1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMカードの賢い活用法
  3. データSIMを賢く利用!スマホを安くお得に利用できる驚きの方法4選!

データSIMを賢く利用!スマホを安くお得に利用できる驚きの方法4選!

最終更新日:
データSIMを賢く利用!スマホを安くお得に利用できる驚きの方法4選!

データSIMの賢い使い方を4つ紹介します!「ガラケーとの2台持ち」「モバイルWi-Fiルーターで利用する」「タブレットにデータSIMを利用」「デュアルSIM対応スマホで使う」。データSIMをうまく活用することで、快適かつ低価格なモバイル環境が手に入ります。

オペレーターちゃん
オペレーターちゃん

格安SIMであるデータSIMは様々な使い方ができ、賢く使えば料金をより安くできたり、より便利に使うことができます。データ通信専用格安SIMは、携帯電話番号を使っての音声通話を行うことができない、2台目以降向きの格安SIMのことです。

データSIMの賢い活用方法を4つ紹介!

データSIMの賢い活用法4方法

データSIMとは、通話ができないインターネット通信専用の格安SIMです。

通話ができない分月額料金を低価格に抑えて利用することができます。

データSIMは賢く使うことで、より快適によりお得にスマホの運用ができるようになります。データSIMを賢く使う4つの方法を紹介していきます。

1.ガラケーと2台持ちで通話料金を安くさえる

2.Wi-FiルータにデータSIMを挿し込んで利用

3.タブレットにデータSIMを挿し込んで安く運用

4.ダブルSIM対応スマホに予備として装備

ガラケーと2台持ちでデータSIMを使う!【賢い活用法①】

賢い活用法①

1つ目の賢いデータSIMの使い方は、ガラケーとの2台持ちでデータSIMを使うことです。つまり通話はガラケーで行い、インターネット通信はデータSIMを挿入したスマホ等で行います。しかし、ただ2台契約すれば安くなるわかではなく、ガラケーは大手キャリアのガラケーを使用する必要があります。

例えば、DoCoMoのガラケーを契約すると、無料通話が1,000円分ついて、基本料金が1,864円、つまり実質864円で毎月通話が1,000円分無料となります。

そして、データSIMはOCNモバイルONEの3GB1,100円のデータSIMを使用するとします。すると、1,100円+864円=1,964円/月となり、無料通話1,000円分を使用することができます。

一方、格安スマホのデータ通信と通話ができるSIMを選んだ場合、同じ3GBで1,250円/月となり一見お得なように見えますが、無料通話がありません。そのため、OCNモバイルONEの場合、携帯電話への通話で16円/1分、固定電話への通話で8円/3分を支払わなければなりません。

大手キャリアのガラケーと格安SIMを組み合わせて通話料をお得にしましょう!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
{article[106]}

Wi-Fiルーターに入れてデータSIMを使う!【賢い活用法②】

賢い活用法②

2つ目の賢い使い方は、データSIMをモバイルWi-Fiルーターに入れて使うことです。

モバイルWi-Fiルーターとは、タブレットやパソコンのデータ通信のための機器で、端末そのものがアクセスポイントとなり、無線でインターネット通信ができるものです。

外出時にパソコンやSIMカードがないタブレットをインターネットに接続したい場合、モバイルWi-Fiルーターを接続することで、そこがアクセスポイントとなり高速通信が可能となります。そのWi-FiルータにはデータSIMを挿し込むことができるためお得に利用することができます!また、1枚のSIMカードで複数の端末が接続できるため非常に便利です。

しかし、モバイルWi-Fiルーターの中には日本のSIMカード適応外の製品もあるため、注意が必要です。できるだけ日本製のモバイルWi-FiルータをデータSIMと一緒に購入することをおすすめします。

おすすめのSIMフリーモバイルルータはこれ!相性抜群の格安SIM(MVNO)も紹介
関連記事おすすめのSIMフリーモバイルルータはこれ!相性抜群の格安SIM(MVNO)も紹介

タブレットにデータSIMを挿し込んでお得運用!【賢い活用法③】

賢い活用法③

タブレットにも、格安SIMを挿し込むことはもちろん可能です!

3つ目の賢い使い方は、タブレットでは通話はせずにインターネット通信を行う方が多いです。そのため、タブレットで通話をしないのであればデータSIMに差し換えることをおすすめします。

SIMフリータブレットとは?疑問を解決、おすすめ端末を紹介!
関連記事SIMフリータブレットとは?疑問を解決、おすすめ端末を紹介!

ダブルSIM対応スマホでもしもの時の予備として使う!【賢い活用法④】

賢い活用法④

4つ目の賢い使い方は、ダブルSIM対応スマホ(デュアルSIM対応)を使うことです。ダブルSIM対応スマホとは、SIMが2つ入る端末のことです。

例えば1枚のSIMをデータ通信と通話ができるSIMだとして、もう1枚をデータ通信専用SIMにします。すると、出先でアプリにより大容量データを受信しすぎた結果、容量制限がかかってしまい大きいデータを受信しなければない時に、データSIMに切り替えることで、また通常通りデータ受信をすることができます。

しかし、この場合通話はできないので、通話する場合はもう一度元のSIMに切り替える必要があります。このようにして、もしもの時の予備として使う方法があります。

デュアルSIM対応【おすすめ】端末

ASUS Zenfone3
ASUS Zenfone3
販売価格
39,800円
分割払い時約1,658円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid6.0
カラー
ASUS ZenFone™ 3 Deluxe
ASUS ZenFone™ 3 Deluxe
販売価格
55,800円
分割払い時約2,325円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 6.0.1
カラー
ASUS Zenfone3 Ultra
ASUS Zenfone3 Ultra
販売価格
59,800円
分割払い時約2,491円×24回
画面サイズ6.8インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 6.0.1
カラー
FREETEL RAIJIN
FREETEL RAIJIN
販売価格
29,800円
分割払い時約1,241円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid™ 7.0
カラー

データSIMを購入するなら!おすすめ格安SIM会社

おすすめMVNO

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
データ専用格安SIMカードにおすすめなMVNO3選!
関連記事データ専用格安SIMカードにおすすめなMVNO3選!
データSIMと音声通話SIMの違いとは?3分で簡単解決!
関連記事データSIMと音声通話SIMの違いとは?3分で簡単解決!