1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. nuromobile(ニューロモバイル)
  4. nuroモバイルがau回線の提供を開始!トリプルキャリア対応へ!

nuroモバイルがau回線の提供を開始!トリプルキャリア対応へ!

最終更新日:
nuroモバイルがau回線の提供を開始!トリプルキャリア対応へ!

nuroモバイルがau回線の提供を開始!申し込み受け付けは2019年5月9日午前3時から!トリプルキャリア対応記念のキャンペーンも開催中!!キャンペーン適用で1年間990円~運用できます。

nuroモバイルがau回線の提供開始!

nuromobile(nuroモバイル)が2019年5月9日午前3時付けでau回線の申し込み受付を開始しました。

先日LINEモバイルがau回線開始したので、これでQTモバイル、mineo(マイネオ)、LINEモバイルに続いて4社目のトリプルキャリア対応のMVNOとなります。

nuroモバイルって?

nuroモバイルはソニーグループが提供する格安SIMで、月額330円から運用できる激安・驚安の格安SIMです。

料金プランはドコモ回線・ソフトバンク回線とそれぞれ4種類ずつありましたが、今回、au回線が加わったことでいずれのキャリアユーザーでもSIMロック解除や新規で端末購入をしなくてもよくなりました。

nuroモバイルの料金プラン比較

データ専用SIM

au回線 ドコモ回線 ソフトバンク回線
お試しプラン(0.2GB) 550円 330円 550円
Sプラン(2GB) 858円 770円 1,078円
Mプラン(7GB) 2,310円 1,650円 2,310円
Lプラン(13GB) 3,278円 2,970円 3,278円

なんとも複雑な料金設定ですね。au回線とソフトバンク回線はほとんど同じ料金設定です。au回線が割高なのか、ソフトバンク回線が割安なのか・・・。そして、Sプランのみau回線の方がソフトバンク回線より220円安くなっています。

また、au回線では珍しく、SMS機能が無料ではないため、データ専用SIMはお得感が少ないといったところです。全体的にはドコモ回線が安く、ソフトバンク回線のユーザーが損した気になる価格設定です。

実はこのau回線提供に際し、ちゃっかりソフトバンク回線のMプランを220円ほど値下げしています。これはソフトバンク回線ユーザーにはうれしい誤算です。

SMS+データ専用SIM

au回線 ドコモ回線 ソフトバンク回線
お試しプラン(0.2GB) 715円 495円 -
Sプラン(2GB) 1,023円 935円 -
Mプラン(7GB) 2,475円 1,815円 -
Lプラン(13GB) 3,443円 3,135円 -

まあ、データ専用プランに+165円といういたって一般的なSMS付きデータ専用の料金設定です。同じく2GBのイオンモバイル・au回線は月額792円なのでちょっと割高な感じはします。ほかの格安SIM同様にau回線のSMS利用料を無料にすればかなり安いのですが・・・。

音声通話付きSIM

au回線 ドコモ回線 ソフトバンク回線
お試しプラン(0.2GB) 1,320円 1,000円 1,320円
Sプラン(2GB) 1,628円 1,540円 1,848円
Mプラン(7GB) 3,080円 2,420円 3,080円
Lプラン(13GB) 4,048円 3,740円 4,048円

音声通話付きSIMもデータ専用SIMと同様に、au回線のお試し/M/Lプランはソフトバンク回線と同価格で、Sプランのみau回線の方がソフトバンク回線より220円安くなっています。

ドコモ回線が最も安いことに変わりはありません。全体的に業界最安値級のイオンモバイルやDMMモバイルと比べるとそれほど安い印象はありませんが、比較的安い部類には入ります。

ちなみに高速通信が使える音声通話SIMではドコモ回線のお試しプランは最安値です。

初期費用がちょっと高い

nuroモバイルは契約時にかかる費用として「登録事務手数料」と「SIMカード準備料」が発生します。登録事務手数料に関しては一律3,000円ですが、SIMカード準備手数料がau回線は440円となっています。

ソフトバンク回線は422円で最安、ドコモ回線は433円なので、au回線のSIMカード準備手数料が最も高いです。わずか17円と差額なので気にする必要はなさそうです。

音声通話付きSIMの最低利用期間や違約金はほかの回線と同じ

  • 最低利用期間:12か月
  • 最低利用期間違約金:最大12,000円(毎月1,000円ずつ減額)

「お試しプラン」に最低利用期間はありません。

パケットギフトやパケット繰越については?

パケットギフトやパケット繰越、容量チャージ、プラン変更に関してもドコモ回線やソフトバンク回線と同様のサービスを受けられます。

ただし、容量チャージはソフトバンク回線同様に1GBあたり990円となっています。

au回線の提供開始を記念したキャンペーンを実施中!

キャンペーン期間:2019/05/09~2019/06/30

トリプルキャリア対応を記念した「ドコモ au ソフトバンク トリプルキャリア対応記念 1年間ずーーーーっと990円~」キャンペーンを実施!

音声通話付きSIMのSプラン/Mプラン/Lプランのいずれかに新規またはMNPで申し込んだ方を対象に割引されます。

割引金額は

  • Sプラン:12か月間550円引き
  • Mプラン:12か月間1,000円引き
  • Lプラン:12か月間1,650円引き

キャンペーン適用後の月額料金(利用開始~13か月目まで)

Sプラン Mプラン Lプラン
ドコモ回線 990円 1,320円 2,090円
au回線 1,078円 1,980円 2,398円
ソフトバンク回線1,298円 1,980円 2,398円

※キャンペーン適用はキャンペーン適用期間中に利用することが前提条件です。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
Tしろ

SIMフリースマホ歴6年でPCやスマホなどのデバイス好き。国内向けに販売されていない端末にも割と詳しく、2011年から脱キャリアしたので絶賛キャリアフリー生活推奨中。「新しいものはとりあえず触ってみる」がモットーです。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜