチ
FHD+(2340x1080)
OLED
6.15インチ
FHD+(2312x1080)
TFT液晶
6.3インチ
HD+(1520x720)
IPS液晶
5.5インチ
FHD+(2160x1080)
IGZO液晶

HUAWEI P30《カメラ性能はSIMフリースマホ最高峰》

HUAWEI P30
HUAWEI P30
販売価格
77,880円
分割払い時約3,245円×24回
画面サイズ6.1インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid 9
カラー

《Good》HUAWEI P30のおすすめポイント

  • トリプルLeicaカメラで広角・超広角・望遠レンズ!
  • 最新の高性能SoCで7万円台
  • おしゃれカラー2色!

搭載されたトリプルカメラはHUAWEIのSIMフリースマホ市場最高のHUAWEI Mate 20 Proと同等のカメラでかなり高画質。さらに、Kirin 980と最新のSoCでAIがつねに最適化をしてくれます。なによりカラーがかっこよく、”ブリージングクリスタル”は鏡のごとく反射しますが、かなりかっこいいです。

《Bad》HUAWEI P30のマイナスポイント

  • SIMフリースマホ市場全体で見るとやや高価
  • HUAWEI問題が気になる

7万円台にしては高いスペックですが、SIMフリースマホ市場全体で見ると7万円台はやや高いのかなと思います。10万円を超える端末もありますが、やはり価格帯としては20,000~50,000円台が理想です。また、GoogleとHUAWEIの関係が気になって購入に踏み切れないという人も多いはずです。一応公式ではP30シリーズに関しては現状、Googleサービスは利用できるとのことなので、問題ないとは思いますが、万が一を考えると踏み切りにくいです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
640円〜
ドコモ

HUAWEI P30 lite《シリーズの廉価版で最強コスパ》

HUAWEI P30 lite
HUAWEI P30 lite
販売価格
32,800円
分割払い時約1,366円×24回
画面サイズ6.15インチ
ストレージ4GB
メモリ64GB
OSAndroid 9
カラー

《Good》HUAWEI P30 liteのおすすめポイント

  • ハイスペック&ロープライスのコスパ機種
  • 上位モデルにはやや劣るも価格帯ではピカイチのカメラ性能

3万円台でミドルスペックのSoCを搭載。トリプルAIカメラを採用しています。カメラは上位のLeicaレンズでは無いものの、価格帯を考慮すれば圧倒的なカメラ性能を誇っていると思います。

《Bad》HUAWEI P20 liteのマイナスポイント

  • デザインがP20 liteと代わり映えしない
  • HUAWEI問題

カラーは変わりましたが、デザインはカメラ部分以外に変化があったとは思えませんでした。ディスプレイが大きくなりノッチの形は変化しましたが、見た目としてはそれくらいでしょうか。また、こちらもP30同様に不安なのはHUAWEI問題ですよね。詳しくは前述しているのでそちらをご覧ください。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
640円〜
ドコモ

Zenfone Max(M2)《大画面+大容量バッテリーが◎》

ASUS Zenfone Max(M2)
ASUS Zenfone Max(M2)
販売価格
26,800円
分割払い時約1,116円×24回
画面サイズ6.3インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.1
カラー

《Good》Zenfone Max(M2)のおすすめポイント

  • 2万円台の低価格スマホ
  • 大容量バッテリーと大画面で動画を長く楽しめる

最近のSIMフリースマホは3万円台が中心で3万円を切るとかなり安い端末と言われています。そのため、2万円台でも必要十分なスペックを有しているものが増えています。まさに、Zenfone Max(M2)はそういった端末に値し、SoC性能やカメラなどもろもろの性能はそれなりに”使える”仕様になっています。加えてバッテリーは4,000mAhと大容量なので、充電を気にすることなくYouTubeなどを大画面で楽しむことができます。

《Bad》Zenfone Max(M2)のマイナスポイント

  • 性能もバッテリーもデザインも”Pro”のほうが良い
  • 筐体の大きさは必ずしもメリットではない

同日に発売されたZenfone Max Pro(M2)という上位モデルがあります。価格は1万円ほど高くなりますが、性能ははるかに”Pro”のほうが良いです。また、サイズが大きいのは動画視聴ではメリットですが、持ち運ぶという点ではデメリットにもなります。個人的にはコンパクトサイズ一択で、そういった人は少なからず一定数以上いると思います。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
640円〜
ドコモ

AQUOS sense2 SH-M08《日本独自の機能がうれしい》

SHARP AQUOS sense2 SH-M08
SHARP AQUOS sense2 SH-M08
販売価格
36,396円
分割払い時約1,516円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 8.1
カラー

《Good》AQUOS sense2 SH-M08のおすすめポイント

  • 防水・防塵なのでお風呂で使用可能
  • FeliCa搭載で「おサイフケータイ®」に対応

SIMフリースマホでは「おサイフケータイ」非搭載というのがメインストリームなので、FeliCa搭載は非常に助かります。しかも防水・防塵なので、お風呂で使用することはないとしても急な土砂降りのときなどはかなり助かります。

《Bad》AQUOS sense2 SH-M08のマイナスポイント

  • カメラは標準レベル
  • 価格にふさわしくないSoC

デュアルカメラがスタンダードになりつつありますが、AQUOS sense2 SH-M08はシングルカメラ。画質が悪いということは決してなく、ただ、いたって普通。普通のカメラです。また、SoCが最新とはいえエントリー向けのSnapdragon 450なので、ゲームをガンガンしたい人にはおすすめしません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
640円〜
ドコモ

NifMoは最新スマホと人気スマホを販売している

iPhoneの取扱もなく、偏りこそありますが、HUAWEIやZenfone、AQUOSといったSIMフリースマホの代表格が販売されています。欲を言うともっとAQUOSとOPPOを取り扱ってほしいですね。

NifMoのプラン料金は?

データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
7GB/月1,600円2,300円
13GB/月2,800円3,500円

NifMoはプランの数が少ないシンプルな構成のため、初心者でも簡単に選ぶことができます。逆にいうと、自身の使い方を把握している人からするとプランが少なく感じてしまいます。

めぼしい端末があったという方は下記のキャンペーンをぜひご覧ください!

《NifMo》格安スマホ・格安SIMキャンペーン情報

NifMo(ニフモ)では、ではお得なキャンペーンを実施中です!
キャンペーンを活用してお得に利用しましょう。

NifMoのキャンペーン一覧

キャンペーン名
在庫一掃セール

在庫一掃セール

キャンペーン期間:2019/04/05~

全6機種を対象とした在庫一掃セール!

音声通話SIMへの新規申し込み者だけでなく、@niftyの接続サービスを料中の方もセール価格で購入できます!

2019年7月現在在庫があるのは以下の3機種です。

端末 セール価格
HUAWEI Mate 10 Pro 40,800円
HUAWEI P10 Plus 29,800円
Zenfone 4 27,800円
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
640円〜
ドコモ

キャンペーン詳細は下記の記事をチェック!

該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。 キャンペーン詳細に関しましては、 都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜