1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMカードの賢い活用法
  3. 【知らないと損する】データSIMを賢く利用するためのおすすめ方法4選!

【知らないと損する】データSIMを賢く利用するためのおすすめ方法4選!

最終更新日:
【知らないと損する】データSIMを賢く利用するためのおすすめ方法4選!

データSIMの賢い使い方を4つ紹介します!「ガラケーとの2台持ち」「モバイルWi-Fiルーターで利用する」「タブレットにデータSIMを利用」「デュアルSIM対応スマホで使う」。データSIMをうまく活用することで、快適かつ低価格なモバイル環境が手に入ります。

知らないと損をする!データSIMの活用方法まとめ

データ通信専用SIMとは、通話ができないインターネット通信専用の格安SIMです。

通話ができない分、月額料金を低価格に抑えて利用することができます。

格安SIMであるデータSIMは様々な使い方ができ、賢く使えば料金をより安くできたり、より便利に使うことができます。

  • 【賢い活用法①】ガラケーと2台持ちで通話料金を安く抑える
  • 【賢い活用法②】Wi-FiルータにデータSIMを挿し込んで利用
  • 【賢い活用法③】タブレットにデータSIMを挿し込んで安く運用
  • 【賢い活用法④】DSDS(デュアルシム・デュアルスタンバイ)対応のSIMフリースマホに予備として装備

データSIMを賢く使う上記4つの方法を紹介していきます。

【賢い活用法①】ガラケーと2台持ちでデータSIMを使う!

2台持ちで利用する

1つ目の賢いデータSIMの使い方は、ガラケーとの2台持ちでデータSIMを使うことです。

つまり通話はガラケーで行い、インターネット通信はデータSIMを挿入したスマホ等で行います。

手持ちのキャリアガラケーを活用しよう!

2台契約すれば安くなるわけではなく、ガラケーは大手キャリアのガラケーを使用する必要があります。

例えば、ドコモのガラケーを契約すると、無料通話が1,000円分ついて基本料金が1,864円。つまり実質864円で、毎月の通話が1,000円分無料となります。

おすすめのデータSIMはOCNモバイルONE

そして、データSIMは

  • OCNモバイルONEの3GB 1,100円

のデータSIMを使用するとします。

すると、1,100円+864円=1,964円/月となり、無料通話1,000円分を使用することができます。

無料通話ができるデータSIMカードを選ぼう

格安スマホのデータ通信と通話ができるSIMを選んだ場合、同じ3GBで1,250円/月となり一見お得なように見えますが、無料通話がありません。

そのため、OCNモバイルONEの格安SIMカードを利用した場合

  • 携帯電話への通話で16円/1分
  • 固定電話への通話で8円/3分

支払わなければなりません。

大手キャリアのガラケーと格安SIMを組み合わせて通話料をお得にしましょう!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ

【賢い活用法②】Wi-Fiルーターに入れてデータSIMを使う!

Wi-Fiルーターにセット

2つ目の賢い使い方は、データSIMをモバイルWi-Fiルーターに入れて使うことです。

モバイルWi-Fiルーターとは、タブレットやパソコンのデータ通信のための機器で、端末そのものがアクセスポイントとなり、無線でインターネット通信ができるものです。

外出時にパソコンやSIMカードがないタブレットをインターネットに接続したい場合、モバイルWi-Fiルーターを接続することで、そこがアクセスポイントとなり高速通信が可能となります。

大容量のデータSIMカードを選ぼう

Wi-FiルータにはデータSIMを挿し込む場合、10GB以上ある大容量のデータSIMカードを選びましょう。

  • 動画やエンタメをたっぷり楽しみたい方はBIGLOBEモバイルやmineo
  • SNSをよく利用する方はLINEモバイル
  • 安い大容量データSIMを利用したい方はU-mobile

がおすすめ!

1枚のデータSIMカードで、複数の端末へ接続できるため非常に便利です。

利用したいMVNOによって、データSIMカードに自分に合うオプションサービスを選ぶことができるのは嬉しいポイントです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜
ドコモ

日本製のモバイルWi-Fiルーターを利用しよう

しかし、モバイルWi-Fiルーターの中には日本のSIMカード適応外の製品もあるため、注意が必要です。

できるだけ日本製のモバイルWi-FiルータをデータSIMと一緒に購入することをおすすめします。

DTI SIMには、データ容量7GB+Wi-FiルーターがセットのDTI見放題SIMがあります。価格は、3,696円とお得!

YouTubeとTwitterがデータカウントフリーになるため、動画をよく見る方にとっておすすめのプランです。

DTI SIMの詳しい料金プランは、下記記事をチェックしてください。

DTI SIMの料金プランは?お試しプランから大容量プランまで一挙公開!
関連記事DTI SIMの料金プランは?お試しプランから大容量プランまで一挙公開!
おすすめのSIMフリーモバイルルータはこれ!相性抜群の格安SIM(MVNO)も紹介
関連記事おすすめのSIMフリーモバイルルータはこれ!相性抜群の格安SIM(MVNO)も紹介
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
600円〜
ドコモ

【賢い活用法③】タブレットにデータSIMを挿し込んでお得に運用!

タブレットを運用する

タブレットにも、格安SIMを挿し込むことはもちろん可能です!

3つ目の賢い使い方は、タブレットでは通話はせずにインターネット通信を行う方が多いです。

そのため、タブレットで通話をしないのであればデータSIMに差し換えることをおすすめします。

【最新情報】2018年SIMフリータブレットおすすめランキング【徹底比較】
関連記事【最新情報】2018年SIMフリータブレットおすすめランキング【徹底比較】

【賢い活用法④】DSDS(デュアルシム・デュアルスタンバイ)対応のスマホでもしもの時の予備として使う!

DSDSスマホを活用!

4つ目の賢い使い方は、DSDS(デュアルシム・デュアルスタンバイ)対応のスマホを使うことです。DSDSとは、SIMが2つ入る端末のことです。

例えば1枚のSIMをデータ通信と通話ができるSIMだとして、もう1枚をデータ通信専用SIMにします。

すると、出先でアプリにより大容量データを受信しすぎた結果、容量制限がかかってしまい大きいデータを受信しなければない時に、データSIMに切り替えることで、また通常通りデータ受信をすることができます。

データSIMで音声通話を利用することができない

データSIMを利用している場合は通話ができないので、通話する場合はもう一度元のSIMに切り替える必要があります。

このようにして、もしもの時の予備として使う方法があります。

DSDS対応のおすすめSIMフリースマホ3選

  • トリプルスロット対応のZenfone4 Max
  • DSDSに対応しているハイスペックSIMフリースマホMate 10 Pro
  • 1万円台で購入できるDSDS対応のMoto E5

DSDSに対応している、おすすめのSIMフリースマホを3機種紹介します!

トリプルスロット採用のZenfone4 Max

ASUS Zenfone4 Max(ZC554KL)
ASUS Zenfone4 Max(ZC554KL)
販売価格
23,000円
分割払い時約958円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 7.1.1
カラー

Zenfone4 Maxは、格安SIMカード2枚とSDカード1枚が入れられるトリプルスロットを採用。

DSDSに対応しているSIMフリースマホの場合、格安SIMカード2枚とSDカード1枚を同時に使える機種が少なかったです。

SDカードの専用スロットがあるため、合計3枚のカードを利用できるのは嬉しいポイント!付け替えることなく利用できるので、手間が減ります。

ヘビーユーザーにおすすめ!ハイスペックなMate 10 Pro

HUAWEI Mate 10 Pro
HUAWEI Mate 10 Pro
販売価格
89,800円
分割払い時約3,741円×24回
画面サイズ6.0インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid8.0
カラー

HUAWEI(ファーウェイ)が製作したMate 10 Proは、性能が高いSIMフリースマホです。

AIプロセッサーを搭載しており、高負荷なアプリや3Dゲームも快適に操作することができます。

DSDS対応なので、ビジネスとプライベートを分けて利用したい方にもおすすめです。

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
64,445円2,686円×24回640円/月〜
69,800円2,908円×24回500円/月〜
79,800円3,350円×24回900円/月〜
79,800円4,241円×24回440円/月〜
88,000円-500円/月〜
89,800円4,041円×24回480円/月〜
89,800円4,041円×24回525円/月〜
-2,500円×36回1580円/月〜

HUAWEI Mate 10 Proは、上記のMVNOで購入することができます。

スマホ初心者におすすめ!Moto E5

Motorola Moto E5
Motorola Moto E5
販売価格
18,500円
分割払い時約770円×24回
画面サイズ5.7インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid8.0
カラー

Motorola(モトローラ)が開発したMoto E5は、18,500円で購入できる格安スマホです。

必要最低限のスペックが搭載されており、ガラケーから初めてスマホに乗り換えた方におすすめの機種。

データ容量が16GBと少ないですが、SDカードが利用できるため撮った写真や動画・データなどをしっかり保存することができます。

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
16,800円750円×24回900円/月〜
-740円×24回900円/月〜
17,778円1,482円×24回640円/月〜
18,000円750円×24回800円/月〜
18,500円984円×24回440円/月〜
18,800円820円×24回500円/月〜
19,440円800円×24回300円/月〜

Moto E5は、上記のMVNOで購入することができます。

データSIMを購入するなら!おすすめ格安SIM会社

データSIM カードを購入するなら、下記の格安SIM会社がおすすめ。

料金プランやオプションサービスを知りたい方は、下記より公式サイトをチェックしましょう!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
600円〜
ドコモ

データSIMを賢く活用しよう

データSIMを賢く活用しよう

データSIMを利用することで、様々なモバイル端末を活用することができます。

  • 手持ちの端末にセットすることでお得に
  • ビジネスとプライベートを分けられる

など、データSIMを1枚持っているだけで賢く運用することができるのは嬉しいです。

利用するMVNOによりますが、DMMモバイルではデータSIM1枚の値段が500円以下と格安。

データSIMは値段の展開が豊富なので、ぴったりな価格の格安SIMカードを見つけることができます。

自分とって利用しやすいデータSIMとデータ量を選び、賢く活用しましょう!

会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
キャンペーン期間:2018年12月4日まで
会員登録する (無料)
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
2eb823ceea13351d604b2321c1a508d9
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。