1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. OCNモバイルONE
  4. OCNモバイルONE新コースの料金プラン徹底解説!料金改定でさらにお得に

OCNモバイルONE新コースの料金プラン徹底解説!料金改定でさらにお得に

最終更新日:
OCNモバイルONE新コースの料金プラン徹底解説!料金改定でさらにお得に

OCNモバイルONEの新プランは音声通話SIM1,180円、データSIM880円から利用できます。バースト機能にも対応しているので低速通信時も一定のデータ量まで高速通信が可能です。ただし、低速通信のデータ量には上限があるので注意してください。さらに、月額850円で10分かけ放題もつけることができるので通話料も抑えることができます。

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが運営するMVNOです。

OCNモバイルONEは端末セットが魅力ですが、月額料金の安さや通信速度の速さなど使い勝手も非常に良いMVNOです。

実際にOCNモバイルONEを契約すると、月額料金はどのくらいになるのでしょうか。
今回はOCNモバイルONEの料金プランについて解説します!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
880円〜
ドコモ

OCNモバイルONEの料金プランは1GB~30GBでシェアオプションもあり

OCNモバイルONEの料金プランは1GBから30GBまでの6プランあります。データSIMは3GB880円、音声通話SIMは1GB1,180円から利用できて全体的に月額料金がかなり安くなっています。

初月のみ初期費用として初期手数料3,000円とSIMカード手配料394円がかかります。

データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
6GB1,380円1,980円
10GB2,280円2,880円
20GB3,800円4,400円
30GB5,380円5,980円
1GB-1,180円

データ容量を共有できる容量シェアオプションもあるので、家族での利用にもおすすめです。

プランの選び方!

OCNモバイルONEにはSIMの種類が「音声対話SIM」「SMS対応SIM」「データ通信専用SIM」の3つあります。一番安いのはデータ専用SIMですが、メインで使う回線の場合は音声対応SIMを選ぶことをおすすめします。

データ容量は1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBの中から自分が一ヶ月に使うデータ容量に合ったものを選びましょう。

ちなみに2018年9月に行われたMM総研の調査では、スマホ利用者の57.8%は1か月のデータ通信量容量が3GB以下であると発表されています。

携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2018年9月時点)| 株式会社MM総研

そのため、どのデータ容量を選べばいいかわからない方はまず3GBプランをおすすめします。万一データ容量が足りなかったときは1GBあたり550円でデータ容量を追加することも可能ですが、割高なのでプランの変更をおすすめします。

プランは月に1度だけ変更できます。変更したプランは翌月1日から適用されます。

速度制限後は最大通信速度200kbps

速度制限後は最大通信速度が200kbpsまで落ちます。通信速度は翌日になると元に戻ります。

OCNモバイルONEはバースト転送機能に対応しており、低速通信時も一定のデータ量までは高速で通信できます。

ただし、新コースは 低速通信のデータ容量に制限があります。たとえば、3GBプランの場合、低速通信を1.5GB以上使うと通信速度が200kbpsよりもさらに遅く制限されます。

ちなみに、従来のコースは低速通信時の制限がなく、高速データ容量を使い切っても200kbpsの通信速度を無制限で使うことができます。

最低利用期間はなし

OCNモバイルONEには最低利用期間や解約金がありません。

容量シェアオプションについて

データ容量を追加SIMと共有できる容量シェアオプションも用意されています。新規申し込みと同時に追加SIMを発行するとSIMカード手配料394円のみで追加できます。

なお、新規申し込み時以外に追加SIMを発行する場合は追加手数料が3,000円かかります。

容量シェアで追加したSIMカードごとに以下の月額費用がかかります。

  • 音声対応SIM:1,000円
  • SMS対応SIM:520円
  • データ通信専用SIM:400円
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
880円〜
ドコモ

OCNモバイルONEの通話料金が安くなるサービスを紹介

OCNモバイルONEには通話料金が安くなる3つのサービスがあります。

OCNでんわアプリで半額

OCNでんわアプリ

通常の通話料金は20円/30秒ですが、OCNでんわアプリを経由して発信すると半額の30秒10円になります。

OCNでんわアプリは無料でインストール可能で月額料金もかかりません。

OCNでんわアプリは音声通話SIMのみの対応で、データSIMでは利用できません。

OCNモバイルONEのかけ放題オプションは3種類

OCNモバイルONEには3種類のかけ放題オプションがあります。

オプション名月額内容
10分かけ放題850円10分以内の国内通話が何度でもかけ放題
トップ3かけ放題850円その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円になる
かけ放題ダブル/td>1,300円10分以内の国内通話が何度でもかけ放題
上記を適用した残りの国内通話料上位3番号の通話料が0円になる

お店の予約や簡単な連絡を電話で頻繁に行うに方は10分かけ放題がおすすめです。

また、家族や友人など決まった相手と長電話をする習慣がある方はトップ3かけ放題をオプションで付けると通話料金がググッと安くなります。

かけ放題オプションはOCNでんわアプリを使用して発信するか、デフォルトの電話アプリで「003544」を電話番号の先頭に付けて発信すると適用されます。

IP電話の050Plusの月額が半額!

050PlusはOCNでんわアプリと異なり、データSIMでも使えるIP電話アプリです。

OCNモバイルONE会員であれば050Plusの月額基本料が半額の150円になります。

050Plusを利用すると通常の電話よりも通話料金が安くなります。さらに、050Plus同士なら通話料金は無料です。

以下は050Plusを利用した時、OCN電話でんわアプリを利用した時、通常の電話アプリを利用した時の通話料金の比較表です。

ケータイ宛て固定電話宛て
050Plus17.28円/分8.64円/3分
OCNでんわアプリ21.6円/分64.8円/3分
通常の電話アプリ43.2円/分129.6円/3分

一番安く電話をかけられるのは050Plusを利用した時ですね。

ただし、050PlusはIP電話なので通話の品質が悪いです。また、フリーダイヤルや緊急通報電話に発信できないなどのデメリットもあります。

OCN光契約者なら200円割引

OCN光サービスを利用している方はOCN光モバイル割を適用すると毎月月額料金が200円割引されます。同一世帯に複数名OCNモバイルONEの利用者がいる場合はそれぞれに割引が適用されるので、家族でもお得に利用できます。

対象のサービスは以下の通りです。

  • OCN光 / OCN for ドコモ光 / OCN光withフレッツ / OCN光 おまかせプラン with フレッツ / OCN光「フレッツ」 / OCN光おまかせプラン「フレッツ」 /OCN光あんしんプラン「フレッツ」
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
880円〜
ドコモ

OCNモバイルONEはSIMと端末のセット購入が可能

OCNモバイルONEではSIMカードと端末のセット販売も行っています。

OPPO Reno3 A
販売価格
27,300円
Xiaomi Mi Note 10 Lite
販売価格
27,300円
Xiaomi Redmi Note 9S
販売価格
15,200円
TCL 10 Pro
販売価格
36,400円
Motorola moto g8
販売価格
14,700円
Motorola moto g8 power
販売価格
20,100円
Motorola moto g8 plus
販売価格
30,000円
SHARP AQUOS zero2 SH-M13
販売価格
72,700円
SHARP AQUOS sense3 plus SH-M11
販売価格
35,800円
SHARP AQUOS sense3 SH-M12
販売価格
14,800円
OPPO A5 2020
販売価格
19,000円
OPPO Reno A
販売価格
27,000円
SONY Xperia Ace
販売価格
41,000円
ASUS Zenfone Max(M2)
販売価格
14,900円
ASUS Zenfone Max Pro(M2)
販売価格
24,800円
Apple iPhone XR
販売価格
71,000円
Apple iPhone XS Max
販売価格
107,000円
Apple iPhone XS
販売価格
89,000円
Apple iPhone 8
販売価格
56,000円
Apple iPhone 8 Plus
販売価格
60,000円
Apple iPhone 7
販売価格
43,000円
Apple iPhone 7 Plus
販売価格
47,000円

OCNモバイルONEで販売されている最新のおすすめ端末は以下の記事で紹介しています。

なお、OCNモバイルONEでは端末を分割購入できません。分割購入を希望する場合はクレジットカードで決済を行い、後から自分で支払い回数を変更しましょう。支払い回数変更の可否や方法はクレジットカード会社によって異なります。

一番安い端末でいくらになるの?

2020年4月現在、一番安い機種はZenFone Max(M2)14,300円です。

OCNモバイルONEは端末の大幅割引セールを頻繁に行っており、タイミングが合えば端末を1円で購入することもできます。

OCNモバイルONEのキャンペーン情報はこちらのページで紹介しています。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
880円〜
ドコモ

実際どれくらい安いの?他社MVNOと料金比較

以下はドコモ回線の3GBプランを提供しているMVNOの月額料金の比較表です。(全て音声通話SIM)

MVNO月額
OCNモバイルONE1,480円
BIGLOBEモバイル1,600円
IIJmio1,600円
LINEモバイル1,480円

他社と比較してもOCNモバイルONEの月額は安いことがわかります。

また、OCNモバイルONEの新プランは従来プランよりも通信速度がかなり改善され、お昼でも問題なく快適に使えますよ!

迷ったら3GBプランで試してみよう!

OCNモバイルONEは端末セットが魅力のMVNOです。欲しい端末がセール中の場合はOCNモバイルONEで購入することをおすすめします!

初月の月額料金は無料で、毎月自由にプランの変更ができます。

10分かけ放題オプションもあるので、通話料金も抑えられるはずです。 音声対応SIMを契約するならOCNモバイルONEをおすすめします。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
880円〜
ドコモ
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜