1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 楽天モバイル
  3. 楽天モバイルのバッテリー持ちが良いSIMフリースマホ3選!交換はできるの?

楽天モバイルのバッテリー持ちが良いSIMフリースマホ3選!交換はできるの?

最終更新日:
楽天モバイルのバッテリー持ちが良いSIMフリースマホ3選!交換はできるの?

楽天モバイルのバッテリー持ちは、販売している機種によって様々です。バッテリー持ちが気になるのであれば、HUAWEI P10 lite(ファーウェイ ピーテン ライト)、HUAWEI mate9(ファーウェイ メイトナイン)、ZenFone3 Max(ゼンフォンスリーマックス)がおすすめ。故障した場合は、リフレッシュ品との交換になります。

楽天モバイルのバッテリー持ちが気になる!

楽天モバイルのSIMフリースマホを購入する際、どれくらいバッテリーが持つのか気になるところです。

機種によっては、バッテリーが長持ちするもの平均的なバッテリー持ちのSIMフリースマホがあります。

バッテリのーの持ちが気になるユーザーは、3,000mAh以上のSIMフリースマホを選びましょう。

楽天モバイルには、バッテリーが長持ちする機種が3種類あります。

  • HUAWEI P10 lite(ファーウェイ ピーテン ライト)

  • HUAWEI mate9(ファーウェイ メイトナイン)

  • ZenFone3 Max(ゼンフォンスリーマックス)

上記3種類の端末です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
【おすすめ】バッテリー持ちが良いSIMフリースマホ3選
関連記事【おすすめ】バッテリー持ちが良いSIMフリースマホ3選

10時間連続再生が可能なHUAWEI P10 lite(ファーウェイ ピーテン ライト)

HUAWEI P10 liteは、3,000mAhの大容量バッテリーを搭載している格安スマホです。

10時間連続で音楽再生ができるほど、バッテリー持ちの良い端末。

それなのに、端末価格は3万円台と格安です!

楽天モバイルから購入することで、1,349円(税込み)+分割手数料から利用可能です。

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時約1,249円×24回
画面サイズ5.1インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid7.0
カラー

HUAWEI P10 liteのメリット

ナックルジェスチャー機能が搭載

HUAWEI P10 liteには、ナックルジェスチャーという少し面白い機能が搭載されています。

ナックルジェスチャーとは、指の第二関節で操作する仕草のこと。

画面をコツンコツンと2回ノックするだけでスクリーンショットが撮れたり、「C」や「W」といった文字を画面に描くと指定したアプリが開けたりすることができます。

HUAWEI P10 liteのデメリット

指紋が付きやすい

HUAWEI P10 liteのボディは丸みを帯びており、カメラレンズなどの凹凸がありません。

シンプルで美しいボディですが、背面は指紋が付きやすいです。

定期的に拭くなどして、ボディの掃除をする必要があります。

もしくはカバーを使用するなど、ボディを汚さないための対策を取りましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
HUAWEI P10 liteのバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた
関連記事HUAWEI P10 liteのバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた

急速充電ができるHUAWEI mate9(ファーウェイ メイトナイン)

HUAWEI mate9は、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載。

急速充電にも対応しているため、短時間でもたくさん充電をすることができます。

楽天モバイルから購入することで、2,736円(税込み)+分割手数料から利用可能です。

HUAWEI Mate 9
HUAWEI Mate 9
販売価格
65,664円
分割払い時約2,736円×24回
画面サイズ5.9インチ
ストレージ4GB
メモリ64GB
OSAndroid7.0
カラー

HUAWEI mate9のメリット

写真も動画も美しく撮れるダブルレンズ搭載

HUAWEI mate9は、ダブルレンズを搭載しています。

そのため、鮮明な色を写真や動画に残すことが可能。

4K動画の撮影もできるため、圧倒的な映像美を堪能することができます。

HUAWEI mate9のデメリット

価格が高い

高性能なスペックを誇るHUAWEI mate9は、端末価格が6万円台とSIMフリースマホの中では高め。

格安スマホであれば、低価格で高性能な端末が多いです。

HUAWEI mate9の端末が6万円台なのは納得いく値段ですが、「スマホを安い価格で利用したい」と考えるユーザーにとって気になってしまう点でしょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ

リバースチャージ機能があるZenFone3 Max(ゼンフォンスリーマックス)

ZenFone3 Maxは、4,100mAhの大容量バッテリーを搭載。

アプリやSNSなどで使い倒しても3日間は持つバッテリー容量です。

リバースチャージといった、他の端末に充電ができる機能もあります。

サブとしてZenFone3 Maxを持ち、いざという時のチャージ用として利用するのも良いでしょう。

楽天モバイルで購入することで、891円(税込み)+分割手数料から利用可能です。

ASUS Zenfone3 Max
ASUS Zenfone3 Max
販売価格
19,800円
分割払い時約825円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid6.0
カラー

ZenFone3 Maxのメリット

便利な機能も搭載している指紋認証

ZenFone3 Maxの背面には、指紋認証機能が搭載。

指紋を登録し、背面にある認証スペースへ当てると約0.3秒でロックの解除ができます。

指紋は最大で5つ登録が可能です。

電話の着信 カメラの起動 カメラシャッター など、他の便利な機能を、登録した指紋だけでスムーズに利用することができます。

ZenFone3 Maxのデメリット

マルチタスクに不向き

RAM(メインメモリ)が2GBと少ないため、一度に複数のアプリを開くことができません。

動画やゲームをたくさん楽しみたいユーザーにとって、少しストレスを感じる点です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
Zenfone3のバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた
関連記事Zenfone3のバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた

楽天モバイルのバッテリーを長持ちさせるコツ

せっかく充電持ちの良いSIMフリースマホを購入しても、使い方を誤ればすぐにバッテリーは劣化します。

そうならないために、バッテリーを長持ちさせるコツが3つあります。

充電が満タンになる手前で充電コードを外す

充電が満タンにもかかわらず、長時間充電コードを挿したままでいると細かい充電と放電を繰り返すため、バッテリーの劣化に繋がります。

充電がたまったら、すぐに充電コードを外しましょう。

充電しながらスマホを使わない

充電しながらスマホを操作するとバッテリーが発熱します。

バッテリーは熱に弱く、発熱したままスマホを利用することによってバッテリー性能は劣化。

スマホ本体が熱いまま操作すると、持っている手に軽い火傷を負うなどの怪我にも繋がります。

  • 充電中は極力スマホを触らない

  • スマホ本体が熱くなったらすぐに操作をやめる

などの対策を取りましょう。

バッテリーを節電してくれるアプリを使用

節電することで、バッテリーを長持ちさせる方法もあります。

Wi-Fiや不要なバックアプリなど、使用していないところでもバッテリーは消費されます。

「そんなに使っていないのにバッテリーの減りが早い」という経験はありませんか?

省エネモードに切り替えてくれたり、不要なアプリのデータ通信をオフにしたりできるアプリのダウンドーロや設定を行いましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ

楽天モバイルのバッテリー交換はできる?

楽天モバイルのバッテリー交換はできません。故障したスマホと新しいスマホを交換する場合がほとんどです。

ブックカバーが開くスマホは少ないため、バッテリーだけ交換することができなくなりました。

楽天モバイルの端末補償サポートへ加入することで、リフレッシュ端末と交換する作業がスムーズに進みます。

交換費用は4,000円〜7,000円ほど。

交換したい端末によって、費用が変動します。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
SIMフリースマホのバッテリーは交換できる?
関連記事SIMフリースマホのバッテリーは交換できる?

楽天モバイルの端末補償とは

楽天モバイル端末補償は、故障水漏れ落下・破損以外にも自損まで補償してくれるサポート。

端末同時時購入オプションなので、楽天モバイルで端末を購入する際には必ず加入してください。

月額500円から利用が可能です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
楽天モバイルの加入すべきおすすめオプション6選
関連記事楽天モバイルの加入すべきおすすめオプション6選

楽天モバイルのバッテリー持ちが良いスマホを選ぼう!

楽天モバイルのSIMフリースマホでバッテリー持ちが気になるユーザーは、バッテリー容量が3,000mAh以上の物を選びましょう。

故障した端末は現品交換で新しいSIMフリースマホがもらえるので、念のためバックアップを取ることも忘れずに。

楽天モバイルのSIMフリースマホを購入する場合は、その点も踏まえてじっくり選んでください。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
HUAWEI P10 liteのレビューとスペック、P9 liteと徹底比較!
関連記事HUAWEI P10 liteのレビューとスペック、P9 liteと徹底比較!
Zenfone3Maxを実機レビュー!モバイルバッテリー代わりにもなるSIMフリースマホ
関連記事Zenfone3Maxを実機レビュー!モバイルバッテリー代わりにもなるSIMフリースマホ
【最新!2018年5月更新】楽天モバイルのキャンペーン情報!
関連記事【最新!2018年5月更新】楽天モバイルのキャンペーン情報!
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)