1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. 楽天モバイル
  4. 楽天モバイルのベーシックプランはスマホをほぼ使わない人専用プラン!

楽天モバイルのベーシックプランはスマホをほぼ使わない人専用プラン!

最終更新日:
楽天モバイルのベーシックプランはスマホをほぼ使わない人専用プラン!

楽天モバイルのベーシックプランとは、低速通信しか使えない代わりに料金が非常に安いプランです。その他のプランは高速通信が使えますが、ベーシックプランの場合は使えません。ベーシックプランはスマホをほとんど使わない人におすすめのプランです。

楽天モバイルの最安プランはベーシックプラン

楽天モバイルの料金プランは「SIMカードの種類」「使用できるデータ容量」の組み合わせで決まっており、 以下のようになっています。

データSIM(ネットのみ)通話SIM(ネット+通話)
3.1GB/月900円1,600円
5GB/月1,450円2,150円
10GB/月2,260円2,960円
20GB/月4,050円4,750円
30GB/月5,450円6,150円

実際の使い心地とリアルな口コミを動画で紹介!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

最も安いベーシックプランをデータSIMで申し込んだ場合は、月額525円という驚きの料金で利用することができます。
また通話が可能な通話SIMでも1,250円と、スマートフォンの月額利用料とは思えない料金です。

しかし、「ベーシックプラン」と言われても、どのようなプランなのかいまいちイメージがしづらいのではないでしょうか。

-
-

安いけど、使い物にならなかったらどうしよう。 その他のプランが何が違うの?

-
-

楽天モバイルのベーシックプランとはどんなプランなんだろう?

-
-

メリット・デメリットはどんなことがあるの?

楽天モバイルのベーシックプランについて、あらゆる疑問や不安を解決するために、解説します。

ベーシックプランの基本情報

ベーシックプラン

ベーシックプランとは?

ベーシックプランとは、高速データ通信のパケット通信料の上限設定がない代わりに、回線速度が常に低速(200kbps)で利用できるプランとなります。

「ベーシックプラン」と「その他のプラン」の違いは高速データ通信ができるプランかどうかです。

「ベーシックプラン」=「0GBプラン」と言い換えることもできます。
(※ベーシックプランはデータ通信が使えない、というプランではありません。)

ベーシックプランの月額料金

ベーシックプランの月額料金は、下記の通りです。

通話SIM050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1,250円645円525円

低速回線でもストレスを感じない、もしくは料金が安ければ割り切れる方であれば、ベーシックプランを選ぶのがおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

「ベーシックプラン」以外のその他プランを、一例として「3.1GBプラン」についてだけ解説します。

3.1GBプランとは?

3.1GBプランとは、名前の通り毎月3.1GBまでの高速データ通信が行えるプランです。

その他のプランを選べば、毎月使えるデータ容量が変わります。

2017年7月末時点では

  • 3.1GB
  • 5GB
  • 10GB
  • 20GB
  • 30GB

5つのプランがあります。

3.1GBを超えても、まったくデータ通信が行えなくなるわけではなく「高速データ通信」ができなくなる上限容量、というのが3.1GBプランです。

ここでいう「高速データ通信」とは下り最大262.5Mbps、上り最大50MbpsのLTEを用いた通信です。

楽天モバイルはNTTドコモの通信回線を利用していますので、NTTドコモと同じ速度の高速通信が可能、ということになります。

データ通信料が上限容量を超えると、通信速度が200Kbpsと急激に低速になります。

高速データ通信は下り(ダウンロード)で最大262.5Mbpsですので、最大値で比較すると1/1000の速度、ということになります。
(理論上の最大値ですので、実際にはそこまでの差にはなりませんが…)   つまり3.1GBプランはパケット通信料が3.1GBを超えるまでは、NTTドコモと同レベルの高速データ通信が可能なプランと言い換えることができると思います。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

ベーシックプランでできること

ベーシックプランを選ぶべきなのはどのような使い方をする人なのでしょうか?

一つの参考になるのが、楽天モバイルが公式サイトで提供しているプラン診断です。

普段の利用シーンを想定した3つの質問に回答するだけで、オススメのプランをアドバイスしてくれます。 このサイトで「ベーシックプラン」をオススメされるのは、以下の選択肢を選んだ時だけです。

楽天モバイル プラン診断

つまり「LINEやメールは1日10通程度」「ネットやSNS、動画はほとんど見ない」という人にベーシックプランはおすすめということです。

私の感覚でも、この診断結果は妥当だと思います。

私は「ベーシックプラン」ではなく「3.1GBプラン」を利用しています。
利用している中で、直近3日間の上限に引っかかり、低速通信になったことが何度かあります。

低速通信時の体感としては

  • 電話は問題なし
  • LINEの通知は即時受信できる
  • Web閲覧はかなり遅い。Googleの検索結果が表示されるまででも数十秒待たされる。Yahoo!ニュースなどのニュースサイトを諦めるレベル。
  • アプリやゲームも利用はできるが、通信タイミングで待ちが発生するため、通信タイミング・通信量が多いアプリは効率が格段に下がる。(ゲームの通信量は意外と少ないです。)

といった印象でした。

そのため、日常的にスマートフォンでWebを使う方は、ベーシックプランだとかなり不便を感じると思います。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

気になるアプリ・サービスは使える?

  • ポケモンGO
  • spotify
  • youtube
  • LINE通話
  • テザリング追加

ポケモンGOは《使える》!

データ通信をかなり使いそうなイメージのあるポケモンGOですが、実はデータ通信自体はそれほど使わないため楽天モバイルのベーシックプランでもプレイが可能です。

というのも、ポケモンGOで利用されるのはAR機能とGPS機能です。この2つの機能によりバッテリーの消費が激しいためデータ通信量が多いように感じてしまうんですよね。

もちろん高速通信のSIMやプランに比べると読み込み速度に差は生じてしまうため、サクサクスピードでポケモンGOを楽しみたい方はWi-Fiが必須となります。また、ポケモンGOのアプリ自体のダウンロードやアップロードは必ずWi-Fi環境化で行うようにしましょう。

spotifyはダウンロードしておけば《聴ける》!

音楽聴き放題サービスのspotifyはベーシックプランでも聴くことは可能です!ただし、ストレスフリーで聴くためには注意点が1つだけあります。それは、聴きたい曲を事前にダウンロードしておくことです。

spotify、LINE MUSIC、Apple Music然り、どの音楽サービスでも必ず曲を聴く際には一度ダウンロードをしてから聴き始めることになります。そのため、そのダウンロードがベーシックプランの場合時間がかかってしまう恐れがあります。

ただ先述したように事前にダウンロードをしておけば、曲を再生する際にデータ通信をする必要性がなくなるため読み込みを待つことなくスムーズに曲を聴くことが可能となります。

youtubeはいちおう《見れる》!

youtubeはベーシックプランでも見ることはできます!しかし、youtubeでは動画を閲覧する時に画質の選択が可能ですが、高画質になればなるほど読み込みがかなり遅くなる傾向にあります。そのため、動画の途中で途切れてしまうためストレスに感じる場合が多くなるでしょう。

低画質であれば止まる頻度も少なく見ることができますが、細かい映像の動画の場合低画質により細部がよく見えないこともあります。

そのため、ベーシックプランで動画を閲覧したいなら、

  • 読み込みが遅くても途切れても高画質でみる

または、

  • 途切れることはないけど低画質で見る

のどちらかを妥協する必要がありそうです。なかなか妥協しにくい部分ではあると思うので、音楽を聴く目的の方以外は動画を見るならWi-Fiは必須かもしれませんね。

LINE通話は《使える》!

ベーシックプランでもLINE通話は問題なく利用することができます!

音の遅れ等が発生することもなく、気になることなく通話をすることができるのでLINE通話に関しては安心して大丈夫です。

テザリングは《できない》!

ベーシックプランは通信量が少ないため、テザリングは絶望的です。テザリングを使いたい方はベーシックプランは絶対に選んではいけません!

なぜならベーシックプランがそもそも通信量が少ないこともそうですが、テザリングは電波の送信と受信を同時に行うためデータ通信量をかなり消費するからです。

楽天モバイルの通話料金について

楽天モバイルの通話SIMを利用している方のみ、電話回線を用いた通話を利用することができます。

通常時の料金楽天でんわ(アプリ)使用時の料金
国内通話1分40円1分20円
国際通話1分68円〜1分20円(一律)

通話料金は下記の価格となります。

あまり電話を利用しない方は、通話料が通常時と比べて半額になる楽天でんわがおすすめです!通話を使った分だけの支払いになるため、通常時の料金よりお得になります。

通話をたっぷり楽しみたい方は、便利でお得なかけ放題オプションを利用しましょう。

かけ放題オプションと組み合わせて使うこともできる!

ベーシックプランとかけ放題オプション

楽天モバイルのベーシックプランは、かけ放題オプションと組み合わせて利用することもできます。

楽天モバイルのかけ放題オプションは「10分以内かけ放題」があります。

オプション料金は10分以内かけ放題が850円です。

オプション料金ベーシックプラン+かけ放題
10分以内かけ放題850円2,100円

ベーシックプランからのプラン変更は無料でできる

プラン変更無料

ベーシックプランからのプラン変更は無料で行えて、プランの変更は契約後でも可能です。

楽天モバイル プラン変更

そのため最初は「ベーシックプラン」にしておいて、不便さを感じたら「3.1GBプラン」に変更する、という方法もあります。

反対に、「3.1GBプラン」で契約したうえで、あえて高速通信をOFFにして使ってみることで、「ベーシックプラン」の使い勝手を疑似的に確認するのもよいと思います。

高速通信のON/OFFは、楽天モバイルの公式アプリである楽天モバイルアプリから簡単に行うことができます。

プランの切り替えに料金は必要ありません

【体験談】すまっぴー編集部の私が2年利用した感想

筆者が実際に2年ほど楽天モバイルのベーシックプランをメインで利用した感想から述べます。

正直言うと、私にはベーシックプランで十分でした。主な使い方としては、LINEで連絡(通話も)とWEBで情報収集です。基本的に外出先で動画視聴はしませんし、SNSもほとんど利用していません。たまにYouTubeを見ることがありますが、低画質(144p)であれば見ることもできますし、マップもほとんど問題なく利用できます。

良くプレイするオンラインゲーム「モバイルレジェンド」も快適にプレイできています。

ただ、電車や渋谷駅前などの人がかなり密集しているところでは、電波は拾いますがインターネットにつながらないことが多いです。

もともと、スマホのヘビーユーザーだったのですが、ベーシックプランでかなり”スマホ離れ”しているのは否めません(とはいえ私は契約当初”スマホ離れ目的”でベーシックプランを契約しました。なので結果オーライ)。

ちなみに、過去12か月の利用明細によると合計の支払い金額は年間15,827円で1か月だと約1,318円(税込)です。私はオプションには一切加入していないので、基本料金と通話料金の合計が1か月1,318円なのでキャリアと比べるとかなり安く済んでいますよね。

また、私はいわゆる”楽天経済圏”にドップリな人なので、ポイントの恩恵も大きいです。月々の支払いはポイントで賄うと1,000円を超えることはまずないので、かなり得しています。

ベーシックプランの評判・口コミ

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜