1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. 楽天モバイル
  4. 【楽天モバイル】新料金プランと端末を発表!!

【楽天モバイル】新料金プランと端末を発表!!

最終更新日:
【楽天モバイル】新料金プランと端末を発表!!

楽天モバイルの携帯キャリアサービスが2019年10月1日から始動!!ただ、最初は対象を5,000人に絞った試用的な実施で、キャリア新料金プランは正式には発表されていません。本格的な始動は2020年4月以降となりそうです。また、新端末の発表もされ、2019年10月以降順次発売開始予定です。楽天モバイル限定販売の機種もあるので、かなり楽しみです。

楽天モバイルのキャリアサービスは2019年10月1日から提供開始!

かねてから大手キャリア参入という話は決定していましたが、2019年9月6日に正式にキャリアサービス概要とそれに伴う新製品を発表しました。

ただし、正式なキャリアプランはまだ発表されていません。

今回は、その楽天モバイルの携帯キャリアサービスを解説していきます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

サービスは開始するが正式なプランは未発表

楽天モバイルは2019年10月1日に、携帯キャリアサービスの受付を開始します。しかし、最初は5,000名を対象に、音声・データ通信を無償で利用できる「無料サポータープログラム」を実施するというだけで、正式なプランは未発表の状態です。

この「無料サポータープログラム」は受付が2019年10月1日~2019年10月7日までに申し込むことができます。また、正式な有料プランが2020年3月31日までに提供開始されると無料で利用できる期間は終了となります。

【MVNOプラン】内容は変わらず条件を緩和

楽天モバイルのMVNOサービスは"スーパーホーダイ"と"組み合わせプラン"ですが、「改正電気通信事業法」のガイドライン改正に合わせた条件が緩和されたプランに変更されます。

月額料金、ギガ数などに変更はなく、解約条件や割引条件のみが変更されています。

主な変更点は・・・

  • 最低利用期間、契約期間の廃止
  • 契約解除料の廃止
  • 長期契約を条件とした割引を廃止

という以下の3点です。

最低利用期間は組み合わせプランで12か月に設定されていましたが、新組み合わせプランでは廃止。スーパーホーダイでは契約期間が1年~3年で契約期間に応じて割引額が変動する「長期割」を行っていましたが、契約期間も廃止、長期割も廃止して楽天会員割の割引額が増額されました。

旧プラン新プラン
契約期間1年→割引なし
契約期間2年→2年間500円/月割引
契約期間3年→2年間1,000円/月割引
長期割なし
楽天会員割→2年間500円/月割引
※ダイヤモンド会員に限り1年間最大2,000円/月割引
楽天会員割引→1年間1,500円/月割引
※ダイヤモンド会員に限り1年間2,000円/月割引

新端末は2019年10月以降順次販売

楽天モバイルが2019年10月からキャリアサービス開始するにあたり、新端末の発表もしました。

新たにラインナップされるのは・・・

なんと今回販売される機種はどれもSIMフリー。

ということは、XperiaはXperia XZ Premium以来の久しぶりの国内版正規SIMフリー端末ということになります。

また、Galaxyは2019年夏にUQモバイルからGalaxy A30が発売したのが初めての国内版正規SIMフリーですが、楽天モバイルからは2機種が販売されます。

しかもGalaxy Sシリーズ最新のS10をSIMフリー版で販売するとなるとかなりすごいです。

ほかにも、AQUOS sense3 liteやRakuten miniは楽天モバイル限定販売の端末なので、かなり期待できます。

楽天モバイルのキャリアサービスは様子見

楽天モバイルの携帯キャリアサービスは2019年10月1日に開始されますが、最初は5,000人限定と様子見な印象が受けられます。

人数は順次拡大予定とされていますが、回線設備が間に合っていないのが影響されているのか、現時点では一部の都市部のみ(東京都23区、名古屋市、大阪市、神戸市に在住の方)が受付対象となっています。

本格的なキャリアサービスの始動は、2020年4月以降となっている可能性が非常に高いので、楽天モバイルのキャリアサービスへの乗り換えを検討されている方は動向を見守るという選択をとるのも良いでしょう。

もちろん先進的で「すぐにでも!」という方で都市部住まいの方は、「無料サポートプログラム」に参加するのも楽しそうです。

販売端末に関してはかなり良いラインナップで、好印象なのは全機種がSIMフリーという点、これまでのMVNOサービスで展開してきた機種(ASUSやHUAWEIなど)や最新のiPhoneをも取り扱うようになれば、ドコモ、au、ソフトバンクとは一線を画した第4の刺客となれるのではないでしょうか。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
Tしろ

SIMフリースマホ歴6年でPCやスマホなどのデバイス好き。国内向けに販売されていない端末にも割と詳しく、2011年から脱キャリアしたので絶賛キャリアフリー生活推奨中。「新しいものはとりあえず触ってみる」がモットーです。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜