1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 楽天モバイル
  3. 楽天モバイルへのMNP乗り換え方法を解説!楽天モバイルはMNP即日対応!

楽天モバイルへのMNP乗り換え方法を解説!楽天モバイルはMNP即日対応!

最終更新日:
楽天モバイルへのMNP乗り換え方法を解説!楽天モバイルはMNP即日対応!

格安SIMへの乗り換えでもMNP(モバイルナンバーポータビリティ)を利用すれば現在利用している電話番号をそのまま引き継げます。楽天モバイルへのMNP転入なら、SIMが届いてからの切り替えになるので不通期間もなく安心して電話番号を引き継げます。

MNPで乗り換えれば電話番号を引き継げる

MNPとはモバイルナンバーポータビリティという制度で、キャリアの切り替える際に現在利用している電話番号を引き継ぐことができるという制度です。

大手キャリアから楽天モバイルへ乗り換えるときも、MNPを使って乗り換えることで慣れ親しんだ電話番号を引き継いで利用できます。

電話番号を引き継ぎ利用する最も大きなメリットは電話番号変更の連絡が不要だという点です。友人に知らせる程度であれば、メールやラインで十分です。しかし、クレジットカード会社や銀行など、普段利用している様々なサービスに連絡しなくてはいけないのはものすごく面倒くさい作業です。

MNPでの乗り換えは手順さえ理解してしまえば、少額の手数料と簡単な作業だけで乗り換えできます。楽天モバイルへの乗り換えなら電話が使えない期間もほとんどありません。

MNP(ナンバーポータビリティ)は簡単!格安SIM会社同士で電話番号そのまま引き継ぐ方法
関連記事MNP(ナンバーポータビリティ)は簡単!格安SIM会社同士で電話番号そのまま引き継ぐ方法

MNPを利用して楽天モバイルへ乗り換える流れ

MNPを利用して楽天モバイルへの乗り換えを行う大雑把な流れは以下の通りです。

  • 利用中のキャリアに連絡してMNP予約番号を取得する
  • 楽天モバイルのウェブサイトからMNP予約番号を入力して申し込み
  • 楽天モバイルからSIMが届いたら開通センターへ電話して開通手続き
  • もともと使っていたSIMが圏外になれば楽天モバイルのSIMを挿し込み

この流れで楽天モバイルへの切り替えが可能です。

利用中のキャリアに連絡してMNP予約番号を取得する

MNP予約番号とは、MNPを行う際に必ず必要な10桁の番号です。取得方法はキャリアによって異なっているのですが、どのキャリアでもショップ、マイページ、電話のいずれかで申し込み可能です。

特にMNPのやり方にこだわりがないのであれば電話での取得をおすすめしています。ウェブサイトからの申し込みでもよいのですが、各社のマイページ内でも非常にわかりにくい位置に転出用のページがあるので注意が必要です。どのキャリアもMNPで転出させたくないために分かりくくしているという状況です。

また、MNP予約番号の有効期限は15日間となっているので取得したらすぐに楽天モバイルへの申し込みを行うことをおすすめします。

各キャリア別、電話でのMNP予約番号の取得方法を解説します。

ドコモから電話でMNP予約番号を取得する

ドコモからMNP転出をする場合には

  • 151(ドコモ携帯から発信)
  • 0120-800-000(ドコモ携帯以外)

に電話を掛けることで行えます。最初は自動音声の案内に従って進めていき、途中からオペレーターにつながります。オペレーターからは解約手数料と転出手数料の説明、転出理由が聞かれます。転出理由によっては引き留めがあるケースもあるので気を付けましょう。

auから電話でMNP予約番号を取得する

auからのMNP転出は

  • 0077-75470(すべての電話共通)

へ電話することで解約可能です。ドコモ同様に最初は自動音声で案内されたのち、オペレータにつながります。

ソフトバンクから電話でMNP予約番号を取得する

ソフトバンクからのMNP転出は

  • 0800-1000-5533(すべての電話共通)

へ電話します。こちらも最初は自動音声での対応となり、途中からオペレーターに切り替わります。転出時には転出理由を聞かれ、転出先としてワイモバイルを勧められます。MNP予約番号はSMSを利用して携帯電話に届きます。

楽天モバイルのウェブサイトからMNP番号を申し込む

楽天モバイルの公式ページからMNP番号を入力して申し込みます。MNPを利用して番号を引き継ぐ場合にはお使いの電話番号を引き継ぐ(MNP)を必ず選択します。

そのうえで、楽天モバイル開通受付センターに電話して開通するにチェックを入れるのがおすすめです。チェック入れないと、楽天モバイルからスマホが郵送されてくるまでの間、スマホが使えない状態になってしまいます。チェックを入れておけば届いてから番号の切り替え手続きを行うため、不通期間がありません

楽天モバイル MNP

また、MNP予約番号以外にも、

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人の身分証明書

の2点が必須になっているので、こちらを用意してから申し込みを行うとスムーズです。

楽天モバイルからSIMが届いたら開通センターに電話する

申し込み完了から最短2日で楽天モバイルからSIMカードが届きます。その後楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111)へ電話します。自動音声による案内でMNPの切り替え手続きが行えます。

申し込みが完了したらすぐに使えるSIMが切り替わるわけではありません。申し込み時間に応じて、切り替え時間が違っています。

切り替え時間は

午前8:59までに開通受付が完了した場合当日の9:00~21:00に切替
午前9:00以降に開通受付が完了した場合翌日の9:00~21:00に切替

となっており、実際に申し込んでからしばらく時間がたたないと開通しません。開通するまでは乗り換え前に使っていたSIMカードが利用可能なので、そちらを使い続けましょう。また、先にAPN設定をしてしまうとこれまで使っていたSIMカードでネットが使えなくなるので、こちらも切り替え完了まで待ちましょう。

圏外がSIMカードが切り替えのサイン!SIMを挿し替えて利用開始

利用中のSIMカードが圏外になることが、楽天モバイルへの切り替え完了の合図です。ここで初めてSIMカードを交換します。

SIMカードが正しく挿し込めていれば、挿し替えた時点で通話は可能になっているはずです。一度どこかへ電話してコール音が鳴るかを確認しましょう。

通話が使えることができれば、APN設定を行います。APN設定はiPhoneを利用しているか、Androidを利用しているかで変わってくるのですが、10分かからないくらいで終了する簡単な設定です。

簡単10分!格安SIMカードの初期設定(APN設定)方法を徹底解説
関連記事簡単10分!格安SIMカードの初期設定(APN設定)方法を徹底解説

設定完了すれば、その後は普段通りにスマホが使えます!お疲れ様でした!

楽天モバイルへのMNPにかかわる手数料

MNPで楽天モバイルへ転入する際に必要になる手数料(初期費用)についてまとめます。

必ず必要になる手数料

キャリアからの転出手数料3,000円

大手キャリアからMNPで転出するにはMNP転出手数料3,000円(税抜)が必要です。

楽天モバイルの新規事務手数料3,000円

また、楽天モバイルの新規事務手数料3,000円(税抜)も必ず必要です。新規事務手数料はMNPを利用する、しないにかかわらず楽天モバイルを契約する人全員にかかる初期費用です。

状況に応じて必要

キャリアの解約手数料9,500円

大手キャリアからMNP転出する際、2年縛りの解約月でなければ解約手数料9,500円(税抜)が必要になります。これはなかなか大きい金額になるので、翌月か翌々月が解約月になる人はそれまで待ってから乗り換えるのもありでしょう。

それ以外の方で楽天モバイルに変えたいと思っている人は多少手数料がかかってしまっても乗り換えるのがおすすめです。例えば、8,000円の携帯代が3,000円になると考えれば2か月で元が取れてしまうためです。解約月じゃないからとだらだら待っているほうがトータルでは損してしまう可能性が高いです。

MNPで楽天モバイルへ転入する際の注意点

MNP予約番号取得から切り替え完了まで15日間で行わなくてはならない

MNP予約番号の有効期限は15日間で、取得してから楽天モバイルが利用可能になるまでを15日間で行わなくてはなりません。決してしんどいスケジュールではないですが、少し油断しているとすぐに2週間がたってしまいます。

楽天モバイルではSIMカード郵送後にMNPの有効期限が切れてしまうケースを考えて、MNP予約番号の有効期限が10日間以上残っていないと申し込みができません。MNP予約番号取得して5日以内に楽天モバイルの申し込みを完了させなくてはならないことは覚えておきましょう。

転出前のスマホと同一名義でなくては申し込みができない

MNPを行うには、転出前の名義と転入先での名義が一致していなくてはなりません。両親名義で契約しているスマホを楽天モバイルで自分名義にしたいという場合、そのままではMNPでの転入ができません。この場合は予約番号を取得する前に名義変更を済ませること必要があります。

切り替わりタイミングが不明なので、外出が多い日の開通は避ける

楽天モバイルの開通受付センターに連絡後の切り替わりタイミングは指定ができません。数時間後に突然切り替わるので一日中外出する予定がある日は切り替えを控えるのが無難です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
MNP(ナンバーポータビリティ)で大手キャリアから格安SIM会社へ乗り換える方法
関連記事MNP(ナンバーポータビリティ)で大手キャリアから格安SIM会社へ乗り換える方法

《楽天モバイル》格安スマホ・格安SIMキャンペーン情報

スーパーホーダイ契約者限定!長期優待ボーナス

楽天モバイル長期優待ボーナスで9か月実質0円

楽天モバイルでは、スーパーホーダイプランという料金プランがあります。

このプランは、月額基本料+データ通信+5分かけ放題がセットになったプランで、通信速度1Mbpsまでなら制限なく使い放題というのが特徴です。

スーパーホーダイプランは楽天モバイルで一番人気のプランです。

人気の秘密は、スーパーホーダイプラン限定の長期優待ボーナスという特典です。

長く契約するほどキャッシュバック金額が大きくなり、最大で月額料金が実質9か月0円で利用することができます!

最低利用期間と割引額、契約解除料については以下の通りです。

楽天モバイル長期優待ボーナスキャッシュバック金額

期間を満了すれば契約解除料はゼロになり、期間内だとしても使うほど解約料は安くなります。

No1獲得記念!大感謝セール

楽天モバイルがMMD研究所の「2018年3月 格安SIMサービスの利用動向調査」で1位獲得の記念に、人気端末のセールを開催!

最安値39円から、SIMフリースマホを購入することができます。

端末名 分割払い 一括払い
ZTE BLADE E02 39円 880円
HUAWEI nova lite2 441円 9,800円
AQUOS sense lite SH-M05 891円 19,800円
honor9 1,116円 24,800円
HUAWEI nova lite 261円 5,800円
AQUOS SH-M04 576円 12,800円
Zenfone4 2,016円 44,600円
Zenfone Live 89円 1,980円
arrows M04 801円 17,800円
AQUOS R compact SH-M06 2,151円 47,800円
iPhone6S(64GB) 2,106円 46,800円
iPhoneSE(16GB) 886円 19,700円
arrows M03 351円 7,800円
Zenfone4 Selfie 531円 11,800円
Moto G5s 531円 11,800円

お友達紹介キャンペーン

楽天モバイルでは、お友達紹介キャンペーンも充実しています。

通話SIMの場合は、紹介した方に楽天ポイントを最大3,000ポイント、紹介された方に1,500ポイントプレゼント!

プランなどによってポイントの額は変わります。

紹介された方は、平日にショップで契約するとさらに1,000ポイントプレゼント!

オプションサービス最大2ヵ月間無料

楽天モバイルでは始めてご利用の方限定で、オプション無料キャンペーンをやっています。

SIMカード購入と同時にオプションに申し込むこで、対象となるオプションを最大2ヵ月・無料で利用できます!

  • 楽天モバイルWi-Fi by エコネクト
  • マカフィー® モバイル セキュリティ Android版
  • スマート留守電
  • データ復旧サービス・マカフィー® マルチ アクセスパック
  • データ復旧サービス

すでに楽天モバイルを利用している方も、対象オプションをメンバーズステーションより初めて申し込んだ場合も適用されます!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。 キャンペーン詳細に関しましては、 都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)